• 締切済み
  • 困ってます

仮定法過去は、未来のことを表す?

ある参考書で、 If it rained tomorrow, I would stay indoors. という文を見つけました。仮定法過去を使っていますが、これは現在の仮定を表すと思っていたのですが、tomorrow とあるところを見ると、未来のことを表していると思われます。このような用法は可能なのでしょうか? また、 If it should rain tomorrow, I would stay indoors. とはどのように違いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数873
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.7
noname#202629
noname#202629

If it rained tomorrow, I would stay indoors. は間違い。 貴兄が言う通りです。過去形に未来が使われているので、仮定法の条件節であろうが間違いとされるようです。正しくは、 If it were to rain tomorrow, I would stay indoors. しかし、上記文は仮定法の2nd conditonalで、非現実な事を言うときに使う用法であるために、意味論からすれば、 If it rains tomorrow, I will stay indoors. の1st coditionalが正しい表現となる。 If it should rain tomorrow, のshouldはどちらかと言えば、英国英語で米語ではない、または昔の言葉とで、今は使わないと言うアメリカ人が多い。この場合のshouldは万が一と言うような意味で、雨が降るとは思わないがもし、雨であったならという意味になる。故に、上記の1st conditonalの範疇に入る。 If it should rain tomorrow, I will stay indoors. Practical Englih Usageによれば、 Would is not common in the main cluase. If he should be late, we'll have to start without him. (NOT .... we'd have to start without him) とwouldは間違いとしている。 If you should run into Peter, tell him he ows me a letter. のようにZero Conditionalならば良い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 仮定法過去について…

    質問です。 現在・未来について仮定する際にも用いるようですが、 (1)If it is fine tomorrow, I will go out. (2)If it were fine tomorrow, I would go out (1)の文は可能性が有ると判断するので現在形。 (2)の文は可能性が無いと判断するので仮定法過去。 となるのでしょうか。 (1)は時・条件副詞節中は、未来のことでも現在で表す…との解釈もありますが、仮定法の解釈で云う「可能性が有る」というとも解釈できますか。 また、未来のことも可能性がほぼゼロであれば仮定法過去で表すということですが、(2)の文のように、tomorrowがあるのにwereを使ってもいいのでしょうか。 さらに、万一のshouldは「可能性が少しある」時に使うようですが、そうなると (3)If it should be fine tomorrow, I will[would?] go out. となるのでしょうか。主節のwillかwouldかの区別も「?」です。 以上、ご高見を拝借願います!

  • 仮定法について

    (1)If it rains tomorrow, I will not go to the park. (2)If it should rain tomorrow, I will(would) not go to the park. (3)If it were to rain tomorrow, I would not go to the park. この(1)(2)(3)の3つの文のニュアンスの違いを教えて下さい。 (1)は直説法、(2)はshouldを用いた未来の叙想法、(3)はwere toで仮説を 強調するといいますが、実際にどういう場面で使うのかがみえません。 よろしくお願いします。

  • 確信のshall

    ズバリお聞きしますが、 It shall rain tomorrow. (明日は必ず雨が降る(と思う)。)・・・(1) It shall be fine tomorrow. (明日は必ず晴れる(と思う)。)・・・(2) といった表現は可能でしょうか? 以前調べたサイトでは、 shallが「99%そうなる」というイメージを持ち、同時に「1%の裏切りの可能性」を裏に含んでいる。 とありました。その「1%」の意味にするときは、shallを過去形にし、shouldにすれば、仮定法未来となり、「もし万一~なら、・・・」となる、といった説明でした。例文として、 If it should rain tomorrow, I will [would] stay home.・・・(3) が、挙げられています。Ifを使った時のような「it should rain~」・・・(4)などは、他の参考書にでもよく見かけるような気がします。まとめると、 明日は必ず晴れる(と思う)。 万一、明日、雨が降ったら、家に居るよ。 を英訳したい時は、(2)と(3)を書けばいいのでしょうか。(1)や(2)のような例文はないかといろいろ書店でもネットでも探しましたが、shallを使って、「必ず降る[晴れる]」と訳した(1)や(2)のような例文が十分に確認出来ないです。 実際に(1)や(2)は、使われている英語、そして訳、なのか知りたいです。(4)のような表現をするのなら、(1)や(2)の表現もアリなのかなと思った次第です。 よろしくお願いします。

