• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

B型肝炎

はじめまして。 父がB型肝炎になりました。 ガン細胞もでき、一度手術しましたが同じ箇所が再生し、 1月に再手術を行います。 いろいろ調べてはみましたが、B型肝炎→肝硬変→肝ガンとの図式がわかるばかりで どうしたらよいのかわかりません。 日常生活で注意することや、B型肝炎によい食事や療法など ご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数202
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

ご心配の胸中、お察しいたします。 食事ですが、肝庇護食と言う枠組みがあります。大型の書店に行き、看護婦または栄養士が買うような本のコーナーに行って食事療法についての本を探すか、料理のレシピ本のコーナーで探すか、または家庭の医学・健康に関するなどのコーナーにもあるかもしれません。 (特に看護婦向けの本には、代表的な疾患として「肝炎・肝臓ガン」のモデルケースに添った対応方法なども詳細に書かれているものが多いです。少し抵抗はあるかもしれませんが、医師より看護婦向けのものはそれほど専門用語も気にならずに読めると思います。看護されるご家族に参考になると思いますので、お時間のあるときに立ち読みでも、ぜひ見ることをお薦めします。) 塩分制限やタンパク制限の、ちょっとややこしい理論と共に、参考メニューが載っている本が必ずあるはずです。 日常生活の注意点で今思いつくことは、ありきたりですが過労を避け、充分に栄養と休息を取ること。特に肝臓の疾患の場合、身体的な疲労感や不快感が付きまとうかと思います。 このような点についても、やはり看護婦向けの雑誌や本が参考になるかと。~具体的な本の紹介が出来ずに申し訳ありません。調べてお知らせできればいいのですが、時間がなくて申し訳ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

亀レスで失礼します。 ありがとうございました。 そのような看護士向けの本というのは気がつきませんでした。 また調べられる範囲が広がりました。

関連するQ&A

  • B型肝炎ウィルスのキャリアー

    こんにちは。 私は、つい最近母子感染による「B型肝炎ウィルス」のキャリアーだということを知りました。 結婚が決まり、母に相談したところ打ち明けられました。 この20数年間ずっと言えずに、一人で苦しんでいたそうです。 打ち明けられたときは、B型肝炎が実際どのような病気なのかもわからず ただ泣いて詫びる母に「大丈夫だから!」と声を掛けることしか考えられませんでしたが 今、自分で調べて、将来、肝硬変や肝臓ガンになる確立が高いということにショックを受けています。 そして、5年間交際してきて来年結婚が決まった彼にも打ち明けなければいけません。 いまのところ、私自身、血液検査の結果は正常で、彼からも会社の健康診断結果は正常だと聞いています。でも、もしかしたら私が知らない間に、彼にB型肝炎ウィルスを移してしまったかもしれません。将来、発病するかもしれない、長く生きられないかもしれない。私が妊娠したら、母子感染してしまうかもしれない(←可能性はゼロではありませんし) とにかく、今まで何も知らなかったので不安でいっぱいです。 日常生活で注意することは、ハブラシ・剃刀の共用はしない。性交渉はコンドームを使用する・・・等インターネットで調べました。 定期的に血液検査をすることも。 私がキャリアーだということは、彼に打ち明けてダメと言われれば結婚はできません。 もし、彼が理解してくれた場合。 これからの人生でなるべく発病しないために、日常の食生活等で注意できることがありましたら教えてください。 私の母はとにかく食べ物に気を使っていました。 また、私はお酒も好きなのでたまに飲みます。量は多くはないのですが、やはり肝臓への負担を考えるとお酒は控えたほうがよいのでしょうか? それと、ストレスや働きすぎによる疲労などは? 避けたほうがよい食品などありましたら教えてください。 宜しくお願いします。

  • B型肝炎キャリアについて

     私の母はB型肝炎キャリアです。 普通に日常生活を送っても大丈夫との事で、安心していました。 感染経路は明確ではないのですが、祖母からのようです。 祖母から祖父にも感染しています。  最近、祖父母の家にヘルパーさんが来ることになり、ヘルパーさんはいつもゴム手をしながら作業しています。 祖父母にはお灸による、カサブタがあるので、感染を防ぐためと言っていました。  デイサービスは、お風呂に入ったりして他の人に感染すると困るので来ないでください、と言われました(遠まわしな言い方ですが・・・・) お風呂は福祉の入浴車が来てくれますが、消毒しているようです。  ケアマネージャーさんによれば、祖父母はB型肝炎のキャリアではなく抗体ができていると言っていました。 「小さいお子さんにうつりますよ」と言っていました。  B型肝炎のキャリアではなく抗体ができているというのは、どういうことなのでしょうか?細心の注意をしないと、他の人にうつるのでしょうか?

  • 肝硬変は改善しない?

