• ベストアンサー
  • 困ってます

【法律】遺言書の効力について質問です

こんにちは、18歳の学生です。 私本人の話というより、親の話なのですが、PCに弱い親の代わりに私が質問させていただきます かなり長文になりますが、詳しい方よろしくお願いします。 先月、祖母が亡くなりました。 財産は祖母の家の土地と、祖母の貯金だそうです。 その以前に、祖父は平成7年に遺言書を作り、平成14年に亡くなりました。 翌年(平成15)、家族全員で話し合い、祖母以外の家族が財産の相続権を放棄し、祖母が正式に祖父の財産をすべて引き継いだそうです。遺言書の内容とは少し違います、これは後述します そして祖母と祖父の間には長女の私の母、次女の母の妹、 祖母とは血の繋がっていない前妻の長男の3人の子供がいます。 母の妹(以下妹)と母は昔から折り合いが悪く、会う事自体数年ぶりだったそうです。 そもそも妹は祖母とも仲が悪く、祖父が亡くなってから祖母のもとに一度も帰る事のない、 絶縁状態といっていい状態でした。 それから祖母は重度の認知症になり、介護はすべて私の母が担いました。 その内寝たきりになった祖母を何年も看病したのも母です。 認知症の事を妹にも伝えましたが、妹は我関せずと見舞いにくる事さえありませんでした。 祖母は認知症になる前、生前の時に財産を全て私の母に譲ると正式な手続きをし、 土地は全て母の財産になっています。この手続きはもう10年前にすんだものです (祖母本人が司法書士と話し合い、手続きを踏んだ法的にも正当なものだそうです) この時妹も長男も何も言ってきませんでした。 そして、遺留分?なのですが、それも祖母が認知症になる前生前の時に妹と長男にちゃんと分配したらしいのです。生前贈与したということだと思います。 ところが、祖母の葬式の時、妹は母に「私に財産がないのは不当だ、祖母の土地を売り、売った半分の金をよこせ」と言ったらしいのです。 正直これをきいて母の娘として非常に腹が立ちました。 祖母の葬儀の場で言うような事じゃないでしょうし、第一自分は祖母が認知症になっても面倒事は母にすべて押し付けて電話の一本もよこさなかったくせに母が財産を引き継いだ事がいまだに気に入らないのです。 そして先日の四十九日法要の時、全員の集まりが終わり母が片付けで残りました。 その時先に帰ったはずの妹が3人(親戚)を引き連れて母に 「祖父の遺言書には財産は祖母と妹(次女)の二人だけに相続するとある。この遺書は法的に効力があるものだから、母だけが財産を相続できるのはおかしい。今すぐ土地を売って金の半分をよこせ」と詰め寄ったそうです。 又、「祖母が遺産を母にすべて相続する手続きは、母が祖母を脅して無理やりやらせた」だの、「祖母が遺産相続する時の話なんて聞いていない」「祖父が遺言書を放棄した事も聞いていない」だの滅茶苦茶を言うそうです。 母はとても人が出来た人間です、絶対にそんな事しませんし、第一祖母は厳格な性格で、遺産相続の話は当時兄弟全員に話したそうですし、子供には厳しい非常にしっかりした人でした。 遺言書の話だって祖父が話したのを、家族全員聞いているはずです。 (祖父の財産になぜ母の名前がなかったかというと、当時母は父が作った莫大な借金を背負っていたため、祖父はそれを全て肩代わりする代わりに、遺言書には祖母と妹の名前しか書かなかったそうです) 母は言い返しましたが、4人に囲まれて厳しく言い寄られ、気が滅入ってしまいそうだと私に連絡をしてきました。 私としては、おかしな話だと思います。あまりに母が不憫です。 当人同士で話し合えばいいのに、親戚とはいえ関係ない人をぞろぞろ引き連れて母一人を責めたり、葬式の費用も何もかも全部母にまかせっきりのくせに財産だけは貰いたいという貪欲さには呆れました。妹は富裕な所へ嫁いで、毎日何不自由なく暮らしているのにです。 応じなければ、母を訴えて裁判にするそうです。 長くなってすみません、要点だけまとめると ・祖父は遺言書(平成7年のもの)には「祖母と妹だけに財産を相続する」と書いたが、そのあとそれを放棄?し(口頭で伝えた)、祖父が亡くなった(平成14年)翌年、家族全員で集まって話し合い、母、母の妹、長男は財産権を放棄、祖母が全ての財産を引き継いだ。 ・祖母は生前(認知症になる前)、妹と長男に生前贈与し、司法書士(税理士?)と話し合い母だけに土地と財産を譲ると手続きを踏んだ。 ・祖母が亡くなり、妹は「祖母の財産を母だけにゆずるのは不当であり、祖父の残した遺言書(平成7年のもの)が有効である」「母が祖母を脅し、財産を独り占めできるように仕向けた」などといい、土地を売り払い半分のお金を自分に譲るように言ってきた。 ・母は祖母が手続きをした証拠?(書類)を持っている ・長男は母と仲が良く、本人は母が財産を相続する事に納得している 遺言書の効力はいつまで有効なのですか? 大体祖母に財産が相続されているのに、祖父の遺言書は有効なのでしょうか? 私は口車で母を騙そうとしてるものだと思っていますが、もし本当に裁判沙汰になった場合、 祖父のもうほぼ20年も前になる遺言書はこちらにとって不利になるようなものでしょうか? 母の娘として、できることなら力になってあげたいと思っています。 土地だって大体受け継がれてきた土地です、売ってしまうよりずっと後世にまで残していきたいと母も私も思っています。お金がどうこうのものじゃないと思うんです。 妹には本当に心の底から腹が立ちます、母は心身共に疲れ切っています、こっちが訴えてやりたいぐらいです。 質問と関係のない事まで長々と失礼しました。 私一人ではどうしても知識が乏しく、詳しい方のご意見が聞きたいです。 母から口頭で聞いた事ですのでおかしいところもあるかもしれません、 何か情報が足りなければ追加で書きますので、どうかよろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数246
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kgei
  • ベストアンサー率61% (230/376)

