• ベストアンサー
  • 困ってます

実家の土地に住むべきかどうか

彼女持ちの次男です。長男は全く違うところに家を買って住んでおり、実家は自分と関係ない、弟のお前が好きにしろというスタンスです。 私は実家が好きで、彼女と付き合っている間も、ちょくちょく実家の家族だけで遊びに出掛けたりしています。当然ですが、彼女を誘っても付いてきません。 この前、私が親と死別したら、実家の土地に一緒に住みたいがどう思うかと聞いたところ、 ・夫の実家の土地に住むのがいかにメリットがあろうと、それとは別に家を買って、二人の生活を作り上げるのが結婚である。 そのため、将来的にお互いの実家の土地を売るのはやむなしというか自然。 ・私の実家はどうでもいいように思える といった理由から激昂されました。 相手の家をないがしろにする積もりは勿論ないのですが、結果的にそう見えても仕方ないと思います。 やはり私の考えは一般的ではなく、古いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数363
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#192508
noname#192508

別に激昂するほどの内容でもないと思いますよ。 実家が好きかどうかなんて人それぞれです。 私も結婚する前は、実家が二世帯住宅ということもあり、 1世帯(祖母)が亡くなったら入れば家賃タダだよ、 と言うことに対し、彼女はほぼ同居状態になるなら結婚しない!と怒りました。 しかし、お互いの家の状況や、私の実家の良さ(彼女の実家にない部分)に触れ、 住むなら私の実家の近くがいい、というようにもなりましたし、私の知らないところで うちの母親と親しくやっているようです。これは何も例外でもなんでもないです。 一部の嫁姑問題があるところだけが大きくとりあげられて、さもそれが全てのように 見えはするものの、それが全てではないという動かぬ証拠でもあります。 かといって、私の例が極めて稀であるとは言えないでしょう。 それは、NHK職員や警察官が痴漢や猥褻行為でつかまることが 度々あってもそれがほぼ全てを占めているとは誰も思わないのと同じように、 ネガティブなイメージは過度に取り上げられてしまい、 思考の足りない人ほど(ネット住民とか)、それが全てだと思い込んでしまうので。 ですから、現在の未婚の彼女の気持ちとしてはそういう気持ちがあるだけで、 それが永久に変わらない価値観でもなければ、誰もがそう考えるとも限らないのです。 私の持論を展開させていただくなら、 「恋愛とは個人間の付き合いであり、結婚とは家族間の付き合い」です。 ですから法律もまたそれに乗っかる形で様々展開されます。 個人間であれば、個人間で解決せよという民法の大方の流れにあるのもまた、 それを裏付けると言えます。 彼女が多大な借金を抱えていれば、付き合っているだけならあなたに支払う義務はないですが 結婚したらその義務が生じます。あなたが亡くなれば、付き合っている人には相続されないが、 結婚していれば半分は権利が与えられます。 結婚相手の親が要介護になれば実親じゃないからといって介護をしなくていいという言い訳は通用しません。 それが結婚ですよ。 結婚をすることにより、相手の家族との関係性もまた重要視されて然るべきです。 相手の親が死んだら、土地が手に入って金に換えるとか、どこまで冷酷なんだか・・ 死ぬ前に介護という大きな仕事が残っていると言うのに。 正直、30代半ばの私からすると、その彼女さんはどっか頭おかしいんとちゃう? としか思えないです。私はそれなりに自分の両親も相手の両親も大事にしてますし、 大事にすると言葉で言うだけでなく、行動に移してますから。 >それとは別に家を買って、二人の生活を作り上げるのが結婚である。 それはただの同棲ですよ。 結婚はすることによって法律的にも倫理的にも様々な今までなかった義務が課せられます。 車の免許を取るのとは違い、誰でも結婚できる代わりに、結婚したら当然守るべき義務が あるのを勉強もせずに結婚する人が9割以上じゃないでしょうか。 一般的な考えとしては、先祖代々の土地は守り続ける、ものです。 それが親からの代のものであってもです。 ですから、親が亡くなり、土地が余っても、或いは数百万~数千万のお金が転がり込んできても それは次の世代につなぐために使わない、浪費しないというのが日本の民衆文化の根源とも言えるんじゃないでしょうか。 世の中の風習に古いも新しいもありません。 古ければないがしろにしてよい、などというのもありません。 時代が古いというのは、現代とは違った様々な環境があり、それに適した形というわけです。 ですから、環境が違うのにそれだけを合わせるというのは時代錯誤ではなく、「考えていない」だけです。 物事には何をするにも理由があります。よく、女性が男性に奢ってもらえるのが当然だと思っている、 そんな人もちらほらいますが、その風習は戦後日本の復興においての政治で男は働き、 女は家事育児全てを専業する方が効率がよかったから、働けない女性は男性にお金を出してもらう、 というだけであって、そういった風潮などを度外視して、自分で働きもせずに奢ってもらえる、 プレゼント貰えると勘違い起こしているのもまた、考えが浅い、甘い、身勝手であるんです。 どういった理由があるから、こういった考えをする、という論理的思考があって然るべきであり、 理由なくしてこういった考えをする、こういった行動をする、というのはいささか頭が鈍いとしか言いようが無く、 ただ一言、じっくり考えろ。第三者が聞いても理解できる客観的思考を元にした論理的な説明をしない限り、 近い将来、誰からも相手にされなくなります。30代、40代となっていくと猶更そうですよ。 まだまだ若いようですし、自分が発する言葉ひとつにおいても何のためにどういった目的で、 相手に何を求めるのかを明確にしたうえで、言葉に責任を持って発言しましょう。 これは一方的にあなたに対してだけ苦言を呈しているわけではありません。 彼女もまた、一般的にはおかしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No.6さん、ご回答、誠に有難うございました。 私の知り合いにも完全同居で大きな問題もなくやっているという方もおり、嫁姑の問題が必然とはならないと思っています。 ただ、完全同居にせよ二世帯にせよ、ウマが合わなかったらやはり上手くいかないんだと思います。 No.6さんのようにお母様と頻繁に会って打ち解けたりする機会があれば良いのですが、私の彼女の場合、母と少し会っただけで「お母さんとは合わない」と言われました・・・ 「恋愛とは個人間の付き合いであり、結婚とは家族間の付き合い」というのは仰る通りで、私も同感なのですが、彼女は私の母と合わないと分かってからは「私の家は私で何とかする。あなたは何もしなくていい。その代わり私もあなたの家に巻き込まないで欲しい」というスタンスのように感じています。 お互いの両親を大事にし、行動に移しているNo.6さんを見習いたいですが、具体的にどうすれば大事にすることになるのか、という点については、「節目にお互いの家に顔を出す」「行事があればお互い手伝う」「お墓を守る」「何か大事があれば協力する」「お互いの親を介護する」くらいにしか漠然と考えておらず、また彼女にはっきり伝えていないところに自分の甘さがあるような気がします。 「自分が発する言葉ひとつにおいても何のためにどういった目的で、相手に何を求めるのかを明確にしたうえで、言葉に責任を持って発言しましょう。」 本当にその通りだと思います。肝に銘じます。

