• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

推量のwill

He will have arrived there by now 彼は今までにそこについていただろう。 推量のwillと説明されているのですが、推量というとwould could やmayなどが思い浮かびます。 これらを用いるのは駄目なのですか?He would have arrived there by nowなど またI think He have arrived there by now にして同意となりますでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数238
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

He will have arrived there by now 彼は今までにそこについていただろう。 「着いただろう」という訳がしっくりきません。will は未来の推測を言いますので、「もうすぐ着くだろう」になります。語尾の now は very soon など未来の意味になります。 wouold は推量の意味が強く表現されます。文脈や口調によっては「もう着いてもいい頃なんだが、(遅いなぁ。何か事故でも・・・?)」みたいな気持ちがこもります。 I think には客観的な理由があります。「なぜそう思う?」と聞かれたら、根拠・証拠を見せながら「なぜなら・・・だからだ。」と返答ができる時に使います。ですので、最後の文は気持ちが全く入らない、別の文です。同意にはなりません。 will, would, I think は自然・不自然ではなく、意味がそれぞれ違います。会話や心理描写の多い小説などに触れると、この感覚が分かります。文法書の短文を単独で切り取って論じると、それこそ不自然な解釈をしてしまうことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

非常に説得力のある回答でした。ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5689)

I think he has arrived there now. よりも He will/would have arrived there now. の方が自然です。will/would には推量の意味があります。そして誰が推量しているかというと発言者 (=I) ですので I think は冗長です。現在のことは will/would はどちらでも大丈夫と思います。could, may も使えますが、それなりにニュアンスが変わります。 「明日には」という未来の推量なら He will have arrived there by tomorrow. です。would よりも will。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 可能性の程度

    Has he arrived there by now? He will have arrived there by now 返答のwillは100パーセントに近いと文法書で読んだことがあります。 I thinkを加えるとwillを若干弱くするとも読みました。 I think He will have arrived there by now とすると8~9割くらいの可能性になるのでしょうか? またI thinkは理由なども同時に述べる時に使うとも習ったのですが、 この場合I think He will have arrived there by nowの後に because he is punctual person などを普通つけたりするのですか?

  • 推量の would は仮定法?

    和英辞典や文法書では 現在の推量  may ~かもしれない  might ~かもしれない(控えめ)  can ~はありうる  could ~かもしれない(控えめ)  will ~だろう  would ~だろう(控えめ)  should ~のはずだ  must ~に違いない 過去の推量  may have done ~したかもしれない  might have done ~したかもしれない  could have done ~したかもしれない  should have done ~したはずだ  must have done ~したに違いない となっています。 そこで英英辞典であるロングマンとオックスフォードで意味を調べたのですが、 wouldの現在の推量の項目だけが見当たりません。 他の助動詞たちの意味はしっかり掲載されていましたし、 could,might などが控えめになることも書いてあります。 ・could  used to say that something is possible or might happen ・might  if something might happen or might be true,there is a possibility,  that it may happen,or may be true,but you are not at all certain ”would ~だろう(控えめ)” 和英辞典、文法書には必ず載っているこの項目 ”現在の控えめな推量”。 そこで思ったのが、これはおなじみの if~ で有名な仮定法で、 よく「~なら、…だろうに」と訳される「だろうに」ですか? そうすると推量の could might も仮定法と関係があるのでしょうか。 仮定法ですから控えめですし、意味も似ています。ifがない仮定法なのでしょうか。 すると、過去の推量も「仮定法過去完了」で過去の控えめな推量でしょうか。 wouldの英英辞典の項目、いわゆる語義は仮定法の used when talking about result of a possible or imagined situation or event,or describing one に相当するのでしょうか?

  • May推量の疑問文の代用について

    May推量の疑問文は存在しないと聞いたのですが、例えば「彼は今言えにいるかもしれませんか?」May he be at home now ?(不可) その代用というか代わりの表現としてDo you think he will be at home ?と紹介されてました。ふと思ったのですがwillとmayでは話者の確信度合いが異なると思うので 実際はDo you think he may be at home ?ではないか?と思ったのですが、 どのように思われますか?英語に詳しい方のお知恵をお借りしたいと存じます。

  • 現在の推量を表す will

    現在の推定、推測をあらわす will の用法があります。 たとえば、学校で運動会があっていて、 応援に行ってないお母さんが発するとして he will be running now. he would be running now. どちらが自然でしょうか? 文法、辞書では willを現在形で書いてる例文が多いですが、 話して(お母さん)からすると、目の前で起こっていないので、wouldもありじゃないか と思いますが、 間違いでしょうか?

