• ベストアンサー
  • 困ってます

教職員の年金(厚生年金への統一化)について

お世話になります。 平成27年10月から、公立学校(県教育委員会が管轄)の教職員は皆、共済から厚生年金へ強制的に加入になるという話を聞きました。 これまで教職員の年金は所謂「3階建て」だったようですが、この3階部分は廃止され、2階部分も共済年金から厚生年金に移行し、金額計算にあたっても厚生年金のものが採用されるとの事で・・・ これにより、これから教職員を目指す者が定年を迎えて年金をもらう側になったとき、どのような影響が出るのでしょうか?やはり定年まで共済年金加入だった教職員の方よりも、受け取れる年金額は少なくなるのでしょうか? 実は私は大学で教員1種免許を取得し、卒業後は民間企業に就職。現在30代で、遅まきながらこのタイミングで教員採用試験を受けたいと考えている者です。教職を目指す理由はもちろん経済的な事だけではないのですが、やはり老後を考えると現実的にお金の問題はとても切実です。これから学校の先生になることで、定年後、寿命を迎えるまで年金だけで生活していけるのか、それとも他の選択肢を考えた方がよいのか、今、岐路に立っています。今まで老後の事などどうにかなると深く考えず来てしまったたのですが、このタイミングで真剣に身のふり方を考えている所です。 今回は教職員になることの経済的な側面に限って質問させていただきます。 これまでは学校の先生といえば、手当てが多く、年齢とともに昇給があり、待遇が恵まれているというイメージを個人的に持っていました。しかし、今回の「共済年金から厚生年金への統一化」により、定年後の年金に関してはそれ程期待できないイメージがわいてきます。 ちなみに定年にあたり、退職金以外で支給される手当というものは何かあるのでしょうか?? このあたりの事につきまして、知識をお持ちの方がおいででしたら情報をお寄せいただけると大変嬉しいです。どうぞよろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数509
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

1.給与水準 公立学校の先生は、経験年数が同じ他の地方公務員に比べて「基本給に関しては」恵まれています。 それは、「公立の義務教育諸学校等の教育職員の給与等に関する特別措置法」という法律により、 優秀な人材を確保するためという理由で、他の地方公務員に比べ4%の調整がされているからです。 その代わり、超勤手当等の諸手当はほとんどつかないと聞いています。 2.年金 3階部分(職域加算)は廃止されますが、代わりに「年金払い退職給付」という制度が平成27年10月から始まります。 額などは未定ですが、これにより、年金の水準としては従前に近い額が保障されるものと思われます。 なお、掛金は2階部分の厚生年金とは別途徴収されます。 また、その分、退職手当は下がります。 (民間の退職金+企業年金=公務員の退職金+年金払い退職給付 となるように官民格差を是正) したがって、現在お勤めの会社で企業年金基金に加入し、掛金負担がない(企業年金の原資は会社負担である)場合は、転職した場合損をします。 (同水準の私的年金をもらうのに、今までは個人負担がなかったが、転職後は個人負担が発生する) http://www.chikyoren.or.jp/nenkin/pdf/nenkin_touitu.pdf の9ページ等もご覧ください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答をお寄せくださってありがとうございます! >1.給与水準 やはり基本給に関しては恵まれているのですね。 諸手当に関しては現在は付かないのですね。 以前、正規教員ではないですが、常勤講師をしている友人が「手当てが3つ付いてるから助かる」というような話をしておりましたので、そういうものかと思っておりました。 >2.年金 なるほど、従前に近い額が保障される見込みとの事。。。少し安心しました。私は親(今はまだ元気なので良いのですが)を扶養することも考えているので、この点がうかがえて安心致しました。しかしながら、おっしゃるとおり掛金負担の件は盲点でした。教えていただいてありがとうございます。

関連するQ&A

  • 厚生年金について教えてください。

     こんにちは!  共済年金が厚生年金と統合になりました。  かつて厚生年金に4年ほど加入し,その後,転職し共済年金に加入している人は、過去の厚生年金加入期間は共済年金加入期間と合算する形で反映されるのでしょうか?

