• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

物理単振動の問題について

赤いぐにゃぐにゃ:ばね乗数kのばね 黒いぐにゅぐにゅ:ばね乗数2kのばね 丸は、質量mのおもりで、手書きのxの方向を正とします。 左の図では、上向き矢印の角度をθとします。 手書きの0の部分は原点をあらわす記号です、また摩擦はないとします。gは重力加速度です さて、右の図で、ばねは双方ともに自然長です。次にx = L0の位置ではなして単振動させます。 原点から変位をxとすれば、 ma = -3kx ⇔ a = (-3k/m) {x - 0 } より、振動の中心は、原点0で、振幅はL0だと思います。 これはわかります。次に右のほうです。 まず、右の棒をθ傾けて、左のようにしてつりあいの位置で静止しています(本当の図は三角形ではなくて、長方形です、斜めの長方形が描写できませんでした) (つまり右と左の原点の位置は違う、つりあいの位置で新たに原点にします) ここで、左の図のおもりを、ばねが自然長になるように、移動させます。 つまり、x = mg sin θ/3kの位置まで持ってくることだと思います(図でいうと青い線の部分) ここで運動方程式を立てると、原点からの変位をxとすると、 ma = -mg sinθ - 3k x ⇔ a = -(3k/m) { x + mg sin θ/3k}より、振動の中心は、- mg sin θ/3k (図の赤い線の部分)で、振幅は、赤と青の線のAの長さになるのではないのですか? 答えは振幅はmg sin θ/3kで、中心は原点となっていました。上記のように式変形をしたのに、なぜ原点が0になるのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 物理学
  • 回答数1
  • 閲覧数249
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>ここで運動方程式を立てると、原点からの変位をxとすると、 >ma = -mg sinθ - 3k x これが間違っています。バネの力は伸びに比例するわけですが、伸びというのは自然長からの変化分なので原点0にある状態で上のバネはmg sin θ/3kだけ伸び、下のバネはmg sin θ/3kだけ縮んでいます。つまり、原点0からxだけ変位すると 上のバネの伸び = mg sin θ/3k - x 下のバネの伸び = -mg sin θ/3k + x バネの力は大きさが『(バネ定数)×(伸び)』で、上のバネは伸びた時に上向きに力が働き、下のバネは伸びた時に下向きに力が働くことを考慮すると 上のバネの力 = 2k (mg sin θ/3k - x) = 2mgsin θ/3 - 2kx 下のバネの力 = -k (-mg sin θ/3k + x) = mg sin θ/3 -kx となり、合力は バネの合力 = 上のバネの力 + 下のバネの力 = mg sin θ - 3kx この他に重力の寄与もくわえて運動方程式は ma = -mg sinθ + ( mg sin θ - 3kx) = -3kx となり、x=0を中心に振動します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとう、俺もいま考えてみたら、座標の取り方によってばねの力が変わるわけがないことに気がつき、ばねの変化分から運動方程式を立てることに気が付きました。 丁寧にありがとう

関連するQ&A

  • 物理 単振動

    ばね定数kのばねに質量mの小球をつけ、水平で滑らかな床の上に置き、ばねの他端を固定した。小球は質点とする。次に小球を手でつかみ、ばねを伸ばして手を離したところ、小球は単振動した。ばねの長さに沿った方向をx軸として振動の中心を原点とする。このとき、小球の運動方程式はm((d^2x)/(dt^2))=ーkxと書ける。小球の変位はこの運動方程式の解として与えられx=Asinωt+Bcosωtと書ける。ただし、ωは角振動数であり、A,Bは初期条件で決定される定数とする。 (1)運動方程式よりx=Asinωt+Bcosωtを導出せよ。 (2)解を運動方程式に代入するとωをmとkで表すことができる。その式を求めよ。 (3)小球は時刻t=0のとき、原点x=0を速度voで通過した。この時の、AとBを求めよ。 (4)ばね定数kおよびばね定数2kのばねを小球の両側に一直線となるようにつけ、それぞれのばねが自然の長さとなった状態で固定した。次に小球を手でつかみ、ばねの長さに沿って移動させて手を離したところ、小球は単振動した。ばねの長さに沿った方向をx軸として、振動の中心を原点とする。このときの運動方程式を求めよ。 特に(3),(4)がわかりません。(1)~(4)どれでも構いませんので回答よろしくお願いします。 もちろん、(1)~(4)を教えてくださると大変助かります。 よろしくお願いします。

