• 締切済み
  • 暇なときにでも

TVドラマ、時代劇の曲に強いカラオケ機種は?

最近のカラオケにはセガカラみたいにアニメソングとか豊富で、驚くほどマニアックな曲まで置かれてますが、70~80年代の時代劇や刑事ドラマの曲が歌える機種ってあります? 私が目にしたのは、刑事モノでは『面影』(Gメン'75)『君は人のために死ねるか』(大捜査線)『西部警察』の一連のエンディング、時代劇では“必殺シリーズ”の『旅愁』(暗闇仕留人)『冬の花』(仕事人(3))など、歌手が有名もしくはヒットした曲が置かれているのみ……。 特に“必殺”は『あかね雲』(新・仕置人)とか名曲ぞろいなので、カラオケ通な方お答えください!

noname#8858
noname#8858

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数108
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.1
  • ikanyo
  • ベストアンサー率36% (12/33)

ご参考程度で、マニアックなのはDAMやジョイサウンド、ハイパージョイあたりですかね。 最近カラオケ行ってないなぁ。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 時代劇中の擬音について。

    先日、パチンコの必殺仕事人のCMを見て、私も子供の頃は、祖父の横でよく一緒に見てたなあ、などと思い出しつつ、人を切る時の擬音というか効果音について、子供心に、「どうやって作っているのだろう?」と思ったのを思い出しました。いろいろ時代劇を見た中でも、仕事人シリーズは特に擬音が激しく、実際人を切った音など知るはずもありませんが、「そんなすごい音はしないだろ!」と感じた憶えもあります。前置きが長くなりましたが、その擬音(効果音)は一体どのようにして作っているのでしょうか? 子供の頃、仕事人を見るたびに、怖い時代劇というより、「すごい音したなー」と、そっちの方が印象に残ってます(笑)。どなたか、そういうことに詳しい方いらっしゃいませんか?

  • 時代劇主題歌のカラオケ用の音楽探しています。

    時代劇主題歌「ああ人生に涙あり」「すきま風」「荒野の果てに」「銭形平時」のカラオケ用の曲探しています。うた入りのCDはよくあるのですが、シングルやカラオケの入ったものがなくて困っています。よろしくお願いします。

  • 時代考証に忠実な時代劇は?

    必殺シリーズ大好きです。子供の頃、父親とよく見ていました。しかし!モノがわかるようになると「いくらなんでも」のトンデモ設定で、時代劇と呼べるのかも怪しいです。いや、好きなのですが。 ソレを言ったら「暴れん坊将軍」だってあり得ないし、大抵の時代劇では現代風アレンジと言うか解釈されていますよね。町人の女はあんな派手な着物は着ないとか、そもそも嫁に行ったら眉を落として鉄漿とか。そんなの再現しちゃった日には、色彩に欠け怖い絵になるのでそこは仕方がないとして。 時代設定、小道具、衣装(同心や御用聞き、町火消しなど)、信頼できるドラマはありますでしょうか? 「鬼平犯科帳」「剣客商売」あたりが好きで衛星放送で見ています。「八丁堀の七人」も好きです。時代物の教科書となるようなドラマを教えてください。ちなみに時代小説やマンガはけっこう読んでいます。

  • あの時代劇の主題歌

    たしか18年ほど昔に放映されていたと思うのですが・・・ 「隠密・奥の細道」という俳諧、松尾芭蕉が、実は公儀の隠密であったのではないか!?という設定の時代劇があったのを覚えていらっしゃる方はおりますか? そのエンディングで流れていた曲のタイトル・歌手名を知りたいのです。 この番組は、時代劇好きの祖父とよく見ていました。ラストに流れる曲が時代劇らしからぬ、さわやかな旋律と声で、さらにその歌詞がドラマの内容には関係なさそうなラブソング風だったのが、とても印象に残っています。 時々思い出しては、誰の曲なのか長年気になっていました。ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。

  • 井伊直弼を題材にした時代劇

    昔(多分10年以上前)テレビ東京系で、井伊直弼が主人公の時代劇が 放送されていた記憶があります。 主題歌だか挿入歌が、「来生たかお」の曲だと思います。 この時代劇の題名をご存じないでしょうか? よろしくお願いします。

  • 昭和53年頃のNHKの時代劇のテーマ曲

    手元に曲を録音したテープがあり、CD化されていたら購入したく、情報お持ちの方いらしたら教えて下さい。おぼろげ・曖昧な記憶で申し訳ないのですが、昭和53年頃(前後1年位の誤差あるかもしれません)のNHKで平日(週一回)の夜8~9時位に放送していた時代劇のオープニングのテーマ曲で時代劇には似つかわしくない結構ハードなフュージョンぽい音のインストゥルメンタルの曲で、確か大野雄二さんの曲だった記憶があります。内容はかわら版屋が主人公のドラマだったような記憶があるのですが・・・。宜しくお願いします。

  • この監督さん、どのテレビの時代劇を、担当したか?

