• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

wouldの用法

He would buy the expensive car. この文のwouldの用法についての質問になります。 回答としては以下の(3)の「彼はどうしてもその高級車を買おうとした」ということらしいのですが、wouldの各用法と照らし合わせて考えた時、どれもあり得る気がしました。以下に自分なりに用法を整理してみました。 (1)willの過去形としてのwould これは I thought he would buy the expensive car (彼はその高級車を買うだろうと思った)として使われ、過去形の文でよく用いられる(時制の一致)。 (2)過去の習慣 「彼はよく高級車を買ったものだ」と考えることもできるが、そのような人はあまりいないので文脈の中で可能になる。 (3)過去の意志 一応これが正解で「どうしても~しようとした」。否定語とともに使われることが多い (4)丁寧な表現 これは頼むとき?などに使うのだろうから除外。 (5)willよりも弱い推量 willによる「彼はきっと買う」という強い断定を避けて、婉曲して「彼はその高級車を買うだろう」としている。 (6)If文を伴わない仮定法(上の(4)に近いかも?) 「彼なら高級車を買うでしょう」 ―――――――――――――――――――――――――― (1),(2),(3)に関してはそう記述されてあったのですが、(4),(5),(6)に関しては自分の認識がそもそもあっているかどうかということ、また文脈の中で用いられれば十分可能なのかという2点について疑問です。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数3
  • 閲覧数139
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

He would buy the expensive car. このwouldという「過去形」を使っているので、彼が高級車を買うことには、距離があるというのが私の認識です。この文だけだされたら、彼は高級車を買いたがっているけど買えないとか、彼だったら買うのにとか、ストレートに彼が高級車を買うという表現とは距離を持った意味になると思います。 (1)のような時制の一致の場合はwillと同等に考えてよいのですが、純粋にwouldを使ってくる場合は、この「距離感」がありますので、ご指摘のカテゴリーに入れるとすれば(3), (6)の意味あたりになりますね。そのあたりがネイティブの認識だと思います。 ★(1),(2),(3)に関してはそう記述されてあったのですが、(4),(5),(6)に関しては自分の認識がそもそもあっているかどうかということ、また文脈の中で用いられれば十分可能なのかという2点について疑問です。 →私なら(6)がパッといいかなと思います。(3)もありですが、この彼が金持ちかなと思ってしまったからかもしれません。逆にお金がないのに1000万円のポルシェに手を出そうとしているなら(3)ですね。つまり、heがどんな人かによるような感じがします。(2)はありえるかと思いますが、その他は考えにくいもしくは考えられないと思います。 以上、ご参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

過去形だと距離があるんですね。ありがとございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • bakansky
  • ベストアンサー率48% (3503/7246)

> He would buy the expensive car.  普通にこの文だけを見れば、「彼は高級車を買うだろう」 と解釈できると思います。  ただし、いきなり 「彼は ・・・ 」 と語り始めることは普通はないわけで、その前にいろんな前提があるはずです。文章であれば文脈というものがあります。それらの中にその文を置いてみないことには、はっきりしたことは言えません。  たとえば、A君は失業していて、手持ちのお金がない。But he would buy the expensive car. という流れなら、「それでも高級車を買おうとしているんだ」 という解釈も成り立たないこともないかもしれません。  このような文の場合は、単独の文だけでは判断ができない場合がありそうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やっぱり文脈によってある程度変わるんですね。ありがとうございました。

  • 回答No.1

英語圏で暮らして20年。人生の半分以上こちらにいます。 最初に書いた文のWouldの認識は(5)と(6)です。 「彼だったら高い車を買うだろう」 になります。どうしても高い車を買おうとした、というニュアンスにはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 引き続きwouldについての質問です

    wouldはwillの過去形ですが、(1)He would be 80 years old now.とすると(弱い現在の推量)の意味になると習いました。例えば、(1)文中のnowをat that timeとして(弱い過去の推量)にする時はHe would have been 80 years old at that time.となるそうです。 一方、He would be 80 years old when he died.この文は過去の文で弱い推量ではないらしいのですが、これはHe will be 80 years old now.のような文をそのまま過去時制に(時制の一致?)ズラしたと考えて宜しいでしょうか?つまりwould(推量)を現在時制として使うと弱い推量になり、過去時制として使うとwillと同じくらいのやや強い推量になると考えて正しいでしょうか?

  • 過去の単純未来や意志未来 would

    We thought he would be late. 彼は遅れるだろうと私たちは思った。 推量を表す。must-will-wouldの順で可能性[確実性]が低くなる。 と辞書にのっていますが、例文の場合は時制の一致を受けてのwouldなのか、可能性が低いことによるwouldなのかどうやって区別するのでしょうか? 例えばmust高-will中-would低だとして、可能性が中だとしたら We thought he will be late.という英文は文法上正しいのでしょうか? Most cars would have got stuck by now の場合も過去からみた未来だからwouldなのか?可能性が中だとしたら Most cars will have got stuck by now は文法上良いのでしょうか?

