• ベストアンサー
  • 困ってます

自然な意味での第2言語になりうるのは何語?

日本の教育制度では英語を今でしたら小学校から習います。 しかし、国内にいる限り使うことがないし、音や文法体系など違っていてアドバンテージは外来語が多い点と文字がアルファベットである点くらいです。あとほかのヨーロッパ言語よりは文法は簡単など。 英語はさらに音とスペルも違うことや普段接しないこともあって単語の定着率が悪いような気がします。 ドイツ人が英語をならうのと日本人が英語を習うのと定着率や難易度が違うと思います。 中国語、ハングル語あたりがまだ日本語と距離が近いというイメージです。 日本で生活していてとても日本語と英語が体系が違っていて距離が遠いせいか、日本語で没入して生活していると英語は覚えてもどんどん消えていきます。 初級中国語のリーディングは漢字なので割と頭に入っていきました。ハングル語はそれに比べて吸収が今のところ悪いです。 少し中国語には期待してます。このまま中国語のみひきあげるべきでしょうか。文法など近いハングル語が入ればとって変わるのでしょうか。また2つ目の言語は一つのほうがいいのでしょうか。それとも2つ以上だとかえって相乗効果があるのでしょうか。 ここに出た以外の言語で自然に第2言語的に使いこなせる言語ってあるでしょうか。 理想は2か国語以上使える人になることです。実質、日本語しか使えない人にならないように。

noname#209756
noname#209756

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数246
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

まずご質問中のあいまいな点を明確にしてみましょう。 「自然な意味での第2言語」ですが、日本で外国語を自然に覚えることは不可能です。(帰国子女とかご両親いずれかが外国人などを除いて)やはりそれ相当の努力が必要です。 そこで「言語間の距離」を考えてみます。例えばスペイン人がイタリアを習うのは日本人がイタリア語を習うより易しいとか、日本人にとって漢字は分かりやすいから欧米人より中国語が覚えやすいということですね。 確かに言語的に近い方が有利ではあります。 中国語は漢字の点でメリットがあり、ハングルは文法の点でメリットがあります。また同じアジア文化圏ですので共通する感覚もあるかもしれません。 しかしあくまで別の言語である以上「自然な意味で」というのは成立しません。 普段接することがないから上達しないというのは当たり前のことで、日本にいる以上どの外国語にも接する機会は少ないんです。 だから日常的に自分でその機会を作らないといけないんですね。 今は毎日英会話レッスンを受けることだってできます。毎日使えば上達します。 映画やドラマもありますし、特に英語ならあらゆるソースが落ちています。 何か月も何年も何かの言語に触れ続ける生活をしているとそう簡単には忘れませんよ。 次に「理想は2か国語以上使える人」ですが、「使える」とは何を指していますか? リーディングだけで良いとか会話重視とかいろいろあるでしょうが、一般的には読み書き・会話のどれもができないと「使える」とは言えませんよね。 2か国語以上使えるようになりたいのならやはり英語は多少なりともできる方が得です。 教材がぐっと増えますし、とりあえずのコミュニケーションが取れるからです。(英語が通じない国・人ももちろんありますが) 私は英語を学習した後スペイン語を始めました。比べて学習できるし単語も似たようなものがあり英語から受けたメリットは大きいものでした。 今中国語も学んでいます。欧米言語では文法や単語に共通性があるので学習方法にもパターンがありますが、中国語は全く別のアプローチをしなければならず、少々苦労しています。 ちなみに私は日常生活に外国語を活かすチャンスなど皆無です。 趣味です^^ ですけど、視野は広がりましたし、レッスンを通じて外国人の知り合いも出来ました。 せっかく中国語を学習されているなら会話ができるように練習しませんか? ある程度できるようになったらその時点で興味のある別の言語をやってみたら良いと思います。 加油!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おっしゃる通りです。 言語距離は優位にはなるものの自然に習得するまではいかないということですね。 ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 脳に適正な言語の使用(言語数、距離など)

    日本では日本語しか使わず、生活をしているひとが多いです。 世界では複数の言語を使って、生活されている人も多いと思います。 外国語の学習は認知症にならないとか、もしくは物事を一つでとらえないとかいろいろ言われます。 脳の機能的にやはり2つか3つくらいの言語を使用して生活するくらいが、本当はちょうどいいんでしょうか? また日本では世界でよくつかわれる英語が義務教育です。 しかし、英語に近い言語の人や旧植民地の人にはテストでも成績が及びません。 日本語を母国語にする人がたとえばハングル語を話すのと英語を話すのと文法などの差で使う脳の部分も違うそうです。また近い言語と遠い言語と習熟度もちがうそうです。 スペイン語などは日本人でも聞きやすいですね。 日本語を母国語にする人が普通に脳を活用度としてちょうどいいくらいって、適正ってどんなくらいなんでしょうか?

