• ベストアンサー
  • 困ってます

日本語 形容詞否定形についての質問です

イギリス人に日本語を教えています。 参考にしている教科書によると形容詞の否定形は おいしいです。→ おいしくないです  甘いです → 甘くないです という指導になっています。 おいしくありません 甘くありません  と教えても内容には変わらないと思うのですが、何か決定的な違いが有るのでしょうか? 個人的には おいしくありません 甘くありません  のほうが自然に聞こえるとおもうのですが考えれば考えるほどわからなくなります。 よろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数648
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • mo6644
  • ベストアンサー率56% (68/121)

「おいしくありません」の方が「あいしくないです」より少し丁寧に感じ、一般的であると思います。 ご存じのように日本語の形容詞活用形の語尾変化は複数あります。外国人によっては形容詞変化のところで日本語学習に混乱をきたすような気がします。 否定形だけ「です・ありません」の形を混ぜて採用するのは活用形の統一と言う点からは外国人にはわかりにくいのは事実です。中には「おいしい、おいしくない」のように「です」を使わない普通形で覚えてしまっている外国人もいます。普通形は分かりやすいのですが「です」を後付けする丁寧形は日本語の歴史も浅く日本人も慣れていません。 どれが外国人に分かりやすいかで、教科書によりどの変化を採用するか、分かれているようです。どれを採用しても一長一短があります。 「おいしい」のようなイ形容詞の現在形、現在否定形、過去形、過去否定形 (1) おいしいです、おいしくありません、おいしかったです、おいしくありませんでした。 (2) おいしいです、おいしくないです、おいしかったです、おいしくなかったです 「すきな」のようなナ形容詞の現在形、現在否定形、過去形、過去否定形 (1) すきです、すきでは(じゃ)ありません、すきでした、すきでは(じゃ)ありませんでした (2) すきです、すきでは(じゃ)ないです、すきでした、すきでは(じゃ)なかったです。 どれも使える日本語ですが、このように書き出すと日本人もどれが一般的か混乱してきます。教科書「みんなの日本語」は、イ形容詞は(2)をナ形容詞は(1)を採用しています。ナ形容詞は名詞扱いをします。教科書によっては(1)だけ、(2)だけを採用している本もあります。複数の変化があることを整理した上で、とりあえず教科書の形で教え、形容詞の活用に慣れてから、後日機会を見つけてまた違う変化も教えるのがいいのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。確かに「おいしくありません」の方が丁寧に感じます。 「です」での丁寧語は歴史のめんでは浅いんですね、知りませんでした。 生徒さんは初心者ですが自分で日本語の勉強も進めているようでわたしが否定形を導入したときにはすでに「知っているよ」という印象を受けました。 教科書では「~ないです」で統一してるようなのですが「ありません」を先に教えました。そのほうが一般的であるような気がしたし、「~ないです」だといくつか例をあげていくうちに機械的な作業をしているような気分になったからです。でも振り返って考えてみるとやはり混乱してきました。 この先まだまだ長いのでご指導にあるように機会を見つけて教えていきたいと思います。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

品詞分解すれば おいしい+です      → 形容詞(終止)+助動詞 おいしく+ない+です  → 形容詞(連用)+補助形容詞+助動詞 おいしく+あり+ませ+ん   → 形容詞(連用)+動詞+助動詞+助動詞 ですから「おいしいです」の否定形は「おいしくないです」のほうが適切です。 内容的に変わらないことと否定形を教えることは全く違います。 内容と言うことなら否定形は「まずいです」の方が適当。 また「おいしくありません」の肯定形は「おいしくあります」になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

品詞の面からのご指導、大変参考になります。ありがとうございます。

  • 回答No.4
  • banzaiA
  • ベストアンサー率16% (100/595)

普通の表現と 丁寧な表現の違いでしょう。 どちらも使い方次第でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。 参考にさせていただきます。

