• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

関数方程式 未知関数 No.2

関数方程式における未知関数が何なのか 良くわかりません。 前回の質問で、微分方程式でない関数方程式に ついて教えて頂きました。 前回の質問:http://okwave.jp/qa/q8158572.html 例として、 すべての指数関数は f(x + y) = f(x)f(y) を満たす。 すべての対数関数は f(xy) = f(x) + f(y) を満たす。 などです。 ここで、 指数関数f(x + y) = f(x)f(y)について、 a^(x+y)=a^x・a^y であることは理解できます。 対数関数 f(xy) = f(x) + f(y)について、 (対数の底はa) log(xy)=logx+logy であることも理解できます。 指数関数a^(x+y)=a^x・a^y 対数関数 log(xy)=logx+logy において、未知関数とはどれですか? a^x・a^yやlogx+logyをy=・・・の形にして yは未知関数と呼ぶのでしょうか? a^x・a^yやlogx+logyをy=・・・の形にどうすれば 出来るでしょうか? 微分方程式の場合、yを求めてyがなにかしらの関数 になるから未知関数と言うのは理解できます。 また、前回の質問で微分方程式 (1)y'=f(y/x) (2)y'=f(x/y) について、 (1)と(2)は線形微分方程式,非線形微分方程式どちら でしょうか? (1)は線形で(2)は非線形だと認識していますが 正しいでしょうか? 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • RY0U
  • お礼率40% (434/1065)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数217
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

f(t) = e^tだから  f(y/x) = e^(y/x)  f(x/y) = e^(x/y) よって、  y' = dy/dx = e^(y/x)  y' = dy/dx = e^(x/y) となる。 このままの形では、変数分離法で解くことはできない。 なので、回答NO6で示した  ∫{1/(f(t)-t)}dt = ∫(1/x)dx + c  (a) を使うのよ。 すると、  ∫{1/(e^t-t)}dt = ∫(1/x)dx + c   (b)  ∫{1/(e^(1/t)-t)}dt = ∫(1/x)dx + c  (c) が解となる。 右辺はとにかく、 見た感じ、 (b)(c)式の左辺の積分は、ちょっとできないと思うよ~(笑)。 それよりも、 f(t) = tでやってごらんよ。 (1) y' = dy/dx = y/x   (α) (2) y' = dy/dx = x/y   (β) で、f(t) = 1/tとすると、 (1) y' = dy/dx = x/y   (α’) (2) y' = dy/dx = y/x   (β’) f(t) = tのとき、  (1)は線形  (2)は非線形 f(t) = 1/tのとき、  (1)は非線形  (2)は線形 になっている!! NO5のf(t) = t、f(t) = 1/tは適当にあげたわけではなかったのよ。 ちゃんと意味があったのよ。 (できたら、この微分方程式を解いてみて。タダの変数分離だから、簡単に解けるはず!!) つまり、f(t)によって、  (1)が線形になったり、非線形なったりするし、  (2)も線形になったり、非線形になったりするんだわさ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 お礼がおそくなりすいません。 f(t) = e^tだから  f(y/x) = e^(y/x)  f(x/y) = e^(x/y) ということは理解できました。 f(t)=tの場合はどうなのでしょうか? f(t) = e^tだから  f(y/x) = (y/x)  f(x/y)=(x/y) ということでしょうか? f(t) = 0の場合は、 f(t)=0だから、  f(y/x) = 0  f(x/y)=0 ということでしょうか? 微分方程式は解いてみたいと思います。 以上、ご回答よろしくお願い致します。

関連するQ&A

  • 関数方程式 未知関数

    関数方程式とはどのようなものでしょうか? 具体的に教えて頂けないでしょうか? また、関数方程式の中で未知関数とはなんでしょうか? 微分方程式ではない簡単な関数方程式を具体的に教えて下さい。 微分方程式や積分方程式が関数方程式の一種だ と言うことは調べました。 y'+y=x・y^3 について未知関数とはどれを示すのですか? xはf(x)ということでしょうか? y''+y'-x=0 などのxもf(x)という事でしょうか? y'=f(y/x) y'=f(x+y) においの未知関数とは、f(y/x),f(x+y)の事でしょうか? 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 関数方程式、微分方程式、f '(x)=f(2x)

