解決済み

他人が手作りしたものがたべられない

  • 暇なときにでも
  • 質問No.8880587
  • 閲覧数3462
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 36% (274/756)

ここに「他人が手作りしたものがたべられない」というサイトがあります。
http://matome.naver.jp/odai/2138095040826550001

実はわたしもそうなんですよね。他人が手作りしたものがたべられないんです。
だから友達のうちに行った時、ご飯時になると急いでかえりましたね。
でもレストランは平気なんですよねー。

これなんでなんでしょうね?自分でも知りたいんですがなんか解説とかないんでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

ベストアンサー率 41% (90/216)

有吉さんの場合は マツコさんとの会話の中で 結論としては「マザコン」だったというオチでした

マザコンもそうなのですが 他を排除する心理が強いのだと思います
それは「怖れ」からきていたりします

幼い頃は 誰が作ったものでも食べることが出来たと思います
それが 大人になるにつれ 年をとるにつれ いろんな経験をすることで 他を排除することで自分を守るようになったりします

口の中に入れる というのは 飲み込み消化する ということです
それは 心理学的には 受け容れるということです
受け容れることが出来ない というのは
つまり 許すことが出来ないことがある ということです
なんらかの経験の中で 許すことが出来ないもの 受け容れることが出来ないことがある という一つの表現だと思われます。

多くは親との関係の中で 親に愛されたい という表現の現れであることが多いです
(親を憎んでいる というのも 親に愛されたいと言う表現のひとつです)
他人といると 緊張する人 よい人を演じてしまう人 などもそうです

心理学的には 自分の過去の中で 受け容れること許すことのできないことの表現の一つだということです
これは潜在意識の中で判断していることなので 自覚はないと思います。
補足コメント
ny36

お礼率 36% (274/756)

みなさん回答ありがとうございます。

>親に愛されたい という表現の現れであることが多いです。
他人といると 緊張する人 よい人を演じてしまう人 などもそうです。

「よい人を演じてしまう人」はずばり私ですね。というか悪人になれないですね。
親に愛されたい、というのは愛が不足してたんでしょうかそれとも多すぎた結果なんでしょうか?

ちなみに私は3人兄弟の末っ子です。甘やかされて育ったような気もするし、三人目なのでぞんざいに扱われたような気もしますが。
投稿日時 - 2015-01-05 18:22:15

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 41% (90/216)

No3です

>親に愛されたい、というのは愛が不足してたんでしょうかそれとも多すぎた結果なんでしょうか?


親に愛されなかったというのは 親が愛さなかった ということではありません
簡単に言うと 自分が愛して欲しいように親が愛してくれなかった ということです

なので 充分愛されて育ったように見えても 子どもの中には 愛に飢えている状態の人(承認要求が満たされていない人)もいます
そういう人は 親には充分愛されたのに と言いますが 実際は「理解してもらえなかった」という承認要求を満たされない状態でいます。

なので どちらかというと受け取りべたで 親は親なりの愛し方をしているのですが 自分の要求は満たされたと感じていない ということも多いです

良い人を演じる場合 自分の本当の気持ちを言えない ということになります
いい子でいることで愛される という事を幼少期の経験として培ったのです
幼少期の頃に培ったものは潜在意識の中に組み込まれますので 自然にそう言う風にふるまってしまうと思います
それは両親だけでなく 兄弟姉妹との関係の中からも生まれます
あなたの場合 3人目の子供だったということで 責任を背負わない 私は悪くない という潜在的な習慣ができているかもしれません。

責任を負わない というのは 自分の意志・思いを伝えるのが苦手になったり または 自分自身の思いを遂げられなかったり 自信がなくなったり コンプレックスが生まれたりします。
それが成長の妨げになり その弱さが何かを排除することで 自分を守ろうとのかもしれません

それが いけない ということではありません
そのままでも 自分が大丈夫と思うことが出来るなら 構わないと思います。が、自分が生活する中で不自由に感じるなら 改善していった方がいいのかもしれません。

まずは 自分が何を望んでいるのかを 自分自身が理解してあげることだと思います
やりたくないことで やっていることを やめてみたり
やりたいのにやっていないことを やってみたり
自分自身の気持ちを大切にすることを 少しづつやってみてください

わたしの知っている限りでは 他人の作った料理を食べられない人は 案外自尊心が強い人が多く それをうまく表現できてない という特徴があったりします。
簡単に言うと 本当はすごく我儘なのに それを押さえてる みたいな(笑)
我儘でもいいんですよ^^
自分の気持ちを大切にして 多少の我儘な振る舞いも 受け容れてみてください

他人の作った料理を食べれない というのは 不便なことかもしれませんが そんなに悪いことではないと思います。あなたがあなた自身の何かを守ろうとしているのですから 無理に改善しなくてもいいと思います。
ただ自分自身の気持ちを 自分自身が受け容れ 表現していくことで それは改善されるかもしれません。
  • 回答No.6
自分も有吉さんのマツコさんのテレビで同じ内容を
観ました。
有吉さんがそうだそうです。
要は潔癖症なんだと思いますが・・

小さい頃からだそうで、友達のお母さんが作った食べ
物がダメだったそうです。
また、今もお世話になった方の家に行って、その家の
奥さんが作った食べ物がダメだそうです。
特に直に手で触ったモノが、ダメみたいですね。
おにぎりとは、絶対に食べれないそうです。

有吉さんの最終的な答えは、究極のマザコンだという事
でした。
お母さんだと全然大丈夫だそうです。
また、お寿司やおにぎりでも、プロの方が握ったお寿司は
大丈夫(プロは許せるそうです)、おにぎりもコンビニとか
で売られている者は、機械で厳重に衛生面が完備されて
いるものが、売られていることが前提なので、大丈夫だそ
うです。

要は、自分の信用性だったり、心から心許せる人、絶対的な
信用がある人、社会的に信用があるなど・・そういった自分が
安心できるものなら食べれる。
やはり口に入れるモノは、自分の身体に入れるモノなので
やはり色々な心理的なものが作用してくる気がします。
  • 回答No.5
レストランのものは食べても安心
でも他人が手作りしたものには危険を感じるんじゃないですかね。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 55% (5295/9513)

質問者様のおっしゃるような「こだわり」がひどくなると、
「強迫性障害」ということになります。

誰でも、このようなこだわりを多少は持っているものです。
例えば、枕が変わると寝られないとか。
それが、病的なほどひどく、生活に支障が出て来ると、
「強迫性障害」ということになります。

気にしないことです。
そういう性格なのだと、わりきることです。

また、人には、それぞれ、そのような面がある
ということを知って、他人にやさしくなれるものです。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (86/300)

フットボールアワーの後藤さんも
たしかそうだったような。。
潔癖症なんですかね。
  • 回答No.1
衛生状態が心配ですね。
・トイレに行って手を洗わない人 結構多い
・おにぎりを手で握る人。それって手の常在菌がご飯に付着(うちでは、ラップを使って食材には素手で触らない。)
・台拭きで、口を拭いたり、・・・汚れを食卓なすりつけている。
・菜箸を使わない。
・食べ残しをまたお皿に戻す習慣。
・牛乳パックの口のみ
・牛乳パックの注ぎ口を指で触る。・・・結構周囲に多い。 菌が付着する。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