• ベストアンサー
  • 困ってます

古い遺言書について

知り合いの方が困ってられます。 父が無くなられたそうです。 配偶者は先に死別し法廷相続人は、本人(長男)と次女だけだそうです。 父の面倒を長男が見ているのと長男が実家を継いでいるため3年以上前になるのですが、亡くなったときのために遺言書を作っておいたそうです。 内容は、詳しく聞いていませんが、実家と実家以外の土地と現金があり、現金の半分弱(およそ数百万)のみ次女に相続し残り全ては、長男が相続するという内容らしいです。 いま、”実家と実家以外の土地”と書いていますが、田舎の土地でありもし売れてもたいした金額にしかなりません。 遺言書を書いてから3年間ほどで現金が生活費と遊興費でほとんど無くなってしまい次女に相続する現金程度にしか残らなかった場合相続は遺言書どおりになってしまうのでしょうか? すみません、分かりずらいので整理させていただきます。 3年前、父は、長男に出来るだけ財産を残そうという意思で遺言書を作った。しかし、亡くなった時点では、現金を思っていたより使い。遺言書どおり次女に現金を相続させると長男には、ほとんど現金が相続できなくなってしまいました。父は、たくさん遺産が残せると考え優先度の低い次女に先に現金を渡し残り全てを長男が引き継げばいいという考えたあったそうです。(別にこの考えに証拠などの文章は残っていませんが・・・) この場合、やはり相続は遺言書どおりになってしまうのでしょうか?それとも、3年前遺言書を書いた時点での相続割合にあわせ次女には、現金を相続してもらうようにしてもらえるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数204
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • mak0chan
  • ベストアンサー率40% (1109/2754)

>現金の半分弱(およそ数百万)のみ次女に相続し残り全ては、長男が相続する… ご質問の意図を図りかねますが、「現金の半分弱」と「およそ数百万」とは、どちらを優先する文面になっているのでしょうか。 「現金の半分弱」が優先なら、例え1万円しか遺っていなくても、遺言書どおり5千円が次女行きということでしょう。仮にマイナスであったら、相続放棄しない限り、次女も借金を背負わなければならないでしょう。 しかし、遺言書があっても、最小限の相続は受けられる「遺留分」があります。現金がごくわずかなら、土地の一部を次女が相続できます。次女が相続した土地を売却するかそのまま保持するかかは、後の問題であって、相続自体とは関係ありません。 「およそ数百万」が優先される文面なら、死亡時にその金額が遺されているという保障がない以上、その遺言書は公序良俗に反し、有効性はないものと思います。 蛇足ながら、長女さんは既に亡くなられ、子ども (故人の孫) もいないのですね。もし、長女の子がいるとなると、遺言書に書かれていなくても、遺留分の代襲相続権があります。

参考URL:
http://www.kit.hi-ho.ne.jp/masamichi/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

質問内容がわかりずらく申し訳ありません。 >ご質問の意図を図りかねますが、「現金の半分弱」と「およそ数百万」とは、どちらを優先する文面になっているのでしょうか。 「およそ数百万」と遺言書には書かれているそうです。 実際の金額が分からないので私がかってに例を作ります。 三年前当時3000万円資産があり遺言書に次女600万円(自動的に長男2400万円)相続するとかかれていたとします。それが、今亡くなった時に資産が1000万円しかなく現金の相続が次女600万円では、長男より金額が多くなって問題になっていることです。 >「およそ数百万」が優先される文面なら、死亡時にその金>額が遺されているという保障がない以上、その遺言書は公>序良俗に反し、有効性はないものと思います。 とかかれていますが、正式な遺言書の記入は割合で記入する必要があったということでしょうか?(たとえば現金のうち長男8割、次女2割等)また、今回の場合のように遺言書に600万円残すと書かれている内容は無効ということでしょうか?(実際遺言書に書かれている通り600万円以上は残っているので遺言書の文章だけで見る限り間違いはないのですが・・・)

