• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

劣等感の克服法

劣等感を克服するためにはどうしたらいいのでしょうか? 劣等感はそもそも必要なものなのでしょうか?

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1097
  • ありがとう数51

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

劣等感とは何かということから、解説しましょう。 劣等性と劣等感とを混同されている方が多いので、まず、その違いから;体にハンディーキャップがある場合、これは「劣等性」という言葉で示されています。けれども、劣等性をもっていても劣等感を持たずにいる人もたくさんいれば、逆に劣等性がないのに、劣等感を持っている人もたくさんいます。「劣等感」というのは個々の人の感受性によるものなのです。 基本的に「劣等感」とは、他人の長所と自分の短所とを比較し、その差を自分の欠点であると思い込んでしまうことを意味します。また、他人の長所と思うところというのは、自分の掲げている理想であるとも考えられ、自分がこうありたいという目標と現実とのギャップを劣等感として感じる訳です。 克服するためには、自分が欠点だと思っていることを冷静に見つめなおすことですネ。そして、短所と思い込んでいることを書き出してみましょう。 例えば「根暗」「弱気」「行動力が無い」‥マイナス表現で書き出せるでしょう。 これをプラス思考で書き直していきます「その場の雰囲気に流されず、冷静さを保っていることができる」「他人を傷つけないように気配りがきく」「非常に慎重で、危険をさける能力がある」‥というふうに書き換えることができますネ。 そうして書き換えたリストを読み返してみましょう。自分の性格は素晴らしいということを認識できます。 劣等感に悩む人は、まず、自分自身のことを好きになることを心がけましょう。そして、現実を肯定し、目標とするものを少し身近なところに変更するのです。 自分自身の性格などについては、変える必要はありません。世界に自分自身はたった一人しかいないのですから、その世界に一つしか存在しない個性は大事にしなくてはなりませんからネ。 強すぎる劣等感は不必要です。というより、劣等感が強すぎると神経症になってしまいます。けれども、ごく弱い劣等感というのは目標達成に対する行動への原動力となるので、持っていても構わないものであると考えます。 kawakawaでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 早速ここで書かれていたことを今日から実践してみたいと思います。

関連するQ&A

  • 劣等感を克服したい

    私は劣等感が強く、自分に自信がないです。 自分が悪くなくても、強く怒られるととりあえず謝ってしまいます。 自分に自信を持って堂々と生きていきたいです。 劣等感を克服して自分に自信を持つには、どうすれば良いですか? 劣等感を克服した体験談やおすすめの方法があれば、ご教示お願いします。

  • 劣等であることと劣等感は違う

    劣等であることを認めても、劣等感を持たない人がいます。さらに、劣等性を認められるということは、すでに劣等感を克服できている、ということでもあります。 劣等を劣等でないと意識できる(劣等を受け入れられる)ようになるなら、本当の劣等とは何ですか?劣等の概念て何でしょうか?実在しない虚像のようなものでしょうか?

  • あなたの劣等感を克服する方法を教えてください

    あなたの劣等感を克服する方法を教えてください

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

誰しも劣等感は持っているのではないでしょうか。強すぎる劣等感は性格をゆがめてしまいかねませんが、多少の劣等感は目標達成の為に必要だと思います。 私自身もそうでしたが、若い時とりわけ中高生ぐらいの時は特に自分に自信を持つことができなくて、劣等感に悩まされる人が多いと思います。経験が少ないことから生じることが多いのではないでしょうか。 kawakawaさんがおっしゃるように自分の良いところをまず ノートにでも箇条書きにして、その後で自分が嫌だと思っていることを書き出して、それをひとつずつクリアしていけば劣等感は克服していけると思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

みなさま、お返事ありがとうございました。 劣等感から逃れていたら自分はだめになってしまうと思うので、みなさんに言われた通りのことを実践していきたいと思っています。

  • 回答No.2
  • eddy
  • ベストアンサー率23% (123/534)

劣等感は誰でも多かれ少なかれ持っていますから、あまり気にしない方がいいですよ。 劣等感の中には、努力して克服できるものと、克服できないものがあります。 努力して克服できるなら、その劣等感をバネに、少しがんばってみましょう。 ただ悩んでいるときよりも努力しているとき、努力しているときよりもそれを克服したとき、それは劣等感ではなく「自信」になります。 努力しても克服できないもの(背が低いといった先天的なものなど)は、きっぱりあきらめることですね。 そのことをあまり考えないように、他に自分が自信を持てるものをしっかり持つことです。 つまり「これは人より劣るが、これなら人に負けない」という自信です。 どっちにしても、劣等感は精神的なものですから、自分を強く持ちましょう。 先にも述べましたが、誰にでもあるものです。 その軽重はあるでしょうが、あなたのまわりの人たちは、みんなうまくやっているでしょう。 あなただって大丈夫です。 自信を持ちましょう!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