  • 日本語からスイッチしやすい言語って?

    日本語を普段話していて、スイッチしやすい言語とそうでない言語ってあるでしょうか? 仮の例です。 英語はいろいろ違うからしにくい スペイン語は普段使っている音に似ているからしやすい 中国語は漢字の部分が似ているからしやすい 朝鮮韓国語は文法が似ているからしやすい もしくは反対に違うからしやすい、似ているからしにくいなど どうなのでしょう?

  • 日本人は外国語を難しく考えすぎているのでは

    日本人は外国語を難しく考えているように思えます。外国語を覚えることは特別でないと考えてます。日本人ほど外国語がしゃべれないほうというのもどうかと思います。 英語というのは英語はヨーロッパの言語の中では確かに文法は単純ですが、ニューズウィークでは、4ランク中上から2番目で難しいほうですね。 原因は本で読んだのですが、0歳の時に使わない音が脳から飛んでしまうからとか、文字と発音が一致しないから母国語とする人ですら文字をかけない人がいるとか。 英語を得意なのは英語に近い言語を使う人々か植民地になった経験がある国だと聞いてます。 子供では日本人がいきなり英語を学ぶんではなくて、まずもっと難易度の低めの言語の入門など学んで外国語を学ぶとはどういうことかの勘をつかめばいいのだと思うのです。 もちろん、一つ外国語学ぶことはやはり大変ではあります。 実際、一般的に実用的なのは英語でまたは中国語だと思います。 リーディングは中国語は漢字で、リスニングだとイタリア語やハングル語は比較的聞きやすいと思ってます。 子供であれば、入門を作るとしたら何語を学んだらいいのでしょうか。 大人としても日本語以外使えるようにとして、 ・イタリア語など聴きやすい言語を習得して、英語にも言語体系など似ているので相乗効果をださせる か。 ・もしくはリーディングで中国語を学んで多少実用的に使うのか といった戦略が思いつくのですが、どう思われますか。 リスニングのほうが脳の処理が単純と言われて、リスニング優位な言語だとなんとなく個人的感想では、試してみたのですが、普段からシャワーしても抵抗感がなく、単語も覚えていける気配を感じてます。 イタリア語を学んでイタリアのヤフーのポータルサイトなど読んだりすれば、楽しめそうです。 私はまず日本語以外を一つ覚えたいです。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
noname#201242
noname#201242

今の日本で自然な意味での第2言語というのは無理だと思います。 日常で母語以外の言葉が必要な環境ではないから。 ※そういう環境で育った人を除く。ただし、バイリンガル・マルチリンガル環境で育てば誰でも同じように複数言語が身につくわけではないし、途中から入れば子供でも苦労するそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.4

もし生活の中で複数言語に触れるだけなら 今すでに十分多言語生活ですよね。 多言語生活のイメージがはっきり分かりません。 またどうしてそういう生活を望まれるのですか? どの言語に興味があるのかも良く分かりません。 やっぱり興味がない言語だと勉強できないのではと思います。 どの言語が興味があるんでしょうか? 韓国語は日本語が学習するにはとても簡単だと聞きますが 私自身はハングルが覚えられなかったのと、韓国にそんなには 興味がなかったので覚えられませんでした。 私も他の方と同様に英語はまず必須だと思います。 母語+英語は全ての柱になると思うので。 中国語も漢字なのでパッと見はとっつきやすいです。 ただ読むことができなくても、聞き取ることができなくても 文章は読めてしまうのでそういうふうに錯覚してしまいがちです。 発音は難しいですよ。 日本人はリーディングはできても聞こえない&話せない人が多いです。 やっぱり興味がないと勉強しませんし 必要に差し迫らないと身に付きません。 多言語生活がどんなイメージなのか気になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私も韓国語のイメージは同じです。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.3
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (14991/31997)

    ことばは、「話し言葉」で、一部に「書き言葉」を有する言葉もあり、死語の場合は書き言葉だけが残っています。ご質問に出てくる言語はすべて標準語と、正書法があります。     したがって4つの物差しが出来ます。 1。聞いて分かりやすい 2。喋るのがやりやすい 3。読むのが簡単だ 4。書くのが易しい     で漢字はハングルより学習年数が長い、と34で、第2言語候補に挙がっても、日本の学校で習う漢字は、読みも意味も今の中国語と違いますし、個人差の大きい12の部門での比較は出来ません。     ご質問に「理想は2か国語以上使える人になることです」とありますが、鍵は「使える」とは何か、でしょう。日本人はすべてX語を第2言語にすべきだ、とは簡単に決められないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

