• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

多数のヒドロキシル基をもつアルコールの級数

あるアルコールの級数とは あるアルコールにおいてヒドロキシル基が結合している炭素 に結合している炭素の数ですよね? しかしアルコールにはもちろん複数のヒドロキシル基をもつものがありますよね? この場合級数の判定はどのヒドロキシル基で行えばよいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数1106
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • Bubuca
  • ベストアンサー率59% (526/888)

OHがひとつならば「エタノールは1級アルコールですから、、、」などと述べても差し支えありません。 複数のOHを持っているものは同じように扱えませんから、多価アルコールと呼べばいいと思います。 そして、それぞれのOHについて1級なのか2級なのか3級なのかを判定します。 例えばグリセリンは3価のアルコールで1級のOHが2つ、2級のOHが1つあります。 このように考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

教科書・参考書だとヒドロキシル基が一つの場合しか解説しておらず困っていました よくわかりました どうもありがとうございました

関連するQ&A

  • アルコールの級数について

    アルコールの級数の見分け方として、1価のアルコールの場合水素の数や炭化水素基の数で判断しましたが、2価のアルコール、3価のアルコールではどうすればいいのでしょうか? それとも、2価のアルコール、3価のアルコールの級数について考えないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 非芳香環 ヒドロキシル基 アルコール

    非芳香環にヒドロキシル基がくっついている化合物は存在しますか? (存在するとして) 非芳香環にヒドロキシル基がくっついた化合物はアルコールになりますよね? (フェノール類ではなく)

  • 活性メチレン基のヒドロキシル基

    タイトルがおかしいかもしれませんがご容赦ください。 不飽和脂肪酸の自動酸化において、二重結合に挟まれた メチレン基(活性メチレン基)と結合したヒドロキシル 基は特に不安定であるという知見があったのですが、 これはなぜでしょうか?

  • 化学 アルコール…

    化学 アルコール… アルコールの級数についてです。OHの炭素に何個 炭素が付くかで第一級 二級 三級と思っていました。 ですが、教科書をみるとOHの炭素に付く水素の数で分類してます。 単結合の場合は炭素でも水素でも分類できると思います。 ですが、もし二重結合をもつ時はどうなるのでしょう? HO | H3C-H2C=C-CH2-CH3 (2-2-ペンテン)みたいなのは第何級アルコールになるのですか? 炭素数で考えると第二級アルコールですが、水素数で考えると第三級アルコールになりますよね? 悩んだ末に私が考えたのは、『OHに付く炭素に付く炭素数又は水素数』で分類するのではなく、『OHに付く炭素に、炭素が付いた価標が何本か、又は水素が付いた価標が何本か』と考えると上記のアルコールの級数が第三級アルコールであると言えると思います。 どうでしょうか?教えて下さい。

  • 第一級アルコールについて

    第一級アルコールとは、“ヒロドキシ基と結合した炭素原子であるC-OHに他の炭素原子が一つついたもの”と覚えていたのですが、参考書に“第一級アルコールのメタノールからホルムアルデヒドが得られる”とありました。メタノールってC-OHだけの構造ですよね?このCに他の炭素原子はついていないと思うのですが、なぜ第一級アルコールなのでしょうか?誤植でしょうか?よろしくお願いします。

  • ベンゼン環に結合した置換基による安定化について

    ベンゼン環にカルボキシ基とヒドロキシル基がひとつずつついた化合物は、オルト位やパラ位である方がメタ位より酸性度が高いみたいなのですが、 これは、プロトンを失った化合物が共鳴によって、酸素原子上にそれぞれ負電荷ひとつずつで、酸素原子と炭素原子の間に二重結合で、ヒドロキシ基に結合した炭素に正電荷がつくような安定な共鳴寄与体を取ることができるからなのでしょうか? また、ベンゼン環にヒドロキシ基とニトロ基がある場合は、僕の考えだと同じように考えた場合は、 メタ位にあるものに比べてオルト位やパラ位にある方が、プロトンを失った化合物が共鳴によって、酸素原子は隣接炭素と二重結合し、ニトロ基に隣接する炭素が負電荷を持つことによって安定な共鳴寄与体を取ることができると思います。 この考え方はどうなんでしょうか?もし間違っていましたら、訂正とより適切な考え方を教えてもらえませんか?

  • アルコールとカルボン酸

    アルコールに付いてるOH基(ヒドロキシル基)とカルボン酸に付いてるCOOH基(カルボキシル基)のOHは違うのでしょうか? アルコールは酸性ではないのに、カルボン酸はなぜ、酸になるのでしょうか? 教えてくれtらうれしいです。お願いします。

  • 官能基

    例えば、問題として  R-C-O-H    ||    O の化合物のなかにある官能基を書けという問題の場合、カルボキシル基のみが 正解になりますか?(R内は無視として) それともカルボキシル基とヒドロキシル基ですか? つまり、一番大きい結合のみを答えるかということです。 カルボキシル基ということは、かならずOHがあるということなので、あえて 答える必要はないと私は思っているのですが・・・

  • 単糖の定義と記法 カルボニル基 について

    今、単糖について勉強しています 教科書には「CmH2nOnとかける物質」という定義がありましたが 窒素、リン、硫黄などを持つ物質も単糖と呼ばれているのでこの定義は あきらかに不適当だと考えました。 辞典に「カルボニル基一つとヒドロキシル基を持つ物質」 という定義があり、かなり的確な説明だと思ったので これを定義として採用して考えていこうと思ったのですが いくつか分からないことが出てきてしまいました http://chalk-less.org/lecture/lifesci/biomajor/biomaj01a.html の上のほうで、β-D-glucose を例にとって糖の記法について説明している箇所なのですが Fischer投影式では確かに↑の定義、「カルボニル基一つとヒドロキシル基を持つ物質」 が当てはまるように思えました。 しかし、Haworth投影式、イス形配座の書き方ではカルボニル基の酸素-炭素二重結合が 消えて、酸素が単結合二つになってしまっています。 これはどういうことなのでしょうか? 見方を変えて違う図で表すのは理解できるのですが なぜ酸素-炭素の二重結合が酸素の単結合になってしまっているのでしょうか? 見方を変えるだけで結合が変わるわけありませんよね? (1)本当はβ-D-glucose はどのような形をしているのでしょうか? 問題の酸素は本当はどんな結合になっているのでしょうか? (2)なぜ記法を変えると問題の酸素周りの結合が違う種類になっているのでしょうか? 本当は単結合とも二重結合ともいえないとか、そういう感じなのでしょうか? (3)単糖の定義はどうするのが適切でしょうか?

  • ヒドロキシ基について!

    現役高校生です。 無機化学ではヒドロキシ基をもつ物質は塩基性を示すのに、 有機化学では中性または酸性を示すのは何故ですか? 無機化学の分野では、「ヒドロキシ基を持つ物質は、水に溶かすと塩基性を示すものだ」と、当然のように思っていました。 しかし、有機の世界に入ると、そのような考えはまったくの勘違いであることが分かりました。 アルコールも、フェノールも、ヒドロキシ基を持つのに塩基性を示さないのです。 足りない頭を私なりにフル回転させて考えたところ、 「無機化学の場合、金属イオンに付いたヒドロキソ基は、酸素と金属の間の結合力が弱いためヒドロキシ基が丸ごと外れる。 しかし有機化学の場合は、酸素と炭素の結合力が強いため、それらよりも結合力の弱い酸素と水素の結合が先に切れるのではないか」 と考えました。 この考えかたで、果たしてあっているのでしょうか? 皆さん教えてください