 質問者さんが未成年であることを考えると、お母さんに対する一番のアドバイスは「弁護士の先生に依頼すること」を強く勧めることです。  弁護士への相談は、敷居が高いと感じる人も多いです。そのような方の背中を押すためには、親族から弁護士への相談を強く勧めることが良い方法です。  質問文からすると、お母さんなり質問者さんなりが、妹さんたちと五分で渡り合うことは難しいでしょう。また、妹さんから裁判される可能性も十分あります。  では法的な問題を検討しましょう。  祖父の相続については、既に終了済みです。相続人全員が納得して遺産分割しているからです。  そうすると、問題は祖母の相続だけです。  理論的には、お母さんが祖母から取得した財産(生前手続きした不動産、遺言により取得した預金等)のうち、妹は6分の1の遺留分減殺請求権を有します。つまり、お母さんが祖母から取得した財産のうち、6分の1を請求する権利があります。  妹さんが「裁判する」と言っているのは、このことを指していると推測されます。 >そして、遺留分?なのですが、それも祖母が認知症になる前生前の時に妹と長男にちゃんと分配したらしいのです。生前贈与したということだと思います。  この点に関しては、理論上は確かに遺留分減殺請求権に影響を与える事実です。しかし、質問文では「分配したらしい」とあり、それがいつ、いくらを、どのように分配したのか、不明だと思います。そのため、「分配したらしい」ということに関しては、現段階では考慮せずに検討する方が無難でしょう。「分配したらしい」という事実について、明確な証拠が出てから、遺留分減殺請求権にどのような影響が出るのか検討するべきです。  以上から、繰り返すようですが、お母さんには弁護士への相談・依頼を勧めて下さい。それがお母さんの気苦労を軽くする一番の方法です。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 他の回答者様のご意見も含め、改めて祖父の遺言書より祖母の遺産相続の問題になると分かりました。 生前贈与の件ですが、明確な話を聞いていないので、 一応母に相談して具体的な証拠になるものを探してみようと思います。 当人だけで解決するのは難しいようですし、 これ以上話がこじれても仕方がないので、 回答者様の仰る通り、一度弁護士に相談してみようと思います。 貴重なご意見ありがとうございました!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