  • 回答No.2

 結論から書くと、utayさんの感覚が正常です。 おいしくないです △ おいしくありません ○  が自然に感じられるのが正常な感覚です(少なくとも日本人なら)。  しかし、「おいしくないです」も間違いとは言い切れません。  外国人向けの教科書はかなり早くから下記の形を認めています。   楽しいです(「楽しかったです」もほぼ同様)  この〈形容詞+「です」〉は昔からいろいろインネンのある形です。  長~い経緯があって、現在では日本語の教科書や辞書も認めているようですが、本来は「間違い」とされていました。  もし、「楽しいです」を認めるなら、「ないです」や「~ないです」も認めないと一貫性がありません。  しかし、「ないです」の場合は「ありません」という形があるので、一般には認められていません(「本来は間違いの形を使わなくて済む」とも言えます)。  utayさんがご覧になった教科書が「おいしくないです」を認めている理由は2通り考えられます。 1)作成した人が日本語をよく知らなかった 2)「楽しいです」も「ないです」も認めて学習者の混乱を防ぐ  おそらく2)だと思いますが、1)の可能性も否定できません。  ということで、教科書に従うなら、   おいしいです⇔おいしくないです  で構わないでしょう。「おいしくないです」と「おいしくありません」は、意味はまったく同じです。  詳しくは下記をご参照ください。 【「形容詞終止形」+「です」 うれしいです うれしかったです】 http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-2417.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答、ありがとうございます。 この教科書は一般的によく薦められているもので、3回ほど校正もされています。 ざあっと見たところ一貫して「です」で通しているようです。 おそらく学習者の混乱を防ぐためにという目的のほうでしょうがそれにしても「~ないです」で通そうとするとどこかこじつけっぽくなる、というか機械的な作業をしているような気がしました。 それでも日常での口語では「おいしくありませんね」というとちょっと丁寧すぎて相手との距離を感じます。「おいしくないですね」、といったほうがやわらかいように思います。もちろんこれは個人的な意見です。 送っていただいたリンクも参考にさせていただきます。

  • 回答No.1
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

「形容詞を」否定してる?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

これはどちらをさしてのことなのでしょうか、もう少し自分でも考えてみます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 辞書形+予定です を否定形は? 

    日本語を勉強中の外国人に質問されたのですが、 「明日、会議に出る予定です。」 を否定形にした場合、次の(1)、(2)のうちどちらが正しいのでしょうか? (1)会議に出ない予定です。 (2)会議に出る予定ではありません。(じゃ、ありません) 両方とも正しいように感じますが、私としては、(1)の方は多少不自然かな?とも思います。 (1)(2)とも正しいのか、どちらかだけなのか、それはどうしてか、 などご存じの方はいらっしゃるでしょうか。 自分で文法書も見てみたのですが、はっきりした説明がありません。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 日本語の否定型のほうが丁寧な理由

    日本語を勉強中の中国人です。「ありますか」より「ありませんか」、「ございますか」より「ございませんか」、「いただけますか」より「いただけませんか」などのように、否定形の後者のほうが丁寧に聞こえる理由を教えていただけないでしょうか。 また、質問文に不自然な表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 形容詞の否定型の使い方

    中国で日本語を教えている者ですが。 一つ 基本というかなんというか 質問させていただきます。 (1) 今日は寒くない一日です。 (2) 今日は寒い一日ではありません/ではないです。 (3) 今日は寒くない一日ではありません 以上の三種類の形容詞の使い方は大体どうな場合に使われますか。 急いでいるので 早急ご回答願います。

  • 日本語の形容詞(イ・ナ形容詞)の数

    現代日本語のいわゆる形容詞って一体いくつあるのでしょうか? ご存知の方あるいは、調べる手段をご存知のかた回答おねがいします。 (できれば、イ・ナ形容詞別、あるいは形容詞・形容動詞別の数も分かると助かります)

  • mostとalmostの否定形

    mostは形容詞で、almostは副詞という違いがあるのはわかったのですが、これらを否定形にする時、 hardlyなど使うことが多いというのを見たのですが、notも、もちろん使えますか? 意味は、not mostも,hardly mostも、not almost も、hardly almostも、ほとんど~ない となるのでしょうか? それぞれ、できれば例文もいっしょに、解説をおねがいします。

