• 締切済み
  • 暇なときにでも

仕事の自動化、機械化について。

アルバイトなどの仕事をしていると、「こういう仕事は人間にさせるよりも機械化、自動化した方が効率がいいし、便利だし、安全なのではないか」と思うことがあります。一方で、雇用・失業の問題や、自動化・機械化するための費用をどうするか、という問題などが付随します。 機械にできることを人間にさせている仕事というのは、人間を限りなく機械に近づけることを強要してきます。機械的な作業ができる人がその職種においては優れた人ということになります。それはある意味で非人間的な側面を身体化することにもなります。 「人間だからこそ、敢えて自動化・機械化しない」という選択肢もあると思いますが、技術革新(イノベーション)の機会を逸してしまう可能性もあります。いかがお考えでしょう。

noname#175500

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数944
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.6

 現在、経営に限らず組織は一つのシステムとして考えられている。  そして組織というものは間断なく「コスト低減」いわばコストパーフォーマンスを追求する。これが現代の、そして資本主義社会の基本原理。  従って組織自体が昔あった個性のような部分を喪失し始めている。かつてはシーザーの軍隊はシーザーの性格そのものだったが、いまでは相手国の将軍の名前さえ知らない。  人を雇う場合もしかり、機械と比較して安上がりな方法を選ぶだけのこと。現在では組織が必要とする機能が抽出され、それについていける人だけを雇うようになってきている。これをレギュレーションと呼ぶ。  例を挙げればパイロットの飛行資格などがそれにあたる。いくらやる気があってテストの成績が良くても、他の様々な条件をクリアしないと飛行機は飛ばせない。さらに定期的にテストを受け更新しなければ資格を喪失する。  これからさらにこの傾向は強まっていく。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 機械化?自動化?

    始めまして。仏語の通訳・翻訳をしている者です。 現在、バルブ関連の技術仕様書の翻訳をしているのですが、その中で《motorisation de vanne》という言葉が出てきます。 とりあえず、「バルブの機械化装置」と訳してみましたが、ピンときません。内容からすると、「バルブの制御を機械化するための機材設備」のようなのですが。 ところで、同じような言葉で「自動化」という言葉もあります。 そこで質問ですが、「機械化」と「自動化」の違い、および「機械制御」と「自動制御」の違いがわかる方はいらっしゃいませんか。 また、「バルブ制御の機械化」とか「バルブ制御の自動化」とかいう表現が可能なものでしょうか。ご存知の方がいましたらお願いします。

  • もっと多くの仕事を機械化できないのでしょうか?

    ときどき不思議に思うんですけど、現代社会における種々の仕事って、人の仕事というより、機械に代替できそうなものってありませんか? 車とか、機械を製造する大手メーカーの製造過程がどういう風になっているか詳しくは知りませんが・・・学生時代に社会の教科書で、ロボットアームみたいなのが溶接か何かやってる写真を見たことがありますけど、結構すでに機械化されているとも言えるんですかね? ひたすら機械化されればそれこそターミネーターの世界になってしまうのかもしれませんけど・・・合理的に考えれば、もっと機械化することもできるんじゃないか、と思うんですよね… 別に単純労働を機械化すべきとか言うだけじゃなくて、エリート的な人が担当してる仕事にも結構そういうのがある気がするんです。 特に思うのが、行政とか何とか、法律関係ですかね…あんな何10年も昔の人が基本的に作った条文に従って法律通りに文書を右から左に流すのって、人間が全力でやる必要あるんですかね? 大前健一氏なんかよく本の中で、6法全書をDVDROMみたいなものに入れて誰もがいつも条文を参照できるようにすれば、法律に特化した仕事はかなり要らなくなるんじゃないか、と書いてますが、実際そうなんじゃないか、と思います。まあ現場の人は、実際の現場は複雑だから、どういう場面に応じてどういう風に法律を適用するかが問題なんだとか何とか言うんでしょうけど…機械化すれば公務員ももっと減らせるんじゃないですかね? 公認会計士とか税理士の仕事なんかも、指定された様式の帳簿、請求書なんかををコンピューターに入れればどこの処理が間違ってるとか判断してくれる、そんなコンピューターを作ればだいぶ機械化できるんじゃないでしょうか? そもそも極端に言えば、創意工夫とか、新しい発想、想像力、創造力とかと関係ない仕事って、人間がやる必要ないんじゃないか、て気がするんですよね。 まあ世の中の現実を見る限り、それでも人がやらないといけない仕事の種類って、無数にあると思うんですけど、一方では、現代の機械とかコンピューターに最強に強い人たちが、最先端の技術を駆使しまくって、それを本気でやれば、人から機械に代替できる仕事ってたくさんあるんじゃないか、と思うんですよね… それで私の言いたい疑問なんですけど、そういう状況ということはつまり、あまり合理的に技術に頼りすぎると人間の仕事が減ってしまうので、社会の上層部の人がある意味意図的に、社会のある程度の雇用を維持するために、機械化とかそういうことを避けているんでしょうか?