関連するQ&A

  • 実家の土地と家は誰のもの?

    長男(32歳)・・・結婚し実家の近くに住んでいますが、いずれはお嫁さんの両親と住む予定。 次男(30歳)・・・実家の稼業を継いでいるが現在独身 私(29歳)・・・結婚し嫁いでいます。近いうちに実家の近くに住む予定。 この場合、実家の土地や家は誰が引き継ぐ可能性が高いでしょうか? 長男は実家から離れる為、相続はしないと思います。 可能性的には次男が有利なのですが、今後結婚してもお嫁さんがうちの両親との同居を嫌がると思いますので、 最終的には私が両親と一緒に住む可能性が一番高いと思っているのですが、一般的にはこういった状況の場合は 誰が相続するものなのでしょう? 今は賃貸アパートに暮らしているのですが、 いずれは実家の広い家で暮らせることを夢見ています。 こんな考えは甘いですか? ご意見頂けたら幸いです。

  • 実家に土地はあるけど、彼女が別の場所に家を建てたいと言っています

    実家に土地はあるけど、彼女が別の場所に家を建てたいと言っています いつも質問させていただきありがとうございます。 僕は男(30才手前)で、プロポーズをOKしてもらった彼女(30才少し)がいます。両親へのあいさつや、顔合わせの話をいろいろ話あっている中、将来住む家のことで悩んでいます。 僕は地方の実家に住む長男で、弟は都市の企業に就職し将来家には戻ってこないようです。実家の両親は最近老後住む家を建て、そのとき家一軒がたつ土地をあけてくれています。彼女は次女で、お姉さん(未婚)が家業を継ぐことになっているようです。 彼女はプロポーズする前からも言っていたのですが、「同居でないにしろ、同じ土地に住んでると気をつかうし、(車で一時間くらい離れた)両親と姉のことも気になる」ということで、お互いの実家どうしの中間地点に家を建てたいと希望しています。彼女は既婚の友達から聞いてる嫁姑の話や、 自分たちのプライベートを大切にしたい ということで僕の実家の土地に家を建てることに難色を示しています。 僕は長男だから家を守る とかいう意識はあんまりないですが、将来的には親の面倒を見るため、家には戻ってきたいと考えています。あと、土地があればローンの負担も軽くなるので、子どもができたら少しでもいい生活をさせてやれるんではないか とも思っています。彼女の幸せももちろん重要と思います。 アドバイスいただきたいのは ・隣の家に住んでる親に、どれくらい気をつかうものなのでしょう? ・ローンの負担を増やしてでも、別の場所に家を建てる価値はあるのでしょうか? などです。 女性のほうが感じやすい繊細な問題もあると思います。いろいろなアドバイスをいただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

