• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

おばけvs.科学者

おばけを認めない科学者の方たちがよくテレビに出ます。科学者全員があんな感じなのでしょうか。科学者業界には、おばけに対しての共通した見解、了解、通達というものがあるのでしょうか。例えば、「おばけの存在を認めるのは科学の限界を認めるようでなんだか悔しい」とか、「『おばけはいる』なんて言おうものなら学会から追放されてしまう。自分はどうあれ『いない』と言うしかない」とか「『おばけを見た』と言う奴らを絶対に許すわけにはいかない」とか「最近の学会では『見間違い説』が有力」とか。 おばけ論争を見るたびに「けんかはやめてほしいな。もっと仲良くして欲しいな」と思ってしまう僕であります。けんかになるということは、やっぱり科学者の皆さんの説明では目撃者の方たちが納得できない、ということですよねえ。「実際に見たんです!」「ほかのみんなも見てるんです!」というインパクトはやはり強い。「おばけはいない」と言い放つだけでなく、実際に目撃した人にも納得できる説明、不安解消法というものはないものでしょうか。 おばけの歴史は古いので、これからも「見た」という人はあらわれると思います。ここ「教育」カテゴリーで1位にランキングされているkawakawaさんも「見た」ようですし(笑)。 ところで、「おばけはいる」ということを科学的に証明しようとしている科学者、「おばけを見た」と言う科学者の方はいますか?業界での評判はどうですか(笑)?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1932
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Naka
  • ベストアンサー率44% (527/1181)

◆うーん、科学というもの自体が、現存する物理的存在を、その時点で解明されている法則を用いて分析、説明し、その土台の上に新しい法則を築いていくことを至上目的としていますから、「おばけ」を認めることは科学のよって立つレーゾンデートルを、自ら否定することになってしまいますよね。 もちろん、この世には「科学では解明されていない不思議なこと」があることは、科学者だってわかっています。 でも科学者という立場からは、存在を認めることがどうしてもできないんじゃないでしょうか?? わかりやすい例で考えてみましょう。ある殺人事件の容疑者が、「オレじゃない!突然おばけが現れて、この人を殺したんだ!」と言い訳をしたとして、「そうか、そういうこともあるかもしれんな。」と、その言葉をマトモに取り上げるわけにはいかないでしょう?? (^^;) ですから問題は「いるか、いないか」ではなくて、「存在を認めるか、否定するか」ということになると思います。 少なくとも現段階では、「いる」と思っている科学者でも、その存在を肯定するわけにはいかないのです。 これは科学者のみならず、教師、政治家、警察官、など人を指導する立場の人間や、特権を持っている人間が守らなければならない義務とも言えるかもしれません。 だから「見た」という人の言葉を前提に話をするわけにはいかない、ということでしょう。 そこで既に「議論」が成り立っていないわけです。 もちろん「いる」ことを科学的に証明しようとしている科学者もいるでしょう。証明できさえすれば、それは科学の一部になるのですから。 でも、「いる」ことを証明しようとする行為は、「いない」ことへの研究結果の積み重ねになる行為でもあるのです。「いない」ことを証明するものではありませんが。 私は個人的には「いるかもしれない」と思っています。 「見た」という人の中には、実際に見た人もいるのでしょう。でも「夏にしか出ないのはなぜ???」とか「脳のない幽霊が、どうやって人を呪ったり、逆に心配したりするの???」と疑問を感じてしまう部分もたくさんあるのは確かです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 黒人の科学者が少ない理由

    学会で黒人を見かけたことがほとんどないのですが 黒人の科学者が少ない理由を教えてください。 http://q.hatena.ne.jp/1152982756 このページに回答がありますが ・いまだ黒人差別が残っており、大学入学率が低い ・黒人は白人・黄色人種と比べて筋肉が多い などの回答があります。 一つ目の回答に対する疑問ですが、 アメリカでの黒人差別があったとしても 試験にさえ受かれば人種に関係なく入学できるのではないでしょうか? 黒人の家庭の所得が低いために、入学させられないということでしょうか? 二つ目の回答に対する疑問ですが、 筋肉が多く、頭を使った仕事より体を使った仕事の方が向いているので そちらに就職しようとするからなのか、 一般的に女よりも男の方が機械やコンピュータに強く、理系の大学院に多いように 頭の作りも人種によって違うからなのか どちらでしょうか? 個人的な意見としては わざわざ高い授業料を払ってまで大学に行かずとも 自分の屈強な肉体で高収入の肉体労働系の仕事に就けるから というのが理由なのではないかとおもいますが どうでしょうか? もっと誰もが納得する回答があれば教えてください。

