B型肝炎訴訟

父が3年ほど前に、B型肝炎→肝硬変→肝臓癌(末期)で亡くなりました。 このような場合、B型肝炎の訴訟は起こせるのでしょう...

yamato1208 さんからの 回答

質問者が選んだベストアンサー

  • 2013/08/06 08:35
  • 回答No.2
  • ベストアンサー
yamato1208

ベストアンサー率 41% (1913/4577)

訴訟をするには、まず相手(被告)が必要です。

相談者さんの父親が、そのB型肝炎ウイルスに感染した理由が重要となります。

仮に「血液製剤」等で汚染製材を使われたのであれば、製造した製薬会社が厚生労働省で公開されており、さらにはその製剤を購入した病院等も公開されています。
その病院に、当時のカルテがあり投与が証明されれば損害賠償請求訴訟はできます。
しかし、これにも時効があり、不法行為(汚染製材の使用)を知った時点から3年以内に訴訟をしないとなりません。
また、不法行為を知らなくても20年経過で時効となります。
訴訟には、原告立証責任というのがあり、相談者さんの父親がB型肝炎ウイルスに感染したのは不法行為が原因であると証明しないとなりません。

たしか、カルテの保管期間は5年と記憶していますが、父親が感染した理由が判明しないと難しいでしょう。

B型肝炎は、比較的接触での感染率が高いのはご存じでしょうか?
性行為でも、感染してしまいます。

1)感染経路の証明
2)感染させた相手(被告)の責任があるか
3)総合して、違法性があるのか
上記を、クリアーしないと難しいでしょう。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • 【至急】末期肝癌→腎不全 水分摂取について がん・心臓病・脳卒中

    至急の質問です。 現在父(55歳)がB型肝炎→肝硬変→末期の肝臓がんです。 余命2~3年と言われていたのに、先日急に「あと1か月もたないかもしれない」と言われました。 年明けから急に数値が上がり、1か月前の数値と比べると 総ビリルビン  4.73→33.64 直接ビリルビン 2.77→23.71 尿酸窒素    15.0→78.7 クレアチニン  0.7→4.92 PT(%)    61.8→22.6 これらは全て基準値を大幅に超え、免疫は著しく低下しています。 絶望的としか言いようがありません。 しかもここにきて(流れ的にはよくあるのでしょうが)腎不全だと言われ(クレアチニン数値を見れば分かりますが・・) 肝臓がんのケアをしていた時は水分をかなり制限されていたのに 自分で調べたところ、「クレアチニンは水分が足りないと急激に上昇し、しかも下がらない」との記述をみました。 肝臓の為には水分を制限せねばならず、しかしそのせいで腎不全となり、透析まっしぐらです。 もう 何をどうすれば一番良いのかわかりません。 どちらを優先させれば、少しでも長く生きられますか? こんな急に 家族は心の準備が全く出来ていません。 ご参考までに、お詳しい皆様のご意見をどうかお聞かせください。...

  • 予防接種で感染したC型肝炎患者が放置されている理由 医療

    B型肝炎と同様C型肝炎も集団予防接種の注射器使い回しで感染するはずですが、なぜB型肝炎だけが訴訟を起こし、最高裁で認められ、C型肝炎は「薬害訴訟」のみで「集団予防接種の注射器使い回し」で訴訟を起こさないのですか? C型の方が肝臓ガンへの移行確立が高く、危険だと聞きます。 肝硬変の場合、会社の通常勤務が難しく、治療費もバカになりません。 訴訟を起こせばB型肝炎同様、予防接種の注射器使い回しで感染した患者は救済されると思うのですが、なぜ訴訟を起こさないのでしょうか。 単にC型肝炎患者の怠慢でしょうか?...

  • 肝硬変を伴わない肝臓癌だったのになぜ??? 病気

    身内が肝細胞癌になりました。 B型肝炎を背景とする肝硬変を伴わない肝細胞癌と診断され、癌以外の肝機能は良好という ことでしたのでTAE治療を2度受けましたが、1ヵ月後のCTで肝内転移、肺転移を指摘された上、 この時肝硬変も発症していることを初めて聞かされました。このような状態ではもう治療法もない ということです。通常、肝炎→肝硬変→肝細胞癌という経過を辿るものと認識していましたが、 肝細胞癌になってから肝硬変になることなどありえるのでしょうか? 癌が発覚した時には本人も家族もかなりショックを受けましたが、肝硬変を通り越しているケース で癌以外の部分の肝機能は良い状態という言葉にすっかり安心し、癌の進行さえ食い止められ れば何とかなると思っていたのでまさか癌を患ってから肝硬変になるなど予想もしていませんでした。 肝硬変がわかってからはみるみる全身状態が悪化して肝不全との診断も下され余命いくばくもないと… この経過は肝臓癌の病態として自然なものですか? そして、肝硬変はほんの数ヶ月で発症するものなのでしょうか???まったく理解が出来ません。...

  • 肝臓癌および肝硬変について 医療

    肝硬変の上にB型肝炎が併発して、癌の疑いがあるといわれたのですが、 この場合癌の摘出できないのでしょうか? この前の吐血の時の血の色は真っ黒だったそうです。 摘出したとして、転移は考えられますか?...

  • C型肝炎訴訟の原告になるためには ニュース・時事問題

    母が、昭和40年代、2度にわたる産科系手術で、C型肝炎に感染したと思われます。以来、病状は進行し、肝硬変になり、現在は肝癌です。昭和60年を過ぎてから、感染の事実を知り、母本人も家族も大変苦労しましたが、古いことですし(病院はすでに廃院)、仕方の無いこととあきらめておりました。けれど、連日の報道を見て、原告になるべく、原告団の弁護士相談窓口に電話しましたが、「カルテ(医師の証明など)で証明できない人は原告になれない。病院が廃院なら、まず証明は不可能でしょう。」と断られました。年明けに個人的に調査するつもりですが、証明はやはり難しいのでしょうか?廃院した病院の住所、名前は分かっています。医師会を通じて、当時の医師と連絡を取ることはできるでしょうか?...

ページ先頭へ