-PR-
解決済み

投手の記録に関する規則

  • 暇なときにでも
  • 質問No.78632
  • 閲覧数62
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 75% (52/69)

下記の事を教えて下さい

(1)勝利投手に関して、"投球内容で決める"とはどんな時でしょうか?
  またそれは公式戦とオールスター等では差異があるのでしょうか?
近年のオールスターでは初~3回を投げて与えられているようですが

(2)同一投手に勝利投手とセーブが同時に記録された時代('74~'75年)
それを満たす条件とは?
(ちなみにSPに加算される救援勝利ではありません 念のため)

確認事項:敗戦投手とは、勝越し走者を許した投手でよろしいでしょうか?
     例外等が在るのなら合わせてお答え下さい
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 83% (1169/1405)

r-wingさん、こんにちは。
(1)の回答については自信がなかったので、他の方の優れた回答を紹介することで責任を回避した!?というのが実のところです。
お尋ねの「2番手以降全員9球3三振」ですが、貢献度の大小はあると思いますよ。
例えば「8点取ったのに5点取り返された」直後の2回に3人でピシャリと抑えた投手は内容が同じでも、試合の大勢が決してからの投手より貢献度は大きいでしょう。また3人を抑えるのでも3,4,5番を抑えた投手と下位を抑えた投手でも貢献度は異なるでしょう。
実際のところどのようなプロセスを経て「貢献度」が評価されるのかは、私は残念ながら知りませんが。

打席を譲ったかどうかは関係ないと思います(自信ありません)。私の印象ですがTVのアナウンサーは全般に、あまりルールに通じていないように感じます。

先の回答の参考URLをご覧になって分かるように、このサイトには私よりずっと詳しい方が大勢おいでです。
必要に応じ新しい質問を立てられると、それらの方の目に留まる確率がぐっと高まると思います。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 83% (1169/1405)

(1)については参考URLの議論をぜひ併せてご覧ください。
「投球内容で決める」で最も多いのは、リードしながら先発が責任回数を投げきらずに降板、その後リードを保ったまま勝った場合でしょう。
この場合の「勝ち投手の認定」というのは実は難しい部分でして、後日勝ち投手が訂正される場合が数年に一度あったりすらします。

(2)特に条件はありません。過去に日本ハムの高橋直樹が勝利投手とセーブ両方を一試合で得ています(1974.8.18日生球場)。高橋はリードしたまま一度降板して三塁へ避難、その後再登板して最後まで投げきりました。この再登板の内容はセーブの規定を満たすものでした。それまでの規則をそのまま適用したら、一試合でセーブと勝ちと両方認めざるを得なかったので認めたわけです。
既にご存じのように、その後「勝ち投手となった場合はセーブを与えない」とルールが改正されたので高橋のような投手は出ていません。それまでのルールが特殊だったのでなく、その後にルールが付加された、というのが答えになると思います。

参考文献:近藤「プロ野球通になれる本」、PHP文庫、1996
補足コメント
r-wing

お礼率 75% (52/69)

有難うございます (1)に関して、新たに2つの疑問があります

1."勝利投手の権利が、勝越し点の入る直前に登板していた投手"というのなら、例えば、自軍が先攻で投手Aが7回裏を投げ終えた時点1-0で負けていて、8回表の攻撃で代打を出されて2-1と逆転して、8回裏から投手Bが登板して逃げ切った場合などに、TVのアナウンサーが『投手Aは自分の打席を譲っているので、勝利投手の権利がありますね』と言っているのを聞いた事があります 条件が前記なら、打席を譲ろうが譲ろまいが権利が発生すると思うのですが、自分の打席が回ってこないで8回から投手Bが登板したら、勝利投手は投手Bになるのでしょうか? また、セリーグ、パリーグで違いはあるのでしょうか?

2.例えば、自軍が先攻で1回表に8点先取、1回裏に投手Aが5失点するも1回裏を投げ切る その後両軍に点は入らず8-5で勝った場合 2~9回までの投手起用と投球内容が下記だった場合 勝利投手は誰になりますか?

2回裏 投手B 打者3人に対して9球で三振
3回裏 投手C 打者3人に対して9球で三振
4回裏 投手D 打者3人に対して9球で三振
5回裏 投手E 打者3人に対して9球で三振
6回裏 投手F 打者3人に対して9球で三振
7回裏 投手G 打者3人に対して9球で三振
8回裏 投手H 打者3人に対して9球で三振
9回裏 投手I 打者3人に対して9球で三振

投球内容は投手B~Iまったく同じ、しかも球速までも
私見では投手Eのような気がしますが 実際には有り得ない、くだらない質問ですが、宜しくお願いします
投稿日時 - 2001-05-31 18:33:53


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

Umadaさん、ありがとうございます。
以前、先発の勝利とセーブを両方取れるか質問したことがあるのですが、やっぱり、そういうことがあってから、ルールができたんですね。
回答でもなんでもないのですが・・。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