関連するQ&A

  • 遺言書が実行されないんです

    先日祖母が他界しました。 子供は長男、長女、次女の3人です。 長男は祖母の家業を継いで、実家で商売をしています。が、現在1億近い借金があります。長男が家業に上手くいかず作った借金です。 祖母の遺言は、私が死んだら土地を売り、借金を返済し、残った現金は長女、次女に相続するというものでした。しかし遺言書があっても、6分の1は長男にいくとの事。 弁護士をたてて話あったのですが、どんなに借金が増えても家業を辞めることを恥かしいと思っている長男、長女は、長女が相続する分を1千万で長男に売るという形をとり、最終的には12分の7を長男、12分の5を次女が相続するという事になりました。 でも土地は祖母の物でも建物は家業である会社の物である事、長男は半分以上の土地を持っているという事で、次女が何を言っても遺言書の通り土地を売り、借金を返済するという事になりません。弁護士もそのような形をとってくれません。 これは違法ではないのでしょうか・・・?

  • 遺言書の効力

    お世話になります 不動産の相続の質問です 家族は 父 母 子(3人)です 父の遺言書には 「不動産・現金・預金はすべて 長男へ相続」 と書いています 父が死亡したと仮定して この遺言書による効力で 法務局で 父の不動産の所有権移転が 出来るのでしょうか? それとも 遺留分の権利が他の兄弟にも有るので 法務局は 移転登記を拒否するのでしょうか ? さらには 銀行預金については 長男は 全額引き出せる のでしょう ? (後々 遺留分の請求の権利はあるとしても) 死亡時点では 長男のほうに 遺言書による 権利を まるまる 行使できるのかと いうあたりが よくわかりません ご教示 宜しくお願い致します

  • 遺言書の効力がありますか?

    先月、妹が亡くなりました。亡くなる3日前に「遺言書」と「現金・通帳」が郵送されてきました。 私たち兄妹は私A(長男)、長女B(嫁いでいます)、次女(亡妹)の3人兄弟です。 遺言書といっても、書面で「全財産を兄Aと姉Bに託す」と署名、実印による押印されており、日付や題目はありません。 亡妹は3年前に離婚しており、一人娘Cがおりますが未成年です。 法定相続人はC一人ですが、書面による前記のこともあり、今後の対応をどうすべきか困惑しています。 遺言書といえるかどうか、効力はあるものでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • mak0chan
  • ベストアンサー率40% (1109/2754)

>遺言書に書かれている通り600万円以上は残っている… ということなら何ら問題はないのではありませんか。 >長男より金額が多くなって問題になっていることです… なぜ問題になるのでしょうか。遺言書に、「次女600万円」とは書いてあっても、「長男△△万円」は書いてないのですね。「現金のうち長男8割、次女2割」などとも書かれていないのですね。 ただ長男さんがたくさん欲しいと言っているだけのように聞こえますが。 憶測ですが、故人はもともと長男には家・屋敷を遺す代わり現金は多く必要ないとして、600万円を超える部分は使ってしまったとも考えられます。 相続人同士の争いを避けるために遺言書があるのですから、遺言書に書かれたとおり配分されるのがよろしいかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

再度回答いただきどうもありがとうございます。 >なぜ問題になるのでしょうか。 >ただ長男さんがたくさん欲しいと言っているだけのように聞こえますが。 客観的に見るとおっしゃる通りだと思います。 勝手な質問で申し訳ありませんが、3年前に次女に渡す金額(600万円)を遺言書に書き残り全てを長男に渡す(この当時2400万円)と書いたのは事実です。 つまり3年前は、長男に多くの遺産を残したかったのです。ただ、3年前以降は高齢ということであり遺言書を書き直す余裕がなかったのだと思います。もちろん長男の方は話に聞いていたので多少このような状態になる予測があったかも知れませんが、当然自分から遺言書を書き直してほしいと本人に直接いいずらかったのだと思います。 もちろん故人の考えを直接聞くことは出来ないので何を考えていたか分かりません。 >憶測ですが、故人はもともと長男には家・屋敷を遺す代わり現金は多く必要ないとして とありますが、今回の場合正直言って家・屋敷は現金になるほどのものでもありません、何度もいいますが、3年前の遺言書に書かれている内容とは、現在の状況とあまりにも違います。遺言書に10%や20%の現金を相続すると書いていなかったために起こった問題です。

