• ベストアンサー
  • 困ってます

在日コリアンは、マイノリティか外国人か?

在日コリアンは、日本社会の「マイノリティ」だと主張し、他のマイノリティを巻き込んで、特別扱いを維持拡大する為の運動を展開しています。 在日コリアンは、外国人にすぎず、他の外国人と異なる特別扱いを要求するのは「区別」を求めるものであって、「差別反対」を掲げるのは自己矛盾だと思われるのですが、いかがでしょうか? また、彼らの「マイノリティ」利用を阻止する有効な方法は無いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数271
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#194660
noname#194660

外国人以外の何者でもありません。 在日コリアンが外国人でないというなら、日本人と同じ教育を受け、しっかり働いて日本に納税し、反日運動などしないで日本の発展に協力しなければ認められません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

彼らの「マイノリティ」利用を阻止する有効な方法は無いのでしょうか?

関連するQ&A

  • 在日コリアン 特別扱い

    ちょっと在日コリアンの話したくらいで人種差別だって言ってくる輩ってクソですよね 何で在日コリアンだけ特別扱いなんですか? 他の外国人の話ちょっとしたくらいで人種差別なんて言われないじゃないですか

  • ニッポンはマイノリティを「否定」、「黙殺」するのか

    日本人は、日本社会のなかで生を営むマイノリティ集団―たとえば、在日コリアンや在日中国人などの、外国につながりをもつ人々、同和地区につながりをもつ人々、アイヌの人々、ハンセン病患者、エイズ患者、LGBT関係者、障碍者、被爆者、水俣病関係者など―の存在を、どのようなものとして受けとめられているのでしょうか? ・日本社会の構成員であり、彼ら、彼女らにたいする差別や偏見を許してはならない。 ・日本社会の構成員ではあるが、社会の「表舞台」には立ってほしくない存在である。 ・日本社会の構成員ではあるが、彼ら、彼女らのアイデンティティについては、認めたくない、あるいは、共感できない部分が存在する。 ・日本社会の構成員として認めたくない。できれば、彼ら、彼女らの存在は「否定」、あるいは、「黙殺」したい。 先日の、ある地方公共団体の市会議員による、日本社会における先住民族の存在を「否定」することを意図した発言が、現在も大きな議論をよんでいます。当人の真意は、社会福祉政策による恩恵を必要としている人々がかかえる諸問題を提起したかったことでした。しかしながら、当人の先住民族やマイノリティ集団にたいする基本的な知識、認識が著しく欠如していたことから、多くの人々は彼の発言を問題発言として受けとめ、「舌禍事件」へと発展しました。 社会福祉政策がかかえる諸問題について論じたいのであれば、わざわざ先住民族の「存在」について触れ、それを強調する必要はあったのでしょうか。先住民族が直面している問題をふくめて、日本社会においては、マイノリティ集団にたいする批判のなかには、日本社会の「構造」がマイノリティ集団に悪影響をもたらしたといった見方ではなく、マイノリティ集団みずからの「精神的な問題」であるという指摘が少なくありません。こういった問題が論じられるたびに、「個人の問題」―たとえば、差別や偏見の問題であれば、差別や偏見をする人々や、それを受けとめる人々の「心の問題」であることが強調されるように―であることが「強調」されます。 わたし自身、外国につながりをもつ立場で日本社会のなかで生を営んでいます。この市会議員の「問題発言」は、わたしにとっては、極めて衝撃的なものでした。彼自身のマイノリティ集団にたいする浅はかな知識、理解の程度のみならず、彼が世間に向けて発信した「メッセージ」の裏側で、彼自身の「真意」に、先住民族の存在を認めたくないという<強い考え>があることを読みとったとき、心の底から怒りがこみあげてきました。こういった存在を知るたびに、わたしは、わたしのような外国につながりをもつ人々は、日本の市民権を持っていても、決して日本社会では歓迎されない存在であることを悟るのです。

  • 在日コリアン、何かがオカシイと疑問を感じないのか?

