• 締切済み
  • すぐに回答を!

建築基準法不適合物件の売買仲介

不動産業者です。 一戸建ての売却の仲介をすることになりました。 この物件は建て売りで建築確認上では2階建て+ロフトなのですが、 検査を受けた後にロフトのハシゴを架ける部分の床をふさぎ、天井高を上げて窓を付けて居室に変更して引渡しを受けた物件です。 ロフト部分が3階となりましたが、その分を面積に算入しても容積率には問題はないのですが、 3階建てになったことにより建築基準法には適合してないと思われます。(構造計算や耐火など) 建築確認と相違しており、もちろんそのことを重説に記載しなけばならないのですが、 それではローンが通らない為に困っています。 一番良い方法は建築確認どおりに戻すことだと思うのですが、 窓を付けてしまっているので外壁まで絡んできてしまうのでかなりの金額がかかると思われます。 このような場合、買主が了承すれば銀行用に別で重説を作ったりすることを考えましたが、コンプライアンス上問題があると思うのですが、何か他に良い方法はございませんでしょうか? 周りの人間に聞きましたが、良い回答はもらえませんでした。 何卒よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数242
  • ありがとう数7

みんなの回答

  • 回答No.2
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3793)

問題大ありです。 確認申請通り、建物を直すことも不可能です。 構造計算すれば、基礎から変わってきます。窓が云々の話では済みません。 ローンを組まない方に売るしか有りませんが、隣近所に通報されれば終わりです。 ということで、即金で買われる方に売る、通報されれば、自治体の判断次第ですが、取り壊しもあり得ることを買い主に納得していただく。と言うことですかね。 まあ私なら構造に関しても危ない物件は絶対に買いませんがね。リスクが大きすぎます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 内外装ともに確認申請どおりに戻すことはできないでしょうか? 専門家で無いのでわかりませんが、もともとロフトはあったので、窓を無くしてきちんと外壁も修復し、天井や床も確認申請どおりにやることで構造計算などには関わらないように思うのですが・・・ また、検査後にそういった工事をすることで建築基準法に適合しない建物になるとわかっていて工事をした建築会社であり宅建業者である業者に責任を問うことはできないのでしょうか?

関連するQ&A

  • ☆至急☆耐震基準適合証明書について

    築27年の耐火建築物(RC造)で、建築確認を昭和57年8月1日に取得した中古住宅を購入する者です。 築25年以上の耐火建築物の住宅を購入した際、新耐震に適合しているかどうかの証明書である「耐震基準適合証明書」があれば、所得税の住宅ローン控除及び、取得時の登録免許税の減税特例を受けることができるようなので、最寄の1級建築士にお伺いしたところ以下のような返答がありました。 「他の建築士が構造計算をし、建築許可を受けたものなので、一度当方で再度構造計算をし、それから新耐震に適合するかどうかを評価します。よって費用としては、構造計算費、評定費諸々で100万円ほどかかります。」 とのことでした。そこで、質問なのですが、新耐震(昭和56年6月1日)以降に建築確認がおりた物件について再度構造計算をする必要があるのでしょうか?当方が購入する予定の物件は4階建てなので、建築確認申請時に構造計算書を添付して提出しているので、新耐震基準に関しは何も問題ないのでは?むしろ、構造計算を再度行い、新耐震基準に適合していなければ、建築許可をした市や県のことを考えると、社会に与える影響はものすごいことになるのでは?と、思ってしまいます。それに、100万円かけないとできない特例っていうのはいかがなものでしょうか?それが、新耐震以前に建築許可されたものであるならば、意味は十分に分かるのですが。。。そこで、もう1点質問ですが、建築士の方は構造計算などはせず、新耐震以降の建築確認書を元に新耐震基準適合証明書は発行できないのでしょうか? 長々と申し訳ないですが、当方とても困惑しております。どうぞ、ご協力をお願いします。