    ふと疑問に思ったのですが、 関数方程式とか微分方程式とかいうのか分かりませんが、 f '(x)=f(2x) って解けるのでしょうか? 初期値などは適度に決めていただいていいです。 必要であれば、係数などを適度に変えてもらってもいいです。

  • 関数方程式について質問です。

    関数方程式について質問です。 f(x) + g(x) = 2x-1 f(x) g(x) = x^2-x-2 f(0) = 1 g(0) = -2 のとき,f(x),g(x)を求める場合, 第1式より g(x) = 2x-1-f(x) として第2式に代入し, f(x) (2x-1-f(x)) = x^2-x-2 {f(x)}^2 - (2x-1)f(x) + (x-2)(x+1) = 0 {f(x)-(x+1)} {f(x)-(x-2)} = 0 f(x) = x+1 または x-2 とし,f(0) = 1より適するのは f(x) = x+1 で, g(x) = 2x-1-f(x) = x-2 (g(0) = -2をみたす) としてもよいでしょうか?

その他の回答 (7)

  • 回答No.7
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

後半については、 A No.1 の一行目に既に書かれているように、 f が何だか決めなくては、 線型だとか、非線型だとか、言いようがない。 (1)(2) が線型になる例: f(t) = 0 (定数関数). (1)(2) が線型にならない例: f(t) = e^t. 具体的な f 次第。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 具体的なfを与えなければ、線形・非線形が わからないことはわかりました。 >(1)(2) が線型になる例: f(t) = 0 (定数関数). >(1)(2) が線型にならない例: f(t) = e^t. と与えた場合、 (1)y'=f(y/x) (2)y'=f(x/y) はどのように書けるのですか? お手数をお掛けしますがご回答よろしくお願い致します。

  • 回答No.6

NO5に付け足し。 (1)y'=f(y/x)  y = txとする。 ただし、t= t(x)  y' = t'x + t = f(t)  t'x = f(t) - t t'/(f(t)-t) = 1/x  ∫{1/(f(t)-t)}dt = ∫(1/x)dx + c  (a) これを微分方程式(1)の解と呼べるとするならば、 (a)が(1)の解になります。 ☆(1)は線形で(2)は非線形だと認識していますが 正しいでしょうか? ◇  t'x + t = f(t)  t' +t/x = f(t)/x さて、これは、線形でしょうか、非線形でしょうか? (2)y' = f(x/y) = f(1/(y/x))とおけば。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.5

f(x + y) = f(x)f(y)だけからは、fが指数関数というのは出てこないよ。 x=y=0とすると、  f(0) = f(0)^2  f(0)=0、f(0)=1 だから、  f(x)=0  f(x)=1 も、 f(x + y) = f(x)f(y) を満たす。 f(xy) = f(x) + f(y)については、対数関数以外に f(x)=0 も、この関数方程式の解になる。 それに、  (1)y'=f(y/x)  (2)y'=f(x/y) この微分方程式は、fが与えられないと、解けないって。 たとえば、  f(z) = z  f(z) = 1/z みたいに。。。 (I) f(x+y) = f(x)f(y) と (II) y'= f(y/x) では、fの意味が違うんじゃないの。 (I)の場合は、fが未知数だし、 (II)の場合は、yが未知数なんだから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 理解出来ました。

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

(2) を非線形だと思った理由はわかったけど, (1) を線形とした理由はないのか.... ところで, 微分方程式 y' = 0 が (2) の形で書けるとは思いませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • alice_44
  • ベストアンサー率44% (2109/4758)

関数等式を見て、そこから未知関数を決めようというのが、大間違い。 方程式を見てから未知数を決めたりは、しないものです。 例えば、2x+3y=1 の未知数は、x ですか? y ですか? 違いますね。先に未知数を決めてから式を立てるのでした。 未知数 x について 2x+3y=1 と立てたのなら、 未知数は x で、解は x = (1-3y)/2、 未知数 y について 2x+3y=1 と立てたのなら、 未知数は y で、解は y = (1-2x)/3 です。 関数等式も、先に未知関数を f と決めて f(xy) = f(x) + f(y) と立てるから、 解 f(x) = log(x) が求まるのです。 f(xy) = f(x) + f(y) を見てから どれが未知関数か決まる訳ではありません。 話の順番が、逆です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 >f(xy) = f(x) + f(y) と立てるから、 >解 f(x) = log(x) が求まるのです。 大きな間違いをしていました。 理解できました。 ありがとうございました。 微分方程式 (1)y'=f(y/x) (2)y'=f(x/y) についても教えて頂けないでしょうか? 以上、ご回答よろしくお願い致します。