  • 節のなかでのwouldの読み取り方について

    従属節のなかでwouldが使われた英文を読むとき、 仮定法なのか時制の一致なのか、それとも過去の習慣を表すのか いつももたついてしまい、もどかしさを感じてしまいます。 例えば、次のような文章を考えます。 I thought he would come here. これは、次の3つの観点で解釈し得るかと思います。  (*)もし非文があったら、ご容赦ください。 (1)仮定法として読み取る場合    I thought he would come here. 私がそのとき思ったことですが、彼だったら、ここにくるだろうと思った。    (*)これは、もとは『I think he would come here.』を、過去にした状況と思っています (2)時制の一致として読み取る場合    I thought he would come here. 私がそのとき思ったことですが、彼は来るのだろうと思った。    (*)これは、もとは『I think he will come here.』を、過去にした状況と思っています (3)過去の習慣として読み取る場合    I thought he would come here. 私がそのとき思ったことですが、彼はよくここに来たものだと思った。    (*)これも、(1)と同じくもとは『I think he would come here.』を、過去にした状況と思っています 文脈や前後関係で読み取るというのは、もちろんあるかと思いますが、 wouldが出てきたときに、上記の(1)~(3)のどれが適切な読み取り方なのか、 もう少し深い理解にもとづいての自然な読み取り方法があるのではといつも思ってしまいます。 wouldが出てきたときには、どの様な観点で読みとると自然で見通しのよい読み方ができるのか、 よろしくご教示ください。

  • would 推量の用法

    wouldにおいて、「~だろう」という推量の意味を見かけます。 推量の助動詞must ~に違いない may ~かもしれない will ~だろう(would willの控えめバージョン)という具合に。 和英辞典で調べると、推量という項目も設けてあります。しかし、英英辞典 ロングマン、オックスフォードではそのような項目が見つけられませんでした。そこで思ったのですが、この用法は一般的に有名な仮定法の用法なのでしょうか。 ロングマンでのwouldの意味 used to talking a possible situation that you imagined or want to happen 想像した、起こってほしいと望んだ可能な状況について話す時に使う 仮定法の意味で、さらに例文もほとんどifがあります。if無しもあります。 和英辞典の推量の意味での例文 This much would be sufficient.これだけあれば十分だろう これだけあれば十分だろうと想像し、その状況について話す。 推量などと言われるwouldの用法はここから来てると考えてよろしいでしょうか。ある意味、仮定法のifの省略された形。 ちなみにwillはused to say that something is trueと推量であると分かる項目があります。例 that will be Tim coming home now. ロングマン http://www.ldoceonline.com/dictionary/would ほとんど同意を求めるだけの質問です。自分の心ではまとまっているので、あまり深く考えずに。

  • Wouldについて

    He said "I will do it" 以下の文書を""を付けないで文章に直すと 以下のようにwouldになるのでしょうか? wouldにすると意味が「推量」「するかも」 のように意味に変わるのちがうような気がします。 He said that he would do it. よろしくお願い致します。

  • wouldについての質問です

    wouldはwillの過去形ですが、(1)He would be 80 years old now.とすると(弱い現在の推量)の意味になると習いました。例えば、(1)文中のnowをat that timeとして(弱い過去の推量)する時は一体どのようにすれば良いのでしょうか?お知恵を頂きたいと存じます。

  • 主節が形は過去形だが意味は現在の場合の時制の一致

    <仮定法の条件節の動詞・帰結節の助動詞や、could(推量・~かもしれない)、would(推量・~かもしれない)、 may have p.p(~したかもしれない)、had better do>などは、形に過去形(の要素)が使ってあるが、 意味は現在の推量や現在の義務ですよね? これらを主節にとると、従属節の動詞は時制の一致をするのでしょうか? 例えば、「彼は「自分で来れる」と言うだろう」は、 He would say he will come by myself. になるのか、 He would say he would come by myself. になるのか?ということです。 上に挙げた< >のすべてについて、どうなるのか分かる方いらしゃいましたら 回答をおねがいします。

  • 「過去の推量」は「will have done」「would do」「would have done」のうちどれ?

    お世話になります。 よろしくお願いします。 「過去の推量」についてなのですが、例えば 「一昨日彼は彼女と会っただろう。」という英文は (1)He will have met her the day before yesterday. (2)He would meet her the day before yesterday. (3)He would have met her the day before yesterday. のうち一番適切なのはどれでしょうか? 辞書では(1)「will have done」(2)「would do」(3)「would have done」 が全て「過去の推量」の意味があるような感じで迷っています。 (1)、(2)、(3)のうち「過去の推量」で一番良く使われる表現はどれでしょうか? (1)、(2),(3)の表現の違いやもしも不適切な表現などありましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • wouldの用法について

    I would hope that British understanding of the didtinctive traits exhibited by American people will make easier the cooperation between our two nations on which the peace og the world depends. 上の文のI would hope のwouldは何を表しているのでしょうか。仮定過去でしょうか。もし仮定法過去だったらどのように訳出すればよいのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • couldとwouldについて

    次の文はmanned expedition to Marsについて書かれた科学エッセイのものです。 (A)We could build vehicles to carry humans to Mars now, but the journey would be like making a long trip by driving a very old car likely to break down immediately. (B)Thought Mars is quiet and seemingly unproductive, humans could change that in the next century. 1)まずこれらの文章で用いられているcouldですが、これらのニュアンスを考えた時に、 http://www.e-bunpou.net/jodousi-could.html こちらには仮定の能力「~しようと思えばできる」という項目があって、「作ろうと思えば作れる」という訳はぴったりです。 http://www.ravco.jp/cat/view.php?cat_id=4968 一方こちらでは仮定の能力という項目はなく、現在・未来における可能性「ひょっとしたら~かもしれない(可能性はmay>might>could)」というのがそれに近い解釈になっています。 他のHPを探しても後者の解釈が多く、前者はあまり書かれていないように感じました。実際には似たような概念なのかもしれませんが、少し違うように感じます。 I could make it.でも「もしかしたらできるかも」と「やろうと思えばやれる」では異なります。ここらへんはどうなっているのでしょうか? 2)(A)と(B)のcouldはそれぞれどう訳しますか? 3)(A)のwouldは推量willの弱い表現ですが、筆者がwillを使わないのは断定を避け、ある程度の客観性を保つためですか?willではなくwouldを使う気持ちはどういったものなのでしょうか? 参照したページにはwillは95-100%、wouldは90-95%とありました。推量willの婉曲ではあるにしても強めの表現のようですが。