  • 科学者にとって大事なのは

    科学者にとって大事なのは 発見と発明 のどちらでしょうか? 言い換えるなら 発明と発見のどちらが 科学を支えていると言えますか? 皆さんの考えを聞かせて下さい お願いします!

  • 科学者について

    今総合の授業で『将来の職業』についてしらべています。僕は科学者になりたいのですが、分らないことがあるので質問します。 ○高校は何科に入ればよいのか。 ○大学は、どこに入ればよいか。 ○どんな資格が必要か。またどこでその資格を取れるのか。 ○どんな仕事をするのか。 です。よろしくお願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • atching
  • ベストアンサー率17% (21/118)

こんにちは お化けって何でしょうね。私も是非会ってみたいです。 私も科学者の端くれですが、お化けの存在を否定しようとは思っていません。ただ、肯定はしません。要するに今の科学では肯定できないからです。 ただ思うに「お化けを見た」という現象は思いこみにすぎないと思います。なぜならその人の今までのバックグラウンドにないお化けは見たことがないからです。 世界中にはいろんな生き物がいます。もしお化けがいるのならばすべての生物にいるはずです。ならば日本にいてもアルゼンチンにしかいない動物で非業の死を遂げた生き物や、アフリカ原住民のお化けを見ることができるのではないでしょうか。でもそんな話は聞いたことはありません。 また、(悲惨な状態で)死んだ人が、地球上に(もしくは宇宙誕生)どなくらいいるのでしょうか。 基本的には宗教的な現象だと行っていいでしょう。死んでもまだそのあとに世界があって欲しいと考えている人間のみにあたえられた現象です。 一番難しいのは「存在」の定義でしょう。 お化けを見た人が、「いる」と行っているのであれば、少なくてもその人の中では存在すると言っていいのではないのでしょうか。 今皆さんが脳味噌の中で考えていることだって、みんなが見えるような形で表すことができないのですから、普遍的に存在するのではなく、個人の認識の中で存在しているのでしょう。 だから、お化けがエネルギーをもつ、重さをもつと考えるのはナンセンスで、例えば「のろい」を受けたとと信じて自殺した人がいるならば、その人個人の中で存在しているのです。 いい加減な文章で、やや哲学的になってしまいましたが、皆さんも大いに考えていただけたら幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆さん貴重なご意見をありがとうございます。atchingさんの「お礼」スペースを利用してコメントしたいと思います。 やっぱり科学者の方々の立場としては「おばけ」の存在は認めるわけにはいかないんですね。「いない」ことを証明する必要もないでしょうし。皆さんの意見をうがってから僕としてはおばけ肯定派vs.科学者という構図自体からして無理があると思いました。 この先も「見た」という人は減らないでしょうから、そういう番組にはやっぱり心理学者などが出演するべきなんでしょうね。でも番組的には科学者に出演してもらった方が盛り上がるんだろうなあ。

  • 回答No.4
  • frank
  • ベストアンサー率15% (15/94)

残念ながら科学の世界では「おばけ」の存在を認めることはできないですね(いないと言いたいのではありません) そもそも「おばけ」がいるとしたら、どんな物質でできているのでしょう? あらゆるものは何かの物質で構成されています 「おばけ」は? 「おばけ」の特徴を満足させられる物質は今のところ存在しません もしあったとして、そんな物質が発見されたら、1+1は2ではなかったぐらいの衝撃でしょうね(少なくとも私にとっては) 科学的に言って「おばけ」なんて存在は途方もない話なんです 「おばけ」ではなく、霊の存在を真剣に研究されている科学者もいます が、研究するほど霊現象の解明になってしまうそうです また、私の経験上、「おばけ」などの超常現象を信じる人はたいていは科学的知識が乏しいです でも私は「おばけ」を否定はしたくありません だって、私自身それらしきものを見てますから テレビの争いは「やらせ」でしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