  • 民法に詳しい方(相続・、土地分割)

    こんにちわ。 【背景】 Aには長男、次男、三男がいました。Aが住んでいる家の土地は、同居していた長男が相続する予定でしたが、Aの死後、この兄弟が大喧嘩をし、怒った次男と三男が(嫌がらせとして)土地を分割し、登記もしてしまいました。現在、土地の所有権は1/2が祖母、残り1/2が次男、三男のものになっています。そして、分割された土地の上に建っている家には、今も祖母と長男夫婦が住んでいます。 【質問】 土地登記すると、毎年固定資産税を払いますよね?次男、三男は土地の所有権を持ってはいるものの、実際そこに住んでいるのは長男ですし、税金だけ払って損のような気がするのです。土地の上には建物が建っていますし、土地を売ろうにも売れないと思うのですが、この次男、三男にとって、土地登記したメリットってあるのでしょうか。ご回答お待ちしております。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7
noname#192508
noname#192508

追記です。 日本はご存知の通り島です。 中国やヨーロッパのように移民が入り込むことなく、何百年、何千年と生きてきました。 つい50年より前の何百年、何千年は、どこでも農地を耕し、食べ物を作ったり、お金に代えて 物々交換したりして、生活を営んできたのです。 自分の親父や祖父母に聞いてみればわかりますが、小さい頃に畑を耕したりした経験が誰もがあるはずです。 少なくとも今のような、外で働き、稼いだ金で食べ物を買うという生活をできた人は上流階級の ごく一部の人だけであり、それ以外の殆どは農耕民族だったのです。 農耕民族は土地が無ければ畑を耕せないので、生きるすべがありません。 だから、先祖代々、その土地を売ったりせず、次の代に引き継ぐために遺してきたわけです。 私の実家もまた、鎌倉時代からずっと続いています。もうかれこれ900年ですね、 たかだか最近50年の風潮だけで、土地を売っぱったりなんてことは口が裂けても言えることではないですし、 >そのため、将来的にお互いの実家の土地を売るのはやむなしというか自然。 これも、止む無しでも自然でもありません。 彼女が一人っ子ならば、その土地、或いは、あなたの実家の土地をどう有効利用するかが課題です。 そこにあなたの長男がどのようなスタンスであるかなんてことも全然関係ありません。 どのようなスタンスであれ、守るべきものは守らなければなりません。それが日本の常識です。 むしろ、守るべきものが何であるかという考え自体が希薄になっていること自体が そもそもの問題であり、親の躾がなっていなかったんだと思わざるを得ないです。 親の死後、親からの遺産を相続するという制度自体が、私がここで言っている、 先祖代々の土地を守り続けることに値しているんですよ。それがあるからこそ相続というシステムがあるんです。 でなければ、親の死後、国に返却してしまってもいいわけですし、親が散在してしまってもよいわけです。 でも、相続の話になれば、「それはどうかと」と思うでしょう。相続で貰うことが当たり前ならば、 それを次の代に受継ぐのも当たり前です。権利があれば、義務もあり、これらは対になっているんです。 権利ばかりを行使し、義務を怠るのが今時の人ですから、その意義の理解は難しいのかもしれませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No.1さん、ご回答、誠に有難うございました。 私も基本的にNo.1さんのように考えています。 今まで、そしてこれからも親の面倒を弟の自分ひとりだけで見ていくのもあり、親の基盤を継ぐのは自分だろうという気持ちもありますが、私でなくても、男が自分の家系(土地)を守るというのは自然なことであり、また土地を売り買いするよりもそのまま住んだ方が合理的だという考えがありました。 そのぶん、彼女の気持ちを聞いたときは、少し驚きました。 「ずいぶんドライなんだなぁ・・・」と。 もしかしたら、新しい家という希望よりも、「じゃあ自分の実家は?」という不満のほうが大きいのかもしれませんが、とは言えそこは夫に合わせるのが慣例なのでは?と思っていました。 彼女は一人っ子で、親は家を残すのを諦めているようです。「だからあなたも諦めるのがフェアでしょ」という言い方をします。 でも、やはり嫁入りか婿入りかで、どちらの家を継ぐかが決まると考えてしまいます。 その事を彼女をはじめ、周りに明確に主張出来ると良いのですが、No.6さんのご指摘のように、論理性をもって彼女に説明できなかったこと、また現代に生きているのだから、現代の風潮にも少しは理解を示さなければ、という気持ちもあり、なかなか強く言えないというのが実情です。 でも、皆さまのご指摘を頂き、自分の甘さを痛感すると共に、真剣に考える良いきっかけができたと思います。 皆さま、貴重なお時間を割いてご回答頂き、誠に有難うございました。深謝致します。