  • AI、肉体労働より頭脳労働の機械化が進む

    昨今話題のAIについてです。 ディープラーニングを主体とした新しいAIの技術革新が社会に及ぼす影響について「AIにより現在の半分の仕事はなくなる」ということで話題になったりもしています。もちろんこれは天気予報レベルの一部の人の予測です。 それらの記事を読み進めていくなかで、「新しいAIにより、肉体労働より先に頭脳労働の機械化が進む」という話が数多くあります。 しかし日本でのテレビ番組を見ていると権威高い肩書を持った評論家さんが、「AIの話などでも明らかなようにますます機械化が進み、大学進学などの高等教育がとても大切になって来ます」などと話しています。 ??? 「新しいAIにより、肉体労働より先に頭脳労働の機械化が進む」というのが新しいAI技術の肝でもあり、評論家さんの話がピント外れのように聞こえます。 有罪率99%以上の裁判なんて裁判官は1/10以下にできるでしょうし、弁護士も半分で済むとも言われていますし、翻訳は機械化でより精度向上し続けると言われていますし、プログラミングの自動化も進むとされ、これまで100人でやっていたプロジェクトを少人数で行えるようになるとも言われているのですから、多くの大学教育で既存の教育の学生を減らす必要があります。 これまでの教育やスキルの多くが無力化され、知的労働の機械化が肉体労働以上に進んで行くのだから、現在の新しいAIによる技術革新が頭打ちになるまでは、既存の教育体制を強化しても何の意味もないという話ですよね? 確かに、AIがリーマン予想を説いてくれたり、量子力学の様々な矛盾を説明してくれたり、人類や生物の進化を誤りなく教えてくれるようなことにはなりません ので高度な知的活動は重要です。 しかし日本の権威高い肩書を持った評論家さんが、「AIの話などでも明らかなようにますます機械化が進み、大学進学などの高等教育がとても大切になって来ます。進学率を上げて・・・・」と話します。これってどういう意味で言っているのでしょう? なんでAIの技術革新にともない、大学への進学率を上げる必要があるのでしょうか?義務教育を含む教育内容の変更が必要というならわかりますが、なぜ大学進学率を上げる必要があるのでしょうか?