科学者の立場からすると、公式には「お化け」の存在は否定しなければならないでしょうネ。というより、肯定も否定もできないというのが、正しい見解となるのでしょう。「未知の物体」「未知の現象」に遭遇したのはいいですけれど、「お化け」と決めつけてしまうのは‥。正体不明のもの、或いは、説明できない現象にであったとき、その原因を「お化け」と断定することは、また、「お化け」を否定することは、本当の科学者には絶対にできないことですから。 病院関係者や研究関係者は意外に「心霊体験」の経験者が多いものです。友人・知人にも体験者は沢山おられます。これは、「ほとんどの場合」、疲労と環境効果(無人の暗い病院や研究室で一人で夜中に仕事をするのは日常茶飯事です)からくる、幻覚、錯覚、幻聴、そして、知覚過敏などによるものであると説明ができます。 複数の人がいる場所で1人だけが見たという場合、幻聴・幻覚・錯覚などで概ね説明されます。複数の人が同時に見た場合、集団催眠・パニックなどで説明されます。でも、納得のいく説明ができない場合もあるようです‥。 科学者・研究者が追及しているのは「普遍的な法則」に尽きると思います。極めて特殊な例外のほかは、その理論や手法によって説明が付くものを追求している訳です。 大X教授のようにすべての「心霊現象」は電磁波で説明できるとする方もおられますが、これは明らかに間違っていると思います。多くは電磁波で説明できるでしょうが、説明できないものもあるはずですから。恐らく、「心霊現象」には複数の原因があり、それらが組み合わさって起こっているのではないかと思われます。ただ、現代科学で解明できないものもあるのが当然でしょうネ。 科学的にお化けの存在を証明するのは現状では困難です。同時にお化けの存在を科学的に否定することもできません。 実態のあるものですが、シーラカンスの存在なども初めは誰も本気にしませんでしたよネ。進化論を絶対のものとする学者にとって、或いは、通常の生物学者にとっては、存在することが通説からは許されないものだったからです。 地球外生命体についても、かつては、その存在は完全に否定されるような風潮でした。現在でも、その流れが続いてはいますが‥。1万匹のチンパンジーに自由にタイプライターを使わせたときに、シェークスピアの原稿の一節を一文字も間違わずに打ち出すのと同じ位の確率で生命ができる。これは極めてゼロに近いものなので、他の星には存在しないという根拠ですが、確率論ですから、ゼロではないのだから、他の星にも存在する可能性が否定できないというのが、科学者としての公平な見解となるはずでしょう。 心霊についても同様です。 ただ、日本の現状では、真剣にテーマとして扱うことは不可能です。話題作りのために行うということはあっても、真剣な専門的な研究を行っている方は‥通常の学会(どの学会で発表することになるのかわかりませんが)では、エントリーしても却下されるでしょうから、発表の機会も無いでしょうネ。また、講座の予算もおりませんし‥ 海外では、真剣に研究されている機関もあると言われていますが、詳細は知りません。やっぱり、チョット浮いているでしょう‥。 内輪の話しでは、よく「こんな経験したヨ」などと話しますが、通常は部外者には言わないですネ。やっぱり、科学者としてのプライドなんかがジャマしているのでしょうか‥ 科学の限界を認め、それを部外者にも言いふらしているkawakawaでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • TCM
  • ベストアンサー率44% (81/181)

