-PR-
締切済み

場所打ち杭施工時の地耐力について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.88649
  • 閲覧数702
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 27% (12/43)

 オールケーシング工法による場所打ち杭を施工する際、施工地盤の強度が弱いため、地盤改良等をする必要があるかどうかの判断をする方法はどのようにするべきでしょうか。
 また、敷鉄板により対処する場合、どの程度の地盤に対して対処可能なのでしょうか。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 21% (74/339)

ボイリング(boiling:水の上向き浸透力により、地盤が支持力を失って吹き上がり崩壊する現象。)や、ヒービング(heaving:粘性土地盤の開削において、土留め壁の土が根切り底部から回り込んで掘削地盤底面が押し上げられる現象。)を起こせば、考慮するのが一般的ではないでしょうか。何れにしても、土質調査と地下水調査は不可欠でしょう。


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