締切済み

返済額を上ないと差し押さえになりますか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7841919
  • 閲覧数709
  • ありがとう数3
  • 気になる数1
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 42% (3/7)

督促状がきて、裁判の手続きを進めていると言われました。

金額は50万円なのですが、今はお金が無いため、毎月5000円づつ返済をすることになりました。

担当の方にとにかく入金するよう言われ、初回5000円は入金して、電話で報告したら、
「もっと返済額をあげないと、裁判しますよ」と言われました。

また、裁判をすれば、返済総額に裁判費用を上乗せするから、大変だぞと言われてしました。

1年後には、返済額を1万円に上げられると伝えたのですが。。。

この場合、今すぐ返済額をあげないと裁判になってしまいますか?

この1年間は、その5000円でさえもキツイ状態なので、できれば5000円で一年間耐えたいのですが。。。

どうかご教授お願いします。

回答 (全7件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 48% (4105/8467)

>この場合、今すぐ返済額をあげないと裁判になってしまいますか?

債権者次第ですね。
通常は、毎月の返済額を少なくするなど「返済の意志表示」を行なっていれば(この様な)問題は起きませんでした。
まぁ、督促状が届いているとの事。
常識を超える「延滞」が発生しているのでしよう。
とすれば、債権者も人間ですから「穏便に処理」は不可能でしよう。
法テラスに相談しても、術がありません。
弁護士の紹介は、期待出来ますがね。

訴訟云々ですが・・・。
借金が50万円との事ですから、たぶん小額訴訟になりますね。
債権者は、金銭消費貸借契約書を資料として裁判所に提出するだけです。
訴訟費用は、11000円です。
即日結審(1から2時間)で、判決が出ますよ。
質問者さまが裁判を欠席すれば、100%債権者の主張を認めた事になります。
多くの場合、債権者が勝訴している裁判なんですね。
判決後、「少額訴訟債権執行申立」をして、質問者さまの預貯金や給料などの差し押さえを行なって債権の回収が出来ます。
給与差押さえの場合は、もちろん質問者さまの勤務先に「裁判所から差押さえ命令」が届きます。

問題がこじれる前に、何とかできなかったのですかね?
正に、「後悔先にたたず」です。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 41% (46/110)

NO.2さんの意見に賛同する処ですが、裁判になってからでは遅く、直ちに法テラスへのご相談お薦めします。
日に日に利息は増え続けているのですよ。

家賃の滞納と同じで会社から何度と督促されている訳ですから、もうまった無しで何時裁判起こされ
て、給料の差し押さえを、食いとめなければ最悪の状況になります。

個人ではまず相手に条件変更などの和解案の話なんか聞いてもらえません。
だから、弁護士さんに仲介に入ってもらったほうが懸命かとおもいます。私の地区では予約制で社会福祉協議会で弁護士さんと無料で相談にのってくれます。質問者様の地区でもあれば良いのですが・・・

直ぐにでも弁護士だよ~。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 26% (180/675)

>今すぐ返済額をあげないと裁判になってしまいますか?

 相手の考え方、経営方針で決まります。部外者には分かりかねますが多分裁判になるでしょう。
 裁判の結果は見えています。質問者の負けることは確定です。当然相手は給与を含み差押の判決を求めてきますので質問者さんが困ると言っても無駄です。

>裁判費用を上乗せするから、大変だぞと言われてしました。

 裁判費用は敗訴側が負担します。[裁判費用]と[弁護士経費]を混同している回答もありますが。もっとも裁判費用は大した金額ではありません。

>どうかご教授お願いします。

 質問文と補足を見ましたが緊張感がありません。大人だったら現状を認識してください。

 50万円は利息を含んでいないでしょう、昔借りたお金が50万円が元金と思い込んでいませんか。督促がきて裁判の話が出ているということは延滞損害金が発生しています。

>金額は50万円なのですが毎月5000円づつ返済をすることになりました。
 
 50万円を利率15%で借りると利息はいくらになるか計算したことありますか、月6,250円ですよ。毎月5,000円の返済で足りると思っているのですか。まさか50万円が毎月5,000円づつ減ると思っていたのですか。毎月5,000円では借金は減るどころか利息にも足りませんので借金は増え続けます。一生払っても借金は無くなりません。

