-PR-
解決済み

中国は「戦勝国」か?

  • 困ってます
  • 質問No.8916995
  • 閲覧数553
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 92% (12116/13038)

中国を戦勝国とする理由
・第二次大戦で日本は「米英中ソ、四か国に対して無条件降伏」した
 そのため中国は戦勝国である

中国を戦勝国ではないとする理由
・日本は「太平洋戦争」に降伏したのであって「日中戦争」に降伏したわけでは無い
 (太平洋戦争の終結で日中戦争も終わってしまった)
 したがって中国に「降伏」したわけでは無く中国は日本に対する「戦勝国」では無い
・日本が共同宣言に署名した「中国」は「中華民国」でありその後成立した「中華人民共和国」は別 だとするため

中国は戦勝国でしょうか?
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 30% (17/56)

 以下私見ですが中国(中華人民共和国)は戦勝国ではないと思う。大東亜戦争(日本サイドのの先の大戦の正式呼称)終盤中国は3つの勢力が主導権争いをしていました。対日強硬派として蒋介石の中華民国(後の台湾政府)共産主義の勢力として中華人民共和国そして親日勢力として汪兆銘の勢力がありました。汪兆銘の勢力は日本が降伏したので自然消滅をしました。1949年中華人民共和国が中国本土を押え独立を果たしましたが国際連合(The United Nations-連合国)の中国代表は台湾の中華民国でした。つまり、国連(連合国の一員)である中国代表は台湾政府である蒋介石政権のものでした。その後、統治の実態に合わすために中華人民共和国が国連代表になりますが共産軍に日本軍は敗れた訳ではないので中国代表の戦勝国は現在の台湾政府であると私は思います。
お礼コメント
azuki-7

お礼率 92% (12116/13038)

ありがとうございます
私もそう思います(台湾・中華民国)が戦勝国ですね
投稿日時 - 2015-02-27 17:13:07
-PR-
-PR-

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 65% (478/735)

NO2回答したものです。追記を。
日中共同宣言第2項で、「日本国政府は、中華人民共和国政府が中国の唯一の合法政府であることを承認する。」とし、3項で「中華人民共和国政府は、台湾が中華人民共和国の領土の不可分の一部であることを重ねて表明する。日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し」とし、台湾(中華民国)を含めた中国の合法政権は、中華人民共和国と日本国は認めたことになります。
さらに、同宣言の同じく3項の後段で、「日本国政府は、この中華人民共和国政府の立場を十分理解し、尊重し、ポツダム宣言第八項に基づく立場を堅持する。」として、ポツダム宣言第八項は日本の領土の範囲に関する事柄といえ、その効力を日本国政府は中華人民共和国との共同宣言で認め、同5項で、「中華人民共和国政府は、中日両国国民の友好のために、日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する。」として、中華人民共和国が第二次世界大戦の戦争及び結果に関する諸権利(この場合は賠償請求権)を継承していることを、日本国は承認したことになります。
また、国際的にみると、1971年の国連総会で中国代表は中華人民共和国とされ、台湾(中華民国)は国連を脱退し、中華人民共和国は安全保障理事会常任理事国となり、戦勝国クラブに入ります。
確かに、NO1の方が言われるように、歴史的に見て日中戦争で中国共産党は1940年の八路軍の大攻勢以外に正面切って日本軍と戦ったとは思えません。1936年12月の西安事件当時、共産党は消滅寸前で、翌年の第二次国共合作と、盧溝橋事件とそれに続く日中戦争で、中華民国と日本の全面戦争で漁夫の利を得て、途中の消長はあっても最終的に見れば勢力を回復、増大させることに成功したということになります。
上記のように見れば、中国共産党と、共産党の樹立した中華人民共和国が戦勝国といわれても、何か心に引っ掛かりがあります。しかし、戦後の経過からすれば、釈然とはしませんが、国際的にも、日本との条約等の上でも、中華人民共和国は、第二次世界大戦の日本国(大日本帝国)に対する戦勝国ということになると思います。

以上、参考まで。
お礼コメント
azuki-7

お礼率 92% (12116/13038)

ありがとうございました
投稿日時 - 2015-02-27 17:13:34


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 65% (478/735)

こんにちは

終戦の詔勅(玉音放送)には、冒頭部分に、
「朕深ク 世界ノ大勢ト 帝国ノ現状ニ鑑ミ 非常ノ措置ヲ以テ 時局ヲ収拾セント欲シ 茲ニ 忠良ナル爾臣民ニ告グ 朕ハ帝国政府ヲシテ 『米英支蘇』四国ニ対シ 其ノ共同宣言ヲ受諾スル旨 通告セシメタリ」
とあり、実際にそのように通告しています。日本は、米=アメリカ、英=イギリス、支=中華民国、蘇=ソビエト連邦の発した共同宣言=ポツダム宣言を受諾したこと、つまり、無条件降伏した事になります。当時の中国は中華民国ですから、中華民国が戦勝国であることは間違いはないでしょうが、その後に成立した中華人民共和国は、戦勝国を引き継いだという位置付けだと思います。

以上、参考まで。
お礼コメント
azuki-7

お礼率 92% (12116/13038)

ありがとうございません
投稿日時 - 2015-04-06 13:51:09
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 28% (3345/11627)

歴史 カテゴリマスター
やだそれいったらフランスが戦勝国の中に入っている方がよっぽどおかしいと思うわ。
お礼コメント
azuki-7

お礼率 92% (12116/13038)

ありがとうございます
投稿日時 - 2015-02-27 17:13:25
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