  • 回答No.5
  • kano20
  • ベストアンサー率16% (959/5728)

親が死んだ後の話だと想定しても、跡取り息子の嫁は大変だと言うのが女としての感想だと思いますよ。 貴方自身も、安易に考えて居ませんか? 長男が外に家を買っても、親の財産は半分が兄の権利があります。 兄に財産の半分を渡しても、住みたい実家なのでしょうか? 家を継ぐからには、親の墓も先祖の祀り事(仏壇や神棚)も引き継ぎ、長男一家ももてなす「本家」を貴方の収入で賄えますか? 実家の維持や税金、周囲とのお付き合いや役員も含めて「今の貴方」はタダで家と土地をもらう事が「実家に帰る」だと思っているのなら、女性は安易には飛びつきません。 親が亡くなった時に貴方が50歳とします。 貴方の仕事は?継ぐからには貴方が喪主として葬儀を出しますよね? その時にお子さんの年齢次第では、お子さんが動かないというパターンも考えなくてはいけませんが、そこまで考えずに夢を語るなら、彼女の答は当然と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No.5さん、ご回答、誠に有難うございました。 確かにご指摘の通り、安易に考えていた部分が多々ありました。 兄との相続のことや、その他さまざまなことですね。 私が真剣に考えた上で実家の話をしたのであれば、論理的に説明もできますし、彼女の反応ももう少し違ったかもしれません。 ただ、夫となる自分は必死で働いて家族を一生養うことになるので、妻にも出来る範囲で協力してもらいたいという思いもあります。 彼女の場合はかなり過敏で、似たようなことを話した時に「働いて養うのは当然の義務だし、そもそも実家の土地というスネをアテにしようとしている。また、あなたの実家を主に考えるのは不平等で、私が犠牲になるだけ」といった趣旨のことを言われてしまいましたが・・・ やはり私の意思や論理性の弱さも原因の一つかなと思いました。

  • 回答No.4

>やはり私の考えは一般的ではなく、古いのでしょうか? 一般的だとか、古いとかの問題ではないです。 実家の事を大切に思う男性が、今後それを引き継いでいきたい。 嫁になる人にはそれに合わせて欲しいと思う気持ちは至極当然です。 でも、同時に、 女にも大切に思う実家があるし、 大切に思う実家があるのに、男性の実家を優先することを強いられるのは避けたい。 女はけっこう先の事まで考えたりする生き物なので、 質問者さんのお兄さんが別の場所に家を構えた時点から、 「あなたとは結婚はしたいけど、  あなたの実家を継ぐとか、同居するとか、絶対に回避しなければ。」 と薄々考えています。 あなたは『親と死別したら』なんて言い方をしましたが、 現実は、親が二人だけで年金で暮らし、 老いていき、入院をしたり、思うように動けなくなっていき、 父親・母親のどちらかが先に亡くなって。。 などの姿を見ると、両方の親の死別まで待っていられない性格だと思います。 その優しさゆえに、もっと早い段階で同居だとか、 二世帯だとか考えそうです。 実家を継ぐと、 将来の親戚が集まる場所となります。 お兄さん家族をもてなしたり、料理のしたくをさせる事を強要しているのと同じで、 仏壇を世話することを強要しているのと同じで、 と言う事は、お布施や法要の支度などを求めているのと同じで。 今の段階では、質問者さんは、 自分の大切のしたいものを守る為に、彼女の人生を費やす事を求めているのです。 今の段階ではそこまで考えていないとは思いますが、 私は考えます。 彼女も私ほどではないとしても、やはり恐怖を感じると思います。 自分の人生をあなたの実家の為に費やされないための防御線を張ります。 結婚というものをもっと真剣に考えるタイミングなのかもしれません。 もっと根本から。 女性にも大切にしたい実家があるし、 法律では、どちらがどちらの姓を名乗ってもいい。 (嫁入り・婿入りの概念ではないのです。) 嫁とは男が守りたい実家にために付き合わされる存在でもないし、 でも、そうしてくれる女性は世の中いる。 最初は反対していても、夫が愛情をかけてくれることで、 支えてくれることもある。 彼女と、丁寧にお付き合いを重ねて欲しいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No.4さん、ご回答、誠に有難うございました。 No.1さんへのお礼にも書きましたが、昔から「嫁入りか婿入りかで、どちらの家を継ぐかが決まる」という考えもあり、そこも含めて自分の考えは古いかも、という質問の意図でもありました。 言葉足らずで、申し訳ありませんでした。 ご指摘頂いた「嫁とは男が守りたい実家にために付き合わされる存在ではない」という考えがあるのも理解しておりますが、片方に女しかいない場合、どちらかが(嫁入りした場合は男が)家を守ることになるんだと思います。 一方、「自分の大切のしたいものを守る為に、彼女の人生を費やす事を求めている」というお話の通り、確かに相手には様々な負担がかかることは想像できます。 一昔前であれば、嫁であればそれは当然だ、の一言で済んだのでしょうが、私はそれは言いたくありません。 例えば実家と性格が合わなかったら、あまり付き合う必要はない、家事も出来るだけ手伝う、と言うつもりです。 ただ、それでも彼女の方が気を使ってしまうということであれば、何とか妥協点を見出すよう努力したいと考えています。 「結婚というものをもっと真剣に考える」というアドバイスは、私の目を覚ましてくれました。今までは漠然としか考えていなかったのだと気付かされました。