 借金は怖いです。借りるのは簡単ですが。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 37% (1085/2874)

> 督促状がきて
と言う事ですから、延滞している状態ですね。

> 金額は50万円
一般的な無担保融資なら利率は15%前後、遅延損害金だと22%前後というところですね。
この利率ですと、延滞状態の現在の毎月の利息は1万円を超えている可能性があります。

> 5000円
15%前後の利率でも、毎月の利息は6000円を超えますから、これでも延滞状態と言えます。

> 今すぐ返済額をあげないと裁判になってしまいますか?
延滞状態が継続していると考えることが出来ますから、可能性はあります。

> できれば5000円で一年間耐えたいのですが。。。
相手を納得させる説明が必要です。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 51% (2555/4939)

知る限りでは「返済総額に裁判費用を上乗せ」は出来ません。
家庭裁判所にて支払督促手続きをしてもらった際でも、その文書作成料と通信費の合計3,000円程度が加算されるだけです。
民事裁判で「原告が負担すべき訴訟費用の負担を、被告がするように」判決が出たとしても、原告が弁護士に支払った報酬はこれに含まれないと理解してます。

ですから「返済総額に裁判費用を上乗せ」という表現をしてる相手は「早く返済しないと、利息だけでは済まなくなる」といいたかったのでしょうが、表現としては「言いすぎ」ですね。

あと誰から督促を受けてるのでしょうか。
民間の金融機関でしょうか、税務署や市役所のような「租税債権者」でしょうか。
おそらく前者だと思います。
あなたが支払う意思がないとなれば、取立訴訟をするでしょうね。

裁判で勝っても「差し押さえる財産がない」なら無意味なので、ほとんどの「裁判沙汰にするぞ」は脅かしのようなものです。
お礼コメント
balutlomeo

お礼率 42% (3/7)

詳しい回答ありがとうございます!

督促を受けているのは、民間の有名企業です。

払う意思があり、今後返済額を上げていくと言っても裁判を示唆されてしまい戸惑っています。この場合、裁判になれば負けてしまい、差し押さえになってしまやないか心配です。

なんとか時間をくだされば、完済したいと考えているのですが。

差し押さえは給料を抑えるそうです。

脅かしならいいのですが、そうなると生活できなくなってしまうので、なんとか避けたいのですが、いい方法などありませんでしょうか?
投稿日時 - 2012-12-12 23:17:28
  • 回答No.2

ベストアンサー率 25% (3249/12576)

 まず
 支払えない証明をしなくてはいけません。
 解雇による給与額の減少や病気による離職などいろいろでしょうけれど、
 
 督促におびえて5000円払ったのはまずかったです。

 もっと返済額をあげて~と言われても、金利自体が法令違反の場合もありますから、その場合は裁判に持ち込んだ方が有利に働くこともあります。
 50万に対して裁判費用をかけてまで戦う金融会社は少ないと思いますが・・・・。

 同じ5000円なら、弁護士への相談などに使った方が良かったかもしれませんね。

 法テラスならばもっと安く相談できますし、既存の銀行や弁護士会、司法書士などで法令についての無料相談会が開催されることもあるので、そこに赴くこともよい解決法が見つかるかもしれない近道ではないでしょうか?

  http://hennsai.com/
お礼コメント
balutlomeo

お礼率 42% (3/7)

ありがとうございます!

裁判になったら、法テラスさんで相談してみます。
投稿日時 - 2012-12-12 23:09:49
  • 回答No.1

ベストアンサー率 17% (360/2003)

相手は誰ですか
サラ金なりカード会社では月に5000円では金利以下となると思います。
早く返せ、5000円では足りないので1万円を、との先方の主張は正しいです。
月5000円では1年後に金利が膨れ上がり、月1万円に上げて合わせて15年くらいかけて
総支い払額900万円くらい返すほうがいいのでしょうか。
早く返すほうが賢明と思います。
(私掛け算間違っていたらすみません)
お礼コメント
balutlomeo

お礼率 42% (3/7)

ありがとうございます。
投稿日時 - 2012-12-12 22:50:26
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