  • 回答No.2

ちょっとだけ気になるから。 対数を取るので、 x、yの定義がいりますね? 忘れちゃダメよ~。 logx これは未知関数かなぁ? 底が10 なら、未知ではないだろうけれど。 今は a だよね。とすれば、aが定まっていないと、この関数は分からない関数、  極端な言い方をしたら、グラフかけないんじゃない? といえるんじゃない? a^x も同じ事で、 a が未知である以上、k(x)=a^x は 未知関数としていいんじゃない? 分かることと分からないことはきちんと分けておかないといけないと思うよ。 線形非線形は、No.1先生に譲る。σ(・・*)も聴きたい。 何故そう思うのかは聴かないと分からないかもね。  というより、解析の専門家さんに任せたほうがよさそう。  σ(・・*)代数だから。 (=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

簡単な最後のところだけ: これだけではわかりません. 逆に聞いてみます. あなたはなぜ (1) が線形, (2) が非線形だと思ったのですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 y'+(x/y)=1 という微分方程式が非線形となっていたので、 それに習いました。 間違いでしょうか?

関連するQ&A

  • 微分方程式 線形 非線形 その4

    与えられた問題の微分方程式が線形なのか非線形なのかは 理解できました。 >y についての微分方程式の次数は、 >y についての(代数的な)次数ではなく、 >{y,y',y'',y''',…}についての次数を見ます。 >それが 1 次式なら、線型微分方程式です。 と教えて頂き理解できました。 問題として当たったことはないのですが、 ・(y^2)’+xy=1は非線形微分方程式という認識で正しいでしょうか?    ・(logy)'や(siny)'などを含む微分方程式は非線形微分方程式と言う   認識も正しいでしょうか? 以上、何度も申し訳ありませんがご回答よろしくお願い致します。

  • 微分方程式 線形 非線形

    前回の質問の続きです。 前回の質問内容:http://okwave.jp/qa/q7818206.html ラプラス方程式が、2階線形偏微分方程式、 ポアソン方程式が、2階非線形偏微分方程式であることは 理解できました。ありがとうございます。 微分方程式で参考書やインターネットにあった線形微分方程式と 非線形微分方程式を以下に示します。 線形微分方程式 (1)y”+y’-2x=0 (2)y’+xy=1 (3)(x-1)y''-xy'+y=0 非線形微分方程式 (1)(y”)^2+y’-2x=0 (2)x(y”’)^3+y’=3 (3)y・y’+xy=1 上記、線形/非線形の分類に間違いはあるでしょうか? 非線形微分方程式の(3)y・y’+xy=1は、なぜ非線形となるのでしょうか? y・y’+xy=1⇒y’+x=1/y⇒y’+x-1/y=0は線形ではないでしょうか? 線形微分方程式(2)y’+xy=1も、xy’+xy=1となると非線形になるの でしょうか? ご回答よろしくお願い致します。

  • 関数方程式、微分方程式

    関数f(x)は、f(x+y)=f(x)+f(y)+f(x)f(y)を満たしている。 関数f(x)が、x=0で微分可能であるとき、 (1) 関数f(x)はすべてのxの値で微分可能であることを示せ。 (2) 関数f(x)を求めよ。 ※(2)はわかるので省きます。 y=0と置くと、f(x+0)=f(x)+f(0)+f(x)f(0)より、 f(0){f(x)+1}=0 従って、f(0)=0またはf(x)=-1 ●(i)f(0)=0のとき f'(0)=lim[h→0] f(h)/h = aとおくと、 f'(x)=lim[h→0] {f(x+h)-f(x)}/h =lim[h→0] {f(h)+f(x)f(h)}/h = a{f(x)+1} ●(ii)f(x)=-1のとき f'(x)=0より、微分可能。 f'(0)が存在するので、それを利用してf'(x)が存在することを示す、というのはわかります。 なぜy=0を代入するのですか? 代入すると上手くいきますが、必ずしもy=0でなければいけないのでしょうか?

