• ベストアンサー
  • 困ってます

金属元素の標準液を作製する方法を教えてください。

卒業研究を行っている大学生です。 金属元素の定量分析を原子吸光光度計で行おうと思っています。K、Mg、Ca、Fe、Cu、Znについて、それぞれ1000ppmの標準液の作製の方法を教えてください。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数145
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

特殊な元素ではないようですから、 JIS K 0101またはJIS K 0102で規定されていると思うので、それを参考にして作ればよろしいのではないですか? 1000ppmまたは100ppmの標準液の調整法が記載されています。 JISなら閲覧するだけなら無料で見れます。 http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html ただし、調整用に試薬を購入するくらいならば、市販の標準液を直接購入したほうが安いということもありえます。 このあたりは使用量などを考えて、購入を検討するべきでしょうね。 以上、参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なんとか解決することが出来ました。 回答して下さったお二方、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 金属と水の反応

    今化学の授業で金属と水の反応について勉強しています。 金属と水が反応したところにフェノールフタレインを入れて性質を調べます。 今回の実験ではCa, Pb, Fe, Zn, Cu,Mgを使いました。 Mg, Pb, Caはピンク色になってCu, Zn, Feは何も起きませんでした。なぜこのような違いがうまれるのですか? そのあと反応しなかったCu, Zn, Feを熱湯のなかにいれると何かおこりますか? 教えてください。お願いします。

  • 遷移金属元素・電気陰性度

    わからない問題が二問あり、困っています。 どちらでもよいので解答お待ちしております。 以下の問いに出てくる用語の意味は理解しています。 よろしくお願いします★ (1)d-ブロック元素であるZn、Cd、Hgは遷移金属元素に 含められていない。その理由を述べよ。 (2)電気陰性度は右ほど上ほど、その値が大きくなる。 その理由をイオンエネルギー、電気親和力から説明せよ。

  • 原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点

    原子吸光光度計と分光光度計の原理的相違点とは何なのでしょうか。装置上の違いについても知りたいです。 また原子吸光光度計は金属元素の微量分析に適した装置ですが、検体となる試料溶液の調製にはどんな注意が必要でしょうか。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • hiwhr34
  • ベストアンサー率37% (15/40)

こんにちわ。 標準液は売ってます。 市販品を使うのが誤差も少なく確実な方法と思います。 金属塩で自作することもできますが、水分が揮発するのでその都度作り直さないといけません。 誤差も大きいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

速やかな回答まことにありがとうございます。 しかし私の所属する研究室は新しく標準液を購入するための予算が出せないため、止むを得ず標準液を自作することになりました。 誤差が大きくなることも承知の上です。 どうかよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • EDX

    EDX分析に関する質問です。 Cuが含まれる試料を分析すると、CuのK殻とL殻の大きな ピークが検出されます。この結果からZAF補正により 定量分析を行うとき、K殻とL殻のどちらを選択すれば いいのでしょうか?また、他元素で同様のことがおこったときも同様の対処でいいのでしょうか?

  • 金属の識別の仕方

    ア A~Cのそれぞれに希硫酸を加えると、一つだけ気体が発生した。 イ A~Cのそれぞれに水酸化ナトリウム水溶液を加えると、一つだけ気体が発生  した。 ウ A~Cのそれぞれに硫酸銅((2))水溶液を加えると、一つだけ表面に変化が見ら  れなかった 次のうちから、当てはまる記号を選べ。 (1)Al Fe Mg (2)Al Cu Fe (3)Ag Cu Zn という問いで、イは両性元素とわかるのですが、あとの二つが分からないので、 答えを出すことができません。どうかよろしくおねがいします。

  • 地殻の主要構成元素は最近変わりましたか?

    地殻に占める主要構成元素は今まで、 O Si Al Fe Ca Na K Mg と覚えていましたが、センター試験過去問において、 河合・赤本ともに、 O Si Al Fe Ca Mg Na K となっていました。去年構成元素が変化したのでしょうか? そんなこと無いと思いますけど・・・ それともどちらか一方の出版社がミスプリし、 それをもう片方がミスったままパクったのでしょうか? それとも私が何か勘違いしているのでしょか? ご存知の方教えてください。

  • 塩酸と2種類の金属を用いてつくる電池

    高校の参考書のイオン化傾向のページを見ると、K>Ca>Na>Mg>Al>Zn>Fe>Ni>Sn>Pb>H>Cu>Hg>Ag>Pt>Auとあります。そして、この金属のうち、2種類の金属を塩酸などの電解質の水溶液に入れると、電池になるとありました。このときに、イオン化傾向が大きいものほど、電池の-極になり、イオン化傾向が小さいものほど、電池の+極になると書いてありました。 参考書の通りなら、Alが-極で、Znが+極になるはずなのですが、実際に塩酸にAlとZnを入れ、プロペラと電流計をつなぐと、Alが+極、Znが-極になる向きに電流が流れました。その理由として考えられることを教えていただけないでしょうか? なお、金属板の表面をやすりで磨いてから使用しました。

