• ベストアンサー

徳川慶喜は何故政治をなげだしたのか。

徳川慶喜は、なかなかの切れ者でインテリだったと私は考えてます。 鳥居伏見の戦いで逃げ出した本当の理由は何だったのでしょうか。 また、本気で戦いを、望んでいたら当然勝てるはずでした。敗因はなんだったのか、勝っていれば日本はどうなっていたと思ういますか。 12代将軍徳川家康はなぜ後継ぎを決めず死去したのでしょうか。 歴史に詳しい方、ご意見お願いします。

  • 歴史
  • 回答数8
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • Nebu3
  • ベストアンサー率29% (114/386)
回答No.3

 徳川慶喜は水戸藩ですから尊皇派です。つまり彼が 将軍職につくということは彼も周囲の幕閣も幕府消滅は 織り込み済み。問題はどうスマートに幕を引くかでした。 例えば鳥羽伏見の戦い、慶喜は戦いたくはない、でも一戦を 交えなければ佐幕派が収まらないからガス抜きで戦わせ、自分は 初めからすぐに逃げる用意をしていた。  ちなみに彼が描いていた新政府案は天皇を盟主に大名会議をおく。 徳川が大名会議の議長におさまる。彼の政治思想は尊皇開国です から当初の薩長政府より進歩的だった。  鳥羽伏見~五稜郭で幕府軍が勝つ可能性はあったのか? 答えはNo。理由の一は兵士の練度、薩長の官軍は欧米式兵制と訓練。 幕府軍も現代人が思う以上に欧米の兵制をとりいれているが多くの 兵は旧態依然の旗本・御家人たち。彼等は集団戦どころか行進も匍匐 もできない口は偉そうだけど実戦能力がない。理由の2幕府も諸藩も 財政的に倒産状態で戦をする資金がない。 (ちなみに僕が居住する市は西国の外様が攻め入るのを防ぐ任を負った 由緒ある譜代が治めていたのだけれど、お殿様は領内を通過する官軍 には藩士を全員城に集めて「軍勢の通過は知らなかった」ポーズ。そ して対岸の官軍と幕府軍の戦闘にはお殿様の命で大砲をどちらにも当たら ないように撃たせたそうです。つまりどちらが勝とうが自分は加勢したと 言い訳できる。政府はこの功績をみとめ明治初期、わが市は一市で一県 でした。)  徳川慶喜公はできるだけ徳川の勢力を保持しながら新政府樹立させたい と思い、また彼みずからは政治よりも趣味に関心が強く、晩年の彼は穏やかに 写真家として人生をまっとうします。 >本気で戦いを、望んでいたら当然勝てるはずでした。敗因はなんだったのか、勝っていれば日本はどうなっ ていたと思ういますか。 いいえ、勝つ見込みがなかったのです。敗因は近代化の遅れ、幕府を援助したフランスより薩長を援助した イギリスが強かった。どちらが勝つというよりもこの戊辰戦争が長引けば英仏の植民地になりかねなかった。 だから勝海舟など心ある幕臣は戦いに消極的だった。

その他の回答 (7)

noname#205122
noname#205122
回答No.8

 「切れ者でインテリだった」かどうかは、判断しかねますが、少なくとも、「馬鹿」をとおりこして賢かったことは確かなような気がします。(私も、本人とは面識がありませんので、何とも言えないところはあります。)  「鳥居伏見の戦いで逃げ出した本当の理由は何だったのでしょうか」……理由は、いろいろだと思います。「自分のいのち」、「立場」、「日本の将来」などなど……この判断も難しいというよりも、本人に聞かないとわからないし、聞いても、本当のことは言わないかも知れないし、もしかすると、本人も分からないかも???この先、生き延びれることを念頭に置いて、「逃げ出した」のであれば、結果としては、「正しかった」というだけのことでしょう。  「また、本気で戦いを、望んでいたら当然勝てるはずでした。敗因はなんだったのか、勝っていれば日本はどうなっていたと思ういますか。」……これを書き出すと長くなるし、すべて「IF」の世界であって、意味がありません。  「12代将軍徳川家康はなぜ後継ぎを決めず死去したのでしょうか。」……???14代のことをいっているのですか???あなたは、きちんと「後継ぎ」を決めてから死ねますか???