関連するQ&A

  • 相続と遺言書について教えて下さい。

    相続に関して、以下を教えて下さい。 相続財産が、A,B,Cとあり、被相続人は父、相続人は、母、長男、次男とします。 1、父が遺言書を作成した場合、   (1)「母に"A"だけを相続させる」と、一部のことだけを書いても有効なのでしょうか?   それとも、   (2)「母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、相続財産すべてを、どのように    相続させるかを書かないと有効ではないのでしょうか? 2、「母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、遺言書に書かれていた場合、    母の財産は、そのまま遺言書の通り、相続させ、    長男と次男で話をして、例えば「すべて次男が相続すること。」    にしても、問題ないのでしょうか? 3、「母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、遺言書に書かれていた場合、    長男にその相続税を支払うお金がなかった場合、    長男が"B"を、相続放棄して、 母は"A"、次男は"C"を、相続しても問題ないのでしょうか?    それとも、母、次男が、"B"の相続税を払うことが出来るのであれば、"B"を母、次男が相続しないと    いけないのでしょうか? 4、母に"A"を、長男に"B"を、次男に"C"を、相続させる」と、遺言書に書かれていた場合、    長男にその相続税を支払うお金があった場合、長男が"B"を、相続放棄することは可能でしょうか?

  • 遺言書は実はあまり意味がない?

    遺言書は実はあまり意味がない? 例えば「財産は貰う物ではなく築く物だ」とかいう信念を持ってたりして、子供たちには財産を相続させずに自分の死後はどこぞの慈善団体に寄付するということを遺言書に書いたところで、子らが法定相続分(?)を要求すれば完全に無視されてしまいますよね。 こういう風に「相続させなければいけない」というような法律がある以上、財産について遺言書に書いたところで実は無意味ってことにはならないんでしょうか? 先祖代々、土地家屋は長男が相続することになっている風習のある家でも、法定相続の話を出したらそれまでですよね? 相続分の現金を用意して渡せれば良いですけど、できなければ結局、土地家屋を売り払って分配するしかない。 相続人からの排除はできますが、虐待していたとか特定の条件下ですよね。 なんかもう、遺言書なんて死後にどこそこで葬式を挙げて欲しいみたいな、趣味的なことしか書いても意味がないような気がするんですけど・・・。 どこまで尊重されるんでしょうか?

  • 不動産 相続 遺言書

    父の死後 遺産分割で 相続人の母と、私.長男・ 長女・次女3人で話し合いをし 次女は遺産放棄し、すんなり押印しました。 しかし 長女とモメ、 なかなか押印してくれなく 泥沼状態が数ヶ月続いたのですが、 母が二分の一・ 私長男と長女で残りの二分の一を相続する事で分割協議も終わりました。  (現金は無かった為に、父名義のアパート・先祖からの不動産を分けました)  今後 母名義の アパート・不動産を遺産分割で兄妹と、もめないように 母が公証役場で遺言書を作成しました。内容は代々続いた不動産は長男が相続する 相続登記する時に遺言書が有れば良いのでしょうか相続人全員の印鑑・印鑑証明が必要なのでしょうか

  • 遺言書について教えて下さい

    2ヶ月ほど前に祖父が亡くなりました。 先日、祖父が残した公正証書の遺言書がでてきました。 内容は私の父に全部の財産を相続するというものでした。 しかし、父は祖父よりも先に亡くなっています(1年半前)。 この場合、遺言は父が祖父よりも先に亡くなっているために 無効であって、相続人である私・叔父2人・伯母1人の 合計4人で財産を分けなければいけないのでしょうか? それとも、遺言の効果の代襲相続みたいなものが認められていて、 (都合のいい考えかもしれませんが)私1人が全部の財産を 相続することが出来るものなのでしょうか?