励ましていただきありがとうございます。 少し元気が出ました。

関連するQ&A

  • 劣等感を克服したい

     30代女性です。 日常生活ではあまり現れませんが、劣等感が強いのです。 たとえば人と競い合うことになったとき、自分が出来ず相手が出来ると、「くそー私だって!」とはならず 「ああ、やっぱり私だからできないんだな。相手の人はすごいな、勝負にならないや。」と手を引いてしまいます。  なにかをやり遂げようというときでもつまづくと、「ああ、わたしだからやっぱりできないんだね。」とすぐに思ってしまい途中でさっさとあきらめてしまったりします。 彼がいるのですが、女友達からの紹介だったため、彼と女友達が話しているのを見ると「あの女!」のような嫉妬心ではなくて 「ああ、彼女のほうが若くて頭もいいからな、私はそのうち捨てられるんだな」と落ち込んだり 私のことを以前好きだった人(私はそうでもなかった)にその女友達を紹介したら二人で盛り上がってしまい、それをみて 友人に「なによ!」という感情よりも 「ああ、やっぱり私は魅力が無いから、すぐにあきられたんだな。」と落ち込んでしまったり。(その男性が好きでもなかったのに!) なんというか、ひがみ根性ですね・・。 年をとってくると男性が絡むと余計に劣等感がひどくなった気がします。どうしても、男性の眼は若い女性に向きますからね・・。 劣等感・ひがみ根性のためにこの三十数年ずいぶん損をしている気がします。 「ちっくしょーあいつ!私のほうが!」と思える人がとにかくうらやましいです。 この年にしたら子供じみた悩みなのですが、今克服して、過去にあきらめていたことをやり遂げたいなと思っています。 克服方法、アドバイスおねがいします。

  • 劣等感?コンプレックス?変えるには?

    昨日、同じような質問をしたのですが、明確に質問できなかったのでもう一度お願いします。 心理学を学んでいた方、専門家の方にお聞きしたいです。 主人の事です。 主人はとにかく人に頼るのが嫌いです。 なぜなのかを知りたくてネットで調べていました。 すると、劣等感を持っているとそう考えることが多いという内容のページを見つけました。 主人は数年前に、自分は人よりも劣っていると感じている、というような事を言っていました。 なので、人に頼りたくないのは、劣等感を持っていることが関係しているのだと思いました。 しかし、劣等感を持っている人は、それを克服しようとすると書いてありました。 主人には、その劣等感を克服しようという向上心がないように感じます。 なので、劣等感ではなくて、コンプレックスに近いものなのかなと思います。 劣等感とコンプレックスの違いはとても曖昧のようですが、劣等コンプレックスと呼ばれるものなのかなと考えています。 劣等感ではないのに、なぜ頼りたくないのか・・・。やっぱり劣等感??うーん。どちらでもいいですその辺は。わからないので。 ここで質問なのですが、 ・主人にもう少し周りに頼るようになってほしいと思っています。劣等感、もしくは劣等コンプレックスを持っていることが頼りたくない原因だとしたら、それを減らすために、コンプレックスを弱める?ために、妻としてどう接していけばいいですか? ・その劣等感、もしくは劣等コンプレックスを克服する事が出来れば、主人に向上心は湧くのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 劣等感

    劣等感を克服出来るような本とかありませんか? 精神的に弱い部分を何とかしたいのです。 あまり複雑ではなくて、出来るだけ簡単な本でお願いします。

  • 劣等感について

    劣等感について 男性はひとつの劣等感にグジグジ悩み いつまで経ってもダメージが残り、 女性は劣等感を感じても すぐ開き直るので劣等感が 長く続かないと聞いた事があります。 では男性はどうすれば劣等感に 振り回されずに生きていけるのでしょうか?

  • 劣等感を克服したい!

    こんにちは! 最近バイトを始めたのですが、劣等感に苛まれてます。 というのも私と同期の子とで社員さんの態度が若干ちがうのです。 たしかに同期の子の方が仕事慣れしていて使えるし実際かわいいというのもあると思うのですが、私には一度もいってくれないのに彼女には毎日のようにかわいいから大丈夫などと声をかけています。 私だってふつうレベルの容姿ではあると思いますし、かわいいって言われることもありますし彼氏もいます。なので自己評価がバイト先にいくと急激に低くなり自信がなくなってしまうのです。 かといって私がその社員さんたちを嫌いになっているのではありません。みなさんいい人ですし、仕事のサポートはきちんとしてくれます。 ただ私に余裕がないのかたったそれだけのことで気に病んでしまう自分がいます。 もちろんきちんと仕事を覚えてこなしていくことで頑張ろうとは思っているのですが、この同期に対する劣等感がどうしても拭いきれず、シフトが同じになる度に今日も比べられてるんじゃないかと思い憂鬱になってしまいます。 おかげで仕事に少し身が入らないです。 どうすればいいでしょうか?

