• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

阪神大震災以降の建物について

阪神大震災では、安全であると言われていた新耐震設計法による設計の建物でも多くの被害が出ました。 その後、建築されている建物にはこの教訓は生かされているのでしょうか?できれば具体的に教えてください。(法律がこう変わった、とか)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • JIMI
  • ベストアンサー率58% (125/215)

ゼネコン構造設計部の者です。 教訓は十分生かされて設計されています。 阪神大震災では、主に鉄骨造建物に被害が集中いたしました。 これをうけて、鉄骨造関連の構造規定が変わっています。(詳細な検討が必要になった) 例をあげると、 (1)角型鋼管を使う場合、安全率を大きめにとるようになった。 いままでSTKRと呼ばれる鋼種が使われていたが、溶接性のよいBCR,BCPを使うほうが有利な設計となるようになっている。 (2)柱脚部の剛性を適正に評価するようになった。 いままで、設計者が「この柱脚はピン接合だ」と言えばどんなディテール(何本ものボルトで基礎に固定されていても)でもピン接合(曲げモーメントが発生しない)で認められていましたが、改正後はピン接合は基本的になくなりました。 鉄筋コンクリート造では、 (1)非耐力壁の剛性を適正に評価する。 (2)柱梁接合部の検討の義務付け。 などがあげられます。 そのほかにも 限界耐力設計法とよばれる新しい設計法による設計が可能になっています。地震力の評価をより正確にするため、建物の振動性状を考慮しながら設計するというものです。 また、阪神大震災では、建物が壊れても責任をとる人が誰もいないことが問題となりました。 そこで責任の所在を明確にする「性能設計」とよばれる設計法(耐震性能目標は、設計者と施主が自由にきめる。万が一の場合、設計者が責任をとる)が議論されていたことがありましたが、まだ実現はされていません。 不明な点は補足してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 参考になりました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 耐震に関しては、地震以前の昭和56年に新耐震設計法採用の建築基準法が施行され、それ以後に建築された建物については、被害が割合、少なかった。このため、それ以前に建築された建物について、耐震工法を推進させるために、平成7年に耐震改修促進法が制定されました。 耐震工法については http://web.pref.hyogo.jp/eizen/taisin/taisin2.htm 耐震改修促進法については、下記のURLをごらんください。

参考URL:
http://www.dkb.co.jp/houjin/report/keizai/199612/9612-4.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 参考になりました。

  • 回答No.2

建物の構造設計を専門にしている下記の会社の新社屋は、自社とカバヤで共同開発した全く新しい耐震技術を採り入れています。 ショックアブソーバを筋交い状に入れているのです。 1)ショックアブソーバという実績もあり、経年変化しにくい技術を利用している。 2)「筋交い」を追加するだけなので旧い建物にも応用が利く。 という利点があるようです。ただし、美観の上からは頂けません。 #法律の変更については知りません。

参考URL:
http://www.kke.co.jp/major/kozo/01.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 参考になりました。

  • 回答No.1
  • VRAM
  • ベストアンサー率25% (42/162)

一般建造物の場合生かされた建物もある という程度です。手抜き工事とかがあれば 結局地震でつぶれます。 地震に強い家は増えていますが 他の災害には耐えられるのか不安な面もあります。 法律ですが、あまり改善されていないようです。 申し込めばあなたの家が(マンションも)耐震性に 問題ないか調査してくれるのですが 地域によって、有料、無料がありますので 市役所などに問い合わせみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 参考になりました。

関連するQ&A

  • 1次設計建物はなぜ倒壊は考慮しない?

    耐震設計の考え方ですが 1次設計と2次設計がありますが 1次設計は中地震での建築物の機能保持が目標で 2次設計は大地震での人命保護が目標となっていますが それでは1次設計の許容応力度計算だけでOKとなる建物は 人命保護は直接考慮されていないと言うことになるのでしょうか? 機能保全が目標でも大地震が来ればやはり倒壊してしまうので 人命保護はすべてに考慮されていなければ意味がないような気がするのですが・・・ 阪神大震災の時のような地震が来て建物が倒壊した場合 この建物は法律上ルート1で設計された建物だから倒壊しても仕方がないんだよ・・・ってのはおかしいと思うのですが ルート1の壁量の式はルート2の式よりも条件が厳しいので安全率は高く設定されているのかもしれませんが、それでも目標が機能保全ならば 人命は担保されているとはいえないことになると思うのですが。

  • 阪神・淡路大震災クラスの地震がきたら?

    先日、阪神淡路大震災のニュースをやっていました。 私は名古屋に住んでおりますが、あの日の朝、名古屋でも大きな揺れを感じたのを未だに覚えております。 さて、現在の建築基準である、耐震等級1の建物の場合だと、阪神淡路大震災クラスの地震が直下で起きた場合には想定される建物への影響はどの程度になるのでしょうか? 一部損壊?半壊? また当時のハウスメーカーで建てた家がどのような状況になったのか?ご存知の方がおみえでしたら、教えていただきたく思います。 上記の内容2点ありますが、ご回答よろしくお願いいたします。

  • 昭和55年以降の鉄筋建物は耐振診断不要か?