  • 中語質問:形容詞の否定形についてです。

    形容詞の否定は、変化を表す一部の形容詞の場合を除き、「没」でなく、「不」で表すとのこと。他方で、文末の了を付けた「状態形容詞+了」(~になった、になる)の否定は、「不」ではなく、「没」(まだ~にならなかった、なっていない)とのこと。具体的には、以下。 ○ 天 黒了(空は、暗くなった。) ○ 天 没黒(空は、まだ暗くなっていない。) そこで質問です。 (1) ほとんどの状態形容詞は、文末の「了」を付けることができるのでしょうか? (2) できるとすると、およそほとんどの状態形容詞は、「没」でも否定ができるということでしょうか(もちろん、不での否定とは違うニュアンスを表すわけですが。)?

  • 日本語の教え方について。

    外国人に日本語を教える機会があるのですが、日本語の文法をきちんと勉強したことがないことと、プロの先生ではないため、どのように説明したら良いのか分からないことがあります。 「…綺麗だし、安いし、軽いし…」といように、一文の中に形容詞が連なる時、「し」と「だし」がつく形容詞をどのように分類し、説明したら良いのかを教えて頂きたいです。 教科書などに載っているかもしれませんが、ピンポイントで知りたいので、分かる方がいましたら、よろしくお願い致します。

  • 形容詞の活用「くて」の用法

    外国人に日本語文法を教えているものです。 現在、形容詞の活用を教えています。日本語を教え始めて数か月の素人で、現在までで助詞、指示詞、代名詞、疑問詞などを教えました。動詞はまだです。 形容詞には、「い形容詞」「な形容詞」(外国人への教授法は形容詞を「い形容詞」、形容動詞を「な形容詞」と教えるそうです)の停止形として「くて」「で」というものがあり、これはその事物を詳細に表現する時に使用ます。例えば、 ・新しくて、きれいで、便利な鍋 これと並び「くて」「で」には、原因や理由の表現も含んでいます。例えば、 ・このお茶はあつくて飲めません ・彼は意地悪でみんなに嫌われている です。この「くて」の原因・理由の使い方について問題が発生したのです。 生徒に例文を書いてもらったところ、このような回答が返ってきました。 ・このパンは安くて買います。 この生徒の回答は、私が教えた通り、きちんと原因・理由になっています。しかし、日本語はこのように表現しませんよね。 ・このパンは安いので(から)買います ~なので、~だから、という本来の原因・理由の言葉を用いるのが自然です。 しかし、なぜ上記の文ではいけないのか説明に困ってしまったのです。 どのように説明すればよいのでしょうか。 もしかして、「くて」は、否定形とともに使われるというルールがあるのですか?

  • 「驕る」の否定形について

    以下の作文で、「驕りになってません」との表現があります。この表現を訂正する必要があると思いますが、正しい答えに自信がありません。以下の文を「でもあなたは、驕りません。」や「でもあなたは、驕った態度を取りません。」と訂正しても正しいでしょうか。もしどなたか御教授していただけたら幸いです。 「あなたは、映画俳優に似ているので、学校ではとても人気があります。でもあなたは、驕りになっていません。」

  • ナ行形容詞?

    「国語」のカテの読んでいたら、ナ行形容詞という言葉が出てきました。どうやら、「静かな」とか、「着実な」とか、あるいは「安定的な」といった言葉を指すらしいのですが、いまはそういう呼び方をするのでしょうか?私は日本語文法は中学、高校以来勉強したことがないのですが、そういう言葉は当時は「形容動詞」と呼んでいたと思います。いつから「形容動詞」は「ナ行形容詞」に変わったのでしょうか?現在の中学や高校ではそういうふうに教えているのでしょうか?たしかに、本来の形容詞である「美しい」や「かわいい」とは活用形が異なるので、前者が「ナ行形容詞」なら、後者のような「本来」の形容詞は「イ行形容詞」になったのでしょうか?英文法には形容動詞という品詞はなくて、上で挙げたような意味の英語だったら、どちらも形容詞にちがいありませんが。。。。