• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

radikoを店舗内で流しても著作権違反でないか

radiko(民放)や、らじる★らじる(NHK)の音声を、家庭用PCで受信して店舗内で流す場合、著作権法38条3項は適用されますか? もちろん、録音などをせずにそのまま店内に流す場合です。 著作権違反にならないだろうとは思いますが、いまいち確信が持てません。 (営利を目的としない上演等) 第38条 3 放送され、又は有線放送される著作物(放送される著作物が自動公衆送信される場合の当該著作物を含む。)は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。

noname#189769
noname#189769

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

結論は、「少なくとも営利目的と見なされるので、第38条3項の前段の条件を満たさない」と考えられます。「店舗内での」同時再送信ですから、何らかの事業に利していると考えられます。 すなわち、第38条3項の前段の「営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。」の適用外に該当すると考えられます。また、いったん録音し、複製・再送信することは、ご指摘のように、認められていません。 本来、「放送」は放送法でうたわれるように、「公共の福祉のために、あまねく日本全国において受信できるように」という目的を達成する方向で考えられていますので、非営利・無料なら、公の伝達が認められているわけです。 まず、第38条3項後段で、「通常の家庭用受信装置」というのは、一般の電器店などで販売されているラジオ受信機で、いわゆるラジオ、カセットラジオ、携帯ラジオ、などの比較的低音質である機器が想定されています。こうした受信機を使う場合においては、「営利目的の場合」や「料金を徴収した場合」でも公に伝達できると規定しています。 ご質問のradikoやらじる★らじるも、以前は無かったネットでの放送で、放送事業各社が提供する「放送」には違いないでしょう。目的も難視聴地域の解消という公の名分があります。したがって第38条の適用も当然でしょう。 さて、第38条3項後段の適用という観点では、「通常の家庭用受信装置」を用いた公の伝達は、同時再送信であれば、営利目的であっても、料金を徴収をしても認められています。 ちなみに、第38条3項の解釈で、「通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。」を、 通常の家庭用受信装置を用いてする場合にも、「営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない」場合だけという条件が適用される、と誤って解釈されることが多いのは有名な話です。 ここで、前段にある条件は、後段の「通常の家庭用受信装置を用いてする場合」には適用されないのです。あえて、家庭用受信機と別に規定している背景です。 ただし、法学者の一部には、この条文が分かりにくいこともあり、法律として妥当ではないという批判もあります。 ところで、ご質問は、第38条3項の後段が前提とする一般的な家庭用受信装置ではなく、「家庭用PC」ということですから、その条件ではこの後段の条文は適用できないと考えられます。 そこで、第38条3項の前段に立ち戻って考えることになります。「営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。」とありますが、ここでいう「受信装置」は、後段の「家庭用受信装置」と対比されているので、当然ながら、事業用とか、高音質とか、大規模な受信装置を想定しています。その場合には、別途、放送権や有線放送権がかかわって来るので、非営利・無料といった条件が課せられてくるわけです。 実際に、家庭用PCであっても、デジタル技術の進歩があり、高音質の受信・同時再放送が可能になっています。このことは一般の音楽放送の録音などで、私的使用であっても補償金制度の対象になっている現状があることはご存じの通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい回答、ありがとうございます。 確かに、家庭用PCが家庭用受信装置に当たらない可能性は十分にあると思います。 その辺り、私の解釈が誤りということでしたか・・

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

本来のラジオ放送なら営利目的でも家庭用受信装置を用いれば店内で流せますが、radikoは放送ではなくほぼ同時にインターネットに再送信する「自動公衆送信」の扱いです。 IPサイマルラジオを放送や有線放送に含めるよう拡大解釈できる可能性もなくはないので一応グレー。含めるとしてもインターネットラジオにテレビやラジオのような専用の家庭用受信装置は存在しませんしね。パソコンは無理がある。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございました。 パソコンでは無理ですか・・

  • 回答No.2
  • f272
  • ベストアンサー率46% (6977/14859)