  • たてばね単振動

    たてばねに質量Mが乗っかっている単振動の問題で 上方向を正としたとき つりあいの位置dからxの変位のときの 物体に働く力を求めよよいう問題で F=k(d-x)-Mg が答えになるのですが、 このときxが正だろうと負だろうと ばねの縮みは(d-x)という解説があるのですが、 負だとばねの縮みはd+xになってしまうのではないでしょうか? 単振動はこういう問題多いので困っています。

  • 単振動

    こんばんは。高校物理の単振動に関する問題です。 [問題] 振幅A、振動数fの単振動をしている物体の、振動の中心を原点としたとき、時刻tにおける物体の変位xを表す式を記せ。ただし、時刻t=0における変位はAであったとする。 [解答] この解答として、単振動の変位はx=Asin(ωt+Φ)で与えられる。ω=2πfであり、周期t=0における変位はAであるから、Φ=π/2となり、x=Acos2πft  とありました。ここで質問ですが、どうして単振動の変位は x=Asin(ωt+Φ)という式が導き出されるのでしょうか?具体的に、Φとはどういうものですか?  よろしくお願いします。

  • ばねの問いについて

    ばねの問題で質問です。ばねを天井につるし(ばね乗数k)として、ばねに質量mの物体をつるして つりあわせます。いま物体が静止している状態、つまりばねの伸びは、mg/kですよね。 この状態からdだけ伸ばして、単振動をさせるとします。いま力は鉛直上向きを正とすると ばねの伸びをxとして ma = mg -kx ⇔a = -(k/m){x - mg/k }より、ω=√k/mで振動の中心がmg/kなのも わかります。 ここで質問なのですが、中心の座標はmg/kなのですが、原点はばねが自然長の位置という 理解でいいのですか? 振動の中心は、mg/kで、座標の原点は自然長の位置でいいのですか?

  • 単振動の問題

    ばね定数kの軽いばねをなめらかで水平な台上におき、左端を壁につけ、右端には質量mの物体をつけた。自然長のときの物体の位置をOとし、いま点Oから左にAの距離の点Pまでばねを縮めて手を離した (1)Oを原点とし左向きにx軸をとる。手を離したときをt=0として時刻tにおける変位xを示す式を求めよ という問題でうちの学校の先生は回答を-Acos(√k/m) t としたんですが、自分はマイナスがないものになってしまいますた 左向きにx軸をとるって左向きを正にして考えるんじゃないんですか? なぜまちがってしまったかわかりません

  • 二つのバネで引っ張られた物体は単振動する?

    なめらかな水平面上で、質量mの物体を 自然長l、ばね定数Kの二つのバネで2dだけ 離れた二点ABの中央に取り付けます。 この物体を図の方向(ABの中心から、線分ABと垂直な方向)に xだけ変位させて、手を離したとき、この物体は単振動を するのでしょうか? 単振動の条件というものを探してみたところ、 xに比例した、振動の中心向きの力がかかると単振動になると あったのですが、この場合は計算してみると、2つのバネから 受ける振動の中心向きの力は F=-2K((x^2+d^2)-l)*x/(x^2+d^2)^(1/2) と、計算が間違えていなければなると思うのですが、 これは単振動しているといえるのでしょうか?

