• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ブラック企業とは?

こんばんは ブラック企業 wikipediaでは次のように書かれています。 ブラック企業またはブラック会社とは、広義には入社を勧められない労働搾取企業を指す。英語圏では一般的にスウェットショップ(英: Sweatshop)と呼ばれている他、中国語圏では血汗工場(中: 血汗工廠)とも呼ばれる。 すなわち、労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いたり、関係諸法に抵触する可能性がある営業行為や従業員の健康面を無視した極端な長時間労働(サービス残業)を従業員に強いたりする、もしくはパワーハラスメントという暴力的強制を常套手段としながら本来の業務とは無関係な部分で非合理的負担を与える労働を従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)のことを指す。 しかし、「健康面を無視した極端な長時間労働(サービス残業)」などといったら、いわゆる一流企業でも結構あります。いや、出世しようとしたら当たり前ですか? 公務員でもキャリアであれば超長時間労働の時期もあります。 「関係諸法に抵触する」などでは旬のニュース(防衛装備品受注で不正請求)になっている天下のM社も該当します。パワハラなどと言ったら、日本を代表する某メーカーの米国法人のトップが訴えられたりしました。かなりの和解金で和解したようですが。 「入社を勧められない」に該当するのでしょうか? 私が思うブラック企業とは暴力団の経済舎弟の会社とか、振り込め詐欺などの違法行為を行うためのダミー会社、マネーロンダリングをするための会社、北朝鮮などへの国際不正取引をしている会社などです。蛇足ながら、宗教団体と密接に関わっている企業も個人的にはブラックに入れてます(一部の人にゴメンナサイ)。 皆様はどのような企業を「ブラック企業」とお考えですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数414
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

暴力団が絡んでなくても、有名企業でもブラック企業はいくらでもありますよ。 残業代を出さないとか異様な長時間労働とか。 有給とったら怒鳴られるとか。 明らかに不適な部署に飛ばすとか、リストラ隔離部屋に押し込むとか、 有名企業で裁判沙汰になったでしょう。 残念ながら日本の労働基準法はマトモに機能していませんので。 こんな無法がまかり通りのは、先進国では例外的です。(意外でしょうが) ヨーロッパやオセアニア先進国ではありえません。 今回の選挙で、労働組合の支持政党から、 利権屋・経団連の支持政党に政権が戻りましたので、 ブラック企業の経営者たちは大喜びでしょう。 話は逸れますし、民主党をがよくやってたとまでは言いませんが、 政権持ってた間はリーマンショック、ギリシャショック、EU債務問題、東日本大震災、原発問題と不可避の危機に晒されただけだってのに、それの責任をいい具合に取らされて沈没しましたね。 国民は自民だったらこれらの危機が発生しなかったとか、 うまくやれたとでも思ってるのかね…。 しかも政権交代した今現時点で、これらの問題はすべて解消に向かっている段階。 (これは多少なりとも為替や金融をかじってる人なら、半ば常識です。) ますます経団連のカネをもらってる先生方が、 張り切って仕事をできる環境が整いました。 この国の国民は会社の違法な要求に尻尾を振って、人生を終えるのが望みなのかな…?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 誰にとってのブラックかですね。 >今回の選挙で、労働組合の支持政党 若干違うのではないでしょうか? 「御用組合癒着政党から」のが適切と思いますけど 連合の主要組合も原発推進の一翼を見なってますよ。それも今になっても。 労使一体ですし、本来労働組合と政党は一体であるべきではないのに政党支持の自由もない労組です。

関連するQ&A

  • これもブラック企業の内に入りますか?

