-PR-
解決済み

一番心に残っている一冊を教えてください

  • 暇なときにでも
  • 質問No.8855
  • 閲覧数200
  • ありがとう数11
  • 気になる数0
  • 回答数23
  • コメント数0

色々な方達が心に残っている「いちばん」の
本を、教えてください。
お願いします。
通報する
  • 回答数23
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.19
レベル10

ベストアンサー率 46% (65/141)

1)新平家物語   原作 吉川英治        
2)平家物語    訳者こだわらず。原書読めれば最高

1)中学生のとき雑誌に連載されていたのを読みました。
2)高校生のとき学校の古文の時間に学んだのが最初でした

1)前書は,時代の変化を読めず、良かれと思ってすること  は、すべて後手後手に廻り、人々からだんだん孤立し、 最期は、新たに台頭する一族に全滅させられる哀れな
 武家集団の話でした。

2)後書は「平家で無ければ人にあらず」と言われるほど
  驕り、権勢を思いのままに操り、人々の反感を
頂点にまで高め、挙句,反攻団結した人々に追われて
一族滅亡していく歴史物語です。

同じ歴史上の物語を、どちらに心情をいれて記録するか  によってまるで違う印象になり,悪人にも善人にもなる  ことを知りました。

 前書は平家の立場で語り,後書は源氏の立場で語ります

 一方的な現状分析や、部分だけを捉え強調した情報は、 人心を惑わし、新たな人と人の対立を発生させ,
 今日に至っても、未だ争いを発生させる原因になってい ます。
時代の変遷は,必ず新しい時代が人々の価値観や
 ルールを変えさせます。そのとき人は新しい価値観や
 ルールーを用いて旧時代を糾弾します。
 
  本や新聞を読み情報を得るとき,必ず「違う角度や,
 立場に立って記述した書物を併せて読む」ように
 教えてくれた貴重な名著であると思っています。

その他の回答 (全22件)

  • 回答No.7

子供のころから、いろんな意味で
残っているのは
 「小さいももちゃん」シリーズです。
大人になってから読み返し、あまりに深くて、
暗くて、驚きました。
子供のころも、そういうところになんとなく
気付いていたから心にのこっていたのかも
知れませんね。
  • 回答No.8
レベル8

ベストアンサー率 34% (12/35)

灰谷健次郎さんの「兎の眼」。これを読んで、僕の教師への憧れが始まりました。
  • 回答No.9
レベル12

ベストアンサー率 39% (331/835)

松谷みよ子さんの「ふたりのイーダ」です。
たぶん幼稚園のころ映画で見たのがきっかけで、小学校に上がってから図書室で何度も借りて読みました。主人公はしゃべる椅子と幼い兄妹。椅子は広島の原爆によって離れ離れになった女の子を十数年のあいだ探しつづけていて、兄妹の妹をその少女だと思いこんでしまい、お兄ちゃんの方が本物探しを手伝うというストーリーでした。終わりかたがなぜか悲しい物語です。
この松谷みよ子さんは#7のokowaさんの回答にある「小さいモモちゃん」シリーズの作者でもあります。このシリーズも深く心に残っています。
  • 回答No.10
レベル11

ベストアンサー率 18% (74/405)

スティーブン・キングが好きです。心に残るモノとしては、お得意のホラーではなく、「ドロレス・クレイボーン」です。ドロレスの独白で進められ、彼女が夫を殺したのか、と、雇い主を殺したのが、について、そのときこうした、こう思った、と言うのが、とても共感を呼ぶ部分が多かったです。特に、夫を殺したのか、と言うあたりは、ちょうど今の私と年が同じくらいで、子供たちとの絡みなんかもあって、ちょうど人間関係に悩んでいた頃だったのですが、ああ、私もこんな風にかけがえのない人間ではあるな、など、思ったりしました。
  • 回答No.6
レベル11

ベストアンサー率 28% (69/238)

21歳の時に読んだ、ヘルマン・ヘッセの『デミアン』。
その時の私にとってすごく衝撃的な作品でした。
  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 27% (12/44)

それはズバリ!「星の王子様」です。
子供の頃に読んだ覚えがあるかもしれませんが、
とっても奥の深~いお話です。

~本当に大切なものは目には見えないんだ。心で見なくちゃ分からないんだよ~
という一節には、当時、目的観もなくただ毎日を過ごしていた私にとって、ガツーンときました。以来、私の一番の愛読書になってます♪

子供というよりむしろ大人になった方々に、是非読んでみてほしい1冊です。
  • 回答No.1

ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」です。
  • 回答No.2
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/1)

乃南アサさんの「死んでも忘れない」が今のところ、
心に残っています。強烈な題名ですが、誰の身の回りに
起こってもおかしくない出来事の物語です。
最後はハッピーエンドで終わります。
一気に読めるおもしろさです。
  • 回答No.3
レベル6

ベストアンサー率 10% (2/20)

宮部みゆきさんの「竜は眠る」です。少し古い本ですが、推理小説が好きな人ならぜひ読んでみて!一気に読めて読んだあとも当分夢から覚めない心持ちです。
  • 回答No.4

 いちっばん古い本でなら、イデオンのカセットブックです(笑) えーと、2歳か3歳くらいの頃でしょうか。あの頃はロボット物が好きで、当時時間帯がダブっていたマクロスと「どっちを見るべきか……」などと葛藤したことを覚えています。
 それからこっちはそう古い本ではないのですが、赤毛のアンシリーズです。おすすめは、とりあえず全部なんですが、どれか一冊であれば、アンの青春か、アンの娘リラです。特に前者が、描写がほほえましくって好きです。
22件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