  • 回答No.5

機械化した方がいいか、手の方がいいかはモノによります。 おろし金は機械で作るものもありますが 手でひとつひとつ打っていく という作り方をしている会社もあります。 目が均等にならんでいるより、手で打って1mmかそれ以下ぐらいのズレがある方が おいしくおろせるらしい。 機械でも出来るが、人間がやる方がモノが良い という例です。 >人間を限りなく機械に近づけることを強要してきます。 >~ある意味で非人間的な側面を身体化することにもなります それがどうよろしくないのですか?どういうジャンルのどんなモノですか? >技術革新(イノベーション)の機会を逸してしまう可能性 私は建築関係の者ですがそうは思いません。新しい機械等はどんどん作られています。 工業機械はよく知らないが。 データを入力してエアブラシのような機械で壁面や車にイラストを吹き付ける という機械を見た事がありましたが、びっくりする程高額で、誰も買わなかったのか 数年経つ今では、見た事も聞いた事もセールスに来た事もありません。 モノにもよるが10万ぐらいで人間が同じ事出来るんだもの。 >一方で、雇用・失業の問題 昔は筆耕という仕事がありましたが、タイプライターの発明で減り、やがて消えました。 それは単に文明の発展で、その機械のオペレーターになるなりしないと 時代について行けないというだけの事でしょう。 需要がなければ機械も人間もいずれは消えるが、 どちらも進歩はし続けるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 僕が質問したことの回答にはなっていないようですが。 科学技術が発達し、法制度が今後も整えられるということがあって、そこだけ見ていると人類が進化しているかのような錯覚が蔓延するわけですが、人間は原始時代から何も変わってないと思いますし、今後も変わらないでしょう。 科学技術が発達したことによって、昔だったら隠蔽しやすかった問題が隠蔽しにくくなった、とか、いい面もあるわけですが、逆に、昔だったら隠蔽しにくかったことが隠蔽しやすくなったことだってあるわけで、痛し痒しの面があるのでしょう。良くなってもないし、悪くなってもいません。 ただ、昔よりも悪くなった面を認識しない、無視する、無かったことのようにする、他のことに注意を向けさせて悪い面を気にせずに済むようにする、とか人間の脳はそうやって自分で良くなったかのような錯覚を作り出すわけです。 話が逸れました。

  • 回答No.4
  • isoworld
  • ベストアンサー率32% (1383/4202)

 回答(3)のさらなる続きです。そろそろ打ち止めにしないと終われなくなりますので、これが最後です。  ご質問の事情(背景)は分りましたが、ご相談の話を抽象化して一般論的な質問をすると回答はさらに一般論化するので、事情にピッタリと合って分りやすい説明にはなりにくいと思うんです。可能な限りにおいて、もっと具体的かつ詳細に事情を説明してもらったほうがよかったように思います。  設備投資をすると、ふつうは銀行から借入をするので金利はつくし、設備を運転すればエネルギー費や保守修理費(その人件費も含めて)などのランニングコストもかかり、さらには固定資産税という税金もかかります。設備が大きいと、その設置場所を確保する場所代もいります。その仕事がもし終われば、撤去費や廃棄費もかかります。  ですから、機械化するとイニシャルコスト(その設備を導入据付するのに必要な費用)だけではなく、かなりのランニングコストがかかるんです。ですから、経営者は人手(とくに採用と解雇が容易なアルバイト・パートなど)で済ましたほうが都合がいいと判断しているのかも知れません。臨機応変に対応できますから。でも設備を導入すると融通が利かなくなります。  事情を具体的に詳しく聞けば、もうちょっと納得できる(あるいは経営判断に納得しがたい)回答ができたかも知れません。こういうのは経営の視点からも見ないと分らないものなんです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • isoworld
  • ベストアンサー率32% (1383/4202)

 回答(2)のさらなる続きです。知りたいことを熱心に確かめようとするのは、とてもよい姿勢だと思いますよ。それにこの場でしか、聞けない貴重な機会ですし。 > なぜ、自動化・機会化した方が良さそうなのに、それが為されないのか、を僕は知りたい。  答えはひとつしかないと思いますよ。それは「会社にとってどちらが得か」です。少なくとも労働者にとってどちらが幸せか、ではないと思いますね。「自動化・機会化した方が良さそう」というのは、労働者側の(都合から見た)視点です。それがボトムアップによって経営者の視点と合致すれば、経営者はそう判断するでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 僕が書いているのは労働者側やその他の誰かの意見を代弁しているわけではなく、あくまでも個人的な考えに過ぎません。労働者の中には、もし機械化・自動化が徹底されたら仕事が奪われてしまって困ると思っている人たちもいるかもしれません。また、僕自身は労働者としてそれ程のキャリアがある人間でもありません。 実際に仕事をしていて、かなりの部分まで機械化・自動化が為されているのに、なぜそこだけは機械化・自動化されていないのか、という感じでしょうか。徹底してないというか、理由が不可解というか、「そこを機械化・自動化しているんなら、ここも機械化・自動化してもよさそうなのになぁ、なぜだろう?」とひっかかった状態で業務を遂行している状態というか。 僕は機械については詳しくない文科系の人間です。OKwaveでは気軽に尋ねやすいので、こうやってここで質問した次第です。

