• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

確定申告について教えてください

収入は公的年金と個人年金です。源泉徴収はありませんので所得税は発生していません。ただ、私は重度障害者なので、(1)障害者特別控除(2)社会保険料控除(3)生命保険控除(4)地震保険控除(5)配偶者控除(6)医療費控除(7)基礎控除、と控除額は相当な金額になります。確定申告しても所得税の還付はありませんので、申告は無意味だと思っていましたが、ある人から、住民税との関係があるから申告した方がいいと言われました。どちらが正しいでしょうか。詳しい方がいらっしゃったら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数174
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>源泉徴収はありませんので所得税は発生して… それは、根本的に考え方が間違っています。 そもそも所得税というものは1年間の所得額が確定してからの後払いが原則です。 自営業者等が、年が明けてから確定申告をするのはこのためです。 源泉徴収は、あくまでも仮の分割前払い、取らぬ狸の皮算用にすぎず、皮算用が 0 匹だったから狩りの成果も 0匹だとはなりません。 >公的年金と… 公的年金による「雑所得」。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm >個人年金です… 「雑所得」または「一時所得」。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1610.htm 以上の合計額が税用語で言う「合計所得金額」。 >医療費控除(7)基礎控除、と控除額は相当な金額になります… 「合計所得金額」が「所得控除の合計」より 2千円以上上回らないのなら、所得税は発生せず、確かに確定申告は必用ありません。 この検証もせず、【所得税は発生していません】などと考えてはいけないのです。 >住民税との関係があるから申告した方がいいと… 本当に所得税額が発生しないのなら、税務署に確定申告ではなく、市役所に「市県民税の申告」をします。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 年金受給者の確定申告について

    72歳になりますが退職後毎年確定申告してきました。毎年、還付金が有りましたが平成27年度の確定申告書を作ったところ所得税の申告納税額が発生しました。前年度より医療控除で67,904、生命保険料控除で82,550 安くなった関係でしょうか?確定申告書の内容は下記の通りです。 公的年金 2,522,052 その他  67,252 所得金額合計 1,684,892 医療控除  158,786 社会保険料控除  356,820 生命保険料控除  40,000 配偶者控除    380,000 基礎控除     380,000 控除合計    1,315,606 課税される所得金額  369,000 上記に対する税額    18,450 所得税及び復興特別所得税の額  18,837 所得税の源泉徴収税額      14,254 所得税の申告納税額        4,500 納める税金            4,500 です。 それで、この確定申告書を提出しない場合はどうなるのでしようか? 控除額が無くなりさらに納税は増えるのでしょうか? 70歳以上の年金受給者の方は申告しているのでしょうか? ちょっと、図々しい問い合わせですがよろしくお願いしまう。

  • 年金の確定申告について

    叔母の年金の確定申告について教えてください。 年金は、年間約200万円です。年400万円以下の場合は、確定申告しないで済むようですが、株式の損失を繰り越すために確定申告をしようと思います。しかし、国税庁のe-taxで計算したところ、200万-120万( 公的年金等の控除額)-38万(基礎控除)=42万の課税所得に5%の所得税がかかるようでした。  もし確定申告をしない場合、この所得税は支払わなくてもいいのですか?源泉徴収はされていません。教えてください。よろしくお願いします。

  • 消えた年金と、扶養控除、確定申告

     障害者で年金生活者の74歳の父を、自分の扶養にして、自分の確定申告時に老年扶養控除と障害者控除を、これまで受けておりました。  昨年、父の消えた年金がみつかり、公的年金額が増加、年間公的年金は160万程度となりました。父は年金の他には、収入はありません。公的年金額が158万を超えた結果、住民税の納税対象になったため、市より父も、また扶養にしていた自分も(父が扶養から外れたためか)、過去3年分にわたり、追加納税するように通知があり、納税いたしたした。  しかし、所得税の方は、その後も税務署より通知は来ません。これは、このままでよいのでしょうか?(過去にさかのぼって払うべきですか?)扶養から外れたのであれば、所得税も増えそうですが。  また次年度確定申告をする際は、もう老年扶養控除や障害者控除は、うけれないのでしょうか?  公的年金400万以下は、確定申告は不要だそうですが、父の住民税の確定申告は必要でしょうか? ご存じの方がいらっしゃったら、ご教授下さい。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • jaham
  • ベストアンサー率21% (215/1015)