  • 金属のイオン化傾向 電位差の生じる要因

    金属のイオン化傾向を調べる実験で、硝酸ナトリウムaq.の入ったシャーレに、Zn、Fe、Mg、Cu、Agの5種類をいれて、各二個ずつの電位差を調べたのですが… 選んだ金属のペアによって、電位差にはっきりとした違いがでたのですが、それはイオン化傾向と何か関係があるのでしょうか?電位差が大きかったり、小さかったりする原理はどのようなものなのでしょうか? 実験を終え、疑問に思いましたので投稿します

  • 金属のイオン化傾向を・・・

    こんな質問ちょっと場違いかもしれないのですが・・・ 来週、高校の期末テストがあり、化学もあります。でも私は本~~~当に化学が苦手なのです。授業とか全然理解してなくて・・(笑) それで質問というか相談なのですが、金属のイオン化傾向を簡単に覚えられる言葉(?)ありませんか・・? K>Ca>Na>Mg>Al>Zn>Fe>Ni>Sn>Pb>(H2)>Cu>Hg>Ag>Pt>Au ってやつです。「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」とかみたいにうまくいくのはないですかね~。 いや、ほんとスイマセン・・・こんなどうしようもない質問で・・ どなたか何か「これで覚えた!」というのがあえば教えてください!!

  • 金属メッキの表面分析方法について

    初めて質問をさせていただきます。 どうぞ、よろしくお願いします。 ELV指令対応の為、自社製品の環境負荷物質調査して客先に報告しておりますが、有る客先が今後は金属については表面のメッキ部分と金属母材の2つ報告書を出す様にと言っております。 メッキした金属を定量分析(ICP、ジフェニルカルバジド吸光光度法)した場合検出値が正確なものでないと発言されております。 確かに、均一物質と言う観点から考えますと、メッキされた金属ついては  メッキ部分と金属母材で分けると言うのは道理だとおもますが・・・・ メッキ部分を剥がして定量分析は可能でしょうか?またこの様な分析を行ってくれる試験所はあるのでしょうか? 皆様のご教示をお願い致します。

  • 定性分析と定量分析の違い

    定性分析は与えられた物質がどのような元素郡を含むか(何が含まれているか)を知るのが目的であるのに対し、定量分析は与えられた物質に目的の成分がどれだけ含まれているかを知るのが目的ですよね? では、それ(目的)以外で定性分析と定量分析の違いってありますか? 例えば、必要とされる条件とか。何でも良いですのでおしえてください!

  • 覚え方を教えてください

    金属のイオン化列 というもの、 K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb (H2) Cu Hg Ag Pt Au 大←                           →小 とあるのですが、覚え方がよく分かりません 授業では、こういうのがあります。とって、 何も説明はありませんでした。 補足、いや、ご説明の方、覚え方とともにお願いします。

  • この岩石は何でしょうか?

    この岩石は何でしょうか? 初めまして 私の祖父は昔、台湾で店を開いてたらしいのです 先日なくなりました その台湾時代のものだそうですが 物置に祖父の遺品が有りまして 整理してましたら 大量の岩石がありました そして金庫の中に4年前に成分分析を依頼した結果報告書がありました しかし、学の無い私が見てもなんの石かさっぱりわかりません 詳しい方はこれで解かるのでしょうか? 1.ICP質量分析法で U,Thの定量分析を行った。(単位μg/g) 1回目:U 1.6 Th4.8 2回目:U 1.6 Th4.8 平均値:U 1.6 Th4.8 2.蛍光X線分析法により試料中に含まれる無機元素測定(質量%) Al:9% As:0.002% Ba:0.04% Ca:9% Cl:0.05% Co:0.002% Cr:0.01% Cu:0.02% Fe:5% Ga:0.002% K:2% Mg:2% Mn:0.1% Na:2% P:0.1% Rb:0.01% S:0.006% Si:25% Sr:0.06% Ti:0.4% V:0.04% Zn:0.007% Zr:0.02% O:残分 物置にはタイル状に切った石とその斬り屑のような岩石が山のように積んであり 処分に困っています。 ただ、非常に頭のいい祖父だったので ただの石とは思えません。 そこで、この情報からみると 一般的には何と呼ばれる石になるのか 教えて頂けると有りがたいです。 よろしくお願いします。