  • 回答No.2
  • isoworld
  • ベストアンサー率32% (1383/4202)

 回答(1)の続き?です。 > マジですか。  もちろんです。時間を割いてわざわざ書いているわけですから、面白半分の話にしたり茶化しているわけではありません。大手企業に30年間勤め、それなりの立場まで上り詰めてから脱サラして、今は経営コンサルティングの会社を興して仕事をしていまして、そういう視点から真面目に回答しているんですよ。  商法では株式会社などの会社は事業して利潤追求することになっており、従業員やアルバイト等の労働者の福祉のための慈善事業をしているわけではありません。株式会社の第一義的な存在意義は株主になるべく多くの配当を出すことであり、そのために儲けないといけないんです。株主とはその会社のために事業資金などを提供してくれた人達で、そういう人達に還元することがまず重要なんです。  ですから会社の経営を任された人(社長など)は経営資源を効率(能率)よく使って、利潤を追求します。経営資源の中には機械・設備だけではなく労働者も含まれるわけです。 > 経営者と労働者が対立していて、経営者が悪で労働者が善、みたいな二項対立は実感からすると変だと思うんですけど、そういう言説が多いですね。本当なんでしょうか。  もちろん、経営者は労働者と対立して労使争議を起こしたり、労働者がそっぽを向いてストライキ・サボタージュ・その他の低能率の仕事をさせたいと思っているわけでは決してなく、なるべく機嫌よく積極的・能率的に規律よく働いてほしいと思っているはずです。そのあたりのバランスというか調整(駆け引き)は必要です。  ただ景気が悪い現状では労働者が余って仕事が少ないので、経営者にとっては労働者は選り取り見取りですから、なるべく低賃金でよい働きをする労働者を選べる状態です。いまは労働者が経営陣と対立できる状態ではありませんしね。ですから、機械化・自動化したほうが得か、文句も言えずに黙々とよく働く労働者を雇って人手に頼ったほうが得か、経営者は考えるでしょう。  労働者思いの社長さんもいるでしょうけれど、ふつうの経営者は冷徹(ドライ)な判断をすると思いますよ。そうでないと経営者は務まりませんし、十分な利潤を出せない経営者は株主から(株主総会などで)社長の座を降ろされます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 冷徹な見方をすれば確かにそうなのかもしれません。当然のことながら個々の会社によって随分違うでしょうけれども。 経営者が何もかもを決めているわけではないでしょう。経営のことについてはずぶの素人ですが、大抵の場合は、現場から上がってくる情報を元にして経営判断を行なっているはずです。「鶏が先か、卵が先か」の話ですが、上からの指示で下が動き、そして下が動いた結果に影響されて上がまた次の指示を出す。その双方向によって組織は動いているのではないでしょうか。 なぜ、自動化・機会化した方が良さそうなのに、それが為されないのか、を僕は知りたい。上にとっても、下にとっても「不都合な真実」があるのかもしれないし、ないのかもしれません。

  • 回答No.1
  • isoworld
  • ベストアンサー率32% (1383/4202)