    一般的に言われるブラック企業とは正社員労働者にも関わらず社会保険、厚生年金、福利厚生や保障が全く無い、労働者に低賃金且つサービス残業や無休長時間労働等の労働基準法度外視の過酷な労働を強要したり、達成不可能且つ過酷なノルマを与えノルマを達成出来なければ労働者を罵倒し、時には賃金ゼロ、莫大な制裁金を要求する、退職時は自己都合退職を強要する、強引な懲戒解雇、弱者切り捨て強者使い捨て等、つまり労働者の人権が全く無い企業をブラック企業と言いますが他にこんな企業もブラック企業と言うのでしょうか? ・脱税を繰り返して莫大な利益を得る ・発覚すれば警察沙汰になり逮捕者まで出る偽装工作、不正工作、行政機関に対して虚偽申請等をしたり法律や制度を悪用する等全社を挙げて違法な業務を行っている、又はそれを従業員に強要する ・政治団体、行政機関、警察、裁判官への違法献金(前もって裏金を支払って違法行為による検挙や罰則を免れる) ・暴力団への上納金 ・北朝鮮への送金 ・悪徳商法等、全社を挙げて日常的に客を騙して莫大な利益を得る、従業員に客を騙すように強要する ・クーリングオフ等、利用者や客の権利を無視した全社を挙げての強引な販売やサービスを行う、それを従業員に強要する ・同業他社への妨害工作、ネガティブキャンペーン、又は何らかの形で他社に圧力をかける ・裁判沙汰になれば訴えた人や団体に圧力をかける ・その他反社会的行為、社会的秩序にそぐわない行為、社会的倫理や道徳観が欠如した企業、地域社会に悪影響を与える企業 労働者の人権以外にも↑のような場合でもブラック企業と言うのでしょうか? 一部の従業員や労働者が個人自ら↑のような事をやるのではなく全社を挙げて行ったり又は従業員や労働者に強要する、従業員や労働者がやらざるをえない状況にする企業の場合です。

  • ブラック企業?

    一部の、従業員をこき使う企業をブラック企業って言うようになったじゃありませんか。 でも企業活動の中で、経営者側が一番困るのは人件費の高さだと思うんですよ。 昔の日本は休日も少なかった。 有給なんかとれなかったし、 残業だって毎日あったし、 賃金が安くても、 みんながむしゃらに働いていた。 その結果今の何不自由のない、 文句の言いようもない すばらしい日本国ができあがったわけじゃありませんか。 ということはですよ、 こういうすばらしい伝統を受け継いで、 従業員をこき使って、 人件費を浮かせたり、 人件費以上の働きを従業員にさせたり、 非正規労働者をどんどん働かせて、 いらないときにはとっとと切り捨てる企業は、 すばらしい企業じゃないのですかね。 もちろん、働く方はたまったものじゃないですが、 考えてみたら、 企業に元気がなかったら、 日本は回っていきませんよ。 安倍総理大臣もそう言っていますし、 今の自民党政権は、 完全に大企業優遇の政策をとっています。 それなのにどうして、 優等生的な、 従業員をこき使う企業をバッシングするんですかね。 昔みたいに安い賃金でどんどん従業員をこき使う世の中に戻せば、 中国や東南アジアの安い賃金を求めて企業が海外拠点を作らなくてもいいんだし、 雇用もどんどん確保できるじゃないですか。 いったい誰がブラック企業なんていって、 あおってるんですか。

  • 彼はブラック企業にお勤め

     最近、彼氏(友達以上彼氏未満?)が出来ました。とても人当たりがよく、優しく、明るく、やっといい人に出会えた、と喜んでいました。ところが、数回目に会った時、彼の勤め先を聞きました。その勤め先について調べたところ、県下でも有名なブラック企業らしいのです。その企業については悪い噂が絶えず、顧客からの苦情がいつも殺到。それに対処するマニュアルを用意しているような、悪徳といっていい会社だそうです。従業員に対しても長時間労働、頻繁な転勤など過酷な労働を課しています。ほとんどの人が、そのあまりのメチャクチャぶりに、半年以内に辞めるといいます。  確かに彼は毎日帰りがとても遅く、休日出勤もしばしば。でも、彼はつらい様子など見せず、「仕方ないなぁ」と言いながらそれに対応しています。3度転勤をしながら、もう10年近くその企業で働いているそうです。  彼はとてもいい人だと思うし、仕事を一生懸命やっていて素敵だな、と思うのですが、そうした悪徳な会社に何年も勤めているとはどういう神経なのか。優しさや明るさは単なる仮面なのでしょうか。それとも仕事と割り切ってやっているのでしょうか。  一生懸命、充実してやっているように見える彼に対して、勤め先の会社を批判するようなことを直接聞くこともできず、困っています。ご意見をお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#171558