  • 回答No.3

夫の親との同居がイヤ、あるいはその土地の様々な慣習に従うのがイヤ、というのならまだ理解できますが、どうもそうではないようですね。 メリットがあっても夫の実家の土地ではなく、別に家を買うということは、デメリットを承知で、ということになります。 なぜ、そうまでしなければならないのかが分かりませんね。 夫婦としての生活の拠点をどこにするのかは、通勤だの、日常生活の買い物だの、公共施設だの、子育てに適するかだの、様々な要素があるはずです。 それらを総合的に判断するとしたら、「夫の実家の土地」も選択肢に入ってくるはずです。 それが、最初から「夫の実家の土地ではないところ」と限定してしまうのは、他に何か原因があるのでは・・・、と思いますが。 例えば、あなたが実家の土地のことだけを前面に出していると、「実家との繋がりが強すぎる人」と思われるかもしれません。 あなたは実家が好きで、実家の家族だけで遊びに出かけたりするということですから・・・。 で、両親が亡くなっても、「実家の呪縛から逃れられないのではないか」と思われることになります。 とすれば、彼女さんとしては「あなたの実家と結婚するわけではない、あなたと結婚するんだ」と考えるでしょう。 まあ、激昂するようなことではないと思いますが、「あなたは実家と私とどっちを選ぶの?」ということではないかと。 別の問題として、長男さんは、今は「実家とは関係ない」といっていますが、さて相続ということになれば、法定相続分は相続したいと考えるかもしれません。 その時、遺産分割協議の話し合い次第では、実家の土地を売却しなければ、ということもあるでしょう。 お墓は?仏壇は?ということもありますね。 まだまだ先の話かもしれませんが、頭の隅に入れておいた方がよいと思います。 あなたの考え方はおかしいとは思いませんが、彼女さんの真意が分かりませんので、結婚した場合、あなたの実家との関係は問題になるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No.3さん、ご回答、誠に有難うございました。 デメリットを承知で、という点ですが、聞いてみたところ、「旦那に家を買ってもらうのが女の幸せだから」、「親の土地にそのまま住むのは、親のスネかじりと一緒で情けない」というのが理由でした。 彼女は「男は妻子を養い、妻に共働きなどの苦労をさせない(少なくともそういう目標を持つ)のが甲斐性であり、そう考えない人とは結婚出来ない」という信条で、親の遺産をアテにするのは男としてありえないそうです。 私も親の遺産ありきで考えるのは良くないと思いますが、家を守る=相続したものを活用する=親のすねをかじるという論理は少し理解に苦しみます。 ただ仰る通り、私は実家との繋がりが強く、彼女の方が「どっちを選ぶの?」と不満・不安に思って今回の激昂に繋がったという側面もあるんだと思います。 兄の事も仰る通りで、今は相続放棄するつもりでも、いざという時になんて言うかは分かりません。 そういった様々な点を考慮してから発言するべきで、激昂した彼女を納得させられなかったのも、やはり考えが足りなかったからだと思いますし、確かに結婚した場合、実家というキーワードで揉める事が多くなりそうな気がします・・・

  • 回答No.2

彼女の言われる事はおかしいと思います。 「親と死別したら」ということは、同居はないんですよね? ということは十分、二人の生活を作り上げられますよね。 加えて、家も勝手に出来るんですよね? 強いて言うなら、仏壇とか位牌をあなたが引き継いで守るという事は あるかもしれない。彼女にとって自分の生活内に置きたくない物かもしれない。 それにしたって、一部屋作って、管理はあなたがすれば良いだけの事じゃない? 「二人の生活を作る」のに支障がないとしか思えない。 実は、ママ友に数名「実家の近くに分譲もしくは賃貸のマンション」 という人がいます。 子供を預ける事を考えてとのことです。ダンナの親よりは 自分の親の方が預けやすく、親も甘かったりして、お金を出したりするので そういうことになるんです。 彼女も多分、それを狙っています。 だから、あなたの実家には住みくないんでしょうね。 そこしか、考えていないんでしょう。 それに買いたいところに、土地が売っているとおもっているんじゃないですか? どのへんに御住まいかわかりませんが、そんな良いところは簡単に出ません。 そういうことは考えた事がないんでしょう。 彼女の考え方は、一方からしかみていない、わがままな考え方に思いますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

