• 締切済み
  • 困ってます

遺族厚生年金

遺族厚生年金の受給について教えてください。 厚生年金加入者が亡くなると、遺族に遺族厚生年金が支給されると思うのですが、定年退職後に死亡した場合はどうなるのでしょうか? 退職後は厚生年金を脱退した事になると思うのですが、加入年数を満たしていれば支給されるのでしょうか。 本人が厚生年金を受給中になくなった場合と、定年後の受給年齢前に亡くなった場合の遺族厚生年金について教えて下さい。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1482
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.5

引き続き。 在職中死亡であれば、年数に関係なく、自動的に受給要件を満たしますので、「遺族に該当すれば」遺族厚生年金は受給できます。 退職後(定年云々は関係なく)の場合は、ある程度の年数を満たしていないとダメ、ということです。 年金を実際に受給しているかどうかは、全く関係ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

安心しました。 有難うございました^^

関連するQ&A

  • 遺族厚生年金について

    年金受給前の、厚生年金加入中に死亡した場合の受給資格を教えて下さい。 今までの質問・回答などを色々見たのですが、自分なりにうまく解釈できなかったもので・・・ まず、働いている夫が死亡して、遺族厚生年金がもらえるには、 ●死亡日の前日の前々月から過去1年間の間に、保険料をちゃんと払っているかどうか。 ●20歳~死亡日の前々日までの期間に、保険料をちゃんと払っているのが3分の2以上の期間あること。 以上2つの要件を満たせばもらえるのでしょうか?? 20年or25年加入してないともらえないと書いてあったり、上記の要件だったりしてどれが正しいのか分からなかったので。 また、遺族厚生年金は、年金をもらう年齢になった時に給付されるってことでいいんですよね?? 若いうちに死亡したらもらえるまでの年数がかなりあるなぁと思いまして・・・。手続き等は死亡した時にして、受給年齢になったら給付されるようになるんですか?

  • 遺族厚生年金、寡婦年金などについて

    遺族厚生年金、寡婦年金などについて 7年間厚生年金に加入後退職し、自営業をつぐ予定です。 その場合の遺族補償について不明な点を教えていただきたいと思います。 (1)老齢基礎年金の受給資格がある場合(25年保険料を納めた)、 退職後自営業者になってからでも遺族厚生年金の受給資格があるか? (長期要件で受給できるという解釈でOKか?) また、遺族基礎年金の受給が終了すれば、中高齢寡婦加算が支給されるか? (2)上記のように死亡した時点で自営業者でも遺族厚生年金を受給すれば「寡婦年金」はもらえないのか? (3)自営業者になってから老齢基礎年金の受給資格が無いうちに死亡した場合 (20歳から保険料を滞納せずに45歳迄に死亡)、 遺族厚生年金がもらえないので「寡婦年金」は支給されるのか? 結果によっては兼業にした方がよいかなど、真剣に考えてから今後のことを決めていかないとと かなり焦っています。 以上、よろしくお願いいたします。

  • 厚生年金について

    現在61才、定年退職者で厚生年金受給申請前です。 以前年金機構からはがきが届き「あなたの年金加入期間合計は479ヶ月」 となっていました。 国民年金では480ヶ月加入者は満額支給されるとのことですが 厚生年金では480ヶ月加入だと支給額に差はあるのでしようか。 もしあるなら、これからあと1ヶ月分払い込みをして480ヶ月にできるのでしょうか。 以上よろしくお願いします。

  • 回答No.4

#1、3です。 >>そういうことになりますが、これはaの前段しか満たしていないので、厚生年金に改めて加入して「厚生年金保険に加入中の方が亡くなられ」の部分を満たす必要があります。 >↑の意味が良く理解できないのですが、厚生年金に加入しているのに厚生年金に改めて加入するのでしょうか?? え?質問の内容からすると、既に退職しているんですよね? だとすれば、退職と同時に厚生年金は脱退していることになるので、「加入していること」にはなりませんが…?再就職などしているんでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

紛らわしい書き方をしてしまってすみません。 現在勤続14年で厚生年金加入中です。 厚生年金加入中の現在死亡した場合と、23年後に定年退職して厚生年金受給中もしくは60歳~65歳までの受給していない期間に亡くなった場合はどのようになるのかと思いお尋ねしました。 定年退職後は加入年数を満たしているので貰えるという事のようですが、現在はどうなるのでしょうか?