公的年金と個人年金 それぞれは所得税非関税の範囲でも、合算すれば課税対象額になることもあります ここで質問できるくらいなのですから 国税庁のサイトの確定申告書作成で ・それぞれの年金の源泉徴収票の記載 ・社会保険料 ・生命保険(領収書必要) ・地震保険(領収書必要) ・医療費控除(領収書必要) ・障害者特別控除 ・配偶者控除 を入力して、所得額と所得税額を調べることです 基礎控除を適用しない状態で33万以上の所得ならば住民税は課税、38万以上ならば所得税も課税です ああだこうだ言っていないで試してみることです ここで納得のいく回答を得たいのなら 上記の明細を全て公開する必要が有ります

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 確定申告に関して

    ●青色申告で提出する場合 青色申告特別控除が65万円、基礎控除が38万円の合計103万円が控除されるので 所得税は0円です。 上記で正しいですか?

  • 確定申告不要、住民税の申告が必要? どんな時?

    公的年金等の源泉徴収票(平成23年分)の注意書き 平成23年分の確定申告について 平成23年分の確定申告から、公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、 かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には、 所得税の確定申告をする必要がなくなりました。 (注1) この場合であっても、例えば、生命保険料控除や医療費控除による    所得税の還付を受けるための確定申告書を提出することができます。 (注2) 所得税の確定申告が必要でない場合であっても、住民税の申告が必要な    場合があります。住民税に関する詳しいことはお住まいの市区町村に    おたずねください。 (注1) これは分かりやすい (注2) これが分かりにくい、市町村に尋ねても、すっきりした回答が返ってこない。 そこで、お尋ねしたい。 どんな場合に住民税申告が必要なのか、完全・網羅的なご回答をどなたかご教示願いたい、 よろしく頼みます。

  • 障害者が株式譲渡益を確定申告無しは何万まで?

    http://okwave.jp/qa/q4081036.html この質問のベストアンサーでは、38万円までなら確定申告をしなくて良いと回答されています。 しかし、所得控除には障害者控除や社会保険料控除や医療費控除が有ります。 従って、基礎控除38万+障害者控除27万+社会保険料控除+医療費控除の合計で65万以上になりませんか? つまり、障害者が一般口座で65万以下の株式譲渡益だった場合には確定申告をしなくて良いのでしょうか?

  • 個人年金の税金

    仮に66歳とします。 国民年金が100万円。 生命保険会社の個人年金が90万円。 以上の収入があるとします。 国民年金の所得税は 120万円以下で65歳以上なので所得税は0円。 個人年金の所得税は 必要経費を差し引くと10万円。 この10万円に対して課税される。 以上の考えで正しいのでしょうか? 基礎控除38万円は、公的年金だけが対象なのでしょうか? 健康保険料などの社会保険料控除は公的年金だけが対象なのでしょうか? 一番知りたいのは、個人年金の課税所得10万円からの控除は0円なのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 確定申告は必要か・・。

    年金暮らしの60代ですが、確定申告が必要なのか教えて下さい。 収入金は、公的年金が300万程です。(企業年金基金、75万も含まれてます。) それと、特別障害者ですので、所得から40万控除されています。 400万以下の公的年金の人は、確定申告が必要ないと聞いたのですが・・・。

  • 確定申告:医療費控除の結果0円になった場合

    よろしくお願いします。 確定申告の書類を作成中で質問があります。 収入は公的年金+給与所得で、所得税の源泉徴収は0円です。 年の半ばまで、前職会社で社会保険料を支払っていました。(給与所得は2万円です) 通常であれば課税対象で確定申告をして所得税を納付しないといけませんが、 社会保険料控除・国民健康保険料控除・医療費控除・生命保険控除を計算すると、所得税額は0円になってしまいました。 1)確定申告の必要はあるのか? 2)確定申告をしなかった場合、来年度の住民税は0円になるのか? を教えてください。