  • 劣等感

    劣等感をなくすと自然な話し方ができるようになると聞いたのですが、 劣等感を無くす方法は特にどのような物がありますか? 今試しているのは紙に 「俺(私)は劣等感が無くなっていく」と毎日10回書く事をやっています。 知っている方が居れば御回答宜しくお願いします。

  • 劣等感は消せる?

    物心ついた時から劣等感がかなり強いです。 それによって苦しみもしましたが、 自分に優位に変換する(例えば、劣っているからこそ努力する原動力に変える)こともできるようになりました。 根底にある劣等感自体は何も変わらないし、消すこともできず、今後も自分に存在し続ける気がします。 ただ、それは自分に有利に使えるものであり、必ずしも不要なものではない気がしました。 私にとっての劣等感はそんな認識なのですが、時々、劣等感の存在そのもの自体を消そうと努力している人を見ます。 人によって劣等感は消そうと思えば消せるのですか?

  • 劣等感をなくしたい

    子供3人の母親です。 私は姉や周りの人と比べられながら劣等感を抱えながら育ちました。 どうしておまえはそうなんだ… お前は何をしてもダメだ… と親に否定されることが多く自分でもダメな人間なんだ…必要ないんだ…と思って生きてきました。 何に対しても劣等感を感じ 正直 とても辛く感じてしまうことは多くありました。 自分を宥め、慰め、褒めて時間はかかりましたが なんとか自分を認めて 劣等感を感じなくなるまでになりました。 今 子供たちのことで またかつての劣等感を強く感じてしまっている自分がいます。 私自身のことはなんとか自分で対処できるので安定させることは出来ますが 子供たちが他の子より劣ってしまうと とてつもない劣等感に襲われてしまいます。 それに対し 私が子供たちに何かを言えば 子供たちに劣等感を植え付けてしまいます。グッと堪えてはいますが私は劣等感に押し潰されそうで平静を保てなくなります。 ここ最近 堪えきれずに酷いことを言ってしまったこともあります。 自分の感じてること…やってしまうことが間違っていることは理解しているつもりなのに 子供たちを他の子と比べている自分が許せません。 私と同じ思いはさせたくないのに 私が劣等感を感じ 子供たちを否定してしまっている…最低です。 私の中から完全に余計な劣等感をなくしたいのですが… 病院以外で何か良い方法をご存知の方…何かご助言を頂ける方… 何卒 宜しくお願い致します。

  • 母親に対する劣等感を克服するには?

    はじめまして。私には50歳の母親がいます。 今回質問したいのは、この母に対する私の劣等感についてです。 母は地元でも有名な資産家の娘で、お嬢様として何不自由なく暮らしてきました。学力はあまり良くありませんが、茶道・華道・料理・お琴と品も良く、なにより驚くほど綺麗です。 (お世辞ではなく、本当に芸能人より綺麗で、例えるなら杉本彩みたいな感じです。) 美人なのに親しみやすく愛嬌もあるせいか、老若男女に物凄くモテます。 父と離婚してからも、よくナンパされているようです。(母曰く、生涯好きなのは父だけだから、絶対再婚はしないようですが。) 私は、そんな母が羨ましくて妬ましくて仕方ありません。 私はというと、完全に父似で、美人とは言われますが男ウケしない顔です。(少女時代、BOA等) 両親が離婚したためか、母のようなお嬢様生活とは程遠い家庭で育ちました。 築100年のボロ屋で、ブランド物で着飾る母の横で、安い服を身につけていました。 勉強して外見を磨いて就職して彼氏ができても、1番近い存在の母が圧倒的すぎるせいか、私の劣等感が満たされることはなく、いつもどこか自信が持てません。 そして、もう一つ劣等感を助長することがあります。 それは、母に対する周囲の評価です。 皆は母のことを「素敵で良いお母さん」といいますが、全然そんなことはありません。 14の時から手料理はなく、朝菓子パン・昼菓子パン・夜菓子パン。兄には手料理を作るのに、私には菓子パンばかり。 離婚した当初、「死にたい」と荒れる母の話を毎日毎日聞いてあげたのに、 私が「死にたい」というと、「あんたより私の方が辛い。あんたは悪い子供や。なんでこんな子に育ったんやろ。」とボロくそに言われました。 劣等感を感じる自分が嫌で色々試してみましたが、結局自分で納得することはできませんでした。 そこで、意見をほしくてここに来ました。 母親に対する劣等感を克服された方、こう考えたらいいんじゃない?等アドバイスがあれば、どうぞお願いします。

  • 劣等感に悩んでいます。

    私は中学生なのですが 親友といえる人がいません でも一応グループの中に入り、メンバーと仲良くはしています。 そんな中で友達に嫉妬し、劣等感を感じています。 最近はいつもにも増して 劣等感を感じる毎日です。 そこで何か励ましてくれるようないい歌を紹介していただきたいのです 本当に悩んでいます お願いいたします。