良い整理ありがとうございます。 わかりやすいです。

  • 回答No.2

確かに似ている言語を学習するのは、似ていない言語よりは効果的なこともありますね。 ただ、ヨーロッパ言語と比べると、日本語、中国語、韓国・朝鮮語は、別の系列言語なので、似ているところもある程度の話で、学習言語の選択を理由にはしないほうがいいと思いますよ。 国内にいると、外国語を使う機会がないので、上達がままならないのも事実ですが、それでもマスターして不自由なく会話が出来る人がいるのも事実です。やはり、自分で積極的に使う機会をつくるのが大事なんでしょう。 それと一番大事なのは、外国語をマスターして何をしたいか、目的をしっかり持つことが必要です。せっかく外国語をマスターしても、何に使うの?というのでは意味ありません。 その意味では、難しくても、目的に合った言語を学ぶのが一番いいと思います。 余談ですが、先日、帰国子女(バイリンガル)の子たちと話していたんですが、彼女たちの一番の悩みは、日本語と英語を話せるだけしか能がないことだそうです。バイリンガルであることを何に活かすのかの目的がないため、会社で便利屋さんとしてしか扱われていないらしいです。 バイリンガルじゃない身からすれば、贅沢な悩みですが...。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

おっしゃる通り、ヨーロッパ言語に比べて遠いですよね。 それが選択の理由にしないほうがいいというのも参考になります。使わないと上達しませんし。 ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • kanakyu-
  • ベストアンサー率30% (1916/6194)

似てる言語は、やっぱり習得しやすいと思います。 英語をやったあと、今フランス語をやっていますが、名詞などはとくに、ほぼ同じ言葉であることも多いので、 最初にフランス語から入った日本人よりも、ずっと早く覚えられるように思います。 スペイン語はさらにフランス語に近いらしくて、スペイン語圏の生徒の上達ぶりはすさまじいです。 日本語に近い言語って、ないですよね。かろうじて韓国語がそうかもしれません。 日本語とまったく同じ意味の言葉も少しはあるみたいです。 中国語は、北京語ですよね?  広東語は繁体字が日本の感じに似ているけれど、基本的に話し言葉で、 外国人が学びやすいようにあんまり整備されていないみたいです。 だから、広東語話者が日本語を習うのは簡単だけど、その逆はもっと難しいと聞きます。 わたしは、日本語に似ているかどうかで、第2言語を決める必要ないと思います。 好きなのをやればいいかと。 日本にいると英語を使う機会がないですよね。わざわざ自分で見つけることが必要になりますね。 外国人ルームメイトと、ルームシェアして暮らしたりするのがいいんじゃないかと思います。 それか、ランゲージエクスチェンジパートナーを探すとか。 キリスト教会の日曜礼拝にも、外国人が多く来ている所があるし、英語のクラスをやってるところもあります。 日本にいる外国人で、日本人の友達がほしい人もいるはずですから、探して見つからないこともないと思うんです。 英語で探せば情報は見つかりやすいですよ。 国際交流センターでは、留学生のホームステイ受け入れを探しています。 私も日本にいたときやっていました。留学生は日本語を話したいし、ある程度できる人です。 外国人のための、生活や病院などの通訳サポートボランティアさんの募集もやっていましたよ。 あと私は、ウルティマオンラインっていうオンラインゲームで、日本のサーバーで少し慣れたあと、 アメリカのサーバーをわざわざ選んでプレイしてました。 チャットとはいえ英会話ですし、相手は人なので、バーチャル海外生活のような気分でした。 チャット用語もその時にいろいろ覚えました。 すくないけど日本人居ました。同じ理由で、英語の練習のためでした。 ゲームはろくすっぽやらず、しゃべりにばっかり行ってました。 インターネットも世界とつながっているし、Yahoo!Answersのような、 このサイトみたいな英語のサイトに登録して話をしてもいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり言語距離が近いとアドバンテージはありますね。 ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 英語の文法の知識を応用できる言語

    日本の教育では母国語の日本語以外は英語が義務教育です。 欧州の言語はいろいろありますが文法の面で、英語の文法の知識を応用しやすいといえば、どの言語になるのでしょうか? 欧州の言語はドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語、北欧の言語など。

  • 2言語で生活する

    日本人にとって、無理なく言語を使用するとすれば、英語か中国語になると思います。 仮説の要因 英語は学校で中学から習ってますし、サイトの閲覧など機会を作れます。 中国語は漢字が読めるので、単語力の維持・拡大に無理がない。 こう思うのですが、実際英語で実践していてうまく頭に入りません。文章も上滑りです。 単語力を自然に増やしたいのですが、読んで知らない単語を見るごとに単語帳か何か作れば、英語がその存在になるのでしょうか。 英語の性質が音と文字が一致しない点をあると思います。 簡素に進化させたため、壊れているというような記事も読みました。 ある言語を学んで使用することで英語力を増やせるというのも手だと思います。 あと日本語で考えたり本をよく読んだりしますので、なかなか違う文字体系な頭に維持しにくいです。

  • 文法が難しい順なら、英語→日本語→中国語?

