• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

助動詞としてのneedについて

米国の英語ではneedは肯定文・否定文・疑問文共に一般動詞扱いされています。英国の英語でも一般動詞扱いされているようですが、たまに否定文・疑問文に限っては助動詞扱いされているようです。 助動詞としてのneedはこれまでに米国でも英国でも肯定文での使用は確認されていないそうです。 needが肯定文で助動詞としては使用不可な理由をご存知の方はいますでしょうか?またこのような理由ではないか、という仮説でも構いませんのでご協力下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数369
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

助動詞の need は否定文・疑問文のみ、というのは以前は高校英語必須でした (今思うと、イギリス英語主流だった時代だったのでしょう) 今でも、need not, need not have 過去分詞と否定文で用いられる、と習います。 ちなみに only は「~だけ」から「~しかない」と否定的な意味なので否定に含まれます。 なぜか、と文法的に説明できるはずはなく、ただ、歴史的な経緯が原因になっていると思います。 すなわち、英語には anomalous verb(変則動詞)というのがあって、 これは疑問文・否定文を作るのに、do, does, did の助けを借りない動詞のことです。 need もそうで、 Need I O ~, I need not O のように用いていました。 そして、古くは動詞の原形というのは動詞の名詞形のようなもので、 O の部分に動詞の原形がくることができました。 歴史の中で、変則動詞というのはなくなったのですが、 Need I 原形、I need not 原形、という表現のみ残り、 今の考えでは助動詞として扱われるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい解説をして頂きありがとうございました。変則動詞は初めて知りました。疑問文と否定文にはそのような歴史があったのですね。とても参考になりました!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

結果論にすぎませんが、私はこう考えることにしています。 肯定文で「to」を省くと、 たとえば、 I need (to) do my homework. となり「need do」となり、言い(読み)にくいです。 「to」は フランス語で 母音で終わる語と母音で始まる語のあいだに「-t-]と入れると言いやすくなるのと同じです。 否定文や疑問文では Need I do my homework? I neeed not do my homework. などのように「I」や「not」が「to」の代わりの働きをしています。 (動詞の連続を防いでいます) これは 「ought to」 の場合とよくにています。 辞書によれば、 I ought to do my homework. の否定では「to」を省くことがあるようですが、これも同じ原理が働くのだと思います。 I ought not do my homework. 参考になれば。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど!とても参考になりました。みなさん、ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

「確認されていない」とまでは言えません。 She need only wait. という言い方があります。この need は助動詞ですね。 英国で多く使われるそうですが、米国でも Need I say more? (これ以上言う必要はないだろ) という言い回しがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

情報有難うございます。数冊の辞書で確認しましたが、needは肯定文では助動詞として使用しないとどの辞書も書かれており、何でかな?と思った次第です。極々稀に使用例があるみたいですね。何故、稀なんでしょうか?

関連するQ&A

  • 助動詞needには肯定文がない?

    助動詞needには肯定文がない? NHKラジオ英会話講座より Did you see our electric bill? It was twice the usual amount. Why is that? Did we leave the air conditioner on? We need to be more careful. (・・・・・。もっと気をつけないと。) 質問:We need to be more careful.のneedについてお尋ねします。 (1)辞書によると「助動詞needは否定/疑問で使い、肯定文ではhave(got) toを使う。」と書いてあります。何か理由があれば教えて下さい。? (2)もしも、肯定文で使えれば上記の文章はWe need be more careful.となりますが、ダメですか? (3)他の助動詞と違い、needだけ助動詞の他に動詞もあるのでしょうか? (4)S+need to do/S+need doing/ S+need doneの使い分けに関して、さわりだけでも教えていただけると幸いです。以上

  • 肯定文でneed(助動詞)?

     文法に強い方、教えて下さい。  これまで助動詞のneedは、否定文や疑問文で使用されると教わってきました。しかし、以下のような文に出会いました: But there were two different views of how harsh a state of nature need be.  自分なりに「しかし、どの程度、自然状態が過酷でなくてはならないか、という点に関して二つの異なる見方がある」と訳してみました。この和訳自体もしっくりきてないのですが、もし正しいとするならば、 1) なぜ文法的にmustではなくneedなのか、 2) needという助動詞があることによって、どのように文意が変わるのか? という疑問が湧きました。  どなたか、御教授をお願いします!