>祖母とは血の繋がっていない前妻の長男の3人の子供… 祖母と腹違いの伯父 (前妻の長男) との間に、養子縁組はありませんね。 ないものとして以下に話を進めます。 >祖母以外の家族が財産の相続権を放棄し、祖母が正式に祖父の財産をすべて引き継いだそうです。遺言書の内容とは少し違い… 相続人全員が納得するなら、遺言書と異なる相続方法をとることは自由で、何ら問題ありません。 そう決めた時点で、祖父の遺言書は白紙に戻りました。 >「祖父の遺言書には財産は祖母と妹(次女)の二人だけに相続するとある。この遺書は法的に効力があるものだから、母だけが財産を相続できるのはおかしい… 叔母のいうことは通りません。 前述のとおり、祖父の遺言書に反した祖母が全遺産を相続することに、母も叔母も腹違いの伯父も納得した以上、今さら蒸し返すことはできません。 >介護はすべて私の母が担いました… >妹は我関せずと見舞いにくる事さえありませんでした… 残念ながらそういうことは、相続割合には余り関係しないのです。 もちろん、母が介護し続けたことは「寄与分」といって、多少多めにもらえることはありますが、それだけで全遺産が母のものになるわけではありません。 http://minami-s.jp/page028.html >土地は全て母の財産になっています。この手続きはもう10年前… 母に、特別受益があったと認定されます。 http://minami-s.jp/page027.html >この時妹も長男も何も言ってきませんでした… 叔母 (妹) はともかく、腹違いの伯父 (長男) は祖母の法定相続人ではありませんから、もともと全く関係ないです。 (他回答はここを誤解釈していると思われるものが多い) >それも祖母が認知症になる前生前の時に妹と長男にちゃんと分配したらしいのです。生前贈与したということだと… 腹違いの伯父 (長男) は祖母の推定相続人ではありませんから、「生前贈与」などではなくごく普通の「贈与」です。 生前贈与とは、相続財産の先取りを言います。 まあそれはともかく、伯父が贈与税の申告など必要な手続きを取っていたのなら、その話はもう決着済みです。 叔母については、これはやはり「特別受益」があったことになります。 >ところが、祖母の葬式の時、妹は母に… こういう日本語の書き方をすると、あなたの妹が親に言ったように読めます。 血縁関係を表すときは、最初から最後まで誰から見た関係なのかを統一して書かないと、他人意思疎通が十分図れませんよ。 -------------------------------------- ご質問文が余りにも長すぎるので、中程の愚痴めいた部分は飛ばします。 -------------------------------------- >祖父が亡くなった(平成14年)翌年、家族全員で集まって話し合い… 祖父からの相続問題は、それで決着しました。 そのときの処理に法令類に反するようなことがあったわけでは決してないので、あとになって蒸し返すことはできません。 >・祖母は生前(認知症になる前)、妹と長男に生前贈与し、司法書士(税理士… それはそれで良かったですが、祖母が亡くなった今となっては「特別受益」があったと認定される可能性が大です。 >・長男は母と仲が良く、本人は母が財産を相続する… 仲が良かろうが良くまいが、腹違いの伯父は相続問題に関しては、祖母にとって赤の他人です。 >遺言書の効力はいつまで有効なのですか… 長々とお書きの割に、祖母が遺言書を残したとは書いてないように見受けますが。 もし、祖父の遺言書のことを指しているのなら、前述のとおり今はもう何も関係ありません。 >土地だって大体受け継がれてきた土地です、売ってしまうよりずっと後世にまで残していきたいと母も私も… それはあなたがた親子の自分本位な考え方です。 基本的に、土地も現金などと同じく相続人全員で分配する必要があります。 母も叔母も特別受益は受けているわけですから、それらは祖母の意思 (今となっては遺志) で、遺言書にそう書かれていたと解釈するのが素直でしょう。 特別受益分と、現在残っている現金や預金とを一切合切合計して 2人分 (腹違い伯父は関係ない) で割り、さらにもう 1回 2で割ります。 あとの 2 で割るのは遺留分を出すためです。 http://minami-s.jp/page010.html ここで得られた数字と叔母の特別受益分とを比べて、叔母の特別受益分の方が大きければそれで話は完了。 叔母の特別受益分の方が少なかったら、少ない分だけ母は現金を都合して叔母に渡す必要が生じます。 今さら叔母にびた一文譲りたくないという考えは、改めないといけません。 また、弁護士を雇えば、母に「寄与分」が若干上乗せされる可能性はありますが、弁護士費用のほうが上回ることでしょう。 何でもかんでも弁護士、弁護士と言わず、関係者だけで済ませられるならそれに越したことはないですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 祖父の遺言書は関係ないものなんですね。 叔母が祖母の遺留分について申し立ててくるかどうかは まだ分からないのですが、今回主張している祖父の遺言書の件に 関しては無効であると伝えようと思います。 すみません、質問した当初感情が昂ぶっていたもので、 愚痴っぽいような事を延々書いてしまいました。 確かに、これでは誤解を招く文章表現だと思います。 叔母と表記するべきでした 祖母が遺言書を残したかどうかについては母から聞いていません。 話してないということは祖母は遺言書は残さず、生前に手続を済ませたということだと思います。 叔父は分からりませんが、 叔母との遺留分などについてはまた話し合おうと思います。 貴重なご意見ありがとうございました