  • ★至急★耐震基準適合証明書について

    築27年の耐火建築物(RC造)で、建築確認を昭和57年8月1日に取得した中古住宅を購入する者です。 築25年以上の耐火建築物の住宅を購入した際、新耐震に適合しているかどうかの証明書である「耐震基準適合証明書」があれば、所得税の住宅ローン控除及び、取得時の登録免許税の減税特例を受けることができるようなので、最寄の1級建築士にお伺いしたところ以下のような返答がありました。 「他の建築士が構造計算をし、建築許可を受けたものなので、一度当方で再度構造計算をし、それから新耐震に適合するかどうかを評価します。よって費用としては、構造計算費、評定費諸々で100万円ほどかかります。」 とのことでした。そこで、質問なのですが、新耐震(昭和56年6月1日)以降に建築確認がおりた物件について再度構造計算をする必要があるのでしょうか?当方が購入する予定の物件は4階建てなので、建築確認申請時に構造計算書を添付して提出しているので、新耐震基準に関しは何も問題ないのでは?むしろ、構造計算を再度行い、新耐震基準に適合していなければ、建築許可をした市や県のことを考えると、社会に与える影響はものすごいことになるのでは?と、思ってしまいます。それに、100万円かけないとできない特例っていうのはいかがなものでしょうか?それが、新耐震以前に建築許可されたものであるならば、意味は十分に分かるのですが。。。そこで、もう1点質問ですが、建築士の方は構造計算などはせず、新耐震以降の建築確認書を元に新耐震基準適合証明書は発行できないのでしょうか? 長々と申し訳ないですが、当方とても困惑しております。どうぞ、ご協力をお願いします。

  • 建築基準法違反の罰則基準は?

    現在増築中の建物が、建築基準法違反で改善命令が出された事を知人から聞きました。建築確認書未提出、建ぺい率、容積率違反だそうです。ほとんど建てられないような所に、2間(6畳x2)、ベランダを増築したとの事。この場合、建築中のベランダが削られたとの由。ところで、この場合の罰則の基準になる根拠は何だったのですか?

  • 回答No.1

他に良い方法は銀行を騙すことになるので、宅建業法違反で公になると営業免許を失うのではありませんか。私は買い手のたちばですが、そのような物件を好んで買います。ローンが組めないのなら競争相手が減るから手持ち資金ならば安く買えるのです。不動産業者が心配することではなく売り手が心配することです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 建築基準法(準耐火建築物?)のことで。

    こんにちは。専門知識のある方がいらっしゃったら、助けてほしいです。 建築確認申請の取れない(申請が出されていない)建物で、100m2以下の簡易宿所を計画中です。建物そのものは、木造2階建てで、のべ床150m2ほどで、普通の住宅として建てられたものです。一階の一部の部屋を、壁でふさぎ別件の事務所で使う(複合施設)ということで、宿泊所としては100m2以下(建築確認申請なし)の条件をクリアしました。 この条件のもと、建築士、消防署、建築事務所で協議がなされ、建築士の方から、壁や通路を準耐火の石膏ボードで天井裏まで、はり直さないといけない、と言われました。 ネットで見たところ(たとえば、http://www.cadbox.co.jp/law/index.asp)規模的に、準耐火建築物としなければならない建物には、あてはまっていないような気がします。(準耐火建築物に当てはまる、と言われたわけではありません、準耐火の壁にしないといけないですね、と言われました。)要するに、この規模の宿泊所で、準耐火の壁にしなければならない、という法律はないのでは? と思うのですが、違うのでしょうか?(用途地域は、防火地域、準防火地域には該当していません) 素人判断で、もしや複合施設にしたからかな?とは思うのですが、どうでしょうか?一体、何の根拠を持って、準耐火の壁にしなければいけないと言われているのでしょうか? 複合施設にせず、デッドスペースとしてふさいでしまうのなら、どうなのでしょうか? 準耐火の壁等にしないといけないのなら、資金的、構造的に無理で、撤退するしかないので、本当に法律的に無理なのか、根拠を持って知りたいのです。 宜しくお願いします。