  • needの使い方

    英語を勉強しているものです。 わからない所があるので教えて下さい。 中途半端な例文になりますが もしあなたが(あなたの部屋の)掃除を必要としないならば~ と文を英作するにあたって if you don't need to clean your room だと 話し相手(あなた)自身による部屋の掃除の必要の有無の文となりますよね? 実際には第三者が居て、その第三者による掃除の必要がない場合の件を 話し相手に問いたい場合はどのような文になりますか? if you need not clean でもダメですよね。 助動詞needだと「必要がある」との意味だから この場合は一般動詞のneed「必要とされる」を使うべきだと思うのです。 そして否定形にして「必要としない」とし、あなたが部屋の掃除を必要としないなら~ としたいわけです。 でも一般動詞の否定にしたくても、その場合はどこのサイトを見ても don't need to 不定詞での使い方で 結局助動詞needの否定形での意味合い「する必要がない」になってしまいます・・・。 求める文の形にするために「する必要がない」ではなく 「必要としない」としたいのですがneedでは表せないのでしょうか。 necessityを使うのかな・・・ needを使った文、そしてそれ以外の単語を使った文でも教えて頂けたら幸いです。 よろしくお願いします。

  • 動詞のneedはread not a book?

    一般動詞のneedの否定形はYou need not do it. You read not a book.みたいな文の形になっているということですよね?

  • 助動詞のnead

    助動詞のneed はどうして肯定文では使えないのでしょうか?

  • 助動詞may,mightの否定形について

    助動詞may,mightをnotをつけて否定するときに、他の助動詞などでは短縮形がありますが、mayとmightには短縮形がないようです。 1)短縮形があるのでしたら、その形を教えてください。 2)存在しないのでしたら、それはなぜでしょうか?   音律の問題でしょうか? 3)通常、付加疑問文では肯定文に対して、付加疑問の部分に短縮形を用いますが、mayを用いた肯定文の付加疑問文は存在しないのでしょうか?

  • 英語学における非断言的項目と極性感応的項目について

    こんばんは。今英語学の課題をしており、意味が分からず困っています。 non-affirmative(非断言的用法)とnot polarity-sensitive(極性感応的でない用法)の区別についてです。 問題文は、 「以下のそれぞれの語や表現について、非断言的項目となっている例と、極性感応的項目ではない例を作りましょう。」というもので、[1]anything [2]kick the bucket [3]need(語彙動詞として) [4]whatever [5]yet の5つが与えられています。 「非断言的項目」とは、平叙的かつ肯定的な節には生じない(疑問文と否定文のみに現れる)語(anyやat all, dare等)で、 「極性感応的項目ではない」とは、肯定や否定の極性に左右されない用法である、と書いてありました。 [1]および[4]は、文法書等でよく説明されている、someとanyの使い分け及びanyの例外的な使い方のことを指しているというのは理解できたのですが、 [2]はなぜ疑問や否定にのみ現れる例文が作れるのか、そして肯定文や否定文といった極性に左右されない例文とはどのようなものか? [3]は語彙動詞として使うならば、疑問や否定にとらわれることなく使用できるのではないのか?極性に左右されないneedの使い方とは…? [5]yetが主に否定や疑問で使われる事は知っていますが、これも極性に左右されない使い方があるの? …など、正直ちんぷんかんぷんです。 何か明快な区別の基準があるなら是非教えてください。 当方英語を専門としていないため、専門的な用語を使わないで教えていただけると有難いです。 どうかよろしくお願いします。

  • 助動詞について

    助動詞について 本日も宜しくお願いします。 「They speak English」を、それぞれmustを使った文に書き換える問題です。 肯定文   「They must speak English」 否定文   「They must not speak English」 疑問文   「Must they speak English?」 Noでの返答 「No,they need not. / No,they don't have to.」 上の3つまでは、そのままmustを使うだけなので作り方は解ります。 一番下の返答の答えですが、何故must not=have toで同じ意味なのでこれも解ります。 ただ、何故「need」を使う回答も正解になるのかが解りません。 「No, they must not.」にならないのでしょうか? 会話重視ではなく、テストに向けての勉強です。 できるだけ噛み砕いて説明頂けると嬉しいです。 宜しくお願いします。

  • needの用法?

    Current thinking suggests that sugar and desserts need not be removed from a diabetic diet. このneedは、助動詞でしょうか?動詞でしょうか?要求命令のthat節内は原型の法則をこの文は受けているのでしょうか?文の意味は分かるのですが、分解できず悩んでいます。Current thinking suggests that sugar and desserts do not need to be removed from a diabetic diet.ならわかるのですが。また、この文の肯定文を考えたとき、Current thinking suggests that sugar and desserts need be removed from a diabetic diet. となるのでしょうか?何卒よろしくお願いします。

  • 一般動詞の肯定文

    一般動詞が一つもかぶらない一般動詞の肯定文を30個教えてください