 こんにちは、TCMと申します。#1のNakaさんの回答と重複する部分があるかと思いますがお許しください。  ryuchanさんのおっしゃる番組をたまに見ます。あのようになってしまうのは番組の演出という面もあるかと思います。両陣営が、グラフや表など客観的データを示しながら冷静に霊魂存在の有無について議論しようものなら、視聴率は急降下でしょう。番組的には、口角泡をとばし、つかみかからんばかりに激昂してもらわないと困るんじゃないでしょうか?  また、科学者という立場に立つと、再現性のない「おばけ現象」は研究の対象になりにくいんだと思います。さらに再現性があるとしても「おばけ現象」をどうやって評価するのか、どうやって測定するのかもわかりません。科学では、理論や仮説を立ててもそれが検証できなければ不完全です。自分自身での実験や他の科学者の追試ができないような現象をあえて研究しようという人はいないでしょうねえ。○槻教授のようにがんばっている人もいますが、あくまで余技でしょう。海外はわかりませんよ、超能力の研究とか実際やっていましたから。(SONYもしてたかな?)  一方、おばけ信奉者の方々にも問題ありです。「見たからいるんだ」ではなくて、見たという事実に誤認はないか? 物理的に存在を証明できるか? 再現性はあるか? など自説を批判的に検証し、客観的データを積み上げれば科学者なら否定はしないでしょう。そういうのが本当の科学者だと思います。 >実際に目撃した人にも納得できる説明、 >不安解消法というものはないものでしょうか。 につきましては、おそらくおばけを見た人のうち大部分は、見たことを認めてもらいたいという気持ちが心の奥底にあるでしょうから、物理学のような科学では対応できないんじゃないかと思います。むしろ心理学の分野で対応した方がいいのかなと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 科学者って?

     温暖化問題について、最近とみに議論が活発になってきているかと思われます。  実際、科学者間でも、”温暖化論者”と”寒冷化論者”との討論も活発に行われているようでございます(8月の「朝まで生テレビ」もそうでした)。  では将来本当に「温暖化するか否か」につきましては、科学者は実際のところ、「判断不可能(わからない)」という状況かと思われます(下記著作をご参照くださいませ)。  丸山茂徳著「科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている」  この著作からは → 温暖化が起こる:10%; 寒冷化が起こる:20%; わからない:70%   ですが、国民レベルでは、断定的・決定的な結論を出しているように見受けられます(どちらかと申しますと、”温暖化論”に傾いているように見られます)。実を申しまして、余りにも過剰な反応がおこっているように感じられます(下記サイト等でございませ) http://dell-support.okwave.jp/qa5234928.html   こうした、当の科学者も予想だにしない極論者はナゼでてくるのでしょうか?  いろんな理由があろうかと思われますが、愚見を以下に列記させてもらっております。 科学者の言説は信用できない。 何らかの熱狂的信者・信仰者集団がいる。 メディアの偏向報道 特別な使命感を持っている、もしくは英雄(ヒーロー)になりたい  その他、ご意見を賜りたく存じます。  それではよろしくお願い申し上げます。

  • 科学者を探しています。

    以前、どこかのTV番組で、 『霊的』VS『科学的』みたいな内容で、それぞれの立場で、色々な発言をしていて、自分側でない方を罵倒する感じの発言とかが、ある中で、科学的な側の誰かが、『霊的な事は、何も証明できないけれども、人が何か安らぎを感じるのであれば、それはそれで良いのではないか』的な発言をした、科学者がいたのですが、その方がどなただったかを覚えている方がいらっしゃったら、教えて下さい。 その番組は、一人一人にインタビューされていました。数人があつまって、討論会をしているのとは、違いました。

  • 科学者とは

    一般的に科学者は自然科学を研究する人と思いますが、その自然科学は基礎科学以外に応用科学も含まれるのですか?

  • 科学者について

    僕は、まだ高1の身で進路について決めている真っ最中の身です。それで、僕は理科系の教科が好きだから、理学部志望を考えていて、目標は難しいですが科学者になろうと思っているのですが、全くそういう事に知識がないので質問にきました。 1つ目は、科学者には相当な頭の良い人しかなれないのですか? 2つ目が、科学者を目指す人は、大学の理学部に行った後は、大学院に行くそうですが、その後はどうするのですか?? 3つ目は、科学者は理科の全ての事を知らないとなれないのですか?(化学だけや化学と生物だけとかじゃなれないのですか?) 4つ目は、学校で、地学、生物、物理をどれか1つ選択してその教科を1年うけるようになってるんですが(化学は別にとっていますが。)、生物をとっているのですが、科学者にはなれるのですか?? 質問がたくさんになってすいませんが、どうか答えてください。

  • 科学者って……

    科学者っていくつか種類あるんですか、 それと、どうやってなるんですか あと、給料はいくらぐらいですか??