  • 遺言書を見せてくれない

    祖母が亡くなりました。 同居していた叔母(未亡人)が 「遺言書が有り土地と家、貯金は私が相続します」 と祖母の生前から叔父、叔母、父の各自に電話をして来て言ってます。 父は「母さんがそう言ってるなら問題ない」と納得しています。 祖母には息子2人娘2人が居て、お葬式では私の父が長男で喪主を務めました。 祖母は数年前から痴呆が酷く遺言書を作れる状態ではありませんでした。 お葬式の時にも遺言書は見せてくれず(封をしてる状態でも見せてくれなかったそうです) 明日、四十九日で又父の実家に向かいます。 遺言書は父には当然見る権利は有りますよね? お葬式代は全て人の良い父が負担しています。 父は闘病中でお金は無理をして持って行きました。 遺産は要らないとしてもお葬式代は叔母かもしくは兄妹で折半にしてもらいたいと私は思ってます。 お葬式は叔母が父に相談も無く勝手に豪華にしてしまって、 お金はお願いと言う姿に腹が立つと言うより呆れてます。 先日、お墓代も出して欲しいと叔母から連絡がありましたがそれは断ったそうです。 私はお葬式には出られなかったのですが、明日には父と一緒に言って遺言書を見せてもらおうと思ってます。 公的に認められる物か見分け方を教えてください。 お葬式代を負担してもらえる(1/4は負担するのは構いません)上手い言い方が有ったら教えてください。 補足をしますので回答お願いします。

  • 遺言書の無効について

    「遺言が実行できないような内容の遺言書は無効」と聞きました。 私を受遺者とする遺言書に『土地を遺贈する』と書かれているのですが、 その土地は遺言者の死亡前に売られてしまっています。 (遺言書を書いた時点では、遺言者名義の土地でした。) このような遺言書は法的に無効でしょうか。 そうであるなら、無効とする条文をお教え願いたいのです。 また、その遺言書には、私以外の数名についても預貯金等を遺贈する旨が書かれています。 これらも、すべて無効になるのでしょうか。

  • 遺言書

    私の祖父と父は50年位逢っていませんでした。今年の8月に祖父が亡くなり、私の父が相続人(父しか相続人がいない)という事が判りました。が、先日遺言書があることがわかり遺言書のコピーを見ました。内容は父の名前がありませんでした。ここで質問なんですが、どうもこの遺言書は「家庭裁判所」の検認をしていないみたいなのです。遺言書を検認しなくても効力はあるのですか?また、検認したら家庭裁判所の印など押してあるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 遺言書の物件が売られた。

    父は今健在ですが、万が一の事を考え公証人役場で遺産相続の遺言書を書きました。 その一部を私は今保管しています。 只、問題なのが、遺言書に書かれている私に相続させる不動産物件が最近訳あって父が売りました。この場合、保管中の遺言書は無効でしょうか? それとも、他界後にそれ相当の売却金額を貰えるのでしょうか? 父と母は病気がちでいずれは私が介護をしないといけない。 長男の兄と私は結婚しています。 ずっと気にしている事で、教えて頂ければ助かります。どうぞ宜しくお願い致します。

  • 遺言書について

    すでに法定相続人のみに遺産を分け与えることが決まっているのですが、その内容について・・・ ・遺産は預貯金以外に何もなし という状況なのですが、遺言書を書く人物は年間に約400万円の年金受給があります。なので、預貯金がその分どんどん増えていくのですが(すでに特別養老施設に入っており、ほとんどお金を使うことがないので) 遺言書には、具体的な金額を記載しなくてはいけないのでしょうか?それとも ・誰に全体の何%・・・・ などと割合で記載したものでもOKなのでしょうか? ちなみに 長男に50% 長女に20% 次女に15% 三女に15% というように本人は考えています。

  • 遺言書による相続について

    遺言書について 詳しく教えてください。公正証書遺言書を亡き父が残し、ただいま法定相続人になる配偶者の母と子供2人で話し合っています。 遺言書には法定相続配当分と関係なく ここだけはと母ら現在の住居とは全く違う場所 (遺贈)土地名の記載があります。 1,5年ほど前に弟が 2世帯住居を新築し 亡き父を含め同居してました。現在も土地購入などに借金をし 住宅ローンもあります。母は 遺言書のことも知っていていたのに 今回父が亡くなり 新居ローン返済も大きいので 結論的に相続放棄を私に迫り悩んでいます。住宅建築には 私(娘、長女)にそのような相談は全くなく 弟からも土地購入についても知らされたいませんでした。父生存中より 土地遺贈についた何度も聞いていた手前 気分が悪いです。 勝手に次の段階の土地相続 名義書換を行うよう遺言書を裁判所に持ってはいけませんね。 相続放棄をしたとしても 実家のために貢献してきた私にという父よりの遺贈について 何か私が主張できるものなのか 詳しい方がみえましたら 教えてください。  よろしくお願いします。