    日本語は難しいという、意見を、よく聞くが、 文法に関しては、日本語より英語のほうが難しい。 日本語と英語と中国語、その3つの言語を、 文法が難しい順に並べると、英語→日本語→中国語だ。 知人の、ネパールのオジサンが、そう言っていましたが、 ネパールのオジサンの、発言内容は、正しいと思われますか? フランス語、ドイツ語、など、他のメジャーな言語を含めて、 文法が難しい順番に並べると、どういう順番に、なりますか?

  • 治安のよい言語は何語でしょうか?

    こんにちは、 日本語、英語に続く第3カ国語を学びたいと思っており 中国語を考えてましたが、中国は危険だというのも聞いて、 中国以外の言語にしたいと思うようになりました (もちろん中国に留学される方だって多いと思いますが) 何語を、どこの国で学ぶのか、悩んでいます 学ぶからには、その言語が話されている地域に留学・・ というかそこにしばらく住んで、まるごと体験してきたい という気持ちがあります 女性で、弱そうに見えるため、治安のいい国ではないとと考えています (留学できるような)治安のよい(国で話されている)言語は何語でしょうか? 英語・日本語・中国語以外でお願いします。

  • ある国におけるその国の言語を母語としない者への言語教育

    よくわからないので教えてください。 日本語を母語としない者への日本語の教育は、日本語教育と言いますよね。 例えば日本に来た留学生に日本語を教える場合、これは日本語教育ですよね。 では、ある国の言語を母語としない者に対し、その国の言語を指導する教育を一般的に何教育と言いますか? 例えば、イギリスにおいて英語を母語としない人に英語を教育する、 中国において中国語を母語としない人に中国語を教育する、など。 日本と同様に各々の国でそれぞれ英語教育、中国語教育、と呼ばれているのですか? それとも何か一般的な言い方がありますか? わかりにくい質問文ですが、ご存知の方がいらしたら教えてください。

  • 日本語のような言語はほかにありますか?

    日本語は母音を中心として話されているのだと聞きました。 逆に英語などは母音のバリエーション(組み合わせ?)も豊富でかつ、子音もたくさんあります。 世界的に見ると、普通は英語のような構成の言語が多いのでしょうか?日本語のような言語は稀なのですか?また、日本語のように母音を中心とする言語、子音が日本語と同等、もしくはそれ以下の数しかない言語は他にありますか? 文法ではなく、母音・子音など、基本的な要素の観点からお願いします。

  • 日本語より難しい言語ってある?

    日本語ってバラエティ多いですよね、外国語を自分があまり知らないのでそう思うだけなのでしょうか。 否定の場合 <英語>   NO <中国語>  不 <日本語>  いいえ、ちがう、ちゃう、ちゃうわ、ちがうわ、いや、       ないない、ちゃうやろ、違います、違うでしょ、違うと       思います 英語や中国語、韓国語の簡単な会話を聞いてると単語の羅列みたいで文法パターンがあまりないように思うので、不便なんじゃないかとたまに思います。 どー思いますか? 日本語ってすごいむずいと思います。でもバラエティが多すぎて、言いたい内容があっても失礼なパターンと丁寧なパターンがあるので使い分けるのが不便ですね。

  • ヒッポファミリークラブの多言語習得のプロセスは?

    ヒッポは「赤ちゃんのように」と宣伝していますがよくわかりません。 母親役がいないのに本当にちゃんとした外国語(しかも多言語)が習得できますか? 脳科学者やアメリカの言語学者がなぜかよく出てきますが、日本語しかできない人が英語やハングル語、ベトナム語などを新たに習得するのに、何か関係があるのでしょうか。 (「なんとなく分かる」とか「聞いたことある音が増える」などというのはその言葉を使いこなせない人の感想に過ぎないので、科学的な説明をお願いします)

  • 役に立つ言語

    これからの時代この言語を話せると良いという言語を教えてください。難易度も記してくれるとありがたいです(日本語と発音、文法が似てるなど)意外とこの言語もなどの穴場的なものもあったら教えてください。よろしくお願いします。

  • 「誰が何を食べる?」について。

    今中国語概論を勉強しています。 「誰が何を食べる?」って日本語では通じますよね? 他の言語では疑問詞を2つ同時に使えるのでしょうか。 日常会話的に言えるのか、それとも文法的にも正しく言えるのかどうか調べています。 例えばwho is what?はいえないと思うのですが‥ こういう場合、英語はなんて表現するのですか? 教えてください。 英語の他の言語でも知っている方協力お願いします。

専門家に質問してみよう