  • 共済年金から厚生年金へ

    共済年金に約13年加入後、厚生年金に加入中です。 トータル(共済+厚生年金)し、25年加入すると国民年金と上乗せ部分の年金の受給資格を満たすと思っていたのですが、同じく共済年金加入十数年後、厚生年金へ加入となった方から、共済年金分は退職金で受け取っているため、25年の中には含まれないと言われましたが・・・本当でしょうか? 又、トータルで考えて良い場合、共済+厚生年金ということで、現状で何か手続きは必要なのでしょうか?

  • 厚生年金と共済年金をどちらも納めた場合

    初めての質問で言葉足らずだったらすいません。大学に通っていた時は国民年金を納め、22才からは厚生年金を納めていました。30才から郵便局の社員になり現在33才で3年共済年金を納めています。 中途半端に厚生年金を納めた状態なので定年後どのくらい年金がもらえるのか計算できなくて困っております。定年までずっと厚生年金、あるいはずっと共済年金で納めた方がもらえる年金は上がっていたのかなと不安になってしまいました。 どなたかご存知の方いらしたらご教授 よろしくお願いいたします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • suzuko
  • ベストアンサー率38% (1112/2922)

>これまでは学校の先生といえば、手当てが多く、年齢とともに昇給があり、待遇が恵まれているというイメージを個人的に持っていました。 そもそもここが間違っています。 手当など、ほぼありません。出張手当も出ません。大手企業ででる「引っ越し手当」も当然ありません。すべて自腹です。 出る手当と言えば「通勤手当」と「住居手当」ぐらいですが、上限はあります。つまり、ある程度は保証するがそれ以上は「自腹」となります。 今時の公務員で「自動昇給」はありません。全て能力給です。 経済的なことを優先されるのならば「30代からの教職」は、向かないと思います。年金が全額つくのは「25年以上勤続」ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答をいただいてありがとうございます! なるほど、いまどきの公務員はそのようになっているですね・・・ 大変勉強になりました(^-^)/。

関連するQ&A

  • 厚生年金と共済年金の時期をずらした受給

    厚生年金に約2年、残りは共済年金に加入しています。厚生年金と共済年金では受給開始の年齢が異なることに気づきました。厚生年金をそのまま受給するとして、共済年金の方は本来に受給開始年齢より数年後から受給するようにできますか。

  • 国大法人教職員はいずれ健保・厚生年金になる?!

    国立大学は、平成16年に法人化され、 国大教職員は国家公務員の身分を離れ、 国立大学法人職員となりました。 それと同時に、正規雇用の教職員も、民間会社員と同様、 雇用保険の被保険者となりましたが、 公的医療保険・年金は、文部科学省共済組合のままです。 これは、あくまで【経過措置】に過ぎないのでしょうか? つまり、 (1)旧三公社(職員の身分は公共企業体職員)から民営化した NTT・JT・JRグループの正社員が、 民営化後も引き続き組合員となっていた 各種共済組合(公共企業体職員共済組合→国家公務員等共済組合)や、 (2)旧日本郵政公社(職員の身分は国家公務員)から民営化した 日本郵政グループ各社の正社員などが、 厚生・共済年金一元化の議論が進行中であるなどの理由から、 民営化後も引き続き組合員となっている 日本郵政共済組合(国家公務員共済組合)が、 民営化後もしばらく存続させされ(させられており)、 各社の社員が公務員同様の制度に入っていた(いる)のと、 同様と措置と考えられるのでしょうか? 仮に本当に、あくまで【経過措置】として、 国大法人教職員を国家公務員共済組合の組合員としているとすれば、 いずれは彼らも健康保険・厚生年金保険に移行するのでしょうか? もし実際にそうだとすると、 私立大学の教職員は私立学校振興・共済事業団に加入し、 国立大学教職員は健康保険・厚生年金保険に加入するという、 【官民逆転現象】が発生することになります。 ※私学共済事業団の「加入者」は共済「組合員」とみなすという、 法律の規定があります。 (つまり、公務員と同じく、健保給付なし、厚年適用除外、となる。)