  • 回答No.4
  • kgrjy
  • ベストアンサー率54% (1358/2480)

> 「祖父の遺言書には財産は祖母と妹(次女)の二人だけに相続するとある。この遺書は法的に効力があるものだから、母だけが財産を相続できるのはおかしい。今すぐ土地を売って金の半分をよこせ」と詰め寄ったそうです。 > 「祖母が遺産を母にすべて相続する手続きは、母が祖母を脅して無理やりやらせた」だの、「祖母が遺産相続する時の話なんて聞いていない」「祖父が遺言書を放棄した事も聞いていない」だの滅茶苦茶を言うそうです。 祖父の相続と、祖母の相続(というより、生前贈与)は別個のものです。祖父遺産相続の時、法定相続人全員の同意により、遺言に従わず遺産分割協議にていかなる分割も可能です。滞りなく全遺産を、配偶者(祖母)の財産としたのですから、その分割協議に母妹も同意しているはずです。確認してください。分割協議に母妹が押印しているなら、蒸し返しはできません。財産権の放棄、と書いておられですが、家裁でする相続放棄の手続きをした、というのであれば、すこし事情が変わってきます(おそらくそうでなく、遺産分割協議の形をとっているはずです)。 いったん祖母がすべて相続したなら、祖母の財産となり、祖母がどう処分(含む生前贈与)するかは祖母の勝手です。ただし祖母遺産相続に関しては、生前贈与も考慮の対象となりえます。遺留分と言い、祖母の子3人なら、祖母遺産(生前贈与を含む)の1/6を確保する権利が母妹にあります(これを生前贈与のもち戻しといいますが、被相続人(祖母)の生前の意思表示でもち戻しの対象としない、とすることもできますが、そのあたりの事情はどうだったのでしょうか。)。土地家屋以外に預金もあることですし、その辺は、当事者(法定相続人に限る)で話し合い、結論が出なければ、家裁での調停の場で決着をつければいいでしょう。だまらない母妹に対し、家裁に申し立てろと、はっきり言い放てばいいのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 他の方も仰る通り、祖父の遺言書は関係のないものなのですね。 祖母の生前贈与について、母から詳しく聞いてないもので、 まだハッキリとは言えないのですが、一度確認して何か明確な証拠があるかどうか探してみます 一度母に弁護士に相談してみるように言おうと思います。 貴重なご意見ありがとうございました

  • 回答No.2
noname#195579
noname#195579

20年はもう無効です。 祖母の遺産の分配に問題があります。 土地と貯金だけならまず土地の相続税評価額を出して生前贈与してない状態に戻します。計算のうえですが。 遺留分は相続が起こってから発生するので、生前には放棄はできてももらうことは できません。遺産が確定してないのに できません。 よって、寄与分は相続人全員で協議して決めることになります。 法廷相続分の半分が遺留分なので妹さん貴女には伯母さんか。は遺留分滅殺請求を行う権利があったんだけど家裁に申し立てしないといけないうえに相続人同士で一年・ 贈与によって侵されてる場合は10年ですから。無理です、文句言ってるひとには悪いけど。相続は完了してます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 祖父の遺言書は関係ないという事ですね。 一つ問題が解決しましたが、祖母の遺産問題の話し合いになると思います。 一度書類など整理して、弁護士に相談してみようと思います。 貴重なご意見ありがとうございました!