  • 回答No.3

#1です。 >昭和31年以降生まれなのですが、25年に満たないので、現時点で死亡した場合は遺族厚生年金は全く貰えないと言うことでしょうか?国民年金の遺族基礎年金の方は、子供がいないので全く貰えないと理解しているのですがこれは正しいでしょうか? お見込みのとおりです。なお、#2の方の補足もついでにすると、 >受給条件ですが、(次のいずれか)というのはaまたはbのどちらかを満たせば良いという意味でしょうか? これもお見込みのとおりです。 >a…会社勤めが10年とすると=厚生年金加入期間も10年なので、10年の2/3の期間納付済みだと受給できるのでしょうか? そういうことになりますが、これはaの前段しか満たしていないので、厚生年金に改めて加入して「厚生年金保険に加入中の方が亡くなられ」の部分を満たす必要があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

お答え有難うございます。 遺族厚生年金は、厚生年金に加入している人が亡くなれば必ず貰えるものだと思っていたので困惑しています。 要件が色々とあって複雑で自分の場合はどうなのかよく理解できないのですが、要するに現時点では遺族厚生年金は出ないという事でしょうか。 >そういうことになりますが、これはaの前段しか満たしていないので、厚生年金に改めて加入して「厚生年金保険に加入中の方が亡くなられ」の部分を満たす必要があります。 ↑の意味が良く理解できないのですが、厚生年金に加入しているのに厚生年金に改めて加入するのでしょうか?? >>受給条件ですが、(次のいずれか)というのはaまたはbのどちらかを満たせば良いという意味でしょうか? >これもお見込みのとおりです。 abの片方を満たしているので受給できる、というわけではないのでしょうか。 飲み込みが悪くてすみません… 受給できるのか出来ないのか、どちらなのでしょうか。。

  • 回答No.2

>>昭和31年以降生まれなのですが、25年に満たないの >>で、現時点で死亡した場合は遺族厚生年金は全く貰えな >>いと言うことでしょうか? 遺族厚生年金の受給条件  1)加入要件(次のいずれか)   a)厚生年金保険に加入中の方が亡くなられ、    保険料納付済期間が加入期間の3分の2以上あること b)老齢厚生年金の資格期間を満たした者が死亡したとき。  2)収入要件   年収850万円未満  3)死亡当時に死亡した人によって生計維持関係があった  加入期間が25年に満たなくとも、1),2)、3)の条件を満たせば、遺族厚生年金はもらえます。 >>国民年金の遺族基礎年金の方は、子供がいないので全く >>貰えないと理解しているのですがこれは正しいでしょうか? ただしいですが、代わりに夫が死亡したときに35歳以上(2007年4月からは40歳以上)の子のない妻には、中高齢寡婦加算が行われます。(ただし、64歳まで)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

有難うございます。 受給条件ですが、(次のいずれか)というのはaまたはbのどちらかを満たせば良いという意味でしょうか? a…会社勤めが10年とすると=厚生年金加入機関も10年なので、10年の2/3の期間納付済みだと受給できるのでしょうか?