    私が以前から、ず~と感じている疑問なんですが・・・。 在日コリアンの人達は、戦前戦後、この日本に定住している外国(戦前は外地)出身者は自分達だけではなく、中国大陸、台湾出身の人達も大勢いたという事を当然知っているはずです。 それがです、戦後のある時期、中国、台湾出身の人達は日本の表舞台から忽然と消えてしまいました。 それ以来、在日=コリアンという事が一般の認識になりました。 ここで私が感じる疑問が主に2点あります。 ●中国、台湾出身のほとんどの人達が日本の表舞台から消えた時、在日コリアンは「あの人達はどこに消えたのか?」などと何か不自然なものを感じなかったのか? ●「差別だ!!謝れ!!」などと被害者意識剥き出しの自己主張をすれば、日本社会で優位な立場を得られ、特権まで手にする事ができるのに、なぜ、中国、台湾出身の人達は自己主張しないのか? とコリアン達は疑問を感じなかったのか?という事です。 在日=コリアンとなって以来、在日コリアン達の立場は辛く厳しいものになってしまいました。 ニュースで報道される悪いニュースの主役は大概、在日コリアンとなり、国際的なニュースでも韓国、北朝鮮に絡むニュースで良いニュースなどほとんどなくなりました。 なぜかいつも悪役は在日コリアンです。 こうなると当然、日本人の在日コリアンに対する印象は最悪なものになってしまいます。 そのうち、日本人の様々な不平不満が彼らに向けられるようになったのでした。 現在、在日コリアン達は自分達が置かれている状況を鑑みて、「どうしてこういう事になってしまったのだろう?」と疑問符ばかりが頭に浮かんでくるのではないかと私は思います。 在日コリアンの人達は何かがオカシイと感じてはいないのでしょうか? そして、もしかして中国、台湾の連中と日本人はグルではないかと不信感を抱いたりはしていないのでしょうか? 事情通のみなさん、一体どうなんでしょうか? 昔は活発な人権活動などをしていたが、ある日突然、日本の表舞台から消えてしまった在日台湾人の人達  ↓

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

1945年8月15日まではマイノリティでした。それ以降はれっきとした外国人です。それが嫌な人は日本に帰化しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

彼らの「マイノリティ」利用を阻止する有効な方法は無いのでしょうか?

  • 回答No.4

>>以前は帰国できなかったのですか? 元々在日韓国人は、韓国から密入国してきた犯罪者です。 ですので、韓国政府は強制送還を認めていませんでした。 未だに一世の方で認められない方もいるかも知れません。 二世三世の方は子孫なので戻れます。 強制送還をしない代わりに、朝鮮人帰還兵や、戦前の在日朝鮮人の韓国帰国事業が行われたのです。 日本にしてみれば、犯罪者の犯行が殺人や窃盗から、詐欺や強姦に変っただけですね。 しかも数千人から60万人に増えたので、件数もはんぱないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.3

歴史上コリアは常にシナの属国で、マイノリティーでした。その恨みが遺伝子に染み込んでいます。日本では「被差別でマイノリティーである」との主張が金になると分かってからは、常に賠償金問題、税制優遇問題に発展します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

彼らの「マイノリティ」利用を阻止する有効な方法は無いのでしょうか?

  • 回答No.2
  • hunaskin
  • ベストアンサー率30% (1855/6064)

数代にわたって生活基盤を日本においているわけですから、日本国籍でないという理由だけで他の外国人と同等のあつかいをするというのは無理があります。 そして日本人とやや異なる文化を持っているのですからマイノリティであるとしか言い様がありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

金明秀氏の主張 http://www.han.org/a/faq/faq023.html と、似てますね。 「他の外国人と同等のあつかいをするというのは」差別だと仰るのですか?