No.2さん、ご回答、誠に有難うございました。 そうなんです。親と同居までは求めていません。 また、そこまで実家以外の場所に拘る理由もよく分かりませんでした。 彼女が自分の実家の近くに・・・と考えているかどうかは今のところ分かりませんが、最近は夫の家族とは付き合おうとせず、自分の家族とは仲良くする女性が多いと聞きます。子どもも夫の実家には殆ど連れて行かないとか・・・。彼女もそうなのではないかと不安にはなります。 私は出来るだけ平等にしたいと思っていますが、まさかお互い家まで売って平等にしろと言い出すとは思わず、面食らった次第です。

  • 回答No.1
  • fjdksla
  • ベストアンサー率26% (1812/6770)

貴方の考えは、いたって当然であり、合理的であり、日本的です。 彼女の方が少しおかしいですね・・・ >それとは別に家を買って 家を買う意味が分かりません。 新たに家を買わなければ結婚ではない。 2人で生活しないと結婚ではない。 と言っているのです。 親と同居している人は結婚ではないと言っています。 同居している人にも失礼な言いぐさですね・・・ >二人の生活を作り上げるのが結婚である。 これはある意味正しいですが・・・ 2人が背負っているものを2人で解決していくのも結婚です。 お互いが背負っている物をかなぐり捨てて、新たにはじめるのが結婚ではありません。 親を捨て・・・先祖を捨て・・・やがて自分たちが捨てられる。そんな人生をお望みでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 土地・家の名義分割

    実家の土地・家の名義を兄弟で分割した場合 その所有権はどのようになるのでしょうか 兄弟構成は仮にこのようにしておきます 長男:実家結婚済、長女:他県嫁入り済、次男:他県婿入り済 ※家督の相続は長男がしているものとします また、その土地・家に住んでいる家族(長男の家族)が その土地・家に住んでいない人(長女・次男)から 金品の要求や土地の使用権の指示・強要などをされた場合 それに応じるべきでしょうか

  • 妻の実家の土地に住むのはだめ?(長文です。)

    夫、私ともに31歳、1歳になったばかりの子供が1人います。 夫は2人兄弟の長男です。義弟も既に結婚し、子供が1人います。私は姉1人(結婚して旦那の実家に同居)と弟1人(未婚。実家に住んでます)がいます。 夫は転勤族のため、現在は双方の実家まで車で2時間ほどの所に住んでます(双方の実家は車で20分)。 義弟夫婦は夫の実家から15分ぐらいの所にいます。 夫も義父母も義父母との同居を結婚当初から私に望んでいましたが、いろいろあり私がことごとく拒否。夫に『同居は厳禁』という書面まで書かせたくらい同居はいやです。 私の実家は田舎で土地が結構あるし、私の両親も彼の親のことをよく思っておらず、同居には反対なので、その土地に自分たちの家を建てたらいいと言ってくれてます(もちろん同居ではないし、家も少し離れてます)。夫の家は義両親が住むのがせいいっぱいの家で、私たちに「自分たちが住んでやるから、今からでも家を建てろ」と言うくらいです(もちろん援助はなしか、月2~3万程度。私としては援助があっても同居はいや) 将来の義親の介護は避けて通れないとは思ってますが、車で20分のところだし何かあったときは十分な距離だと思っています。・・が、夫は長男、私は次女しかも弟ありの立場で私の実家の土地に家を建てるのは私のわがままでしょうか。通らないでしょうか。ちなみに、もし新居を建てるのなら夫は多分単身赴任です。

  • 実家から土地をもらうか、土地を買うか。

    今年の初めに結婚をして生活をしているのですが、 最近家を建てる話がよくでます。 困っているのでよろしければアドバイスをください。 私の実家は農家をしていて家の土地を譲ってくれるといっています、問題があります。 ・嫁の親が、娘には同じ町内にいてほしいと頑固 ・嫁の親が、私の町内は人間関係がめんどくさいと聞いたことがあり、他の町に行って人間付き合いで苦労させたくない  ちなみに嫁の実家は、私の実家とは隣町であり、500mくらいしか離れてません。  実際は私の実家の人間付き合いも嫁の実家と相違ありません。 親からもらえる土地というのは ・私の実家と嫁の実家の中間地点 ・私の実家の町内の土地 (しかしはじっこで、あと10mで嫁の実家の町) ・150坪もらえる ・交通の便は悪くないがコンビにまで1.5kmほどある ・祖父が生きている間は土地の税金を払ってもらえる。 ・畑 上記のような条件のものを 嫁の親の反対でせっかくもらえる土地を無駄になるかもしれません。 実際に土地を買うにしてもそこから100mくらい離れた場所で買うことになると思います。 ちなみに地価は、1坪10万以上だとおもいます。 また、土地を買った場合に実家からの援助は全くありません。 この状況下でも嫁の実家の町内に家を建てるメリットが全く感じられないのですが、どうすればいいでしょうか?