  • 科学とは何かまたは科学の定義についての考察

    八百屋さんに、八百屋って何する仕事ですかと訊けば、野菜を売るんだよ。と答えくれますが、科学者に、科学って何ですかと訊いても答えられませんでした。そこで。自分なりの科学の定義を考えたのですが、穴があったら教えて頂ければと思います。 「科学とは、人間に、普遍的に認識された現象を、ある前提において、言語や数式などの記号によって抽象化したもの」です。説明します。    幽霊がよく出る場所というものが、ある。ある人は幽霊を見たといい、ある人は見てないという。目撃談というものは、そういうものだ。  では科学はそのことについて何が言えるか。何も言えないのである。いいところ、こういう場合には、それに似たものが目撃されることもある、と言うのが精一杯で、絶対にそんなものは存在しない、とは言えない。  何故か。  科学は再現性を有し、かつ万人に認識される現象しかあつかわない。再現性のないもの、特定の人間にしか認識されない現象については、何とも言えない。  科学は結論として、普遍性を保証しているわけではない。つまり「宇宙のあらゆる現象には再現性があり、かつ万人によって認識されうる」という命題の真偽は手付かずのままなのだ。  ただ科学は、黙々と、再現性があり万人に認識される現象についての法則を求めてきただけなのだ。言ってみれば、霊現象は、先程の命題を偽とする有力な証拠にも成りうるのである。  認識、という問題については後に述べるとして、ここでは、ただ、認識なるものが、その対象を万人が等しく認識することが可能か、とだけ言っておこう。つまり、白、と言った場合、私が認識するところの白が、他人にとっては、私に取っての赤にみえないとも限らない。同じだ、と証明することは論理的には不可能なのだ。  さらに、科学はいろいろな前提を必要とする。世界を前提によって、ピン留めしなくては、そもそも法則など求められない。  科学が用いている前提は多岐にわたる。一番基本的なのが、アリストテレスが唱えた、排中律(ある命題は真か偽のどちらかである)同一律(A=Bのとき同時にA≠Bということはありえない)だ。それから因果律(Aという現象とBという現象が連続して認識される場合、AをBの原因といい、BをAの結果と言う)も挙げられよう。他にも前提は無数にある。上記三つの前提は、科学のみならず、科学の土台となる論理学、数学、の土台ともなっている大前提の大前提だが、種々の科学法則は、それら前提の積み木の上に成立しているもし、それらの積み木が誤っていれば、当然、その法則自体間違いだということになる。  そこで例えば、熱力学第二法則(エントロピー増大の法則)について考えてみると、一番上段の積み木は「閉じられた系に置いて」という前提がある。  科学法則は決して絶対などではない。もしそうならば、生命などというものが宇宙に存在する筈が無いからだ。だが、生命はある。どういうことかというと、生命が存在した場所は「閉じられた系」ではなく、「開かれた系」なのだ。プリゴジンは散逸理論を唱え、そのことを明らかにした。科学は前提が世界と一致する範囲においてのみ、有用なのだ。  さて、「いわゆる現実」という名の物語の正当性の根拠とされる科学の根拠とも呼べる、排中律、同一律、因果律の正当性はどこにあるのだろう?それらを正しいとする根拠は何処に有るのだろうか? ない。  A=Aが正しいと論理的に証明することは不可能だ。それはあらゆる論理の出発点なのだ。論理学はA=Aを真だということにして、論理を進めていくのである。それ自体を正しいとする根拠は何処にも無い。ではなぜそれを正しいとするのか?それは正しいとしたからである。 信仰とは「根拠が無いものをあると信じること」だとは述べた。これは、まさしく信仰に他ならない。科学も結局は信仰からスタートしているのだ。  因果律についてはどうか? ヒュームは、原因と結果は、時間的連続性をもって認識される、二つの現象に過ぎないと言った。つまり、Aという現象の次にBという現象が認識されたとしても、その二つを原因と結果という関係で結ぶのは、結局のところ「物語」だといった。再現性など役に立たない。例えX(Xは正の整数)回AとBが連続して認識されても、X+1回目がどうなるかは分からない。分かる、とするのは物語の行なう独断で、それを保証する論理的根拠はない。結局のところ、こないだもそうだったから、今度だってそうだ、ということなのだ。  量子力学という科学において、ハイゼンベルクは不確実性理論により、因果律を実験的に、否定してしまった。そこでは現象が原因と結果では結ぶことができない。  次に、言語や数式などの記号によって抽象化したもの、ということについて考えてみよう。これはただ、ゲーデル不完全理論を挙げれば、その欠陥は明らかになる。  つまり、あらゆる論理体系はその内部に証明不可能な前提やパラドックスを含んでいる、ということだ。  以上、見てきたように、科学はその内部に破綻(矛盾や証明不可能な前提)を含んでいる。    いかがでしょう。

  • 霊・超能力をマジで研究している人っているの?