フ◯ダ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

個別企業を上げてもらっても・・・

  • 回答No.4

労働時間や労働内容といった観点から、ブラック企業か否かを判断するのは適切でないように思います。 たとえ労働時間が長くても、激務でも、そこで働く従業員が満足して働けているなら全く問題ないと思うのです。 ですから私は、従業員が納得する労働をできていない状況にある会社こそがブラック企業であると考えます。 企業全体として考えても、厳しい労働内容ながら社員が生き生きと働けている会社は、強く成長していきます。 そのような成長力のある会社は上昇志向な雰囲気を醸し出し、より従業員の自己実現欲求を刺激します。 そうしたプロセスを経れば、さらにブラック企業とは遠い存在になるでしょう。 ブラック企業は従業員の気持ちを汲み取りません。 経営トップの意思決定内容を実現する道具として、従業員を見ます。 ですから、従業員は労働を行うに当たり苦痛を伴う場合が多く、離職率も非常に高くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 社員のモチベーションをいかに高めるかという点は重要ですね。

  • 回答No.3
  • 2080219
  • ベストアンサー率32% (627/1954)

こんにちは。 まさにWikipediaに記載されている通りのイメージですよ。 そして、おおよその企業が当てはまるのではないでしょうか。 仕事が楽なら生活もままならない。 仕事がキツければ身体共に限界。 基本的に、上司も同僚もゴロツキばかり。 何処もそんなものですよ。 レールに乗ったはずが、既に終点を通り越していた。 それが今の日本企業じゃないでしょうか。 ではでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 程度の差はあるにしても、大体のところはブラックですか。 確かにそうですが、さずがに入ったら暴力団の経済部門とか宗教団体の下部組織などというのだけはパスしたいですね。

  • 回答No.2

私の個人的意見ですが ブラック企業=法を犯す企業=筋を通さない生き方を押し付ける企業=個人を重んじない企業 のような社会てルールを守らない企業だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「法を犯す企業」このあたりはさすがに気を付けてるのでしょうが、「個人を重んじない企業」このあたりになると厳しそうですね。

  • 回答No.1
  • sayuliy
  • ベストアンサー率16% (207/1282)

こんにちは。 社員が体調を崩しても自己責任と一蹴し業務を改善しない会社はブラックですね。 ※他の利用者様のご迷惑にならないように自重しつつの回答になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • ブラック企業で働いている方への質問。

    自分が働いている会社がブラック企業だと思っている 方がいましたら、どのようなことで、ブラック企業だと 確信していますか? 例えば、長時間労働、残業の未払い、パワハラ、セクハラなどなど。 是非教えてください。 どうぞよろしくお願いします。

  • ブラック企業を韓国語では

    入社を勧められない過酷な労働搾取企業をブラック企業と言いますが、韓国語では何て言うんでしょうか? 日本語から借用して 블랙 기업でいいのか、 英語のsweatshopから借用して 스웨트숍になるのか、 それとも 中国語と同じように 「血汗工廠」と漢字語に訳して 혈한 공창と読むのか、はたまた 韓国語特有の表現があるのか、あるいは ただ 노동 착취 기업と言うしかないのか どうなんでしょう?

  • ブラック企業を無くすために

      〇〇党がもっと強くなれば日本中の会社に組合ができると思います。 そうなると、おのずとブラック企業がなくなるのではないでしょうか?  〇〇党の議員が増えるとサービス残業などで苦しんでいる人も議員に相談することもしやすくなると思います。今度の選挙はブラック企業の社長が出ているようですが、あの会社の社員が自民党に入れないだけで大きく労働条件が変わると思います。   まあ自分で組合を作らないことには根本的には変わらないのですけど、その組合も作りやすくなるのではないでしょうか?今度の選挙を良い機会として組合を作りませんか、組合を作ることは労働者の権利です。妨害することは違法行為になります。   