  • 回答No.1
  • kuma8ro
  • ベストアンサー率40% (212/523)

全文詳細に読んでいないので恐縮なのですが、ご質問の趣旨ですが、以下で良いですか? 祖父の遺書により、いったん相続が完了し、財産の大半は祖母が引き継いている。 その後、約10年が経過した後、祖母が亡くなった。 この遺産相続にあたり、祖父の遺書の考え方に従う必要は有るか? そんなものに従う必要は有りませんが、それを盾に主張する人を論破するのは困難でしょうね。 家裁に調停を求め、法定相続通りの分割を指示していただくのが良いかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます、長々した文を失礼しました。 やはり難しいですかね・・ 向こうも姿勢を崩す様子がないですし、このまま当人だけで話し合っていてもラチがあかないようなので、 もう一度整理して、弁護士などに相談してみようと思います。 貴重なご意見ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 相続と遺言書について教えて下さい。

    相続に関して、以下を教えて下さい。 相続財産が、A,B,Cとあり、被相続人は父、相続人は、母、長男、次男とします。 1、父が遺言書を作成した場合、   (1)「母に"A"だけを相続させる」と、一部のことだけを書いても有効なのでしょうか?   それとも、   (2)「母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、相続財産すべてを、どのように    相続させるかを書かないと有効ではないのでしょうか? 2、「母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、遺言書に書かれていた場合、    母の財産は、そのまま遺言書の通り、相続させ、    長男と次男で話をして、例えば「すべて次男が相続すること。」    にしても、問題ないのでしょうか? 3、「母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、遺言書に書かれていた場合、    長男にその相続税を支払うお金がなかった場合、    長男が"B"を、相続放棄して、 母は"A"、次男は"C"を、相続しても問題ないのでしょうか?    それとも、母、次男が、"B"の相続税を払うことが出来るのであれば、"B"を母、次男が相続しないと    いけないのでしょうか? 4、母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、遺言書に書かれていた場合、    長男にその相続税を支払うお金があった場合、長男が"B"を、相続放棄することは可能でしょうか?

  • 後から遺言書が出てきた場合はどうなるか

    祖父が亡くなり、母およびおじが法定相続人であり、母は生活が安定しているために長男に権利を譲渡した場合でその後、長女(母)の長男に1/2を遺贈するという遺言書が出てきた場合はどうなるか。 (1)先に権利を譲渡しており、結果的には遺言書どおりになったからそのままでいいという説 (2)長男に権利を受けさせる行為を贈与とみなして、遺贈は遺贈として相続財産の1/2をさらに分け与えなければならないという説。 長男が遺贈を放棄すれば別ですが、(2)を主張したとします。 私は、相続分の譲渡は贈与と同じだから、母親の意思表示で財産を移転させた後でさらに遺贈もしないといけないと考えますが。 そうなると、母親 -1/2,おじ1/2、長男1になってしまうのでしょうか。 税法上は 母親は相続税は0 長男は相続財産の1/2に対する相続税と相続財産1/2に対する贈与税 おじは相続財産1/2に対する相続税

  • 遺言書の有効性 および 効力を教えてください

    今年二か月前 母方の祖母が他界しました 母方の子供はすべて 女性で 他へ嫁いでおり 家を継ぐ人はいません 既に私の母は 先に他界しております 今回 祖母の遺言書が 子の一人より 提出されました 長年 老後の祖母の生活を面倒みてきました 内容は 土地の相続のみです 遺言書は 公正証書の遺言です 遺言内容は 長年老後を世話していた 子に比率的に多く 土地の相続の内容であり 他の子が 相続について 不公平と言い始め  他の子が遺言書について 反対の意見が 発生しております  今回の話は 既に他界している子の 子供にはまだ来ておりません  遺言書の効力は どこまで 故人の遺志をだせるのでしょうか また 公正証書の 有効性はどのようなものなのでしょうか イメージ的ですが 裁判所で検認を受けないでよい というものだけなのでしょうか できれば 遺言書通りに 話を進めて 終わらせたいのですが

  • 遺言書の効力

    遺言書についてです。 例えば、祖父が書いた遺言書を、祖母が誤って開封して見てしまった場合、その遺言書はもう無効ですか? それとも、筆跡鑑定などでその遺言書が正しく祖父によって書かれたものだと証明できれば有効でしょうか? 専門知識をお持ちの方、または体験者の方、ご回答をお願いします。 (祖父・祖母とも既に亡くなっている場合とします)