    以前、漫画で「科学者が超能力や科学で説明できない不思議なチカラを否定するのはナンセンスだ。そんな不思議なことを解明していく過程で出来たのが科学だ。」という台詞がありました。  僕にとってこの一言は非常に納得出来るものだと思ってます。  そこでタイトルの通り、霊や超能力を真剣に研究してる人などはいるのでしょうか?(有名な教授は火の玉しかやってないのかな?) また、成果などは上がっているのでしょうか?そのような事が載っているサイトがあれば教えていただきたいのですが?? よろしくお願いします。

  • 幽霊って本当にいるの???

    「いない」という意見ではなくて、 「いる」と確証を持って言えるかたの意見を聞きたいです。 (そうなると実際見たことのある人、、に限られてきてしまうのかも しれませんが。) 「いない」と言える科学的根拠はいくつも挙げることもできます。 でも私が疑問に思うには、複数の人間が同時に「同じもの」を見る、ということです。 これは現時点、科学では説明しきれないことではないでしょうか? この点に於いてだけ「いない」という意見の人の、聞きたいです。 一人でみる「幽霊」は幻覚or体験する幻聴に過ぎないのかも しれないからです。 同時に複数の人が居合わせた場所で、同じもの(それは 限りなく現地球に生きる生物??とは見えないもの)を 目撃する場合の科学的根拠と、もしくはそういう場所で居合わせた、という 体験談、教えてくださいm(__)m

  • 妖怪としての電磁波について

     現在では、妖怪とは、人間の『得体が知れないものを恐ろしいと思う心理』が生み出すものであるという考え方が圧倒的だと思います。  と、いうことは、言い換えれば、『得体の知れない恐ろしいもの』はおしなべて全て『妖怪』であると言えてしまうことになります。  明治の文明開化、あるいは昭和の高度経済成長によって、現在では妖怪の大部分がいなくなってしまったとよく言われます。  そして『でも実際には形を変えて生き残っているのだ』とも。  ところで不思議なことに、同じ妖怪の中にも『生き残るもの』と『簡単にいなくなってしまうもの』がいます。  前者の代表例は、現在では表題にもある『電磁波』でしょう。これは、世界中の科学者の力をもってしても、一般人にその無害性を証明できないために生き残っているといえます。  しかしながら、科学者がその存在を否定しきれていないにも関わらず、消え去ってしまった妖怪もいます。  たとえば、『ベトベトさん』(別名『影の足/足洗い/おいてけ』など)と呼ばれる妖怪は現在ではほとんど耳にしません。  科学者がどんなに証明しようと、この妖怪が怖いことには変わりないはずなのにアッサリと消えてしまったのです。(あまつさえ萌えキャラとしてアニメ化されてしまう始末です(笑))  また、別に誰が否定したわけでもなく何となくいなくなってしまったものもいます。  この違いはなんなのだと思いますか?  上記の文を読んでの思いつきで結構ですので、お答えいただければと思います。

  • 「科学には国境は無いが、科学者には国境がある」これは誰の(科学者)名言でしょうか?

    「科学には国境は無いが、科学者には国境がある」これは誰の(科学者)名言でしょうか?  何かのセミナーで聴講した記憶があるのですが、あまりに内容が一般的すぎて対象を特定できません。どうかご存知でしたら、誰の名言かその科学者の名前を教えて下さい。何とぞ宜しくお願い致します。  こういうのは検索エンジンでは、調べられないのですよね。  Wikipediaでも調べられない!! どうかお助けをお願いします。  あまりにも有名な科学者だったことは覚えているのですが。