  • 建築条件付きの物件

    建築条件付きの物件(土地で現在は更地)を購入しようと話を聞いたのですが、売り主の不動産屋が建て売りで物件販売をしようと建築士に設計を依頼して建築確認を申請して着工予定であった為 その建築確認を取得したプランを変更する場合は(自分の希望とは全然違うので)新たな建築設計料と建築確認申請料、プラス以前の建て売りプランの建築設計料、建築確認申請料、さらにフラット35申請料(自分は使用しません)、地鎮祭費(自分のプランの前の物)まで請求され、支払わなければ、物件の販売は出来ないとの話でした。 これは支払いをしなければいけないのでしょうか?仲介の不動産屋との話では、施工する工務店が決まっているだけで、プランも自由に出来ると聞いていたのに建築士もイメージが変わるからと言ってプランの変更したがりません(設計費払うのはこちらで、家は設計士の作品では無いと思うのですが・・)不可解です。

  • 建築基準法第12条5項による報告

    旅館に勤務している者です。 現在、倉庫として使用している場所を宴会場として 改装することになりました。(100平米超、倉庫として建築確認済) 基準法上現在のままでは問題があるということで法に沿って 必要な設備工事等を行います。 設計士によれば、建築基準法12条5項による報告のみで法的に クリアーとなる旨の説明を受けています。(倉庫→居室) 素人ながらいろいろ調べてみたのですが、いまひとつ理解できていません。 そもそもこの12条5項は、どのような時にどのような目的で 報告するのものなのでしょうか? また、事前に報告書を提出し、県の建築主事の決裁がでれば 完了後の検査などもないように聞いています。 正直、書面だけでいいの?という気がするのですが・・・ 設計士を信じていない訳ではないのですが、どうも腑に落ちなくて こちらで質問させて頂きました。 よろしくお願いします。

  • 建築基準法防火戸について

    現在10階建のビルを建てているのですが工務店から1~2階の店舗の窓について、設計上では透明だったのですが19年の建築基準法改正によって網入でないと違反になったと言われてます。 耐熱強化ガラスではNGなのでしょうか?(現在設計上9.6平米以上です。) また、もし耐熱強化で認定を取り設計をやり直した場合、確認申請のやり直し!?が必要とのことでした。 これはどうしても建築確認からやり直さなければならないのでしょうか? お詳しい方よろしくお願いします!!!

  • 建築基準法施行令についての質問

    建築基準法施行令 第111条「窓その他の開口部を有しない居室等」の1 面積(採光に有効な部分の面積に限る)の合計が、当該居室の床面積の1/20以上のものとありますが、開口部の面積の考え方は合計とあるので 何個かの開口の合計でも可能でしょうか? それとも1箇所でその面積を満たさなければだめなんでしょうか? すいませんが教えてください。

  • 【無窓の居室等の主要構造部】建築基準法第35条の3 について教えて下さ

    【無窓の居室等の主要構造部】建築基準法第35条の3 について教えて下さい。 「政令で定める窓その他の開口部を有しない居室は、その居室を区画する主要構造部を耐火構造とし、又は不燃材料で造らなければならない。」とあります。 質問(1) 「不燃材料で造らなければならない」のは「開口部を有しない居室」ですかそれとも「その居室を区画する主要構造部」ですか。 質問(2) 「開口部を有しない居室を不燃材料で造る」と解釈すると、下地をLGS+不燃PBにすればクリアできますか。 質問(3) 建築基準法施行令111条2項の「ふすま、障子その他随時開放することができるもので仕切られた2室は、前項の適用については、1室とみなす。」とありますが、これに片引きドアは適用されますか。又、自閉式ドアは適用されますか。 質問(4) 又、上記とは別の条文ですが、令116条の2の2項で「随時開放することができるもので仕切られた2室」とあります。この2室を仕切る部分で「天井から下方80cm以内の床面積の1/50以上の開放できる部分」が取れていなくても2室1室とされますか。 質問(5)法35条の3を2室1室で計画し、法35条を2室に分けて計画する事は法規上可能ですか。 質問(6)扉で自動開放装置が付いていないもの(手動ドア)は、「天井から下方80cm以内の床面積の1/50以上の開放できる部分」としてカウント出来ないのですか。 今検討中の建物は木造120m2の飲食店で、客席を禁煙席と喫煙席にガラスの間仕切り(ランマ開口なし)で仕切っています。その間仕切りには片引きドア(自閉式のドア、開口有効W800)が付いています。奥の喫煙席は開口部を有しない居室となっています。禁煙席と喫煙席が接する間口はW5400程度です。 以上、ご回答ご協力お待ちしております。 よろしくお願い致します。

