• ベストアンサー
  • 困ってます

プロトンNMRのスペクトルについて

ビニルアルコールの場合ヒドロキシル基のプロトンは一目瞭然で、その炭素中のプロトンも分かりますが、隣の炭素の二個のプロトンの決め方が分かりません。ppmが5~6の間にほとんど離れてないスペクトルが二つあり、いずれもダブレットです。しゃへいなどから判断できるのでしょうか?2つのプロトンスペクトルの固定の仕方を教えてください。(o*。_。)o

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数1
  • 閲覧数522
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • tyukon
  • ベストアンサー率17% (3/17)

カップリング定数(J値)を比べれば一発ですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • プロトンNMRのブロード

    与えられたプロトンNMRから有機化合物を同定したいのですが、NMRには5~3ppmで極端に平らなブロードがあります。ブロードするものとして、ヒドロキシル基、カルボキシル基、アミノ基、アミド基、のほかにどんなものがかんがえられるのでしょうか? ちなみにベンゼンの三置換体で、分子量は138.12ということが分かっています。またIRも与えられています。

  • trans-1.2-ジブロモシクロヘキサンのプロトンNMR

    実験で合成したtrans-1.2-ジブロモシクロヘキサンのプロトンNMRの帰属がわからなかったので 産総研のスペクトルデータベースで調べたところ、 以下のような結果でなぜそうなるのかさらにわからなくなりました。 教えてください。 具体的にはなぜ同一炭素上のプロトンのピークがアキシアルとエクアトリアルでこんなにはなれるのかがわかりません。 以下引用 A 4.46(臭素と同一炭素のプロトン) B 2.46(臭素ついた炭素の隣の炭素のエクアトリアル水素) C 1.90(臭素のついた炭素の隣の炭素のアキシアル水素) D 1.81(臭素のついた炭素の二つ隣の炭素のエクアトリアル水素) E 1.52(臭素のついた炭素の二つ隣の炭素のアキシアル水素)

  • 質量、NMRスペクトルで...。

    どちらなのでしょう・・・?             H  O             | || (1) CH3-CH2-N- C-CH3                   O  H              ||   | (2)  CH3-CH2-C- N-CH3        質量スペクトルによると分子量30のシグナルが大きく出ています。だから一見、NH-CH3の部分は30だから(2)かなとも思えます。。。 しかし、プロトンNMRスペクトルをみるとCH2の隣の原子についている水素の数が4つなのです。そうなると(1)の方が当てはまります。 どちらのスペクトルを優先してみた方がよいのでしょうか?

  • このNMRが示す物質は?

    今NMRを基礎から学習しているのですが、図書館の資料集の中で一つだけ構造が分からなかったんです。 分子式はC4H6Cl2O2で、プロトンNMRのスペクトルが、7.3ppmに弱いシングレットが、6.0ppmにシングレットが、4.2ppmにカルテットが、1.4ppmにトリプレットが見えました。7.3ppmは溶媒のピークだと思うんですが、強度比は、目算ですが、低磁場側から1:2:3くらいです。 考えたのが、1ppm付近のトリプレットがメチル基で、4ppm付近のが-CHCl-の吸収で、6ppmのシングレットはC=CHかなと思ったんですが、それだとどうしてもOを使いきれません…この6ppm付近の比較的強いピークは何なんでしょうか?

  • ビニル基のNMRについて

    NMRでビニル基の3つのプロトンについてですが、ジェミナルの関係にある同じ炭素から出ている水素2つは非等価 だと思うのですが、二重結合をはさんでその炭素から出ている水素も非等価な水素なのでしょうか?

  • 多数のヒドロキシル基をもつアルコールの級数

    あるアルコールの級数とは あるアルコールにおいてヒドロキシル基が結合している炭素 に結合している炭素の数ですよね? しかしアルコールにはもちろん複数のヒドロキシル基をもつものがありますよね? この場合級数の判定はどのヒドロキシル基で行えばよいのでしょうか?

  • NMRについて質問があります。

    NMRについて質問があります。 C5H7NO2という化合物なのですが、         水素数 分裂数 J値 1.32ppm(3H、 t、  J=7.0、)   3.64ppm(2H、 s、  ×、) 4.40ppm(2H、 q、  J=7,0、) という化合物なのですが、1.32ppmと4.40ppmに表れているHはJ値が等しいので、隣り合って、CH3CH2-という構造をもち、また4,40に表れていることから、ーOCH2CH3という構造をもつと考えました。 また、Nを含むので、NH2基をもつと考えたのですが、NH2基で考えたらうまくいかなかったので、 CN基をもつと考えました。 また、IRスペクトルからカルボニル基をもつことがわかりました。 これらの情報を総合して CH3CH2OCH2C=OCN(1)という化合物を想定したのですが、答えは、CH3CH2OC=OCH2CN(2)という化合物でした。 3.64ppmとして表れているHは、隣にOをもつため3-4ppm付近に表れたと考えたので (1)の化合物だと考えました。 (2)では、3.64ppmに表れているCH2はカルボニル基とCNに隣り合っており、2-3ppm付近に表れる事になるので違うと考えたのですが、 なぜ(2)の化合物が正解なのでしょうか。 NMRにお詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてください。

  • サリチル酸からアセチルサリチル酸の合成

    タイトルの反応は、フィッシャーの反応にしたがって進むと思われます。 つまり、無水酢酸の酸素原子へのプロトン付加から始まりますよね。 このとき、プロトン付加によりC=O結合が立ち上がって、炭素原子が陽イオン化します。 この炭素陽イオンに、サリチル酸のヒドロキシル基の酸素原子上の非共有電子対が配位しますよね。 このとき、サリチル酸の「カルボキシル基の酸素原子」は配位しないのはなぜですか? 配位能の違いでしょうか?

  • 赤外吸収スペクトル

    エステルのIRスペクトルにおける、カルボニル基の吸収のシフトについて 1. 誘起効果の大きい原子、酸素などが、カルボニル基に隣接していると、   カルボニル結合の力の定数が大きくなり、高波数側へシフトするという   説明ですが、これは、カルボニル炭素の電子が吸引されて、分極が大きくなる   ことと関係があるのでしょうか。力の定数が大きくなる理由について   詳しく教えてください。 2. メソメリー効果を持つフェニル基、ビニル基などがカルボニル基に隣接   していると、低い波数側へ吸収がシフトするという説明は、共役により、   カルボニル結合の結合価が単結合性を持ち、力の定数が小さくなるためと   考えて良いのでしょうか。

  • 【急】1H-NMRのE/Zの化学シフトの違い

    1HNMRの帰属について質問があります。 CH3CH2C(Ph)=CHCOOCH2CH3 という化合物についてです。 E体とZ体のC=CHのHの化学シフトの違いは計算してわかりました。 ですが、1H-NMRスペクトルを見ると、 左のCH3やCH2、さらにEt基の化学シフトも大きく異なります。 立体障害や水素結合、PhやC=Oのアイソトロピー効果が関係していると考えているのですが、 なぜここまで大きな違いが出るのですか。 それぞれについて理由を教えてください。 例えば、 左のCH3 E体:0.8 ppm Z体:1.0 ppm(なぜ1.0 ppm??) 左のCH2 E体:3.1 ppm Z体:2.5 ppm(E体C=OのOと水素結合して低磁場シフト?) Et基のCH2 E体:4.2 ppm Z体:4.0 ppm(???) といった具合です。 急いでいます。ご回答どうかよろしくお願いします。