  • 回答No.6
  • Nakay702
  • ベストアンサー率81% (7929/9777)

>仮定法過去は、未来のことを表す? >ある参考書で、 >If it rained tomorrow, I would stay indoors. >という文を見つけました。仮定法過去を使っていますが、これは現在の仮定を表すと思っていたのですが、tomorrow とあるところを見ると、未来のことを表していると思われます。このような用法は可能なのでしょうか? >If it should rain tomorrow, I would stay indoors. >とはどのように違いますか? ⇒ちょっと古くさい説明になりますが、伝統文法に即してお答えします。 確かに、「未来の起こりそうもないこと」を仮定的に述べる場合は仮定法未来を使うことになっていますね。それに対し、仮定法過去は、「現在の事実に反すること」を仮定して述べるときに用いられます。 ところが、一般的に、「まだ起こっていないこと」の内容は、現在と未来の区分が曖昧ですよね。それで、通常の表現でも、"Do you go there?" "Yes, I go / I will go, but later."のように、現在形と未来形の両方とも使うことができます。 まして、「仮定上の話」ともなれば、現在と未来は区分どころか、両者が渾然一体になってしまいます。それで、If it rained / should rain tomorrow, I would stay indoors.のように仮定法過去でも仮定法未来でも、同じような意味を表わすことになるわけです。 強いて、区別して訳をつけるとしたら、こんなところでしょうか。 If it rained tomorrow, ….「もしも明日雨が降ったら、…。」 If it should rain tomorrow, …. 「もしも明日雨が降るようなら、…。」 …と、苦肉の策を弄しても、あまり違いを表わすことができません! それほどに、「紙一重」の違いしかない、ということでしょうね。 ただ、近年、仮定法未来はあまり使われなくなってきたようです。上に述べたとおり、「仮定上の話では、現在と未来の区分が不明瞭である」ことがその理由の1つでしょう。 ちなみに、他の印欧語、例えばスペイン語などでも同じような未来形の後退・消滅現象がみられます。 以上、ご回答まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

仮定法には時制は関係ないですよ。 単に仮定の文を作るとき動詞が過去形になるだけの話です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

If it rained tomorrow, I would stay indoors.が文法的に可能かどうかは別にして、英語国民の10人中9人はおかしいと思うに違いありません。理由は 1)過去形のrainedに未来を表すtomorrowがくっついている。 2)仮定法過去は基本的に事実と異なることや、ありそうもないことについて使うので未来のことについてはなじまない。 貴方の読まれた参考書がどう説明しているのか分かりませんが、この例文を使うのは避けられたほうが賢明です。ご参考までにIf it rained tomorrowで検索してみるといくつかの英文法関係海外サイトにヒットします。「おかしい」という説明が大半です。 If it should rain tomorrow, I would stay indoors.については If it were to rainと同様「万が一」「ひょっとして」という意味合い強まるので If it rained tomorrowよりは、ずっとましです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

 とおり一辺倒の説明をするのであれば、「仮定法」そのものは「実際にはありえない想定」を前提とする話です。一般的な例文を挙げるなら、“If I were a bird,I would fly to you.”があり、もし僕が鳥だったなら、気味の許へと飛んでいきたいのだが、との訳文になります。  これには「僕は人間である。人間は鳥ではない。だから僕も鳥ではない」との一般的な常識と共に論理に裏付けられてもいます。  また同時に「鳥ではないから、貴女の許へと飛んでいくことはできない」との願っても叶えることの出来ない願望を示してもいます。  仮定法の話はここまでで一先ず離れますが、tomorrowとの時間を示す単語は、現在進行形でも使うことができます。それは「近い将来に対して、現在から説明する」あるいは「喫緊の予定を記す」との少しややこしい話ですが、日本語でもこうした表現はしばしば覧られるところでもあります。ですから必ずしも「仮定法が未来を示す」との理解にはならないとの話になります。  但し、日本語には「未来形を示す助動詞や補助動詞」はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#196223
noname#196223

