• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

二糖類は分解されずに吸収されることもありますか?

二糖類(スクラロースやトレハロース)は、消化酵素によって加水分解されて小腸で吸収されて血流に入るということですが、分解されないで吸収されて血流に入ることもありますか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数465
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは 人間は小腸に トレハラーゼ を持っています これはトレハロースをブドウ糖に 分解する酵素です 人間がもともと もってるの機能なので無理かと思います 血液に注射すれば別かもしれませんが・・・。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

酵素があってすぐに分解されてしまうので人間は無理ですよね。 トレハロースは昆虫の血糖と聞いたので興味が出て質問させていただきました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • なぜ多糖類の加水分解は酸性溶液中?

    多糖類の加水分解は希硫酸等の酸性溶液中でおこなう ことになっていますが、どうして酸性なのでしょうか? H+イオン濃度によって加水分解の速度に差がでるとしたら いったいなぜなのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 酵素による加水分解と塩基による加水分解

    酵素による加水分解と塩基による加水分解の違いとはどのような点でしょうか、わかる方よろしくお願いします。

  • 糖類の実験

    実験で『デンプンの加水分解』をやったんですが どうしてそうなるのかが分からなくて・・・ お湯に入れて温めた時間が違う加水分解した試験管に、それぞれ ヨウ素ヨウ化カリウムとフェーリング液を入れ反応を見たら、 ヨウ素は時間がたつにつれて反応し、逆にフェーリング液は しなくなったんですけど、なんで結果が時間とともに 変化していくんですか? あと、デンプンの加水分解について酸を用いた場合と、 酵素を用いた場合の違いってなんですか? 教えてください!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

ニ糖類  スクロース(ショ糖)、マルトース(麦芽糖)は簡単にすみやかに大腸の繊毛の酵素で単糖に分解されて吸収されます。  ラクトース(乳糖)個人差が大きいです。   ⇒乳糖不耐症 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%B3%E7%B3%96%E4%B8%8D%E8%80%90%E7%97%87 )  トレハロースは、分解酵素を持ってはいますが、それほど分解効率が高いわけではなく、非生物の手助けも必要です。  ニ糖類は、そのままでは吸収はできません。他にも10種類程度ありますが、いずれもそのままでは吸収はされません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

二糖類はそのままでは吸収されないということなんですね。 分かりました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 糖類分解酵素について

    糖類分解酵素について調べています。 糖類分解酵素は、いったいいくつくらいあるのでしょうか? 全種類名前だけでいいので教えてください。

  • 多糖類の分解酵素

    「リンゴ製ペクチン」と「グリコールキトサン」について調べています。 それぞれを分解する酵素(加水分解?)は 「ペクチンエステラーゼ」と「キトセナーゼ」 なのか、別のものもあるのかは調査中なのですが、 どこかの結合を特異的に切るのか、ランダムに切るのか、 分解後の生成物にはどんなものがあるのか (いくつかのオリゴ糖になるのだと思いますが) 色々書いてあるので判りにくいです。 分解実験のための下地調べなのですが、 なにかアドバイスがあれば教えてください。

  • 脂質の吸収について教えてください

    脂質は、すい臓のリパーゼで加水分解され、肝臓の胆汁酸でミセル化されて、小腸粘膜から吸収される。ということは知っているのですが。胃では、分解も吸収もいっさいされないのでしょうか。ただの通過点に過ぎないのでしょうか。脂質が胃で受ける、消化作用が気になり質問しました。薬によっては、胃から吸収されるものもあるし、脂質はなんと言っても脂溶性なのだから、脂溶性の胃の粘膜から吸収はされないのでしょうか。しかし、脂質の分解酵素が胃にはないので、分子が大きすぎて粘膜吸収はできないのかななどといろいろ考えましたが、ちゃんとした答えが欲しいです。お願いします。

  • ショ糖について。

    独学で調理師試験に向けて勉強をしている者です。 「ショ糖」について解決できない問題が出てきました。 ご教授を宜しくお願い致します。 ショ糖は二糖類で、砂糖の主成分であり、 小腸でサッカラーゼ(スクラーゼ)などの消化酵素によって 単糖類のブドウ糖と果糖に加水分解されることは理解できています。 そんな中、別の書物で、 「ショ糖の甘み成分は麦芽糖である」という記述を見かけました。 麦芽糖ってマルトースですよね。 マルトースは、多糖類であるでんぷんからプチアリンで分解されて、 ショ糖と同じ二糖類になる物質だと思っているのですが・・・、 二糖類のショ糖の成分の中に、二糖類であるマルトースがが入っているということですか? それだと、ショ糖は「二糖類」にはならないですよね・・? どちらも専門書なので、間違っておらず、 おそらく私の解釈の仕方が間違っているのだと思うのですが、 よく分かりません。。 宜しくお願い致します。

  • デンプンの加水分解

    酵素加水分解で沸騰水中ではなく室温で行ったのはなぜか調べてもわからないので教えてください 急ぎなのでお願いします

  • 膵液の問題です。

    脂肪を分解する消化酵素を含む消化液を出す器官はどこ? という問題なのですがどこですか。十二指腸・膵臓・小腸?のどれかだとおもうのですが。

  • デンプンの加水分解

    急いでいます。デンプンの加水分解における酸と酵素の作用の違いについて教えてください。

  • タンパク質からアミノ酸までの分解

    タンパク質からアミノ酸まで分解する消化液や消化酵素を教えてくださ タンパク質 → ペプチド → アミノ酸  の経路を通るのはわかるのですが、 それぞれにどの酵素・消化液が働くのか いまいち混乱しています トリプシンとプロテアーゼはどちらともタンパク質を分解する酵素なのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • たんぱく質分解酵素はなぜ自己分解しないのか

    以前からかなり疑問に思ってきましたが、明確な回答を得たことがありません。  酵素もたんぱく質であるのにどうしてそのものによって分解を受けないのかが不思議です。  かなり限られたたんぱく質を分解する酵素であるなら活性中心の形状が合わないということで 解るのですが  消化酵素のように、割と雑にいろんなタンパク質を分解するような酵素の場合、どうして自己分解をおこさないのでしょうか。

  • リグニンの分解方法について

    リグニンを分解するには 酵素を利用する方法の他に、 どんな方法が考えられるでしょうか? 72%硫酸中フェノール溶液での加水分解、 高温高圧下での加水分解といった方法もあるようなのですが 詳しい情報が掲載されたものを 見つけることができませんでした。 リグニンの分解方法について 詳しく情報が載っているHPや参考書など、 もしご存知であれば教えてください。 よろしくお願いします。