  • 回答No.1

現在では帰国できる身分なので外国人です。 以前はマイノリティーでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

以前は帰国できなかったのですか?

関連するQ&A

  • 日本にいるマイノリティーの人々と日本人の差別意識

    今日ある60代の女性が話していたことです。 彼女の年代では、日本にいるマイノリティー(在日韓国人の人々のことを指すと思います)にすごく差別意識があったそうです。それは親の世代からそういう意識を植え付けられたせいが大きいと言っていました。 私も子供の頃、母が「線路の向こうの地域に行ってはいけないよ」と言うので変だと感じたことがあります。学校の教科書で『同和問題』を習いましたが、ほんの1ページほどしかさいてない感じで何のことかよくわかりませんでした。 その60代の女性が、私の世代(40代)は差別意識があるかどうかと聞いてきました。私があまりない、というようなことを言うと「ではあなたの娘さんが外国人と結婚したいと言ったらどう?」と聞いてきました。私はたぶんその相手を見て、きちんとした人なら問題ないと思うと答えました。 素朴な疑問です。 どうして在日の外国人を日本人は差別するのでしょうか?(過去方が今より差別意識は強かったと思いますが) アメリカでも日本人は黒人より差別されていると聞きます。 その60代女性は、どの国でもマイノリティは差別されると言っていました。 そもそも日本にいる韓国人はどのような経過で日本に住むようになったのでしょうか?たぶん学校で習ったと思いますが、その頃は興味がなくて全然わかりません。戦争が関係しているのかと思いますが。 外国人が日本に来た経緯、 日本人がどうしてその人々を差別するのか、 その差別意識は現在も続いているのか、 この3点に回答お願いします。

  • マイノリティが日本社会に受けいれられるためには?

    現在の日本社会における活発な社会的排除の傾向と,行動する保守によるヘイトスピーチの問題は,マイノリティの立場であるわたし自身にとっては大きな問題であると受けとめています。 どのようなことをすれば,マイノリティが日本社会に受けいれられるのでしょうか? 非常に漠然とした内容の質問なので,必要があれば,わたし自身のこれまでの経験を参考にしてもかまいません。 1.日本理解 日本語の習得,日本史の学習,日本文化に慣れ親しむ,日本文化の実践,日本の習慣や風習を理解する,地域の行事への積極的な参加,日本教育を受けること 日本社会におけるマイノリティの包摂の問題においては,マイノリティ側が日本社会に適応しないことがたびたび指摘されています。わたし自身は日本教育を受けたことから,日本語を使い,日本史を学び,また,海外の日系人事情を学習しました。 2.特別な能力 楽器の演奏,球技系スポーツの実践(とくに野球,サッカー,テニス,バスケットボール,など),格闘技系のスポーツの実践(柔道,剣道,空手,レスリング,など,),ダンス系(バレエ,日本舞踊,その他のジャンル,など),伝統芸能系(詩吟,落語,講談,など),語学系(複数の言語を使用すること) マイノリティが日本社会のなかで受けいれられるためには,特別な能力が要求されることがあります。このことは,特別な能力をもっていることから,マジョリティから差別や偏見を受けないことと理解されることがあります。わたし自身は,クラシック音楽を勉強したこともあり,現在では練習などをする時間が限られてしまいましたので,レパートリーを広げることはせずに,すでに演奏したことのあるベートーベンやモーツァルトのソナタ,他の作品の練習に力を入れるようにしています。 特別な能力があることで,マジョリティがマイノリティを「認める」ケースがあります。また,マイノリティにとっては,特別な能力を得ることで,社会的な包摂につながると認識している人々は少なくないでしょう。

  • 「十何年」について(外国人質問)

    「十何年」について(外国人質問) 「十何年」と「何十年」の区別はなんですか、一般的表現ですか。他にも、「十何回」とか「十何軒」とか使えますか。 よろしくお願いします。

  • 差別やめ一緒に生きよう

    東京大行進に参加した人々は、在日コリアンが、他の外国人と異なり、特に優遇されていることを知っているのでしょうか? また、在日コリアンの権利義務が、他の外国人と同様になる日は、来るのでしょうか?