「radiko」や「らじる★らじる」は放送でも有線放送でもありませんから著作権法38条3項は適用されません。 また店舗内で流す場合は営利を目的としていますから、この点からも著作権法38条3項は適用されません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございました。

  • 回答No.1

グレーだね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • インターネット配信でのラジオやテレビの横流しについての質問です。

    インターネット配信でのラジオやテレビの横流しについての質問です。 著作権法38条3項(営利を目的としない上演等)には、 「放送され、又は有線放送される著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、受信装置を用いて公に伝達することができる。通常の家庭用受信装置を用いてする場合も、同様とする。」 と定められています。 土肥一史「知的財産法入門 第12版」によると、「放送・有線放送される著作物は、(中略)非営利で無料の場合には、受信装置により自由に、公に伝達することができ、通常の家庭用受信装置を用いて伝達するときは、たとえ非営利でなくても、すなわち食堂で客に観覧させるような場合でも、伝達権は及ばない」とあります。 最近、インターネットで個人のストリーミング配信(ニコニコ生放送やustream、peercastなど)が増えていますが、この条文から解して、放送・有線放送にあたるラジオやテレビの放送は、そのままオンタイムで、CMもカットせずに流すのであれば横流しが可能であるように思えます。 それともこのいわゆる「横流し」は著作権法に抵触するものなのでしょうか。 質問文が拙くて大変申し訳ございません。ご教授お願いいたします。

  • 著作権について

    大学の文化祭で上映会を計画しています。調べていると、レンタルDVDは上映できないということが書かれているのですが、著作権法第38条には 「公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金 (いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。 以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。」 とあります。これにはレンタルDVDは含まれていないのでしょうか。 また、youtubeにアップされているドキュメンタリー番組をプロジェクターを通じて上映することは著作権に反することでしょうか?

  • 図書館が著作権違反にならない「明確な」根拠

    図書館と著作権法についてです。 一般的には、図書館は著作権法に違反しないと言われますが、その明確な根拠は何でしょうか? 確かに、法38条では 「公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。 」 となっています。 なので、本やCDの貸し出しも、DVDを見せるのも、絵本や紙芝居の読み聞かせも、合法だと聞きます。 しかし、図書館に対してこの条文を適用することは、本当に出来るのでしょうか? 例えば、図書館のサービスが充実しているという理由で、その自治体に移り住む人がいれば、自治体の税収が増えます。 なので、「営利を目的」としていると見做す余地はありませんか? また、絵本の読み聞かせでは、司書に給与を払って朗読会を開催しているので、「当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合」に当てはまらないでしょうか? 同様に、本の貸し出し業務をする職員に対しても、給与を支払っていますし。 もしかしたら、私が法38条の解釈を間違えているかも知れませんが・・ 分かりやすい説明をお願いします。

  • ネット上に映画などをアップロードするのが違法な理由

    ネット上に映画などをアップロードするのが違法な理由 著作権法第38条に「公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。」 とあるので、営利目的でなければ違法でないと解釈できるのに 明らかに営利目的でないネット上に映画などをアップロードするのが違法である理由は何ですか? 教えてください

  • DVDの無断上映

    市販されているDVDのパッケージを見ると、「著作権者などの許可なく家庭内の私的視聴以外での上映(無償・有償にかかわらず)は法律で固く禁じられている」などといった文言がみられます。しかし、著作権法38条をみると「公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。」とあり、非営利・無料での公開は違法ではないように思われます。上記パッケージにある「法律」とは何を指しているのでしょうか?また、違反した場合は、刑事罰・民事罰の対象になるともかかれているものもありますが、本当なのでしょうか?

  • 著作権では、営利を目的としない上演等(38条)があるのですが、ニコニコ

    著作権では、営利を目的としない上演等(38条)があるのですが、ニコニコ動画やYOUTUBE等で動画が削除される事が許されるのは何故でしょうか?投稿者が広告等で収益がある訳ではないのに。そもそも許されることなのでしょうか?