文法用語はね、駄目ですね(笑) 仮定法という前に、私たちが言葉を相手に伝える内容は、大きく分けると3つです。 (1)事実 (2)予想(事実を予想している) (3)仮想(事実とは無関係に想像している) 仮定法というのは、予想か仮想です。 must やshould も、予想か仮想です。 もしAだったらBをするだろう、というのは『Aが事実になったら、Bをするだろう』という『起りえる現実の予想』ですよね?。これが仮定法現在ですが、仮定法過去というのは、仮想世界です。 (1)勉強をしなければならない(事実でも予想でもなく、頭の中で仮想しているだけ) (2)勉強しろ!(事実でも予想でもなく、頭の中で仮想しているだけ) さておなじ様に、仮定法過去も仮想なのです。事実とは全く関係ないもので、想像しているだけなので、過去でも現在でも未来でも構いません。想像世界なのです。起りえることを予想するのと、ただ想像するという違いが表現されているだけなのですね。 If it rained tomorrow, I would stay indoors. この文はさ、起りえる事実を予想しているのではなく、想像しているだけの世界、妄想世界です(笑)この感覚が、なかなか区別し難いと思いますが、実際、アメリカ人も仮定法の区別が、けっこう曖昧です。使いやすくするコツとしては・・・ (1)予想する時には、現実に心が向かっている (2)仮想する時には、現実から心が離れて想像の世界になっている この感覚を大切にすると使い分けやすくなります。時間の副詞句は、関係ありません。あと、英語には、『未来形』ってのは事実上無いのです。未来とは『今思う予想世界』なのです。あるいは、現在にすでにやっていることの『到達点』『結果』と捉えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

可能です。 仮定法過去ということばは、誤解を招きやすいのですが、単に「過去形」の形を使う言い方ーーということになります。 明日晴れだったら、海へ行こう!ーーという日本語も「だったら」と何やら過去のような言い方ですが、実際は「明日」ですね。これとちょっと似ています。 仮定法の過去形は、時制と関係なく(ですから時制の一致をうけません)、現在の事実に反するものーー事実と距離を置くものなのです。また、現在という時制に距離を置くと過去形ということになります。 なお、英語には未来形はないので、現在形と過去形の2つの区分が大原則です。そういうことも加味して考えると少し理解ができると思います。 以上、ご参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 仮定法

    (1) What (   ) you do ,if you were in my place? 正解はwouldですが、couldではだめでしょうか? (2)If it (would, should, is) rain tomorrow,they will not go. 正解は実現性の低い仮定でshouldとなってますが、isでもいいのではないかと 思いますが、(1)(2)を詳しく教えてください。

  • 仮定法未来?

    英文法の問題集で 1.If the boss would ask me to, I would leave on my business trip tomorrow. という文と、 2.Should the boss need more information,he will contact you directly. という文が出てきました。 自分は ・仮定法で過去形を用いるのは現実から離れている感じを持たせるため ・「should」を用いた仮定法は非常に低い確率を示す という風に仮定法を教わりました。 なので、shouldの有無から言うと確立の高さは1>2と考えましたが、 1では未来の事をわざわざ過去にして仮定法である事を強調しているのに、2ではそのまま未来形が使われていることに違和感があります。 また、if節が仮定法過去なのに主節が未来になるというのはままある事なんでしょうか? ご教授願います。

  • もし明日雨だったら・・・

    (1) If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. (2) If it rained tomorrow, we would cancel the picnic. (3) If it should rain tomorrow, we would cancel the picnic. この3つの違いは、話し手が考える実現可能性の程度が、単純に(1)>(2)>(3)の順で低くなると考えてよいのでしょうか。他に何かニュアンスの違いはあるのでしょうか。

  • I wish it should rain.