  • 年金制度が来年から厚生年金と共済年金で一元化

    されますが、そこで2点教えてください。現在私(62歳、教員で定年65歳、癌のため現在休職中;傷病年金3級)は共済年金に入っております。そこで質問ですが、共済年金は厚生年金に比し掛金が高いのですが年金の支給額は今まで通り掛金に比した額だけ頂戴できるのでしょうか。次に厚生年金の場合は傷病年金3級で傷病年金の支給があるのですが、共済では3級ではありません。一元化されるとその点は如何なるのでしょうか。

  • 老齢厚生年金・老齢共済年金

    初めまして。 現在会社員なのですが、公務員に転職した後の年金について 悩んでいます。 厚生年金・共済年金共に25年以上加入しなければ 老齢厚生年金・老齢共済年金、それぞれ受け取る権利が無いですが、 両方合算して25年間以上加入 (例:厚生年金5年間+共済年金22年間=27年間) した場合、老齢厚生年金もしくは老齢共済年金を 貰える権利は発生するのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 厚生年金について、この場合はどうなるのでしょうか?

    厚生年金についてよくわからない事があるので教えてください。 例えば、3月末から5月頭までの1カ月ちょっとを大学病院で働いていたとすると、その間に1回給料日がくると思いますが、その場合、厚生年金は払われているのでしょうか? 設定としては、大学病院なので、従業員(?)が5人以上であるので、強制加入(?)だと思うのですが、問題としては、1か月ちょっとしか働いていないという点です。その場合でも厚生年金というのは払われると考えて良いのでしょうか? それとも、1か月だと加入の手続きが間に合わなくて、厚生年金には加入できていないと考えるべきでしょうか? もしかして、大学病院だと、独立行政法人になるので、厚生年金ではなく共済年金になりますか? 教えてください。宜しくお願いします。

  • 厚生年金の減額

    共済年金と国民年金のみ払い続け、定年退職後に厚生年金の適用を受けて働いています。この場合、現在の収入や労働時間に全く関係なく、厚生年金の減額を受けることはないんですよね? よろしくお願いします。

  • 共済年金と厚生年金の受給について

    62歳で共済年金(加入期間37年)を受給中です。今年の3月から会社に雇用され厚生年金に加入します。3年位働く予定です。この場合、厚生年金の受給はいつの時点で、できるのでしょうか?3年後退職した時点で請求することになるのでしょうか? 受け取り方は、共済年金に上乗せされて共済組合からもらうのでしょうか?それとも厚生年金の分については、社会保険庁から共済年金とは別口で受け取るのでしょか?教えてください。

  • 厚生年金と共済年金の通算

    妻は、厚生年金に7年、共済年金に22年加入で1948年生まれ。 このまま定年まで勤務予定で昨年の年収720万円。 私は、1944年生まれで厚生年金加入40年で今年定年です。 (1)妻の年金支給予定額はどこで調べることが出来ますか。 (2)加給年金対象になりますか。

  • 二年だけ納めた厚生年金と四年だけ納めた共済年金

    私は現在二十七歳の自衛官です。 私は二十歳から二十二歳までは国民年金、二十二歳で民間会社に就職して厚生年金、二十四歳で自衛隊に入隊して現在は共済年金を納めていますが、来年の三月に除隊して自分で商売を始めようと思っています。ということはこれからは国民年金を納めるということになりそうなのですが、ひとつ疑問があります。 私が二年間だけ納めていた厚生年金と自衛隊時代の四年間納めていた共済年金はどうなってしまうのでしょうか。 納めた機関や金額に応じて老後に少しだけもらえるのでしょうか、それとも一定の期間(たとえば十年とか)収めていればもらえるのでしょうか、それともこれだけではもらえないのでしょうか?(そうだったらちょっと損した気分)・・・・。その辺を踏まえて今後の老後対策の参考にしたいのでぜひ教えてください。

  • 厚生年金・共済年金の上積みは?

    社会保険庁HPで年金額の簡易試算をしてみました。 結果は年額82万円でした。 国民年金加入期間27年 厚生年金加入期間3年3ヶ月 共済年金加入期間9年 と、厚生年金、共済年金にも加入していた時期があるのですが、上積みしても年金額はこんなものなのでしょうか?