  • 外人と外国人の違いについて

    今、テレビなのでは「外国人」と言いますよね。「外人」と言う言葉、外国人の方々があまりよく思っていないのも知ってます。「外人」と言う言葉差別用語なのですか? 他の人に「外人」と使うのは良くない。と教えたのですが、理由が明確でないので詳しく分かる方、教えて下さい。

  • 在日コリアンについてのFAQで民族的寄生を正当化

    しようとする試みが、今後、多くの日本人の理解を得られると思われますか? http://www.han.org/a/faq/ 問 どうして韓国人や朝鮮人が日本にたくさんいるんですか? 答 1910年の日韓併合から1945年の終戦まで,日本は朝鮮半島を植民地支配しました。日本に定住している韓国・朝鮮人の多くは,この間に日本に渡ってきた人とその子孫です。日清戦争で慢性的な米不足におちいっていた日本は,産米増殖計画といって植民地である朝鮮半島から大量の米を収奪しました。日中戦争がはじまると,米だけでなく水や地下資源,労働力など,さらに収奪は激しくなっていきました。それによって朝鮮の民衆は貧しくなり,職をうしなう人が続出したわけです。はじめに,そういう人たちが大量に職を求めて日本にやってきました。そして1939年には,日中戦争の泥沼化や太平洋戦争突入による労働力不足のために,いわゆる強制連行がはじまりました。終戦までに強制連行で日本につれられてきた人の数は,のべ60万人にものぼります。こうして,1945年の終戦当時には230万人をこえる朝鮮人が日本にいました。その多くはすぐに自力で朝鮮半島に戻っていきましたが,戻るためのお金や手段がなかった人は取り残されました。また,財産の持ち出しを制限されたため,朝鮮に生活基盤がなくなっていた人も帰ることができませんでした。そして結局,1947年の時点で約53万人が日本に残りました。これが,在日コリアンの一世です。 問 在日朝鮮人と在日韓国人は違うのですか? 答 植民地支配によって朝鮮半島は国も人も日本のものにされたわけですから,1910年から終戦までの36年間,朝鮮人はみんな日本国籍でした。しかし,日本の敗戦によって植民地支配から解放されると,多くの朝鮮人は朝鮮籍に戻ることを熱烈に望みました。当時の国際法からいって,正当に樹立された独立政府が認めるまでは植民地出身者の国籍はかわらないということを知って,反発する人が多かったようです。日本としても,植民地の出身者が日本国籍のままだと,選挙権をつかって天皇制反対の政治運動をはじめるのではないかと恐れていました。そこで日本政府は,選挙法を改正して植民地出身者の選挙権をうばい,1947年には外国人登録令を発令しました。これは,国際法を無視して,在日コリアンの国籍を一方的に,すべて朝鮮とみなすというものです。外国人登録証が公布されたのもそのときです。それから朝鮮半島に大韓民国が成立すると,韓国を支持する一部の人が韓国籍に変わりました。さらに,1965年に日韓基本条約が結ばれると,日本は韓国籍を優遇し,朝鮮籍を差別する政策を取りはじめましたので,半数以上の人が韓国籍に変更しました。そういう経緯で朝鮮籍から韓国籍がわかれただけですから,いちがいに在日朝鮮人と在日韓国人が違うとはいえません。 問 在日コリアンの人口はどれぐらいですか? 答 詳しい統計は公表されていないため,正確なところは分かりません。しかもこれは,在日コリアンをどうとらえるかによって変わってきます。在日コリアンのもっとも古典的で,もっとも狭いとらえ方は,終戦時に日本に残った朝鮮人とその子孫で,現在も韓国籍か朝鮮籍を持っている人です。つまり,日本に帰化した人や,帰化した人の子どもは含まないという考え方で,現在その人口は約65万人とみなされています。これは,公表されている官庁統計が比較的近いと思われます。こちらのページをご覧ください。逆に,もっとも広いとらえ方は,国籍が朝鮮あるいは韓国であった,あるいは現在そうである。それに加えて,自己の血族に上記の者がいた,あるいはいるというものです。これだと,在日コリアンと日本人のダブルの子ども,日本に帰化した人,帰化した人の子孫すべてが含まれます。この場合,総数は推定するしかありませんが,200万人以上になると考えられています。 問 在日コリアンは税金をはらっているのですか? 答 日本で生活している以上,在日コリアンも日本人とまったく同じようにはらっています。逆に,韓国籍や朝鮮籍であっても,大韓民国や朝鮮民主主義人民共和国には税金を支払っていません。