  • 回答No.1

老齢厚生年金の受給者が亡くなった場合は、遺族厚生年金の受給権発生要件を満たしているので、「遺族に該当する人がいれば」大丈夫です(遺族の要件は、過去に相談事例がたくさんありますので、ここでは省略します。)。 また、定年退職する前ですが、その時点で老齢厚生年金が受給できる加入年数を満たしていれば、遺族厚生年金が発生します。 この年数とは、今は20年間ですが、昭和27年4月2日以降の生まれの人は段階的に引き上げられ、昭和31年4月2日以降の生まれの人は25年間必要となります。 加入年数は、全てが厚生年金の期間である必要はなく、共済などの期間でも大丈夫ですが、厚生年金と国民年金の場合は、厚生年金だけで20年無ければ、合わせて25年間の加入期間が必要です。 なお、この条件は、上記の生年月日の条件を考慮しなければ、何歳でなくなっても変わりません。したがって、老齢厚生年金を受けていようといまいと、その受給開始年齢に達していようといまいと、既に厚生年金だけで25年の加入期間があれば、必ず遺族厚生年金の受給権は発生することになります(遺族がいればですが。)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のご回答有難うございます。 このような質問をさせていただいたのは、生命保険の保障額を見直しているからで、主人が亡くなった場合に支給される遺族年金等を考慮して保障額を決めたいからなのですが、現在の時点では厚生年金に加入して14年です。 昭和31年以降生まれなのですが、25年に満たないので、現時点で死亡した場合は遺族厚生年金は全く貰えないと言うことでしょうか? 国民年金の遺族基礎年金の方は、子供がいないので全く貰えないと理解しているのですがこれは正しいでしょうか?

関連するQ&A

  • 国民年金の任意加入分は遺族厚生年金で損?

    昭和26年生 女 現在厚生年金に加入中で62歳が定年です。 平成21年12月24日現在の加入状況は↓です。 国民年金加入計185 厚生年金計112 夫は年金受給中です 私が定年退職後に国民年金の任意加入と・付加年金を65歳まで掛けた時14660×12×3=527760円   400×12×3= 14400円 計542160円の負担で年額67200円増える計算ですが・・ もし夫に先立たれ 夫の厚生年金から自分の厚生年金部分を引いた残りが遺族厚生年金として受給のようですがこの時、上の任意加入などは無駄になるのでしょうか?そもそも基礎年金だから遺族年金には計算外ですか? 又定年退職後もパート扱いで厚生年金に引き続き加入できます 年収は減りますが、厚生年金に入り続けるか国民年金に入るか夫に先立たれた場合どちらが得でしょうか

  • 遺族厚生年金の受給について

    遺族厚生年金の受給資格について調べていて わからないことがありましたので、 どなたかご存知の方がいらっしゃったら 教えて下さい。 障害厚生年金の受給者の方が亡くなった場合で、 その方が1・2級の障害等級に該当していた時は、 遺族の方が遺族厚生年金を受給できますが (厚生年金保険法58条1項3号)、 さらに、障害等級3級に該当していた場合でも、 障害の原因となった傷病と死亡との間に因果関係があるときは、 遺族の方は、遺族厚生年金の支給が 受けられることがあると聞きました。 後者の場合、具体的には、どのような場合に 支給を受けることができるのでしょうか? 調べてみましたが、これ以上のことがわかりませんでした。。 できれば、出展等も教えていただけるとありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 遺族厚生年金と老齢厚生年金

    会社員だった主人が亡くなり遺族厚生年金を受給します。 私(42歳)も20年厚生年金に加入してましたが、2年前退職し主人の扶養に入ってました。 主人が亡くなったので、国民年金に加入しましたが、今後私が働くとしたらどちらの年金がお得でしょうか。 私の老齢厚生年金は遺族厚生年金より少ないようです。 フルに働き厚生年金に加入するか、パートで調整しながら国民年金に加入かで迷っています。 加入年は厚生年金20年、国民年金1年、扶養1年、現在国民年金です。

  • 厚生年金の遺族年金や一時金について

    厚生年金の遺族年金や一時金について教えてください。 現在50歳代でまだ年金未受給で、過去に10年間ほど 厚生年金に加入していました。 家族構成は、未婚で子供なし、母1人ですが、私が死亡した場合 母が私の厚生年金の遺族年金か一時金などは 受け取ることはできるのでしょうか? 社会保険事務所に問い合わせましたが、仮定の話はお答えできないとの 事でした。 よろしくお願いします。

