-PR-
解決済み

ウィンドウズに欠陥

  • 暇なときにでも
  • 質問No.856990
  • 閲覧数40
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

今日の新聞を見ましたら、マイクロスフト日本法人が、WindowsXPとWindows2003に新たな欠陥が見つかったみたいなのですが、その欠陥とはどのような欠陥なのですか?私の持っているパソコンは、NECのLavieのPentium Mです。このような欠陥に該当するのでしょうか?また該当するとすればどのように解決すればいいのでしょうか?ご回答お願いします。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 42% (291/688)

欠陥の内容は、「ヘルプとサポートセンター(HSC)」機能に関する脆弱性。
具体的には「hcp://」で始まるURLに細工を施して、そのURLをクリックさせることによって
任意のコードが実行される可能性があるそうです。
これを利用すれば、ハッカーが、ウェブサイトにユーザーを誘導して
リンクのクリックを促すことによって、パソコンをコントロールできる可能性があるようです。

この問題は、WindowsXPとWindows Server 2003を使用しているマシンに当てはまるものです。
ですので、パソコンのメーカがどこであろうと、WindowsXPを使用していれば関係があります。

修正する方法は、WindowsUpdateを行いましょう。
インターネットエクスプローラーのメニュー「ツール(T)」などに
「Windows Update」というのがあります。
これを選択すると、マイクロソフト社のインターネットサイトに接続されます。
そこで画面の指示にしたがって、修正モジュールをダウンロードすれば、対応できます。
お礼コメント
noname#43036

ご回答ありがとうございます。
早速やってみます。
投稿日時 - 2004-05-13 17:44:43

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.2
レベル10

ベストアンサー率 49% (62/126)

欠陥については#1さんの回答どうりです。
また、この欠陥のことを
「脆弱性(ぜうじゃくせい)」といいます。

脆弱性が発見された場合
それを利用したウィルスが近日中に出回る
可能性が高いので、早めに対処するのが吉です。

まずは、自分のOSのバージョンを確認しましょう。

コントロール パネルの中に
「システム」
というものがあると思います。

それを選んでもらうと
自分がなんのシステムを利用しているか
確認できます。

また、どのOSでも
定期的にWindowsUpdateしたほうがよいかと
思われます。

InternetExplorer5.0以上をつかっているのであれば、
InternetExplorerの”メニュー”の”ツール”に
「WindowsUpdate」というのがありますので
選んでください。

あとは、表示された項目にしたがって
updateの作業を行ってください。
(注意:Windowsの再起動をしなければならない場合も
   あります。不用なものは、閉じておいてください。)

また、

WindowsUpdate時に
「KB824105」のアップデートが失敗した方は、
Windowsを”セーフモード”で起動し、
WindowsXP-KB824105-x86-JPN-express.EXE
(「XP」の部分がシステムによって違うかもしれません。
上記のものは、使用しているシステムが
XPだった場合のものです。)
を実行してください。

(「KB824105」で検索すると見つかります。)
お礼コメント
noname#43036

ご回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-05-13 17:45:27


  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 49% (62/126)

脆弱性(ぜいじゃくせい)です。

脆弱性(ぜうじゃくせい)
ではないです。タイプミスです。
すみません。
お礼コメント
noname#43036

何度もすみません。
難しい言葉ですね。
投稿日時 - 2004-05-13 17:46:50
  • 回答No.4

個別の問題としては、下のみなさんの解説の通りです。
Windows というのは非常に大きなシステムで、数え切れないくらいたくさんの小さな機能(モジュール)の集合体として出来上がっていますので、開発時に気づかなかったプログラム上の欠陥などが後になって明らかになるということがまれではありません。こうしたものが見つかると、メーカーはその欠陥を修正するプログラム(通称「パッチ」と言います)を開発し、公表してユーザにダウンロードして適用してもらうことになります。この作業を自動的にやってくれるのが「 Windows Update 」という仕組みです。
欠陥にもさまざまなものがありますが、インターネットを利用する上でセキュリティ(ハッカーやウイルスなどの攻撃に対する安全性)上の問題となる弱点のことを「セキュリティホール」といい、これを放っておくとこうした悪意の攻撃を受けたとき無防備の状態であることになりますので、見つかった欠陥がニュースで発表されるか否かに関わらず、Windows Update は定期的にチェックして、「重要な更新」とされるものについてはもれなく適用するように心がけましょう。
Windows に見つかるこうした穴は、Windows をインストールされているシステムについては共通のもの( CPU の種類などを問わず)となることがほとんどです。
お礼コメント
noname#43036

ご回答ありがとうございます。
投稿日時 - 2004-05-13 17:47:19
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