    自宅ではなく町内の自治会館について質問。昭和61年竣工の鉄筋です。昭和55年以降の建物は新建築基準法に従っているので大丈夫と言う意見と(設計事務所)、阪神大震災以降に法律も変っているので耐震診断が必要(町内会役員=素人)と言う意見があります。自治会館という性格上避難場所として使う可能性があります。耐振偽装事件など不安を煽るようなニュースがあり心配です。この場合耐振診断は必要なのでしょうか?また耐振診断でどれくらいのことがわかるのでしょうか。

  • 震災時の家主の責任について

    古い建物に入居している人が、震災の倒壊で被害を被った場合、大家に責任を取らせることはできるのでしょうか。 今は建築基準法が改正されて新耐震基準になっていますが、 建物が旧耐震基準の建物の場合です。 どのくらいのメンテナンスがされていれば損害賠償ができない、とか 判例がもしありましたら教えていただけると幸いです。

  • 東北関東大震災に対する建築技術者の想い

    民間企業で、住宅の耐震構造や地震リスク評価の研究開発をしている者です。 阪神大震災をきっかけに、大学から建築構造の道を志し、いつ起こるやもしれない大地震に備えるための技術開発を仕事としてきました。 具体的には、大地震でも損傷を低減できる住宅構造の開発、地域ごとに地震の発生確率を考慮した建物の被害度予測です。 そして今般、その大地震が実際に発生しました。 しかしその結果は、私の業務範囲ではほとんど考えてこなかった津波の被害。 何千人もの犠牲者。 想定外の4震源連動地震。 自分自身の無力さに頭が真っ白になったような気分です。 これまで地震対策のために何年間もやってきたことが、果たして何か役に立ったのだろうかと自問自答しています。 地震で倒壊を免れても、津波には成す術のない住宅。 津波に対する設計など、普通の住宅にはされていない。 なぜなら建築基準法に津波に対する設計が規定されていないから。 我々民間企業は法律にのっとって建物を設計しているのだから、法的には津波被害に対する責任はない。 しかし、本当にそれでよかったのか?? 地震動による被害のことだけを考えてきた自分の仕事のやり方は正しかったのか?? こんなことを一人で考えている自分は変な人なのか? もし、他にも同じような想いを持った技術者の人がいるなら、ご意見を伺いたいです。 このサイトにそぐわない投稿であったなら申し訳ございません。

  • 東北大震災での耐震について

    今回の東北大震災で、震災された方は大変ご苦労されていると思います。 リフォーム業者として耐震について教えてください。木造がメインです。 映像見ていますと、津波により建物が殆ど流されています。 流された後の画像で、基礎が残っている分譲地のような地域。 基礎に土台柱が付いて、アンカーボルトも残っているが、剥ぎ取られているような画像 これらを見て、このときの震災は、地震がきて30分後に津波により建物が持って行かれています。 そうしますと、地震で建物は倒れたのか、新旧でどうなのか。 たとえば耐震等級3なら倒壊しなかったけど、津波で持っていかれたのか。 低い耐震の規定ではどうなのか。残った建物もあったが、津波で持っていかれたのか。 M9の地震では防ぐこと出来ないのか。津波の被害も木造建物だけで防ぐのは無理なのか。 SRCの建物は残った地域もあると聞き、ある学校では海に向かって船のほさきのようにV型で建築されていて、津波が両側に逃げて、被害が少なかったとも聞きます。 日本列島が地震の繁盛期に入ったとの報告もあります。 NHKの「メガフレーク」も地震と津波の相関性を報道していました。 今回の地震、津波が大きな実物検証となりました。 これについての調査報告がなされたとも聞いていません。 検証されているものがあるのか、今の耐震で問題ないのか。分かりましたら教えてください。

  • 阪神淡路大震災の観光被害について教えてください

    阪神淡路大震災で観光地である神戸がどれくらい被害を受けたのか教えてください。 具体的には、観光客の推移や、観光地(建築物など)が復興するためにどんこうれほどの費用が必要となったのか。また、観光により食べていっていたひとびとはどれくらいいて、その人たちは現在に至るまでどのように生活を変えなければならなかったか。観光に携わることをやめてしまったか。・・・などなど何でもうれしいです。できれば正確な数字がほしいのでURLなどを乗せていただくとありがたいです。よろしくおねがいいたします。  

  • 阪神淡路震災での建物の全壊半壊等件数を知りたい。

    阪神淡路大震災で、木造ではなく重量鉄骨造と鉄筋コンクリート造の建物が何件ぐらい全壊、半壊したかを知りたいと思います。あるいはその構造での病院、学校その他官公庁の件数でも結構です。それによる被害を受けた人数もわかればさらにいいのですが、どこかに出ていないでしょうか。正確な数字ではなくおよその件数でもかまいません。

  • 建築基準法の「新耐震設計基準」(1981年)

    「阪神淡路大地震の際にも、1981年以後に建てられた建物は、新耐震設計基準に沿って設計されているので、被害が少なかった」とよく耳にします。 「新耐震設計基準」とはどのような内容なのか、わかるサイトなどあれば教えてください。 下のサイトは「建築基準法」の内容がわかるものですが、このどこに「新耐震設計基準」についての記載が書かれているのか、全くわかりませんでした。 http://www.houko.com/00/01/S25/201.HTM

  • 阪神淡路大震災の最大被災地はどこですか?

    1995年の阪神淡路大震災の発生から今年で13年になります。 この震災によりご不幸に見舞われた方々には深くご冥福を お祈り申し上げます。 さて、この震災の被災者の方々への供養のため、我々が今 出来る事は、この震災をよく知り、このような不幸が再び 起こる事を少しでも抑える方法を考える事ではないでしょうか。 地震とは天災ですが、この被害を最小限にする方法はきっとあるはずです。 阪神淡路大震災の対処の問題点は、多くの指摘が既にあろうかと思います。 例えば、行政の対応の遅れ、建築物・道路の構造的問題。 さて、他にも、道路が狭すぎて住宅が異常に密集した地域があり、 そこが火災発生の大きな原因となったと聞いたことがあります。 それはどの地域ですか? 「長田区・須磨区」という単語がなんとなく、頭に浮かぶんですが、 このあたりでしたっけ?