  • ithi
  • ベストアンサー率20% (1957/9567)
回答No.7

Wmwmwm313さん、こんばんわ。 徳川慶喜は、なかなかの切れ者でインテリだったと私は考えてます。 鳥居伏見の戦いで逃げ出した本当の理由は何だったのでしょうか。 また、本気で戦いを、望んでいたら当然勝てるはずでした。敗因はなんだったのか、勝っていれば日本はどうなっていたと思ういますか。 彼は側室ではなく、正室の出であることが影響していると思います。確かに多芸多趣味で玄人はだしなところがありますが、攘夷決行の日をきめておいて、江戸へ下向し、責任者の役をいとも簡単にやめる所業からもともと彼自身将軍になろうとしていなかったということが分かります。将軍になったのは孝明天皇の勅命によるものでした。彼の実家の水戸家は尊王の家でした。鳥羽伏見で錦の御旗がたった時点で勝利したとしても逆賊の汚名を着るのが怖かったのです。 12代将軍徳川家康はなぜ後継ぎを決めず死去したのでしょうか。 すでに家定という将軍世子がいました。名前を見れば歴然です。

  • Nkfe
  • ベストアンサー率21% (28/129)
回答No.6

潰れる寸前の会社の代表になるなんて、チョット普通の感覚の人だったらいやですよ。彼は金持ちの息子で悠々自適ですから、好き勝手にゴルフとかして過ごしていたかったんです。しかし、周りに持ち上げられて、代表者に成らざるをえなかった。 大政奉還を決めたのは彼ですからその部分は偉かった訳ですが、実際は 自分の配下にろくな人間が居らず行政としてやりたい事の少しも出来ない、革命勢力はイロイロ言うし、好きな様にやって下さいと投げ出したんです。少し前に安倍さんやらが、勝手にやってと辞めたしまったのとよく似ています。 彼は、国や幕府の為に正義感を持ち出し、我を張るような人間じゃなかったんです。ですんで、武力衝突に関しては、将軍様を慕うというか、時代変遷が嫌な連中が沢山居て、刀を抜いて興奮しまくっているのを見て失望、何を言っても無駄だと思ったのでさっさと抜け出したんです。大方こんな物でしょう。

  • lv4u
  • ベストアンサー率27% (1862/6715)
回答No.5

徳川慶喜は、他の回答にあるように「尊皇」ですね。天皇がトップになった体制がいいと思っていた。 戦いの中で、倒幕側(新政府側)は、「錦の御旗」を持ち出してきました。 もし戦いを続ければ、徳川慶喜は逆臣になってしまいます。 質問者さんのいわれるように、本気で戦えば幕府は勝てたと思いますけど、それは徳川慶喜には、精神的に無理だったと思います。 そして、その戦いで勝てたとしても、続く戦いでは、勝利できなくて、日本の内戦が続き、そして疲弊したところで欧米の植民地になってしまっていたかもしれませんね。 中国のように、日本がいくつもに分割されて、植民地になり、日清・日露も大東亜戦争も無かったかも?そして、日本だけでなく、アジアとアフリカ諸国は植民地から解放されず、そのまま現在に至ったかも?