    肝硬変は治らないといわれるのが通説だと思います。 以前このサイトの、他のスレに、肝硬変は肝臓がスカスカになった状態で、戻りようがないということでしたが、肝臓の4分の1残っていれば基本的な生活は出来るとの事でした。よってそれ以上、スカスカが進まないようにすれば、肝硬変死は避けられる術があると言った内容でした。55歳の自分の現状は、B型肝炎からの肝硬変です。現在、アルブミン、血小板、凝固系などでは、肝硬変そのものですが、何とか日常生活行っています。ラミブジン・エンテカビルにて、ウイルス量は感度以下を保っています。GOT・GPTも30以下です。ヒアルロン酸は低下しています。 そこで教えていただきたいのですが、例えば4分の1残っている、肝細胞が今の小康状態を保っていれば、肝再性能で、スカスカになった、部位を駆逐していかないのが不思議なのですが、この点についてご教示ください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#211914
noname#211914

ご家族の心中お察しします。 >一度手術しましたが同じ箇所が再生し、 原発性肝癌でオペをしたが、再発したと言うことでしょうか・・・? ◎http://humanbalance.net/gan3/data28/data28.html (肝臓がん) リンク集ですが、この中で「闘病記」等が参考になりますでしょうか・・・・? ◎http://www.ncc.go.jp/jp/ncc-cis/pub/care/010327.html (食事) 手術だけでなく、化学療法等も行われるのではないかと推測しますので、食事の事も含めてよく主治医に説明を求めてはいかがでしょうか? ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

亀レスで失礼します。 ありがとうございました。 化学療法で何かよい方法がないか探してみたいと思います。 また、再手術の医師の説明時、同席していろいろ聞いてみたいと思います。

関連するQ&A

  • 肝細胞ガンに対して家庭でできること

    C型肝炎→肝硬変を患っていた母にとうとう肝細胞ガンができてしまいました。医師には今回のガンは手術で取り除くことが可能だが今後また肝細胞から新しいガンができる可能性が大きいと言われました。 そこでお聞きしたいのですが、新しいガンの発生を遅らせる、あるいはガンの成長を遅くするために、家庭でできる事は何かないでしょうか? 特に免疫力向上に役に立つ物(事)があれば是非教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • B型肝炎キャリアの型と同じ職場

    入社して3か月です。 指導してくれる方が、B型肝炎のキャリアだと知りました。 その方は、特に気にする様子もなく、そのことを私に言いました。 B型肝炎についてよく知らなかったので、 ネットで調べて見ると血液や体液等で感染すると書かれていました。 日常生活に支障はないということで安心していたのですが、 その方が怪我をしました。 小さな怪我でしたが、出血しています。 彼女はなにも気にせず、血のついたティッシュをゴミ箱に捨てたり、 血のついた手を洗わずに、色々なところを触ります。 私が神経質すぎるかとは思いますが、彼女の行動が気になってしまいます。 本人に気を付けてほしいと注意すべきか、 いない所でアルコール消毒をするべきか・・・ どう対処すべきか悩んでいます。 よろしくお願いいたします。

  • ガン患者からの輸血

    ガンはガン細胞が発生してから検査で発見されるような大きさになるまで長い年月がかかると聞きました。 固形ガンのほか、血液のガンもそうなのでしょうか? 固形ガンも、気付いたときには他に転移していたということもあるかと思います。 血液のガンや転移するような固形ガンは血液の流れに乗って(?)ガン細胞が体内を移動していると考えていいのでしょうか? もしそうだとしたら、自分がガンであることを知らずにいる人が献血をしていたら、その血液の中にもガン細胞があるのでは…と思ってしまいました。 エイズやB型肝炎などは検査されていると思いますが、ガンに関しても検査されているのでしょうか? 手術時などは、時としてあらかじめ同じ血液型の人に来てもらってその場で採血して輸血ということもあるかと思いますが、輸血でガンが移るなんてことはあり得るのでしょうか?

  • 肝臓がんで抗がん剤治療。余命は?免疫細胞療法は?

    上記の通りです。 B型肝炎から 肝臓がんになり、ラジオ波での手術がもう不可能と言われ、カテーテル手術で抗がん剤を入れました。以前と違い、がん細胞が散らばっていると言われたそうです。 そのため、ラジオ派手術が出来ない、と。 担当医から家族に、余命は今の所 はっきりとは言えない。 短い場合1、2ヶ月、長ければ1年、2年もあり、と言われたそうです。 今回のがん細胞は勢いがとても強いらしく、定期検診の間に急に暴れ始めたようです。 末期がんの場合、何も治療法はない、と言われる件例をネットで数件みましたが、父の場合、カテーテル治療をした、と言う事は 完治しないにせよ、まだ何かしらの 望みはあるからなのでしょうか?それとも どのような症状でも 本当の末期以外はするものなのでしょうか? 現在術後9日が経ち、退院は出来ましたが、食事がほとんどのどを通らないようで、 筋力、体力の消耗が激しいようです。 手術が急に決まり、手術前はゴルフへも行っていたのですが。 かなり遠方に住んでおり、小さな子供もいるため、すぐに会いに行く事が出来ずにいます。 また 本人には余命の事は知らされておらず、ただ 完治は出来ない、と言う事は お医者様から言われているそうです。 私が行けば、余命が短いからか、と思わせてしまいそうです。 かといって、もしあと1、2ヶ月だとしたら。。。 患者の状態、ガンの状態、によって一概に言えないのは 解っていますが、 先生の仰る余命は 本当にわからないのでしょうか? 可能性として 6ヶ月以上、それ以下、のどちらなのでしょうか? 術後になってしまいましたが、乳酸菌生産物を頑張って飲んでもらっています。 少しでも 抗がん剤の副作用が軽くなるかな、と。もっと早くに飲めば良かったのですが。 また 免疫細胞療法と温熱療法(ハイパーサーミア)という療法は 試してみる価値はあるのでしょうか。何もせず 手をこまねいて 今の状況を見守る、というのが とても辛いです。 この場合、現在の化学療法との併用ができそうなのですが、担当医の先生には どのように申し出たらいいのでしょうか。  今の状態のカルテ?などを回していただけると、助かるので、 何も言わずに 上記二つの療法を試すことには出来ずにいます。というか、迷っているのですが。料金も半端ないし、保険が効かないという事で、期待出来なさすぎる?とも。ただ副作用が少ない様なので、それなら延命になるだけだとしても、本人が希望するならば、また 一緒にいる母が希望するならば、受けて欲しいと思っています。 誰にも寿命があるとは解っていますが。。。 宜しく御願いいたします。

