• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

助動詞may,mightの否定形について

助動詞may,mightをnotをつけて否定するときに、他の助動詞などでは短縮形がありますが、mayとmightには短縮形がないようです。 1)短縮形があるのでしたら、その形を教えてください。 2)存在しないのでしたら、それはなぜでしょうか?   音律の問題でしょうか? 3)通常、付加疑問文では肯定文に対して、付加疑問の部分に短縮形を用いますが、mayを用いた肯定文の付加疑問文は存在しないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数4135
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

多分あまり使われないんだけど may not = mayn't might not = mightn't

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

エイザーの文法書などには短縮形としてなぜかmayの短縮形が載っていないので、ないのかと思っていました。回答ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

No.2です。参考サイトではあえて「短縮形を使用する」とは明記していませんが、どうも短縮形を使うのが自然のようですね。 理屈の上では短縮形でなくても良さそうなものですが、短縮形を使わないと違和感を与える表現になってしまいそうです。日本語の例で考えても、付加疑問は「海に遊びに行きましょうよ、ね?」の「、ね」に相当する部分ですから、やはり短いほうが自然な表現ということになりそうです。それをことさら「海に遊びに行きましょうよ、遊びに行きませんか?」と言っても意味は通じるでしょうが、長ったらしくて変な感じがしませんか。それと同じように考えればいいことではないかと思います。 そんなわけで、No.2の回答を勇み足として少々訂正させていただきます。

参考URL:
https://ssweb.ne.jp/english/lesson21.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

多分文法上はおかしくないとしても、付加疑問文はどちらかというと口語的で、英語では疑問文では最初に疑問文であることを明示するのが原則ですが、付加疑問文のようなものは、話している間にちょっと自信がなくなり、疑問にしてみるようなケースが元々ではないかと思います。口語が中心なら、手短にするのが普通なので、短縮形が自然なのでしょう。 文法は実際のものまとめて傾向・法則などを導き出したものですから、使われないものは取り上げられない。そんなことからmayの否定形も辞書には載っていても文法書では取り上げられていない。そういう気がしてきました。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.2

may not の短縮形は mayn't で、might not の短縮形は mightn't であることは大きな辞書で確認しましたので、保証いたします。参考サイトのページ上部にある「英辞郎」の窓に入力して確認することもできます。 mayを用いた肯定文の付加疑問文はふだんあまり使わないだけで、存在します(少なくても文法的には)。もちろん、短縮形を用いずにMay not ~ で始まる付加疑問文も存在するはずです。この形も、少なくとも文法的には問題ないはずです。

参考URL:
http://www.alc.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あるんですね。文法書を中心に勉強しているのですが、今まで見た文法書には紹介されていないので、ないのかと思っていました。回答ありがとうございました。

質問者からの補足

追加の質問になってしまうのですが、例えばフォレストという文法書には否定疑問文の場合は短縮形でないものも記載されているのですが、付加疑問文については”平叙分の後に「短縮の疑問形」を続ける。これを付加疑問文という”と書いてあるのですが(括弧内は印刷上では強調のための太文字になっている)、短縮形をとらない付加疑問文というのもあるのでしょうか?

関連するQ&A

  • 推量mayの疑問文について

    推量のmayという助動詞は肯定文、否定文He may come tomorrow.He may not come tomorrow.はあるのに疑問文May he come tomorrow ?は存在せず、Is he likely to come tomorrow ?(Do you think he may come tomorrow ?と表現すると教わりました。推量のmayに疑問文がない理由はあるのでしょうか? またネットではmayの代わりにmightを用いてMight he come tomorrow ?とするのはokとありましたが私の辞書では不可となっています。この点もご存知の方がいましたら解説をお願い致します。

  • mightの使い方

    英文法を教えてください。 Will I need a hammer? I might.  荷造りしているひとりごとの文です。 このmightは現在形で推量をあらわすmightですね? mayをつかってもいいけれど可能性が低い場合はmightをつかうのですね? ここで疑問なのですが、will の未来形の疑問文に対して現在形で答えていいのですか? willとmightは助動詞の連続になるので同時に使うことはできないのですよね? might自体がひょっとしたら~という未来の意味が含まれているから現在形でもよいということですか? 助動詞を連続で使えないからwillとcanを両方使う場合はwill be able to という形にかえるのですね? mayにはそういったものがないのでしょうか? could would might should などは、過去形なのか推量、丁寧ないいかたなどを現在形でかいているのかの見分けが良く分かりません。 文の流れで探るのですか? 教えてください。宜しくお願いします。