ただし,日本人とまったく同じようにと書きましたが,ある意味では在日コリアンは日本人以上に税金を支払っているとも言えます。というのも,在日コリアンの多くは外国籍ですから,日本社会での地位は不安定です。たとえ税金を支払っていても,日本人であればあたりまえのように享受できる行政サービスを,在日コリアンは受けられないことも多いのです。そういう行政サービスを肩代わりするために民族団体が運営されているわけですが,それらの団体を維持するためには当然,会費を支払わなければなりません。この会費は,在日コリアンにとって第二の税金と言えるでしょう。 問 外国人登録証って何ですか? 答 外国人登録証というのは,身分証明書の一つです。外国人登録証は,1947年の外国人登録令にもとづいて,外国人を管理するための手段として導入されました。外国人といっても,導入当時はそのほとんどが在日コリアンでしたから,事実上,在日コリアンを取り締まるための手段として考案されたものだといえます。外国人登録証不携帯を理由に家宅捜査を受けるケースは今でもあります。身分証明書を持っていないだけで,犯罪者にされ,しかも自宅を荒らされるわけです。 問 在日コリアンは市役所に行って指紋を押さなければならないというのは本当ですか? 答 最近の法改正で,永住権を持つ外国人については指紋の採取が撤廃されました。指紋押なつ制度は,地道な反対運動の影響を受けて,法改正がたびたび重ねられてゆきます。92年6月の法改正では,前年に行われた日韓協定見直しを受けて,永住者については指紋押捺制度を廃止し,それに代わるものとして署名と家族事項の登録が新設され,外国人登録証明書もキャッシュカードと同じ大きさになりました。 問 在日コリアンに選挙権がないというのは本当ですか? 答 本当です。定住外国人に地方参政権を参照してください。 問 どうして在日コリアンは日本に帰化せずに朝鮮籍や韓国籍のままでいるのですか? 答 理由は2つあります。一つは,帰化の手続きが難しいためです。しかしそれよりも大きな理由は,帰化をすることは民族性を棄てることだと信じられていることです。在日コリアン側にとっては,国籍が民族的アイデンティティの拠り所だと思われていますし,日本の法務省関係者たちも日本に帰化をするためには日本社会への同化が必要であるといったことを頻繁に公言してきました。つまり,帰化というのはたんなる日本国籍の取得ではなく,日本人になることなのです。 問 どうして韓国・朝鮮に帰らないのですか? 答 すでに日本社会の一員だからです。二世以降は,母国語ができない人のほうが圧倒的に多いですから,帰国しても生活することさえままなりません。それでも,帰国費用と帰国後の生活を保障してくれるのであれば帰ろうと思う人はいるでしょう。しかし,日本政府は,いまだかつてそのような保障をしたことは一度もありません。植民地の解放直後にも,強制連行の対象者にさえ帰国費用を出さなかったばかりか,財産の持ち出し制限さえもうけました。在日コリアンを生んだのは日本の植民地支配です。そしていまなお在日コリアンがいるのは,日本がその清算をしなかったためです。国に帰れというのは,日本人が絶対に口にしてはならない一言です。 問 コリアンの民族教育を日本の公教育で取りあげるのはおかしいのではありませんか? 答 民族教育というのは,人間として自然な民族的自負を育てるための教育です。個々の民族にはそれぞれの歴史や文化があり,それを学び知ることによって,自然な誇りを身につけるための教育です。それは天賦の権利であって,国籍にかかわらず,子どもには必要な教育です。げんに在日コリアンにたいする差別がある以上,そしてその差別によって在日コリアンの子どもがアイデンティティを傷つけられている以上,それを回復・保全する努力は大人の義務でしょう。そして,傷つけられたアイデンティティを克服する道が民族教育であると明らかになっている以上,そのための便宜を図るのも,日本国の責務であると考えられます。 問 そもそも民族教育ってどういうものですか? 答 まず,民族教育の担い手ですが,公的な機関としては民族学校と,日本学校の民族学級の2つがあります。母国への留学を含めてもいいでしょう。半公的なものとしては,民族団体が実施する啓蒙・親睦・学習をかねた活動をあげられます。そして私的なものとして,家庭教育があります。在日コリアン生徒の9割ほどが日本の学校に通っていますので,日本の学校でどうやって民族教育を保障するかということこそ,在日韓朝鮮人の民族教育問題であるといっても過言ではありません。