  • 日本の生産性が先進国中最低レベルなのはなぜせすか

    世界有数の長時間労働で余暇や家族サービス、介護などに充てる時間すらなかなか取れない日本人は、働く過ぎと言われて久しいですが、なかなかこのような傾向を脱することができません。 過労死やブラック企業の問題も、改善しているとは言い切れないですね。 そんなに日本の労働者は働いているのに、なぜ先進国の中では生産性が低いのでしょう? 産業別に見ても、自動車などごく一部の業種だけが生産性が高く、他は総じて低いようです。 ワークシェアリングがあまり普及していないからでしょうか? 少ない従業員にあれもこれもやらせて、ナイトスタッフを別に雇うこともなくサービス残業やわずかな残業代で済ませる経営は、一見生産性が高くなりそうでもありますが、なぜ低くなるのでしょう?

  • ブラック企業調査をして…

    厚生労働省がブラック企業対策として5111の企業を調査した結果、全体の82%に当たる4189企業・事業所で長時間労働や残業代不払いなどの法令違反があった というニュースがありましたが…結局見つけてどうしたんですか? 調査はしました、はい終わり? それともちゃんとした対策の見通しを発表したのでしょうか?(意気込みを見せた!とかいう内容ではなく) 厚生省の行政機関であるハローワークのいい加減さにしても 、知人はヤのつく職業に紹介され、苦情を言っても「企業の内情までは知りませんから」で終了 もっと目に見える対策を講じて欲しいです。

  • なぜ【ブラック企業】ができますか?

    ブラック企業の概念は様々ありますが、人間の心を無視したノルマ的な職務とサービス残業に代表されるはずです。 ブラックは中小零細企業が大多数と思いますが、なぜ中小に多いのでしょうか? やはり思いつきで起業するのが理由ですか? 思いつきでの起業は論外ですが、ではなぜ思いつきで起業するのでしょうか? 不景気の中であっても理由なしに「売上!売上!」しか言わない会社があります。 売上が大事なのは当たり前でしょう。 ですが霊感商法や詐欺ではない限り、売上が闇雲に上がる訳ではなく、理由がなければ上がる訳がありません。 なぜ「売上!売上!」しか言わないブラック企業が日々作られ、安月給で従業員を雇い少しの将来さえも見えない経営をするのでしょうか? 教育問題やコミュニケーション低下、理由なき利益追求の社会にも問題があると思いますが、皆さんはどう思いますか? どうしたら改善しますか?

  • ブラック企業の定義って?

    何かと辞めたい、つらい、ひどい…企業にブラック企業というキーワードが出てきます。 パワハラ、賃金未払い、重労働、長時間労働などあるかと思います。 倒れるまで働かせられたとか、フルタイムなのに一日3千円しかもらえないとかそんなひどいものまで見たことがあります。ブラック企業にいたから体調…という前に良し悪しの判断ができないのでしょうか、辞めたら転職できないとマインドコントロールされてるのでしょうか。 刑を服役してるとか、どこかの団体に洗脳されたわけではないでしょ?判断できなくないですか。疑問です。そんな判断もできなくて(抗議するなり、第三者に相談するなり、辞めるなり)二度と仕事をしないつもりならいいですがそうでないなら次でも同じこと繰り返すだけじゃないですか? ※会社の待遇や福利厚生は問題ない、でも入社してみたら職場の上司なり先輩・女性社員に癖があるとか営業の携帯やオーバーした交通費は自腹…、顧客の関係で土日は出社がけっこう多いとか会社に入ってみないと分からないことなら仕方ないと思います。でもこういう内容がブラック企業という定義にあてはまるかはわかりませんが。

  • ブラック企業って実際どれくらいあるものなのですか?