  • 否定について

    否定について 1,He didn't come to school by bus. 2,He didn't come from japan. 3,He came to school not by bus. 4,I didn't leave home because I was afraid of my father.  (ぼくが家を出たのは、親父が怖かったからじゃない、の意味) 1と2は文否定、3と4は(4はこの意味なら)語句否定だと思いますが(4はこの意味だと語句否定ということになる、とネット上で見ました、文法書に書いてあったそうです)、よく考えると1は 「バスでは来なかった」ということで「学校へ来た」ということを否定しているのではないので「by bus」のみを否定、2も「from japan」のみを否定、3も「by bus」のみを否定、4もbecause節のみを否定しているということで、1~4とも語句否定としたほうが理屈に合うような気がします。 しかし付加疑問をつけなさい、と言われたら普通3以外は肯定の付加疑問をつけてしまうと思います。 そうすると語句否定なのに肯定の付加疑問がつく、という変なことになってしまうと思うのですが、どう説明すればすればいいのでしょうか? それとも動詞にnotがついていれば文否定なのでしょうか・・・そうすると1,2,4は文否定ということになりますが、意味を考えるとやっぱり語句を否定しているので語句否定と言ってもおかしくないと思います。 事実、1と3は意味的には同じですよね?なのにどちらかは語句否定でどちらかは文否定というのはなんだかしっくりきません。 一方で、上とは違う疑問もあります。「It is not so that...」で言い換えられれば文否定である、と いう説明をネット上で見たのですが、3は語句否定であるとされていますが、「It is not so that he came to school by bus.」と言い換えてもおかしくないと思います。そうすると語句否定ではなく文否定の条件に当てはまってしまい、おかしいと思うのです。 これらがはっきりしないと、付加疑問を肯定をつけるのか否定をつけるのかがはっきりしませんよね? 長くなってしまい本当に申し訳ありませんが、どなたかこれらの疑問に答えて頂けないでしょうか?

  • might as well とmay well

    文法の参考書に might as well は 否定では 使わないとあったのですが たとえば might as well が ~したほうがよい という意味なので ~しないほうがいいという 否定文には できないのでしょうか?  また may well は 否定文はできるのですか?  おしえてください

  • 助動詞mayの使い方

    助動詞mayは「許可」と「推量」をあらわすことができますよね そのときの主語は一人称、二人称、三人称どれでも可能なのでしょうか また推量のmayは疑問文にできないと聞きましたが、分かりやすい理由とかがあればよろしくお願いします。

  • may as well などの疑問文作り方

    may as well / would rather / would sooner などの 疑問文 否定文の作り方を確認したいです。 否定文は、 may as well + not / would rather + not 動詞原形~ですよね、 では、 would sooner も would sooner + not 動詞原形で、よかったですか?  また ここからが わからないのですが、 疑問文の作り方です。     had better の場合は、 Had+主語+better + 原形動詞~    だと思いますが、 may as well / would rather / would sooner は どうやるのでしょうか?     May 主語 as well ~? ですか?   すみません、宜しくお願いいたします。       

  • mayとmightの慣用構文について質問です。

    英文法のテキストに、 「<may[might] as well ~> 「どうせ~しなくても特に利点もないのだから~しよう」の意で、「しようがない」という気持ちを示す慣用表現」 とあり、例文とその解説として、 We may as well go downtown - there's nothing interesting here. (どうせここはおもしろいことなど何もないから、繁華街へ行ってもいいじゃないか) ●「(ここにいても仕方ないから)他へ行っても損はしない」という理屈で、あきらめた気持ちを含む言い方である。might as well go downtown as not と考えてもよい。 とありました。私がわからないのは、[might as well go downtown as not と考えてもよい。]の部分です。as...as~ は、~と同じくらい....である、という意味を表すので、私の疑問箇所の言い方では、「繁華街に行かないのと行くのと同じくらいだから繁華街に行くのもしようがない。」という意味になってしまうような気がするのです。なぜ、[might as well go downtown as not と考えてもよい。]のでしょうか?

  • 助動詞としてのneedについて

    米国の英語ではneedは肯定文・否定文・疑問文共に一般動詞扱いされています。英国の英語でも一般動詞扱いされているようですが、たまに否定文・疑問文に限っては助動詞扱いされているようです。 助動詞としてのneedはこれまでに米国でも英国でも肯定文での使用は確認されていないそうです。 needが肯定文で助動詞としては使用不可な理由をご存知の方はいますでしょうか?またこのような理由ではないか、という仮説でも構いませんのでご協力下さい。

  • 助動詞+have+doneの疑問文について

    助動詞+have+doneの文では、could/should/might/may/canなどが主に使われますが、肯定文においてcan+have+doneは使わないと参考書にあります。 また、may+have+doneの疑問文は使えないと手持ちの辞書に載っています。 この上の2つの用法が使えないのには何か理由があるのでしょうか。文として意味が伝わらないのですか? 英語に詳しい方、回答お願いします。

  • 英語の肯定文と否定文

    肯定文の I speak English を否定文にすると、I do not speak English になります。 肯定文と否定文を見比べると、否定文には肯定文にはない do not が付加されるわけですが、なぜnot だけではなくて、doまで付くのでしょうか。 I not speak English じゃだめなのですか? 逆に、否定文 I do not speak English の肯定文を I do speak English と表現しなければならないというルールが存在しないのはなぜですか? 肯定否定どちらもdoをつけるか、(I do speak English / I do not speak English) あるいはどちらもdoをつけないようにしたほうが、(I speak English / I not speak English) 両者のバランスがすっきりすると思うのですが…。 でも現実にはそうでないようで、手持ちのテキストにもそのようには書いてありません。  (I speak English / I do not speak English) どうしてこのようになるか、理屈を教えてください。