  • 在日コリアン弁護士協会

    コリアン勢力は、自国においては閉鎖的に外国文化を締め出し(注)、外国においては、有力者の籠絡、官公庁や報道機関への暴力的攻撃、事実を歪曲した宣伝等の手段を用いて、特別な権利・地位を獲得・拡大し続けています。 特に、在日コリアン弁護士達 http://www.lazak.jp/ は、コリアンの犯罪を擁護し、ブラックバスがメダカを食い散らかすような、日本人餌食化の手助けをしています。 外国人に、弁護士資格を与えたり、公務員就職を許したりする制度は、非常に危険だと考えますが、いかがでしょうか? また、ブラックバスとの交流促進や文化的架け橋は、メダカに何をもたらすのでしょうか? 注 中華街は、世界中の観光地等に文化的多様性をもたらしている。しかし、韓国内では、中華街が、韓国政府の公権力によって弾圧され、衰退した。

  • このままでは日本から在日コリアンがいなくなるぞ!!

    私は、これ以上、在日コリアンを取り巻く状況が厳しくなっていくと、将来的に日本から在日コリアンがいなくなってしまうのではないか!?と非常に危惧しております。 この事は、在日コリアンが日本から外国に移住して行くという事ではありません。 これはつまり、日本に帰化する在日コリアンが増え続け、帰化後、日本名を名乗り、生粋の日本人であるかのように振る舞いながら生活し、その陰で反日活動に勤しむ事を心配しているという事です。(これが一つ目の心配です。) 現在の日本における在日コリアンの役割は、日本人が溜め込んでいる政治、社会に対する不平不満、フラストレーションの受け皿となるというものです。(江戸時代までは、えた、ひにんの人達が受け皿でした。) もし、この状況を在日コリアンが嫌って日本から出て行ったとしても、日本人が持っている不平不満が消えるわけではありません。 日本人の不平不満は、また新たなる受け皿を求めるだけです。 そして、まず、まっ先に受け皿になりそうなのが日本政府です。 当然、政府は受け皿になりたくないものですから、日本人の不平不満の矛先を他に向けようとします。 そこで、次に受け皿になりそうなのが、マイノリティーな存在である、在日中国人、台湾人です。 ここで日本人の不満が在日の中国人に向けられたら一体、どうなるでしょうか?(これが二つ目の心配です) もし、日本人の不平不満が在日中国人に向かい、彼ら彼女らが日本人から迫害されるような事にでもなれば、中国メディアが大々的にその事を中国国内で報道します。 そうなると中国人の間での反日感情が高ぶり、中国に進出した日本企業、そして駐在員、留学生が迫害され被害を被る事態に発展する可能性が高まります。 つまり、チャイナリスクが高くなるという事です。 そして、次にもし、日本人の不満が在日台湾人向かうようなことにでもなれば、現在、親日国である台湾が一気に反日国家になってしまう危険性があります。 こうなると、大陸中国と台湾の関係が急接近し、再び、国共合作という事態になるかもしれません。 「これは日本にとっては、危機的状況です。」 このような日本にとっての危機的状況にならない為に、日本から在日コリアンの存在を消してはなりません。 私の個人的な考えとしましては、日本政府は在日特権を与えても、在日コリアンを在日のまま、日本に存在させ続けなければならないと思います。 その上、もし、財政的に許されるのなら、在日コリアンにだけ毎年、特別給付金を与えてもいいとすら思います。 事情通のみなさんは、どう思われますか?