  • 土地の相続についておしえてください。

    私ではないのですが、遺産相続で困っています。 ずっと親の面倒をみてきた次男に親が土地の名義を譲るといっているのですが、その土地に建っている建物の名義が全然面倒をみていない長男のものなのです。その長男が死ぬ間際になって面倒を見るといってきて戻ってくるのです。 何故建物の名義が長男かといいますと家を建てるときお金が必要だったのでローンをくむときに長男の名前にしたのです。でもその家のローンの返済は全部父がしました でもこの建物の土地の名義とその土地に建てた家の名義が違う場合、誰が相続する権利があるのですか? 今まで面倒を見てきた次男がかわいそうで、教えて下さい。

  • 土地付きで旦那の実家近くか?それ以外か?

    長文ですがよいアドバイスをお願いします。  私は長男の嫁ですが、主人の仕事柄転勤族です。  今は、主人の実家とは違う県に住んでいますが、基本的には主人の実家の県内(静岡)での転勤が主です。  現在、2歳の子供が1人いますが、できるだけ転校をさせたくないので、拠点を決めたいと思っています。  そこで、家を建てたいと思ったのですが、住む場所としては二通り考えていて、どこに配属されても会社に通える範囲(静岡市など)に建てるか、会社には通いづらくなるが、旦那の実家の隣あたりに土地があるのでその土地をもらって建てるかの2通りです。  実家の近くには、親戚中みんなが住んでいるような田舎です。もし主人が単身赴任になれば、私と子供だけが主人の親戚に囲まれた中で暮らしていなければいけないので、ちょっと不安です。  旦那さんの実家の近くに住んでいる方、メリットやデメリットを教えてください。

  • 売る予定だった実家に弟が住むと言い出した

    長男なのですが、親から2000万ほど出してもらい、自分が 銀行からおよそ3000万円ほど融資を受けて、土地を買い、注文 住宅を建てる予定です。私と妻の世帯と、親の世帯との2世帯住宅です。いまの実家は売りに出してその売れたお金を 返済に充てようと考えていました。不動産屋の見込みだとだいたい 1000万円ほどになるだろうとのことでした。土地は30坪ほどの 狭さで、建物も三十数年経っています。 しかし突然、外に出ていた弟がこの実家に住むと言い出しました。 弟は近く結婚する予定です。 自分では計画が狂ってしまい、困惑しています。親も困っていました。 しかし、自分は2世帯住宅とはいえ、親からのお金もあって広めの 新しい家が持てるわけで、将来的に弟が結婚して家を持つときは 親からの援助はないだろうから不公平かなとも内心思っていました。 その一方で、自分は親も住む家の住宅ローンを引き受けて、 弟の方はただで家に住めるともいえます。 もう来週にも決済と言うときにこういう事をきいてどぎまぎしています。 ぐちゃぐちゃ色々考えていまい、考えがまとまりません。 皆さんはどのように思われますか?ご意見を伺いたいです。

  • 実家を継ぐべきでしょうか?

    私は3人姉弟の長女です。弟が2人います。 最近、弟(長男)が結婚したいと相談してきたのですが、 婿入りするそうなのです。 相手の家は自営業で、長男が帰って来ないため妹が継ぐことになった様です。 そうなると、長女の私が家を継がなくてはいけないかもしれないという可能性が出てきました。 実家はお店をやっています。私は昔から手伝いはしましたが継ぐとなると話は全く別です。まず私は社交性が低く、愛想も良いとは言えません。お店を潰してしまいそうです。 さらに、婿をとって後継ぎを産まなければいけないのかと思うと気が重いです。子供は欲しくありませんし、結婚もしたくありません。 田舎なので親戚も近所付き合いも物凄く多く、上手く立ちまわれる自信もありません。 そう云うことが嫌で家を出ました。 現在は東京に住んで仕事を持ち、彼氏もいます。 やりたいこと、学びたいこともたくさんあります。 正直、実家に帰りたくないし、稼業も継ぎたくありません。 ですが、今まで好き勝手やってきたので、両親に恩返しをするべきとも思います。 実家の経済状況が苦しい中、私は私立の高校に行かせてもらいました。弟二人は地元の公立高校なのに・・・ しかしこんなこともありました。 地元で就職していた時、父が事業を拡大した為、人手が足りなくなりました。私は仕事を終えてから稼業を手伝う様になりました。寝る時間は殆ど無く、ストレスで精神的に病気になりかけました。大声でわめきたくなったり、自殺を考えたり。そんな生活が二年ほど続きました。 それを思いだすと・・・ 次男はまだ若く、いかにも末っ子な性格なので継ぐといってもすぐには無理です。むしろ次男に比べたらまだ私の方が若干の適正がある様に思います。 それに何といっても長男が一番、後継ぎにふさわしい人柄なのです。 父はまだ私には何も言ってきませんし、長男には好きにしていいと言ったそうです。 誰も何も私に押し付けません。 けれど、後継ぎがいなければ家は断絶です。 気持ちも適正も向いていません。それでも稼業を継ぐべきでしょうか。 何かアドバイスを頂ければと思います。 乱筆・長文失礼致しました。 最後まで読んで頂きありがとうございます。