  • 確定申告について質問です。

    去年(2010年)の7月に退社しました。健康保険や厚生年金などの社会保険料は天引されていたのですが、退職後は国民健康保険に切り替え、自分で支払っていました。 そこで質問です。 今回の私の確定申告では、基礎控除額+源泉徴収記載の社会保険料+医療費控除額の合計が、前年(2010年)給与よりも高くなります。 →この場合、所得税額は0円で、源泉徴収された所得税は全額返ってくるということでいいのでしょうか? →また、社会保険料控除はその支払った年度から2年以内であれば申告の対象になると聞いたことがあるのですが、できるのでしょうか?もし可能であれば、国民健康保険料で支払ったものを来年度(23年度)分の主人の所得税の控除の対象にしたいと考えています。 →医療費控除を受ける際に領収書を提出しますが、どうしても領収書を手元においておきたいときはどうすればよいのでしょうか? 今回初めて申請するので分からないことばかりで・・よろしくお願いします。

  • 確定申告必要でしょうか?

    いろいろと調べてはみたのですが、わからなかったので教えてください。 私の父母は地方で年金暮らしをしています。 父(81才)の年金は166万円程度、母(80才)は約85万円です。 私は給与所得のみです。 昨年、別居でも扶養に入れられることがわかり、母のみを私の扶養に入れました。 (扶養に入れて年末調整をしました) 父はもともと母を扶養に入れており、源泉徴収はされていません。 年金機構から送られてきた源泉徴収票にも扶養有となっています。 今回の確定申告で、父は母を扶養から外すということを行わなければならないと思っていたのですが、実際に社会保険料控除や生命保険控除をいれて計算すると母を扶養から外しても、所得税はゼロとなります。  また 『平成23年分以後は、その年において公的年金等に係る雑所得を有する居住者で、その年中の公的年金等の収入金額が400万円以下であり、かつ、その年分の公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下である場合には確定申告の必要はありません。』(国税庁HPより)となっています。  このような場合、父は確定申告する必要がありますでしょうか?  父母は確定申告など面倒なことはよくわからず、私も父母が遠くにいるので十分にフォローできず、必要なければできるだけ行わないようにしたいと思っています。  よろしくお願い致します。    

  • 至急お願いします!確定申告行ってきたのですが・・・

    税務署へ行って 還付の手続きをしてきましたがこれって間違ってますよね?? よくわからないし・・・とパソコン入力をまかせて(全てですが・・) 今見直したのですが 確認お願いします! 株の特定口座でA社とB社での相殺で所得税の還付申告です 私はパートで☆本人が障害者です。 平成22年度分所得是の申告内容確認票Bの内容です↓ 給与=カ=1186869円                         所得金額=6=536869円 ・・・合計=9=566869円・・・ 社会保険料控除=12=6944円 障害者控除=19~20=0円←ここがまちがいの元ですよね?? 基礎控除=24=380000 ・・・合計=25=380000円・・・ 右の欄     26=0円 上の26に対する税額または 第三表の81=27=7450円 差し引き所得税額=36=7450円 源泉徴収額=39= 44135円 ←A社で納めた株の所得税額です 申告納税額=40=-36685円 還付される税金=43=△36685円 これは私本人が障害者であるということなら 7450円のところが0円で   還付額は 44135円になるのではないですか?? 税務署の人が間違うのも変だな??とはおもうのですが・・・ 私の源泉徴収票には 本人が障害者であると言うところにチェックが入ってたのですが それを見落とされた?って事でしょうか? それとも・・・??何故 7450円引かれてるのでしょうか? よろしくお願いします

  • 障害者の確定申告について

    現在障害者1級の手帳を所持した上で、アルバイトとして働いています 所得税や住民税の控除があるようなのですが、毎月の給与から引かれている所得税(¥3,000程度)が確定申告をする事で、戻ってきたりするのでしょうか?恥ずかしながら調べてもわからなかった為、教えて頂けないでしょうか?