 安全性・品質・利便性・融通性も含めて機械化・自動化したほうが結局コスト削減(経済性)につながるか、人手に頼ったほうが安上がりか、それで決まると思いますよ。経営者にとって雇用・失業の問題や人間性の問題は、考慮の優先順位からするとずっと後です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 マジですか。 経営者と労働者が対立していて、経営者が悪で労働者が善、みたいな二項対立は実感からすると変だと思うんですけど、そういう言説が多いですね。本当なんでしょうか。

関連するQ&A

  • AI機械化工場化を「省力化」と称して批判する人たち

    一部の経済評論家は「省力化」と称して、AIや機械化や工場化を批判する人らが結構います。しかし一方でこの手の批判する人は移民政策や実質移民政策を推進する人が多いです。 多くの分野では AI、機械化、工場化に投資を拡大させることは経済成長や生産性向上には欠かせません。またこれまでも機械、工場により生産性を向上させて来ましたし、それらにより国際競争力も高めてきました。機械化可能なものはどんどん機械化して人は人にしか出来ないことをするということで良いと思います。 なぜ「省力化」と称して批判するのでしょう?日本は少子高齢化で人手不足が今後しばらく続くことも分かっていますし、現状技術の延長線上ではAIが人間のように意思を持つこともありませんし、お金は人工的なものですし、「省力化」と称して批判する意味がわかりません。 一部の経済評論家は「省力化」と称して、なぜAI化、機械化、工場化を批判するのでしょうか?

  • AI人工知能や機械化、ロボットによって今の仕事の6

    AI人工知能や機械化、ロボットによって今の仕事の66%は置き換えることが可能だそうです。 仕事は無くならないけど、必要な人員が34%に圧縮しても機能を維持できるそうです。 今まで10人いた職場だとロボット7台と人間3人で回せるようになる。 人間の仕事は人間とのコミュニケーションだけになるのでコミュニケーションスキルが一番重点を置いて企業は採用することになるそうです。 でもコミュニケーションが必要なスーパーのレジは無人化されて、キャッシュレス社会が中国の後追いでなっていくのは目に見えています。 レジの従業員が5人から2人になる。 でもレジ係ってスーパーの客との唯一のコミュニケーション担当ですよね? AI化が進むと最後に残るのはコミュケーション係だけっていう説と矛盾してませんか? コミュニケーション担当者が置き換えられる対象になってる気がします。 気の所為でしょうか?

  • 自動化で失業者が増えたら何が起こりますか?

    20年後に49%の人が仕事を失うなんて一時期NHKで言ってました。 物流が自動運転やドローンなどで、飲食店が無人化でなど。 そうした失業者ってどんな仕事に殺到するんでしょう? 過剰供給になった職場が競争が激化しそうです。 あちこちの職業でそうした明日は我が身の不安が伝染すると、 段々社会全体がパニック状態になったり、 不安につけ込んだ宗教や投資詐欺が増えたり、 追い詰められた人が通り魔になったり自殺したり、 結構大変な事になりそうな気もします。 自動化で失業者が増えたら、この社会で何が起こるんでしょうか?

  • 農業生産の自動化について。

    機械制御?について学びたいと考えています。 以前より、農作物の栽培を自動化もしくは効率化する技術について興味あり、具体的には、ビニールハウス内の状態をセンサーで感知し、温度や湿度などを自動で最適な状態にするようなシステムを作ってみたいと考えています。 この技術を習得するに当たって、農業以外で何を学習すべきでしょうか? 私についてですが、文系の人間で、理系の知識はほとんどありません。 ですので、何が必要なのか皆目見当つかなかったため、闇雲に学習するよりも、皆様にとっかかりをお教えいただければと思った次第です。 楽して物事は達成できないと思いますので、必要とあらば、理科からでも学習しなおす所存です。 分からないなりに動いてみようと、先日、有接点シーケンスのセミナーを受講し、今度PLCについても学習する予定です。 ただ、それが全く的外れのことを学習しているとしたら、非効率的なので、どういった学習が必要か教えていただきたく質問させていただきました。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • AI人工知能による仕事の自動化によって労働人口の4

    AI人工知能による仕事の自動化によって労働人口の47%の人が現在の職を失うと2013年のフレイ&オズボーン論文によって予見されている。 そこで多くの人はどの職が無くなるかを予想した。しかし、一部の有識者は無くなる職業より新たに生まれる新しい職種を予測することの方が重要だと説いた。 皆さんも自然消滅する職業ではなく新たに生まれる職業を予測してみてください。 どういう仕事が誕生すると思いますか?