  • 単振動と微分方程式の問題です

    単振動と微分方程式の問題です、よろしくお願いします m(kg)のおもりを吊るした振り子の一端を天井に固定し、さらに水平方向に動くばねの一端をおもりに取り付け、おもりを鉛直下で静止させる。 このとき、ばねはちょうど自然長とする。なお、ばね定数をk(N/m)、重力加速度の大きさをgとする。 ここで、振り子と鉛直線のなす角度をθ(rad)傾けた場合の運動を考える。 (1)静止して釣り合ったおもりの位置を原点Oとして、その原点Oからの水平方向のおもりの変位をx(m)、垂直方向の変位をy(m)として水平方向と垂直方向の2つの運動方程式を立てよ。 ただし、振り子がおもりを引く力をT(N)として、式中に残したままで良い。 (2)振り子の吊り点からおもりの中心までの長さをL(m)とする、振り子と鉛直線とのなす角θが小さい場合、Sinθ=θ、Cosθ=1 と近似されます。これを利用し、水平方向のおもりの微小変位x(m)と垂直方向のおもりの微小変位y(m)を表せ。

  • 単振動の解

    自然の長さl, ばね定数k のばねの下端に質量mの質点をつるす。上端を鉛直方向に動かし、変位がacosωtとなる振動を与える。運動方程式の解を求めよ。ただし、ω≠√(k/m) とする。 という問題で、鉛直方向に動かしている時の質点の自然長からの変位をxとすると、 mx''=-kx + mg となるので 解は、 x=Acos(ω0t+α) + mg/k だと思ったのですが、 答えは x=Acos(ω0t+α) +{aω0^2cosωt/(ω0^2 - ω^2)} + l + (mg/k) となっていました。 変位を acosωt にするということが関係すると思うのですが、どう扱えば良いのかよく分かりません。 なぜこうなるのでしょうか?

  • 物理の単振動の問題でわかりません。

    なめらかな水平面の左側に1枚の鉛直な壁を設置し、水平面上で同じ質量mの小物体AおよびBを、ばね定数kの軽いばねの両端に付けて運動させる。 まず、Bを左の壁に接触させ、ばねを押し縮めた後Aを静かに離した。 ばねが伸びて自然長になると、図のようにAの速度はV₀になり、Bは壁を離れた。 その後A、Bは振動しながら右へ進んだ。 A、Bが振動しながら右へ進んでいるとき、AとBの重心Gは等速度運動をすることを説明せよ。 どのように説明したらいいかわかりません。 解説と、模範解答を教えていただけたら嬉しいです。 よろしくおねがいします。

  • 振動の問題

    天井の一点Oから質量の無視できるバネ(自然長l0,ばね定数k)が吊り下げられていて、バネのもう一端Pに長さ2a,質量Mの一端がとりつけられている。Oを原点として水平方向にx軸、鉛直下向きにy軸をとる。この合成系が重力の元で平面振動している。ばねと棒がy軸となすかくをそれぞれφ、θとするとき以下の問に答えよ。 (問)棒の運動方程式を求め、合成系のつりあいの位置を求めた後、そのつりあいの周りの微小振動に対する基準振動の振動数を求め、対応する基準振動はどのようなものか説明せよ 一応、途中までやってみたんですが(自信はないです) 棒の重心の運動方程式は,Fをばねから受ける力とすると x成分: Mx''=-F*sinφ・・・(1) y成分: My''=Mg-F*cosφ・・・(2) 重心のまわりの回転 :I*θ''=-F*a*sin(θ-φ)・・・(3) (Iは慣性モーメント) つりあいの位置は,(1)=0より、φ=0、(2)よりF=Mg,(3)よりθ=0,以上より、θ=φ=0、棒の重心の座標(0,l0+Mg/k+a)。 この後、つりあいの位置の周りの微小振動の基準振動を求めたいのですが、よくわかりません。 バネが伸び縮みするので、どのように手をつけていいのか余計にわからなくなっています。 よろしくお願いします。