  • eroero1919
  • ベストアンサー率27% (3007/11114)
回答No.4

なぜかといわれたら、やっぱり「お坊ちゃんだった」からとなるのでしょうね。部下を殺しても自分が権力の座に居座りたいっていうほどの根性はなかったのだと思います。質問者さんも今の豊かな暮らしを守るなら他人を殺しても構わないとまでは思わないでしょ? >本気で戦いを、望んでいたら当然勝てるはずでした。敗因はなんだったのか、勝っていれば日本はどうなっていたと思ういますか 鳥羽伏見の戦い程度は勝てたかもしれません。でも、戦術的勝利を得ることはできても、江戸幕府崩壊の流れそのものを止めることはできなかったでしょう。 当時はもう江戸幕府という政治システムは金属疲労を起こしていてどうしようもなかったのです。時代に合う政治、経済、軍事システムを作らなければならなかったのですが、江戸幕府というシステムではもう時代に対応できなくなっていたのです。 例えば、武士というのは名目上軍人という立場です。江戸には百万騎と号する旗本という将軍直轄の兵士が「いたはず」です。だけど、二百年の太平の世で旗本の誰もが「自分はいざとなったら身を張って戦う」ってことを忘れてしまっていたのですね。んで幕府も軍制改革を行うのですが、結局、幕府軍で使える部隊ってのは農民や町人を徴募した部隊だったのです。彼らを重用すれば幕府制度の根幹である身分制度崩壊に繋がる。彼らを軽んじれば幕府軍は弱くなる。そういうジレンマにいたのです。 歴史っていうのはそういうものなんです。いくらルイ16世が巧みに立ち回ったとしても、革命を起こさないで今でもフランス王国のままでいられたかというとそれは無理でしょう。同じように、江戸幕府がいくら巧みに立ち回っていたとしても、いつかは終わりがきたのです。 もしかしたら、頭のよかった慶喜はその先々まで見えていて「いくら俺が頑張ったところで、徳川体制はいずれもう持たねえよ」と思ったのかもしれないですね。ゆえに、権力の座に執着はしなかったのでしょう。 お坊ちゃんてそういうものだと思います。第一次安倍政権のときも、麻生さんも、福田さんも、鳩ポッポさんのときも、もっといえば細川さんも、みんな割と突然「やーめた。首相を、辞任しまーす」とあっさり辞めました。だけど、いち市民活動家から首相の座に登りつめた菅さんは徹底的に首相の座にしがみついたじゃないですか。一度は「辞任する」といって不信任案を潰して、「辞めるとはいったけど、いつ辞めるかとはいってない」ってね。

  • 0fool0
  • ベストアンサー率18% (134/738)
回答No.2

慶喜の心情は、記録が無いので判らないですが取り合えずの回答です。 これから新たに本人の日記なり、側近の記録なりが新しく発見されれば、新事実と言う事になるでしょうが、現状ではまだ耳にしません。 ですのでこれは飽くまで想像ですが、慶喜の本心は測りかねますが、行動の一つ一つを見ると一貫性を書いているようには思います。 只の「坊ちゃん」だったのではないでしょうか?(身も蓋も無いw) 本当は深謀遠慮の果ての決断かもしれませんが。 しかし本気で戦っても戦略(運用)その他全てがお粗末過ぎたので、結局、負けは確定です。 12代は家慶です。 後継は決めるも何も、家定一人しかいませんでしたから。

回答No.1

慶喜は中々の切れ者ですがいかんせん側近連中がショボイ 慶喜は側近を信頼はしていたけれど側近自体しょぼいからどうにもならなかった 笑 勝っても大政奉還してたでしょう

関連するQ&A

  • 徳川慶喜はなぜ?

    いろいろな考え方があるようですが、私は、幕末の将軍が徳川慶喜のような方(タイプ)で よかったと思っています。  引くことも大事だと思います。ただ、なぜ、鳥羽・伏見の戦いから逃げるときに、撤退命令を 出さなかったのでしょうか。 また、錦旗を見て、自分が賊軍なっていることを知って急いで退散。淀川を下ったのもわかり ますが、開陽丸と間違えてアメリカの軍艦で一夜過ごす?というのも、今一つわかりません。 宜しくお願いします。

  • 徳川慶喜と妾

    鳥羽・伏見の戦いに敗れたというか、戦わずして江戸に逃げ帰った徳川慶喜は、その開陽丸の船中に「妾」を乗せていたそうです。まったく「あきれた奴」だけれど、明治になってから、徳川家の再興を密かに、願っていたのか?十男十女をもうけたそうです。 ここで質問なのですが、 (1)この20人の子供の中には、正室美賀子夫人の子供はいたのでしょうか? (2)この頃(明治初期)、慶喜には、何人くらい妾がいたのでしょうか? (3)20人の子供の中には、新門辰五郎の娘、芳の子供はいますか?

  • 徳川慶喜将軍の棋力

    15代将軍の徳川慶喜といえば囲碁を大変 好んでいた事で有名ですが棋力はどれくらいの 方だったのでしょうか? 現在の日本棋院の認定で考えるとアマ高段者クラス はあったのでしょうか?? 「家康の再来」といわれるほど聡明な方だったようで気になりました

  • 軍服姿の徳川慶喜の写真について質問

    次の写真をご覧下さい。徳川第15代将軍慶喜の写真です。 http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/6b/TokugawaYoshinobu.jpg この写真は、いつ撮影されたものでしょうか。鳥羽・伏見の戦い当時の写真なのでしょうか。それとも・・ (1)禁裏御守衛総督時代よりも前 (2)禁裏御守衛総督時代 (3)将軍時代 (4)戊辰戦争当時(鳥羽・伏見の戦を含む) (5)戊辰戦争後 (6)その他(……) ご存知の方、教えて下さい。

  • 徳川家の漫画ありますか?