  • ‪世の中が機械化されて、人間に残される仕事は機械を

    ‪世の中が機械化されて、人間に残される仕事は機械を導入する価値すらない単純労働しかなくなる? 最初は単純労働は機械がして、機械も出来ない高度な作業を人間がするものだと思っていた。 でも人間より正確さがあり、殆どの作業で人間を抜いてしまった。代筆ですら筆を握らせたら人間よりロボットの方が達筆である。 で、機械の導入コストより人間を使う方が安い作業しか人間の仕事は無くなる。 すると必然的に賃金は低賃金となる。 よって世の中には低賃金の仕事しか残らなくなる。 人間はこんなに時間を拘束されて、こんなしんどいのにというがロボット以下の単純作業をしているだけなのに不平不満を言うようになり、ますます人間の仕事はなくなる。 ロボットが出来ない人間しか出来ない仕事って本当にごく一部しかない。 大半の人はロボットの導入費に勝つ安い低賃金の労働で食っていかないといけない世界になる。 この未来予測は当たっていますか? ロボットは人間が不平不満をいう単純労働を置き換えるものと思っていたら大間違いで、人間の生き甲斐を奪っていっています。それでも良いのでしょうか?

  • 機械的な判断とは何ですか。

    人間社会であらそいが減った原因は機械化なのではないかと思いました。 憎しみも、悲しみも、不公平も、すべて機械的な論理で包括し管理していく。 憎しみがあっても、愛で返すというのは、人間の感情に矛盾していても、 自分のなかであるいは、集団の中で助け合い、論理的に整理する。 なかったものにすれば、それでいい。脳内の興奮物質を取り除く機械的手法で。 心も行動もすべて機械化することにより平和が実現されるのか。 空虚に思えますが、人間社会どれを見てもそんな気がするのです。 逆に非機械的のほうが、愛がないようなことになっていないだろうかと思います。 例えば、差別。 全て平等に行動するのは、機械の条件が必要だと思います。 損得勘定で有機的に分岐する大脳新皮質では平等は実現できません。 なので、機械になったほうがいいのではと追うことがありますが。 自分でもこれはなんなのか意味が分からないのです。 国語ではあるいは小説ではどう教えようとメッセージを送っているのか。 哲学の話は難解で、人の引用が多すぎて理解できません。 理解するにはどうすればいいでしょうか。

  • 機械化

    最近のエコカーとエコ技術について教えてください!また、どう思いますか。意見があったらお願いします!

  • やはり、人間がやった方がいいんじゃないの? と思うこと

    どんどん仕事の機械化が進んでいる現代です。 でも、そんな中で既に機械が主流になっているけど、やはり人間がやった方がいいんじゃないの? と思うことはありませんか? 例えば、全自動運転になった「ゆりかもめ」ですが、やはりあれって人が運転した方がいいと思うんですけどね。機械化で人件費が削減できたんでしょうけど、トラブル時の対応が、どうしても遅いですよね。 まあ、そんな大きなシステムのことでなくとも、ちょっとしたことでも日常生活で思われることがありましたら、教えて下さい。 宜しくお願いします。