  • 文化祭の演劇の著作権

    高校1年生の者です。 文化祭のクラス劇で劇団四季の「wicked」を上演したいと考えています。 1.営利を目的としていない 2.聴衆又は観衆から鑑賞のための料金を取らない 3.演奏したり、演じたりする者に報酬が支払われない これらの条件を満たすならば著作権者の許諾なしに上演が可能と複数のウェブサイトで見かけ、今回の場合条件を満たしていると思われますが、過去に文化祭の演劇(条件満たしている)で学校が訴えられた事例を知っているので以下のことが著作権に違反していないかご意見を頂きたく書き込みを致しました。 ・2時間余りの劇を1時間に短縮(音楽短縮含む) ・シナリオ、脚本は四季の劇を参考に極力忠実に再現する ・音楽は四季版のCDを使用 ・舞台、衣装は四季の劇を参考に劇のイメージを壊さないように可能な限り再現 ・上演は文化祭のある2日間のみ ・パンフレット(学校内でのみ配布)、看板などは四季の広告を参考にする 念のため許可を取るつもりですが新しい作品ですし、許可を頂けるかどうか…(可能だとしてもあくまで‘黙認’の形でしょう)。 また許可を取る際は四季にのみ問い合わせれば良いのでしょうか。 著作権に関しては分からないことばかりで…助言宜しくお願いします。 長文駄文失礼致しました。

  • 町会の文化祭でのビデオ上映について

    居住地区の文化祭で ビデオの上映会を計画しています。 参加無料で主に付近のお年寄りに楽しんでいただくことが目的です。 10数人から、おおくて30人ほどの規模になろうかと思います。 著作権法第38条を確認し 営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金は徴収しないので 違反にはならないと解釈しましたが間違いないでしょうか。 ただ第38条(4)に「映画の著作物を除く」という文言がありますが 映画のDVDはダメだけど、たとえば落語のDVDとかならOKということでしょうか。 また町会役員が所有しているDVDを予定していますが レンタルしてきたものでも大丈夫でしょうか。 ご回答いただけたらと思います。 よろしくお願いいたします。

  • 著作権法第35条の解釈は?

    著作権法第35条における 『営利を目的としないその他の教育機関』 とは、具体的にいいますと何を指しますか? 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 【著作権法第35条】  学校その他の教育機関(営利を目的として設置されているものを除く。)において教育を担任する者は、その授業の過程における使用に供することを目的とする場合には、必要と認められる限度において、公表された著作物を複製することができる。ただし、当該著作物の種類及び用途並びにその複製の部数及び態様に照らし著作権者の利益を不当に害することとなる場合は、この限りでない。 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

  • 著作権の制限 について

     現在、学校でスライドショーを制作しています。その中には(市販の)楽曲を使用しているのですが、仮にこのスライドショーを配布することになると、著作権や著作隣接権が関わってくることは承知しています。 JASRACの公式ホームページでは、スライドショーに関しても著作権料の支払いをすすめていますが...ふと気になることがありました。 もしも、そのスライドショーを完全に無料(=非営利)で製作した場合、著作権法の「第八節 権利の制限(営利を目的としない上演等) 第三十八条」により、著作権料、著作隣接権料を支払う必要が無くなるのではないかと疑問に思いました。 参考→ http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime7.html (引用) 「公表された著作物(映画の著作物を除く。)は、営利を目的とせず、かつ、その複製物の貸与を受ける者から料金を受けない場合には、その複製物(映画の著作物において複製されている著作物にあつては、当該映画の著作物の複製物を除く。)の貸与により公衆に提供することができる。」 という記述が見受けられます。 スライドショーの映像自体の著作権は、製作者である当人にあるため問題なく、営利目的でないため楽曲も「著作権の制限」により利用出来るのではないでしょうか。 もちろん、楽曲自体にエフェクトなどの処理を施さずそのままの状態です。この場合、楽曲を改変したとは言えないと思います。 また、著作隣接権についても同様のようなので、完全な非営利目的で自分で制作したスライドショーに、果たして著作権料等の支払い義務が生じるのでしょうか。 参考→ http://koenkyo.org/chosaku/chosaku4.html ※DVDのディスクも、各自で持ち寄ってそれにデータを書きこむため、一銭たりとも金銭の受け渡しはありません。