    最近とても歴史がきになってきました。 特に『大奥』の影響で、徳川家のことを知りたいです。 徳川家の家康から慶喜までが書かれている漫画はあるのでしょうか?

  • 慶喜の本当の気持ち

     「家康の再来」とまで評された慶喜ですが、鳥羽・伏見の戦いでは、総大将でありながら、幕府軍を裏切り、江戸に逃げ帰りました。又、その後も、ひたすら恭順謹慎の態度をとり続け、江戸城の無血開城までしてしまいました。  慶喜は、「あの時は、ああするより他なかった。やっぱり、あれが一番よかったんだ」と語り、そして、『慶喜の頭にあったのは、幕府がどうとか薩長がどうとかいう問題ではなく、「日本の存立」ただ一念だったのです。そして、日本人同士が争うという愚かな行為だけは何が何でも避けたかったのです。』      http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/yosinobu1.htm と紹介されていますが、 質問のひとつは、それならば、それ以降の会津藩をはじめとして、奥羽越の諸藩の尊い犠牲を食い止めることができなかったのだろうか?食い止める努力はしたのだろうか?という疑問が湧いてきます。どのように思いますか?もっとも、松平容保でさえも、生き延びて従一位に、嫡男は華族に叙せられているので、慶喜にとっては、その他は雑魚であり、どうでもよい存在だったのかも知れませんが。 慶喜も、明治維新後に従一位勲一等公爵、貴族院議員となり、大正2年まで人生を謳歌されたとか。  質問のふたつめは、鳥羽・伏見の戦いからの、彼をあのような行動にかりたてた本心というか、まさに、「心の中」はどうだったのでしょうか?ということです。歴史上の人物、ましてや他人の本心は分からないとは思いますが、想像でもかまいません。私には、政治的意図などはなく、単に「命が惜しかった。助かりたかった」ということではないか?彼は、そもそも将軍という器ではなかったのではないか?、と考えてしまうのですが。どうでしょうか?  慶喜の行動の結果に対する「政治的評価」はどうでも良いです。質問ではありません。

  • 徳川家康は、なぜ当然のように天下人になったのか

    一般的な歴史では、関ヶ原の戦いの後、徳川家康は、当然のように天下統一をしているようなのですが、疑問があります。 もともと、関ヶ原の戦いは、豊臣政権の内部での権力闘争でしかなかったはずであり、徳川家康も、関ヶ原の戦い以前には、 「豊臣家打倒」 などとは、全く言っていませんでした。 豊臣家内部の権力闘争に打ち勝ったというだけなのに、なぜ、徳川家康が、「当然のように」日本全体を統一する政権をつくってしまえのかが不思議でなりません。 今日の私たちは、実際の歴史を知っているので、疑問をもたないかもしれませんが、当時の人々からすれば、関ヶ原の戦いに勝ったからといって、 「だから家康が天下人」 という意識は、まだなかったのではないか、と思うのですが、なんで、家康が天下人ということになっていったのでしょうか?

  • 徳川家の戦力

    徳川家の戦力は関ヶ原の戦いの時は、諸大名の兵力を除いた家康や秀忠の直営の戦力だけでも合わせて六万ほどはあったのに、 なんで幕末の鳥羽伏見の戦いでは一万五千ほどしか動員できなかったのでしょうか?

  • 徳川将軍家の血液型は解るんでしょうか?

    歴代の徳川将軍家 家康 秀忠 家光 家綱 綱吉 家宣 家継 吉宗 家重 家治 家斉 家慶 家定 家茂 慶喜 それぞれの血液型を知りたいのですが、さすがに昔の人物なのでわからないでしようか?

  • 徳川家康は江戸幕府の初代将軍であるということ

    「徳川家康は江戸幕府の初代将軍である」ということは、歴史学においてどのように証明されているか教えてください。