  • 大規模リフォームについて(建築基準法)

     過日、テレビで「再建築不可(接道義務を満たしていない)物件を大規模リフォームして近隣市場価格より格安で販売している」というのをやっていたのですが、どう見ても新築と見まごうばかりの立派なリフォームです。  火事の場合の全焼と半焼の違いじゃないですが、大黒柱を伐根(?)しなければ「リフォーム」の範疇なのでしょうか?  また、ラブホテルが「除却・新設」ではなく、やはり鉄骨骨組みだけ残して再建築している現場を時々見かけるのですが、あれも同様の理由からなのでしょうか?(建築確認は必要だと思うのですが、何か抜け道というか特別措置があるのでしょうか?)  建築基準法との関係を詳しく教えていただける方、よろしくお願いいたします。当方、宅地建物取引主任者資格は保有しておりますが実務をしているわけではありませんのでそれを踏まえてご教授していただけるとうれしいです。

  • 建築確認がないビルを購入する場合ローンは可能か

    建築確認がない古い小さなビルを、土地値(売値は土地の相場の値段だけで、建物の評価はゼロ)で購入しようと考えていますが、容積率違反のために建築確認がない物件とのことです。 容積率違反のために利回りが非常によく(賃料収入が多い)魅力的なので是非とも購入したいのですが、このように建築確認通知書がない物件でも銀行は融資をしてくれるものなのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • トステムのサッシの耐火性能が建築基準法違反との報道

    トステムのサッシの耐火性能が建築基準法違反との報道が先日ありましたが,新築で他社のサッシを使用する場合でも自費で雨戸やシャッターをつけるなどの対応が必要でしょうか? 先日の報道で,トステム製のサッシが耐火基準を満たしていないために建築基準法違反となり,約1万棟がメーカーで無償改修するとありました.そのあおりで,YKKや新日軽などの他社も自主的に点検するよう指示があったそうです. 近々新築するのですが,他社のサッシを使う予定でも雨戸やシャッターをつけるなどして耐火の対応をしないと建築確認に通らない可能性はあるのでしょうか?(その可能性は少なくないと設計の担当の方から言われました.) かなり余計な出費になりそうで,予算的に困惑しています.

  • 競売落札物件に建築確認が出ていないと指摘された

    昭和50年頃に田舎町の建設会社の工場兼倉庫に600平方メートルの増築工事がありました。 最近この会社が倒産し競売で落札して増築部分と本体部分共に手に入れました。 本体部分には建築確認が出ているが増築部分には建築確認が出ていないと町から指摘を受けました。 増築部分にも登記があり固定資産税も払っています。 競売の説明にも建築確認が出ていない旨の表示はありませんでした。 建てた本人は、「私は町の工事を請け負う建設会社だった 建築確認を出さずに増築するなどありえない 当然出しています」と言います。 町の職員は「建築確認が出ていないから近々解体命令を出す」と言っています。 破産管財人にこの部分にかかる建築確認通知書を保存していないか聞いてみるつもりですが、 公の競売で購入した私の財産がこんな事で消えてしまうのでしょうか。 解体費用まで私が負担させられたりしたらどうしようかと悩んでいます。 この増築部分の建物を今後とも合法的に使用出来る様にするにはどうすれば良いでしょうか。 宜しくお願いします。