  • 「過去の推量」は「will have done」「would do」「would have done」のうちどれ?

    お世話になります。 よろしくお願いします。 「過去の推量」についてなのですが、例えば 「一昨日彼は彼女と会っただろう。」という英文は (1)He will have met her the day before yesterday. (2)He would meet her the day before yesterday. (3)He would have met her the day before yesterday. のうち一番適切なのはどれでしょうか? 辞書では(1)「will have done」(2)「would do」(3)「would have done」 が全て「過去の推量」の意味があるような感じで迷っています。 (1)、(2)、(3)のうち「過去の推量」で一番良く使われる表現はどれでしょうか? (1)、(2),(3)の表現の違いやもしも不適切な表現などありましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 助動詞

    助動詞 He ( ) be in Tokyo by now,because he left here two hours ago. 1.could 2.should 3.would 正解は2のshouldなんですが、couldもwouldも推量の意味がありますよね なにゆえshouldなのでしょうか? 推量の意味を表す助動詞ってたくさんありますけど(can,could,may,might,will,would,must,can't, should,ought to…) これらひとつひとつのもつイメージとかニュアンスの違いを可能な限り 正確に詳しく徹底的に教えていただきたいです。 どうかお願いします。

  • 主節が形は過去形だが意味は現在の場合の時制の一致

    <仮定法の条件節の動詞・帰結節の助動詞や、could(推量・~かもしれない)、would(推量・~かもしれない)、 may have p.p(~したかもしれない)、had better do>などは、形に過去形(の要素)が使ってあるが、 意味は現在の推量や現在の義務ですよね? これらを主節にとると、従属節の動詞は時制の一致をするのでしょうか? 例えば、「彼は「自分で来れる」と言うだろう」は、 He would say he will come by myself. になるのか、 He would say he would come by myself. になるのか?ということです。 上に挙げた< >のすべてについて、どうなるのか分かる方いらしゃいましたら 回答をおねがいします。

  • will have 過去分詞の使い方がわかりません

    ※未来完了は理解しています。 プログレッシブ英和中辞典の解説です。 4 ((現在の事柄についての想像・推定))…だろう. He will have been about forty then, I think. そのころ, 彼は40歳ぐらいだったかと思います (▼will have beenはこの場合, 過去のことに関する現在の推量を表す) 質問: 上記の説明では全く理解できません。 He was about forty then, I think.では何がだめなのかわかりません。 どなたか言葉を変えて解説をお願いします。

  • would 推量の用法

    wouldにおいて、「~だろう」という推量の意味を見かけます。 推量の助動詞must ~に違いない may ~かもしれない will ~だろう(would willの控えめバージョン)という具合に。 和英辞典で調べると、推量という項目も設けてあります。しかし、英英辞典 ロングマン、オックスフォードではそのような項目が見つけられませんでした。そこで思ったのですが、この用法は一般的に有名な仮定法の用法なのでしょうか。 ロングマンでのwouldの意味 used to talking a possible situation that you imagined or want to happen 想像した、起こってほしいと望んだ可能な状況について話す時に使う 仮定法の意味で、さらに例文もほとんどifがあります。if無しもあります。 和英辞典の推量の意味での例文 This much would be sufficient.これだけあれば十分だろう これだけあれば十分だろうと想像し、その状況について話す。 推量などと言われるwouldの用法はここから来てると考えてよろしいでしょうか。ある意味、仮定法のifの省略された形。 ちなみにwillはused to say that something is trueと推量であると分かる項目があります。例 that will be Tim coming home now. ロングマン http://www.ldoceonline.com/dictionary/would ほとんど同意を求めるだけの質問です。自分の心ではまとまっているので、あまり深く考えずに。

  • 引き続きwouldについての質問です

    wouldはwillの過去形ですが、(1)He would be 80 years old now.とすると(弱い現在の推量)の意味になると習いました。例えば、(1)文中のnowをat that timeとして(弱い過去の推量)にする時はHe would have been 80 years old at that time.となるそうです。 一方、He would be 80 years old when he died.この文は過去の文で弱い推量ではないらしいのですが、これはHe will be 80 years old now.のような文をそのまま過去時制に(時制の一致?)ズラしたと考えて宜しいでしょうか?つまりwould(推量)を現在時制として使うと弱い推量になり、過去時制として使うとwillと同じくらいのやや強い推量になると考えて正しいでしょうか?