  • 機械化自動化社会がもたらす未来..配給経済

    『  所得格差の是正から貨幣の廃止へ  世界中のあらゆる政府が、所得格差を減少させるための計画を立案している。フランスではその差は六倍以内に、またスウェーデンでは、既に格差を四倍以内におさえ、さらに近い将来は所得の最大格差を三倍以内に、つまり最低賃金の三倍以上の所得を得る人を無くす方向で検討している。 そして、この傾向は労働時間の短縮傾向と連動しながら、全地球上で所得格差がO(ゼロ)になる日まで続いていくだろう。所得格差がなくなるとき貨幣はもはや何の役にも立たず、そのとき何の問題もなしに、貨幣を廃止することができるのは明らかである。おそらくその時、もしくはそれより少し以前に、次の根本原理があまねく認められることになるだろう。すなわち「すべての人間は何の代償もなしに、その出生から死亡に至るまで、快適な生活を享受する権利を有する」   配給経済  「終身強制労働」の廃止は、配給経済の確立に依存している。この経済システムが貨幣の廃止を可能にするのだ。 この経済システムは、緒生産単位が、人間がちょうど必要とするものを、多くもなく少なくもなく生産すべきであるという原則から出発している。 人間が生きていくうえで必要なものがある。衣・食・住がそれである。 社会はこれら三つの物を、すべての人間に何の代償もなしに供給すべきである。 国家は廃止されなければならない。実現される必要があるのは、生産手段の国有化ではなくして、世界共有化である。 もし、その職業、人種、宗教もしくは性別に関係なくすべての人間が、ロボットやコンピューターによる生産で衣食住に必要なすべてのものを供給されるならば、価値あるものはその本来の価値を取り戻し、それに似合うだけの金銭的価値しか持たないものは、価値がなくなるであろう。...( ラエル著 ) 』 上記、“労働時間の短縮傾向” は 人間より生産能力に優れる機械化自動化によるものですが、 『  現在のあなたがたの科学技術を、暴力や軍備、少数者の個人的利益といった誤った目的にではなく、人々の幸福のために使うなら、あなたがたは、すぐに本当の意味でのエデンの園、つまり地上の楽園に住むことができるでしょう。科学技術によって、人類は世界中で飢えの心配から完全に開放されるばかりでなく、働かなくても十分暮らしていけるようになるのです。日々の退屈な仕事は、オートメーション化のおかげで、機械がすべてきちんと片づけてくれます。すでに地球上でも、最新式の設備を誇るいくつかの工場では、ついこの間まで、一台の車をつくるのに数百人を要していたにもかかわらず、今ではコンピュータの監視員がひとりいれば十分なまでに進歩しています。一台のコンピュータが、車を組み立てるためのすべての操作を指令し、管理しているのです。将来、この最後のひとりもいらなくなる日が来るでしょう。これは、労働組合にとってはあまりうれしいことではありません。企業は以前ほど多くの人員を必要とせず、首切りが続出するでしょうから。  しかし、これがそもそもおかしいのです。何百人分もの仕事をこなせるような素晴らしい機械は、経営者というひとりの人間を富ますためにではなく、その何百人かの生活を支えるために使われるべきなのです。(ラエル)』   、 これは既にはじまっている、発展する科学技術とその生産に国の福祉厚生政策・ 配給経済 の導入が 立ち遅れている のではないでしょうか? これは、人々にしたら致命的である、国の保障たる金券が人々に行き渡らずにデフレの様相に終始する。 社会保険庁では、 国民年金保険料収納業務の民間委託を実施しています ~ http://www.sia.go.jp/top/kaikaku/shijoka/minkanitaku091001.html 国民年金業務に 民間の 金融ローン(?)がたずさわる時代となっておりますが、 社会保険庁がこのようであり、 例えば、他に目を向けるならば、 消費者庁 、 消費者庁の民間委託(?)/国の保障体制の新規形態として、 生産者から小売市場またクレジットカード、デビットカード、電子マネーEdy(エディ)等の電算処理が協力するならば、 上記に記された、 所得格差の是正から貨幣の廃止 ~ 配給経済 、困難なものではない! どうでしょうか? すべての生産から消費まで政府_消費者庁_社会_の人道的かつ合理的一括完全管理とする? 金を問題とする障害、愚かな犯罪、政治は解消されることとなる? 所見など?