  • 兄弟間での土地相続問題

    初めて質問致します。どうぞよろしくお願い致します。 私の父は3人兄弟の次男で、実家の近所にある祖父名義の土地に家を建て、20年ほど暮らしてきました。 長男は県外で暮らしており、三男(私からみると叔父にあたる)が実家に残り祖父と同居しています。 三男は経済的理由で(実家の土地も家も祖父のものなので)自ら跡取りとなることを希望したため、父が農地の手入れ等をするかたちで問題なく暮らしてきたのですが、何年か前に三男がリストラにあい、借金を抱えてから、父を含め周囲の人間を騙すなど人が変わったようになってしまい、現在では父も長男も距離を置くようになってしまいました。 そこでお聞きしたいのは、 1:祖父が亡くなった時、父が家を建てている土地を三男が要求してきたら、とられてしまうことはあるのでしょうか? (ちなみに土地は他にも農地があり、父の暮らしている土地は全体の2/5ほどの広さです。 祖母はすでに他界しており、預金は微々たるもので相続する程もないそうです。) 2:もし仮に祖父より先に父が亡くなって、母と私、弟が残り、その後祖父が亡くなるようなことがあった場合、この土地はとられてしまうのでしょうか? 家庭の事情を長々と、申し訳ありません。 母が悩んでいるのを知り、思わず質問させていただきました。 何卒よろしくお願いいたします。

  • 土地相続について

    300坪の土地に3軒の家が建っています。 両親・長男夫婦・次男夫婦の家、それぞれ100坪づつです。 土地はすべて親名義、家屋は住んでいる人の名義です。 そこで、両親が遺書もなく死んだ場合、今ある両親の土地(100坪)が誰のものにどんな比率でなるかはどうやって決めるのですか? 長男家族、次男家族は仲が悪く、両親生前に色々もめごともあり、双方半分づつではダメだと言いそうです。 こういった場合、どこか相談できるところはありますか?

  • 家 長男がつくりました。 実家の問題。

    33歳独身の男です。今現在は実家に父と母と3人で暮らしています。兄弟は姉、兄が二人と私(一番下の3人)です。実家で最近家族会議がありこんな議題でした。長男(結婚して娘と息子がいる)が土地を購入して新しく家を作るということです。実家の土地は二世帯分の土地があり長男が実家をついでも私が実家の敷地内に家を建てられるようにしてありました。そもそも長男が今の実家をついで母や父が具合が悪くなったら面倒をみるため同居するという約束でした。その約束のために私もいろんなところで妥協してきました。兄にその約束について会議の場で問いただすと兄の返答は「実家の土地と家はすべて弟に譲る、母や父の具合が悪くなり、母や父がひとりのとき(どちらかが他界しているとき)は弟に面倒をみさせるのではなくて新しく建てる家に連れてきて嫁さんが面倒をみる」「母や父両方生きているときはどちらかが具合がわるくなったら嫁さんが実家に面倒をみにくる、弟には結婚していて嫁がいても面倒をみさせない(そのかわり実家で面倒をみるときは簡単な補助くらいはしてくれ)」ということでした。さらに土地の購入の資金半分のみうちの実家から1000万円だしてくれということでした。ちなみに姉は「自分は関係ない 結婚して長男の旦那の実家を継ぐことになっているから。」というこでした。私個人は親の面倒は兄弟で見るのが一番だと思いますし今までの兄の行動をみていると都合主義なところが目立ちます。嫁さんは最近も具合が悪いし子供が小学校が春休みだからと子供と二人で実家に帰っていきうちに一週間くらい兄が泊まってました。こんな兄夫婦のいうことを信じていいのでしょうか??私はまだ若造なのでこんな問題は正直どうすればいいかわかりません。