    以前、「テレビ朝日制作による、刑事ドラマ「西部警察」シリーズ。 斬られ役俳優、福本清三さんが、悪役側でゲスト出演した、ロケ場所の1つは現在、神戸市須磨区にある、グリーンスタジアム神戸が、建ってる場所の回。 何と言う題名で、本放送日と担当の監督さんは、誰なのか?」的な内容で、私は質問しました。 (詳しくは、質問履歴から、ご覧になると分かると、思います。) すると、「題名なら、「激迫!!地を走る3億ドル」で、担当の監督さんは、小澤啓一さん」的な内容により、回答を頂きました。 この回答を見て、「小澤さんは、福本さんが、斬られ役で出演してるのは、確実である、東映がテレビ局との共同制作により、京都撮影所つまり、通称の太秦撮影所で撮影してる、連続ドラマとしての時代劇、シリーズ関係無く、結構担当してる回ある、監督さんじゃないか…?」 と、私は思いました。 そこで、質問したいのは… 「あれば、余りにも多いと思うので、2~3作品程度で、構わない。 東映が、テレビ局との共同制作により、太秦の撮影所で撮影した、連続ドラマとしての時代劇で、小澤さんが担当監督として、担当した回ある作品と言えば、何があるか…?」に、なります。

  • 古いTV番組(仕置人・仕事人シリーズ)について教えてください。

    かれこれ20年以上も前に見た時代劇で、仕置人(または仕事人)シリーズについて質問です。 悪人の顔を殴るという単純な仕置き(仕事)の方法で、悪人は、グルリと頭が180度回転して(つまり、顔が背中に向いた状態で)やられる、というものがあったように記憶しています。どなたが覚えていらっしゃるかたは、番組名と、その登場人物(仕置人・仕事人)の名前を教えていただけませんか。

  • 必殺仕事人シリーズで、流れて来るBGM

    「朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、共同制作した、連続テレビドラマとしての時代劇、「必殺仕事人」シリーズ。 この内、「ひかる一平さんが、電気を利用した技で、悪の一味を始末する、医者の息子でもある、仕事人の西順之助」役で、レギュラー出演し始めた」シリーズとなる、「必殺仕事人III(必殺仕事人3)」について、BGMの視点から、質問したい」と、思います。 「?」となった、曲は… 「仕事人のメンバーが、悪の一味を、始末する、クライマックスシーン。 この内、「ひかるさん、扮する順之助は、、手下を…? 三田村邦彦さん扮する、かんざしの秀と、中条きよしさん扮する、三味線屋の勇次は、手下又は、準幹部を…? それぞれ、始末する時、流れて来る」BGMとして…。 何でも屋の加代役で、レギュラー出演してた、鮎川いずみさんが、唄った、主題歌「冬の花」。 これと、必殺シリーズの歌としては、名曲となった、「荒野の果て」を、編曲して、合体させた、歌無しの曲」に、なります。 そこで、質問したいのは… 「必殺シリーズのCDアルバムで、収録されてれば、順之助・秀・勇次による、クライマックスシーンで、流れて来るBGMは、曲名としては、何と言う曲名か…?」に、なります。

  • 時代劇による、歴史監修

    朝日放送と、松竹(京都映画、現在の松竹撮影所)が、昭和56年(1981年)前後に、制作して本放送した、連続テレビドラマとしての時代劇、「新必殺仕事人」。 このシリーズで、もうすぐ、最終回となる頃に、放送された、「主水金魚の世話する」と、言う題名の回で… 「この回は、世相反映重視型として、「個人が、飼育する高級の金魚を、金儲けの手段として、悪用した、悪の一味が、登場した」回で、ある。 必殺シリーズには、必ずある、クライマックスシーン。 藤田さん扮する、主水は、悪の一味である、永野辰弥さん扮する悪の旗本を、始末する事になった。 主水は、悪の旗本宅に行った。 そして、「居間に、明かりを付けてから、畳を2枚裏返したり、居間にあった屏風を、ひっくり返す、「探さ屏風」にした後、ひっくり返した畳に、紙を敷いた三宝を置いて、刃が出たままの脇差しを、1本置く」体制により、あらかじめ準備した。 その後、誰も居ないはずの居間が、明るくて、音がしたのに、不審に思った悪の旗本は、居間を見回したら、出て来た主水に対して、「お前は、何者だ…?」的な内容で、言った。 すると、主水は、「切腹の介錯しに、参りました」と、返事した為、悪の旗本は、逆ギレした。 そして、三宝にあった脇差しで、主水を襲った。 しかし、結局は、その脇差しを、主水に、取り上げられた挙げ句、刺し殺されて、切腹で死んだ姿に、見せかけられる事で、始末された」シーンが、登場してました。 そこで、「日本史に、詳しい」方に、質問したいのは… 「新必殺仕事人で、問題の回の問題のシーン。 「居間で、畳をひっくり返したり、逆さ屏風にする。 そして、紙を敷いた三宝に、脇差しと言った刃物を、載せて置く…」部分だが、歴史監修の点から見れば、本当の話なのか?」に、なります。