  • 遺言書の効力と財産分与について

    私たちは、兄弟4人です。父は、10年以上前に亡くなり、母にすべての財産を譲る旨の遺言書で、すべて母の名義になりました。 その母が昨年亡くなり、子供たちへの相続をが発生しました。 弟(長男)は、当然引き継ぐものとの考えですが、離婚した妹へも分与したい考えです。 印鑑登録証明書を送ってほしいといわれましたが、私は、話し合いを持つように要求しました。 ところが、わたしが都合悪くて参加できなくなった日(事前に連絡しています)に、3人で遺言書をあけ、話し合ったようです。 遺言書があることも、3人は知っていましたが、私には、話していません。実家に行った時、遺言書を入れていた封筒が落ちていたのをみて 知りました。 なお、遺言は、「弟と離婚した妹に渡すように」妹が、書かせていたことが、判明しました。 なお、母が一人で生活できなくなった4年間、私が引き取って面倒を見ています。 その後、施設に入り、他界しました。 面倒を見た私に財産が渡るのではないかと、先回りして、遺言書を書かせたようです。 私は、遺言書を見ていませんが、すべて4人で均等に分けるように主張し、印鑑は押していません。 遺言書の件と、相続の件について教えていただきたいと思います。

  • 遺言書の効力がありますか?

    先月、妹が亡くなりました。亡くなる3日前に「遺言書」と「現金・通帳」が郵送されてきました。 私たち兄妹は私A(長男)、長女B(嫁いでいます)、次女(亡妹)の3人兄弟です。 遺言書といっても、書面で「全財産を兄Aと姉Bに託す」と署名、実印による押印されており、日付や題目はありません。 亡妹は3年前に離婚しており、一人娘Cがおりますが未成年です。 法定相続人はC一人ですが、書面による前記のこともあり、今後の対応をどうすべきか困惑しています。 遺言書といえるかどうか、効力はあるものでしょうか?

  • 遺言書

    認知症(長谷川式で18点)の93になる母(老人ホーム入居)に長男が遺言書を書くようせまつて居ます。 阻止できる方法はないでしょうか。教えて下さい。

  • 遺言書について質問です。

    遺言書について質問です。 何かのサイトで「遺言書があっても相続人の全員が反対すれば遺言通りにしなくても可能」 とありました。 そこで疑問なのですが相続人が兄弟1人の場合、その兄弟が反対すれば遺言書に全財産を寄付とか書いていても遺留分どころか全て相続となるのでしょうか? 私の家族は現在高齢の母と兄のみです。 しかし、事情があり兄とは私が産まれたときから別に育ち疎遠で、仲も良くないので母が亡くなったら全財産を自治体に寄付しようと思っています。 遺言書さえあれば兄弟には遺留分ないからと思ってたのですが… あと証人が1人もいない場合は自筆証書以外方法がないのでしょうか?

  • 遺言書の効力。

    どのくらいの効力が有るのでしょうか? 例えば祖母が他界しました。 遺言書を開けると長男(息子)に全て、又は孫に全て、相続させると書いている場合等。 恐らく、相続出来ない者は異議異論多数出たり、最悪裁判等なったりとなるかと思いますがどうでしょうか?

  • 相続と遺言書の効力

    昨年、祖父の財産を継いだ祖母が亡くなりました。 祖父には子供が3人おり、1人は腹違いの娘と祖母の子の2人(兄と娘(私の母))がいます。 生前、祖母が書いた遺言書、それはすでに公正証書として登録されているものと最近わかったのですが、その登録日が昭和59年で今から25年も前のもので、内容は「全財産を兄に相続させる」というものでした。 (1)それには公的な遺言書としての効力はあるのでしょうか? その兄と祖母との関係はお世辞にも良いというわけでもなく、単に私たちが県をまたいでいるので中々会う機会が少なく、近場に住む兄が稀に世話をする程度です。 生前、祖母はいくらかの土地を売却し、子供たちに売却の2分の1を分け与えるためにその兄に渡したと思われるのですが、その兄は母をだましてほとんどを自身のために使用していました。 (兄はそのお金でマンションを幾棟かを建てたこと、母にその売却分に対する税の支払いを全くしたことがないことから判明。) その財産問題が出てから、生前住んでいた祖母と兄とが『共有名義』として土地を持っているとかなんとかといって、借金の支払いにあてて残ったのは12万くらいとか話してるそうですが、 (2)そんなことはありえるのでしょうか?また、だまされたことなども含めて裁判を起こしたいと考えていますが、勝てると思えますか? 若輩者で、まだ理解などきちんとできていないですが、みなさまの意見を伺いたいです。