  • 肝硬変の予防方法

    37歳の主人のことなんですけど、主治医の先生に肝硬変になる恐れがあると言われたみたいなんです。(以前C型肝炎で入院してました) 子供がまだ小さいし、年齢が若いだけに進行が早いんじゃないかとすごく心配なんですが肝硬変を防ぐ方法を教えて頂きたいんです。 これは絶対に摂った方がいいっていうサプリでもいいですし、日常生活での注意事などがあれば是非教えてください! 宜しくお願いいたします。

  • 膵臓ガンと手術

    父が膵臓ガンと診断され、手術を受けました。 膵臓ガンは発見されたときはすでに手遅れの場合が 多いと聞きます。 大体(感覚的にでもいいです)、「膵臓ガン」と診断 されて、手術できる患者は何%くらいでしょうか? そのパーセンテージが低ければ、「父はラッキーだった んだ」と、介護の精神的な支えになるような気がします。 ちなみに今は、術後の化学療法でぐったりしています。 あんまり良くならないので(手術は9月末でした)、 家族としてあせっています。

  • 心筋梗塞で体力回復

    父が心臓がいたく倒れました。 日常生活もままなりません。 多少の運動でも、息切れ状態です。 左胸がいつも激痛のようです。 脈拍も100近くあり、心筋梗塞のようでしょうか? 心筋梗塞だと、心臓の細胞が死滅していくのでしょうか?」 どのような手術、また治療がありますか? 多少の運動もいいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 膝の人工関節置換後の注意点について

    62歳の父が7月に人工膝関節に替える手術をします。あちこち調べましたが事前に歯科治療をしておく(感染しないように)、体重を増やさないようにするなどの注意はありましたが、経験者の方でより日常生活に即した注意点などはございませんか? 離れて暮らしていてとても心配なのでお尋ねさせていただきました。また、手術してよかった、という症例は見つかるのですが、こういう点が不便になったなどのご体験談がございましたらぜひお願いします。

  • 末期ガンの療法ってあるのですか?

    末期ガン(全身に癌転移)の状態の方が、ANK(Amplified Natural Killer)療法(免疫細胞療法)で生還したという症例はございますか? 末期ガンは手術が施せないので、免疫細胞療法くらいしかないという質問ですが。治った方はいるんですかね?  あきらめるしかないのでしょうか? 単発のガンなら、陽子線治療が有効とも聞きますが、免疫細胞療法、高濃度ビタミンC点滴、など、どうでしょうか?

  • 胃ガンがあるかもしれないという予防的胃切除?

    父のことですが、今年はじめに総合病院で隆起したガンを内視鏡で切除しました。 その時、胃の違う部分に赤くダラダラつとした部分があり、その細胞も念のため採取し細胞診に出したところガンと判定されました。(もちろん主治医は最初はそこはガンと思っていなかったため胃切除はしなかったのです) ところがその後、退院し内視鏡で切除したところの状態をみるため胃カメラをしたところ手術あとも、その赤いところもすべてきれいになっていました。 それから他に転移がないかいろいろ調べたり、もう一度胃の中の細胞を7箇所とって調べたり1泊検査入院もして調べましたがガンは見つかりませんでした。 しかし、消化器内科の先生も外科の先生も最初ガン細胞があったのだから消えるということは考えられない。見えない場所(深部?)にガンがひそんでいるかもしれないので胃を2/3切除してまわりのリンパもとりましょうと言われるのです。 家族としては最初ガンとされた赤い場所もきれいになっているしその他にガンがあるという証拠も1つもないので、胃切除というのはそうそうできない気がするのですが、どうしたらいいものかとホトホト困っています。 そのほかの補足ですが 1、切除したガンは深部までいっていなかった。(すべてとりきれた) 2、退院後、民間療法やサプリメント摂取をおこなった 3、血小板血症のためハイドレアという抗がん剤をのんでいる なにかアドバイス頂けませんでしょうか。よろしくおねがいします。

専門家に質問してみよう