  • 関数方程式 恒等式型

    関数f(x)はすべての実数x,yに対してf(x+y)=f(x)e^y+f(y)e^xを満たし、さらにx=0では微分可能でf'(0)=1とする。 (1)f(0)を求めよ。 (2)lim【h→0】f(h)/hを求めよ。 (3)関数f(x)はすべてのxで微分可能であることを、微分の定義にしたがって示せ。さらにf'(x)をf(x)を用いて 表せ。 (4)関数g(x)をg(x)=f(x)e^(-x)で定める。g'(x)を計算して関数f(x)を求めよ。 すみませんが、お願いします。

  • コーシーの関数方程式の解き方

    閲覧ありがとうございます。 実数R上で定義された連続関数fが f(x+y)=f(x)+f(y) を満たすとき、fはどんな問題になるか調べよ。 という問題、所謂「コーシーの関数方程式」の解き方なのですが、この解き方の中でm、nが整数のとき f(n)=f( (n/m) × m)=mf(n/m) という変形がなされていたのですが、どうしてこれが成り立つのでしょうか? どなたか分かる方解答よろしくお願いします。お待ちしています。

  • 微分方程式 線形 非線形 その2

    前回の質問内容で、 y・y’+xy=1 が非線形微分方程式であることは理解できました。 >yy' は、y と y' が 1 次づつの積で { y,y',y'',y''',… } については 2 次、 >xy' は、{ y,y',y'',y''',… } に含まれるのが y だけで 1 次です。 ご回答頂いた内容を整理している際に、疑問に感じた点があったので再度 質問させて頂きます。 y’+xy=1 は線形微分方程式ですが、 y’+(x/y)=1も線形微分方程式でしょうか? (x/y)は、yを1次として考えて線形微分方程式なのでは と考えたのですが、正しいでしょうか? 1/yは非線形になるのでしょうか? 同様に、 1/y’+xy=1は非線形微分方程式となるのでしょうか? 1/y,1/y’が線形なのか非線形になるのかがわかりません。 ご回答よろしくお願い致します。

  • 関数方程式f(x)=f(2x)の解き方が・・・

    閲覧ありがとうございます fはR上の連続関数とする、この時関数方程式 f(x)=f(2x) を解け。 この問題が分かりません。どなたか教えてください。よろしくお願いします。お待ちしています。

  • 微分方程式

    微分方程式は問題を解くやり方が異なると答えも若干ことなるのでしょうか? たとえば x^2*y'+y^2=0・・(1) y'=-y^2/x^2 z=y^2/x^2 ・ ・ としていけば y=cx/(x-c) となりますが (1)から  dy/y^2=-dx/x^2 ・ ・ y=cx/(x-c) また(1)から完全微分方程式とみなして x^2y+xy^2=c としてもいいのでしょうか? もうひとつ (x+1)y'=x+2y+3 という問いは y’-2y/(x+1)=(x+3)/(x+1) として一階線形微分方程式のように解くと y=(1/(x+1)^2)(x^4/4+3x^2/2+x+log(x+2)+c) とならないでしょうか?

  • 線形2階微分方程式と非線形2階微分方程式の違いは?

    数学用語の意味の違いがいまいちつかめません。 (1)【線形2階微分方程式】 未知数y(x)とその導関数y'(x),y''(x)についての線形の微分方程式    y''+p(x)y'+q(x)y=f(x) を 2階線形微分方程式という.最も簡単な例として d^2f(x)/dx^2=0 がある。 (2)【非線形2階微分方程式】 非線形2階微分方程式の定義がテキストには載っていなかったのですが、    y''+p(x)y'+q(x)y ノットイコール f(x) が非線形2階微分方程式ということでしょうか? (1)と(2)の違いがどこにあるのか、はっきりせずにモヤモヤしているので、 スッキリさせたいです。どなたか数学に詳しい方がいらっしゃれば、 どうかご教授下さい。よろしくお願いします。

  • 指数関数の連立方程式

    比を使った高校生の指数関数の問題なのですが、 参考書などを見ても全く解けず困っています。 x+y+z=12 2^(x-14):5^y=5^2y:10^(z+5) このような連立方程式でx,y,zの値を求めようとしています。 対数をとってみたのですが、うまく解けませんでした。 未知数が3つなのに、方程式2つで解けるのでしょうか? 回答よろしくお願いいたします。