    現在再就職活動中の者です。 再就職活動を行うにあたって色々と情報を収集しているのですが、ブラック企業関係の情報がたくさんあり、疑心暗鬼になってしまいます。求人を出している会社全てがブラックなのではないかと思ってしまうほどです。 そこで質問なのですが俗に言うブラック企業というのは世の中にどれくらい存在するものなのでしょうか? もちろんブラック企業の定義や感じ方というものは人それぞれ違うと思いますし、「これが当てはまったらブラック企業」というような項目が一つも当てはまらない企業などまずないというのもわかっています。 なので何を以ってブラック企業とするのか判定は難しいことだとは思いますが、都市伝説的に言われているような劣悪な労働条件や残業代未払い、当たり前の休日出勤などの行為が実際に行われているような企業はどのくらいあるのか知りたいです。 自分としてはそんな企業はごく一部であり、ネット上で騒がれているだけの誇張表現だと思いたいです。 どなたかお詳しい方いらっしゃいましたらご回答お待ちしています。

  • ハローワークの案件に応募するのが怖い

    ハロワ経由で就職した人の体験をいろいろ読むと中小企業・零細企業案件は求人票に書いた通りの労働条件を守ってくれない会社、サービス残業を強いる会社、とんでもない社長やマナーのなっていない従業員のいる会社、ひどいケースは社会保険完備と書いてありながら実はそうでない会社等があると聞きます。 入社してからこれらの側面が判明してからでは遅いし、事前にわかる方法はないでしょうか。 また、うわさ通り、ハロワ経由はこういうブラック企業が多いのでしょうか。 今までは労働条件をきちんと守ってくれ従業員も社会人として紳士淑女ばかりの大企業でしか勤務したことがなく、ハロワの検索機にあるような中小企業以下の企業に応募するのがこわくてたまりません。 (それ以前にアンタは受からないだろ!何様??という批判もあることは承知しています)

  • ブラック企業をなくす方法を思いつきました

    ちょっと入浴中に考えました。 とあるブラック企業(明らかな長時間労働&サービス残業&休み少ない)があるという前提でお話しします。 普通、そこの社員はひどい労働環境の改善を望み、経営者に訴えたりストライキを起こしたり労基に相談したりと、そういう権利を持っていますよね? ところが日本だとそういうことを起こす人がなかなかいないというか、つまり積極的な人が少ないと思うんです。そのおかげでひどい労働をさせるブラック企業は存在し続けると僕は考えています。 それに加えて「お客様第一」のような考え方(特に小売業や飲食業)であるため、そもそもの経営の仕方(例えばスーパーとかだと夜中までやってるとか飲食店の24時間営業だとか)が労働者にとってキツイような気もします。(一昔前だと夜中にお店はみんな閉まってたと聞きました) つまり、「訴えてもムダ」「訴えるのが間違い」のようなイメージが労働環境の改善を妨害していると僕は思っています。 そこで、ついさっきお風呂場で「労働者が訴えるのではなく、顧客が訴える労働環境改善」というものを考えつきました。 これはどういったものか、スーパーマーケットを例に説明します。 簡単に言うと、そこのスーパーのお客さんが「働いている社員たちの労働環境を改善してあげてくれ」とスーパー側にクレームを入れるという方法です。 スーパー側も社員からの要望なら「相談(闘う)」という姿勢で臨みますが、顧客からの要望だと「お客様第一」という考え方なので、これを逆に利用して「お客様の言うことならなるべく通す」という流れに乗せ、結果的に労働環境が改善されるのではないか?と考えました。 お客さんも1人ではなかなかクレームが通らない場合があると考えると、団体でスーパー側にクレームを入れるという規模の大きな方法もあると思います。 以上が僕の考えた方法です。これならブラック企業を少しずつ減らせる可能性があるのではないかと真剣に考えています。 ですが、これって企業に対する営業妨害にあたりませんでしょうか?よく聞く「威力業務妨害」とかじゃないでしょうか?ここまで述べておいて失礼ですが、正直この方法が法に触れないという自信がありません。 みなさんに質問したいのは (1)顧客が企業に社員の労働環境改善を訴えることはできるのか (2)僕の考えた方法は合法か違法か ということです。 常識知らずなことを言っていたらごめんなさい。詳しい方や興味持ってくれた方は回答をよろしくお願いします。

カテゴリ

専門家に質問してみよう