    I wish it would rain. という文はありますが、should はないようです。I wish の後には仮定法の条件節と同じ形が入ると書いてありました。だったら、If it should rain tomorrow, ... のように should が入ってもいいのではないでしょうか? なぜ should がだめなのか教えてください。

  • 仮定法未来と条件節のIfの違いがわからない

    英語の文法について質問です。 仮定法未来と、条件節のifの使い方の違いが分かりません。どんな時に使えばよいのか…。 If S should~のときは実現可能性が1%程度(ほぼあり得ない)のときに使いますが、If S were to~のときに混乱してしまいます。were toでは実現可能性は考慮せずに「とりあえず、もし~としたら…」ということを言っているのですよね?それでしたら、条件節のifの文と、伝える趣旨は何ら変わりないように思えるのですが… 例えば、 If you were to win the lottery, what would you buy with the money? 「宝くじに当たったら、そのお金で何を買う?」 If he were to do so, I would be angry. 「もし彼がそんなことをしたら、私は怒るだろう」 こちらが仮定法未来(条件節にwere to、主節に助動詞の過去形)で、 If it rains tomorrow, I will stay at home. 「もし雨が降ったら、私は家にいるよ」 If I need any help, I'll call you. 「助けが必要な場合は、あなたに電話をするよ」 こちらが条件節。 この使い分けはどういったものなのでしょうか?どちらの用法も使えるといったことはないのですか? 条件節を用いた場合は、「その条件のときには必ず○○する」といった意味合いなのでしょうか……? 分かる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

  • 仮定法 

    If it rains tomorrow, we will cancel the picnic. この英文は明日雨が降ることは現実的なので直説法と説明があるのですが もし雨が降ってもピクニックに行く可能性がある(キャンセルするかもしれない)時は If it rains tomorrow, we would cancel the picnic. のような表現は適切でしょうか? 又、降水量がほとんどないような地域に住んでいて、雨の可能性が低いが、雨が降ったらピクニックは中止なら If it should rains tomorrow, we will cancel the picnic. この英文は仮定法といっていいのでしょうか?

  • 仮定法過去

    If it is fine tomorrow, I will go shopping. この文は副詞節で現在形を使うという例文です。 If I had enough money, I would go shopping. この文は仮定法過去ですが、副詞節でいいのでしょうか。

  • 未来形のところなんですが

    中学の英訳の問題で、「あすの朝は雨が降るでしょう。」を 自分は It will be rain tomorrow morning. としたのですが。 模範解答は It will rain tomorrow morning. でした。 自分の解答は間違っていますか。間違っている場合は理由も説明してくれると助かります。 よろしくお願いします。

  • 直説法と仮定法のそれぞれの節についての名称

    Aの文 If it is fine tomorrow(1),I will go hiking(2). Bの文 If it were fine today(3),I would go hiking(4). の二つの文について教えてください。Bの文は「仮定法過去の文」で、(3)は「仮定法過去用法の条件節」と呼び、(4)は「仮定法過去用法の帰結節」と、以前教えていただいたことによりそうだと思います。 Aの文は自分の文法書では直説法と書いてあったのですが、(1)の節は「直説法現在用法の条件節」、(2)の節は「直説法未来用法の帰結節???」でしょうか?それともAの文は仮定法ではなく直説法だから(1)は「直説法現在」、(2)は「直説法未来」なのでしょうか?またAの文全体としては「直説法現在の文」、もしくは「直説法未来の文」どちらかでしょうか? 文法書、ネットなどいろいろ調べるうちに直説法と仮定法についてようやく分かりかけてきたのですが、上記については分けて説明してあるのがなかなかなく、自分一人ではハッキリとしないです。 この件とまた知っておいたらいい補足知識等があれば教えていただけると有難いです。よろしくお願いします。

  • 未来のことを表す仮定法がわかりません

    1.If he should change his mind, he would call me. 2If there should be an earhequake, this bookshelf would fall forward. 1,2の文で両方ともshouldを使った未来を表す仮定法の文なのですが、 1の文では、shouldの後にbeがきていないのに、 どうして2の文ではどうしてshould be となるのでしょうか? 解説よろしくお願い致します。