  • 遺族年金等について

    55歳、専業主婦です。 子ども2人、1人は社会人、1人が大学生で現在22歳です。 遺族年金等について質問致します。 遺族年金は、定年退職前の主人が亡くなった場合に対して、その配偶者に支給される年金と聞いたのですが、例えば定年退職後、何年かたって亡くなった場合にはもう支給されないのでしょうか。 という事は、22歳から厚生年金に加入しているサラリーマンの主人が65歳で定年退職し、67歳で死亡した場合、妻である私に支給される公的な年金といえば、私が加入していた国民年金だけ?ということですか。 年金の事、全く知らず、最近になってまわりから老後のことが、耳にはいってくるようになり、不安になってきました。 生命保険には加入していますが、ひとりになった場合の老後が不安です。 ご回答よろしくお願い致します

  • 特別支給の厚生年金

    先日の朝日新聞で特別支給の厚生年金についての記事が書かれ反響が大きかったそうですが、私には1941年生まれの父がいます。 定年退職後、同じ会社に再雇用され嘱託職員として仕事を続けています。再雇用された後も厚生年金に加入しており、税引前の年収は300万超えてるようです。 このような身分のものの場合、この特別支給の厚生年金というのは受給できないんですよね?もし何か年金を受給できるものがあれば教えて欲しいのですがよろしくお願いします。 申告制で事前に通知もない社会保険庁はフェアじゃないです・・・皆さんの知識をお貸しください。

  • 遺族が複数いる場合の遺族厚生年金額について

    遺族が複数いる場合の遺族厚生年金額について質問します。 例えばある厚生年金被保険者が死亡したとして、老齢厚生年金の計算の例にしたがって計算された額の3/4が100万円だったとします。 ケース1:遺族がこの者の父一人だった場合 父に支給される遺族厚生年金額=100万円 ケース2:遺族がこの者の子供5人だった場合 子供5人に支給される遺族厚生年金額=100万円 子供1人に支給される遺族厚生年金額=20万円 つまり、遺族基礎年金の場合は子供の数が増えるにつれて年金額も増えますが、遺族厚生年金の場合は子供の数が増えると、一人当たりの支給額は減る、という理解であっているでしょうか?

  • 遺族厚生年金について

    遺族厚生年金についておしえてくだい。 A、63歳(男)で他界(国民年金、厚生年金加入期間111ヶ月)(会社社長)配偶者無し B、Aの父82歳(会社社長)配偶者無し、年収600万他もあり C、Aの息子39歳(Bと養子縁組)配偶者、子供あり、年収600万他もあり 上記の条件で国民年金は死亡一時金をBが貰えるのですが、厚生年金のほうが良くわかりません。 A、B、C共、住民票上同住所です。又A、B、C共扶養関係は無く、それぞれが、健康保険の被保険者です。 Bに遺族厚生年金の受給権があるように思えるのですが、収入があるのでAによって生計を維持されていた事にならない様なきがするのですが…… この場合遺族厚生年金はいずれかに受給権は発生しますでしょうか。

  • 老齢厚生年金をもらっている夫が無くなったら妻が遺族厚生年金をもらえるか?

    表題の通りなのですが 老齢厚生年金をもらっている夫がなくなった場合、妻は遺族厚生年金を受け取ることができるのでしょうか? 当然、夫が老齢厚生年金をもらう前に亡くなった場合は遺族厚生年金を妻が受け取ることができると思いますが夫が既に年金受給中はどうなのでしょう。 また、 ・夫(基礎・厚生年金受給中) ・妻(基礎年金受給中) ・子供(会社員・独身) が同居していて、子供が亡くなった場合は両親に遺族厚生年金が払われると思います。 その場合、夫に支給するか妻に支給するかは任意に決めることができるのでしょうか? 例えば上記の場合、妻に支給するようにすることはできるのですか?

  • 遺族厚生年金について

    現在75歳の夫が亡くなったとします。 夫には厚生年金から毎月年金が支給されていました。 68歳の未亡人は手続きすれば遺族年金をもらえますか? 未亡人は専業主婦で年金に加入しておりません。 もう一つ質問です。 厚生年金をもらえる年齢に達していて実際に支給されている人が企業の正社員として働いている場合は厚生年金をもらいながら納めるという、おかしなことになるのでしょうか? それとももらっている人は企業の正社員であっても納める必要はないのでしょうか?