  • 在日コリアンは、被害者でも偽名報道?

    大阪市平野区で、在日コリアン母子が殺害されました。 非常に凶悪な犯罪行為で、早く犯人が逮捕される事を望みます。 ところで・・・。 在日コリアンには、色々な特権が認められていますよね。 偽名(日本名)で銀行口座を開設したり、他の在日外国人とは比べ物にならない特権・利権があります。 在日コリアンが犯罪行為で逮捕されても、偽名の日本名で報道します。 が、被害者の場合は本名で報道しても良いのではないでしようか? 多くの新聞・TV報道では、「金さん母子」と報道しています。 が、朝日新聞・TV朝日系報道は「山下さん母子」と偽名報道を行なっています。 これって、他の在日外国人に対する一種の「差別」ではないでしようか? 戦後65年が過ぎ、在日一世二世は戦後の混乱で(意思に反して)帰国できなかった事もあります。 が、今の世代は「帰国を望まない方々」ですよね。 (地上最後の楽園も、未だに存在しています。希望すれば、楽園に帰国する事も可能) そろそろ、在日コリアンの方も「本名」で報道する時期だと思います。 特に、刑事事件の場合は「容疑者・犯人・被害者は、実名報道」する必要があると思うのですが・・・。 (被害者が、実名報道を望まない場合は匿名AさんBさんで良いと思います) 私が一緒にプロジェクトを組んでいる韓国人は、堂々と本名で生活しています。 日本の運転免許証も、韓国名です。 皆さんは、どう思いますか?

  • 外国人の犯罪について

    中国人をはじめとする多くの外国人が合法、非合法の手段で来日し、全国各地でピッキング、自動車盗難、カード偽造、強盗、殺人などの犯罪を犯しています。 新聞の社会面に外国人犯罪の記事が載らない日はないといっても過言ではなく、平和ボケした日本社会でやりたい放題しているといった感があります。 外国人犯罪が急増している原因として、日本人と比べて社会的制裁を受けにくい (日本人が犯罪を犯せば本人はもとより家族や親戚まで差別等の被害を受ける) ことや、諸外国と比較して刑罰が低いことがあげられると思います。 たとえば、中国では悪質な窃盗は死刑となりますが、物価水準の異なる日本ではその何倍もの金銭を簡単に稼ぐことができ、しかも死刑とはならず、服役後は帰国して、日本で荒稼ぎした金で御殿住まいができるのです。 日本で服役したことなど誰一人として知らず、たとえ知られたとしても「日本鬼子から金をふんだくってやった」と英雄気取りかも知れません。 そこで、外国人犯罪を減らす手段として、外国人の日本での犯罪については刑罰をその外国人の出身国なみに引き上げるなど日本人と外国人の刑罰に格差をつけるべきと考えますが、現行の刑法でこのようなこと可能なのでしょうか。 また、条例では対応できないのでしょうか。