• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

政治家と政策、選挙の判断基準は?

選挙で投票する際、政治家の性格や熱意か、それとも政策か、どちらを選ぶべきでしょう。 私が問題だと思うことは、政策に翻弄されてはいけないということです。 例えば、TPP交渉に参加するか反対するか、このような政策は有権者の立場によって、どちらが良いかは異なるでしょう。農業に関わる人はTPPに反対する人が多いですよね。 しかし、農業に関わらない人は、TPPの参加と反対どちらが良いのでしょうか・・・ TPPに参加しても、消費者は海外の米を安く購入できるかも、まだわかりません。商品に規制をかけるかもしれないから。 まあ、正直なところ、TPPに関しては、まだまだ不明な点が多いということで、わからない人が多いのが現実でしょう。 そのため私はTPPに参加するか反対するかは、今のところどちらでも良いです。 他の大きな争点は、消費税の増税か阻止か、脱原発か原発を残すかの2つですね。 但し、こういう争点は、立場を表明しているだけであって、政策という名のスケジュールは組み立てられていませんよね。スケジュールを組み立てられない状況なのかもしれませんが。 そのため、このような状況で、政策の相違で投票するのは、問題だろうと思います。 実際のところ、漠然とした言葉になりますが、世の中が良くなる政策は、どちらが良いかなんてわからないはずです。 例えば、企業の意思決定でも、現在の状況でどちらが良いかは、わからないことだらけです。 Yesの道を選んだとしても、若干修正をかけたり、やはりダメだと思えばNoに変更することもあります。 Yesの道で成功することもあれば、Noの道で成功することもあります。それは、企業の例えでいうと、経営者と従業員の努力があってからこそです。 これを政治の話しに戻すと、世の中を良くするには、政策というよりも、政治家の性格や熱意だと思います。 私は人気取りのためにポピュリズムを謳歌する政治家が嫌いです。 私が支持するのは、人気が減るかもしれないのに、現実を見つめた発言や考えをもった政治家です。 例えば、消費税を増税されたら、消費者の生活は苦しいですよね。 しかし、私達は、現在の高齢者や障害者の福祉だけではなく、自分自身の福祉も考えなくてはいけません。 現役世代は、年金が減る、もしくは年金が無くなるかもしれないと言われていますが、このままだったら益々年金は減ることになるし、本当に年金が無くなるかもしれません。 正直なところ、みんな年金はもらいたいですよね。 消費税を5%増税したところで、年々増える社会保障費は補えません。別な方法で社会保障費が補えるなら、その方法を取りたいものです。しかし、あらゆる事柄を変えない限り、社会保障費を補うことはできないでしょう。例えば、最近問題になっている生活保護の不正受給を無くすとか、年々増える精神傷害者数を減らすための地域作りや、米軍との関わりや自国の防衛費の問題とかも。 あとは、社会保障といっても、これは大項目なので、小項目ごとに優先事項を施したり見直しをする必要があるでしょう。上記の例でいえば、小項目というのは、生活保護費などが当てはまります。まあ、これはようやく進められてきているようですが、生活保護費を削減すること。そして、その削減分は、高齢者や本当に障害をもった人達へ流れるようにすることが必要です。 しかし、このような改革は、既得権益などが絡んでおりますので、実行力が必要になります。 ちなみに、このような様々な改革は、政策というよりも、目の前にある些細な事柄を改善するということであり、大きなトピックである政策ではありません。 だから私の場合の選挙の判断基準は、政策ではありません。どちらかというと政治家の性格や熱意です。忍耐のある性格か、細かな問題に目が行き届くような繊細な性格か、実行力となる熱意をもっているかです。 政策なんて、どちらが良いかなんて将来になってみないとわからない。そもそも実行できなければ意味がないし、どちらの政策であろうと進め方によってはどちらでも改善もするでしょう。

noname#233083
noname#233083

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数431
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

オイラは、 ”質問した部分について解答しない”(相手に補足ではなく、お礼で質問するような)質問者 とは違うので回答しませう。 この部分が、判断する能力の有無ではなく、気概(熱意・性格)の有無として重要というのが、質問者の立場では?と皮肉って置こう >政策を評価する能力って、誰がもってるんですか? 評価する事象に関する情報を豊富に持っている人間 早い話、官僚や学識・有識者・果ては、法律家 それ以外は能力はないね。  有権者は、能力はないが意思決定権が付与されているだけの話。それが民主主義という「メデタイ」政治思想の根幹だしね 暴論すれば、「能力のある有権者だけが意思決定すれば良い」ともいえるが、民主主義は<納得を提供するにもっとも合理的なシステム>に過ぎない、というだけの話でもある > 最近、政党が増えましたが、「みどりの風」のWebサイトの政策ギャラリーは準備中ですよ。 こういうのは、政策は評価できないことになるのでしょうか? 当然。 評価するなら、政策は提示されていないので、評価できない、ということになる。 それは事実であり、それを否定する論拠があるのかえ? まぁ、維新のように発言していた条例を最後までサイトで更新せず(情報公開せず)に、突発的に議決しちゃうような現実も評価の難しさだが、 結果論としては、”公式見解を提示せずに議決した”という政策の現実がある、というだけの話だろう ないものはない。それだけの話であり、事実であろう。(真実とは言い切れないがw) > 熱意や性格で評価されるっていう考え方は、おかしいですよ。 熱意や性格があるから実行力が評価され、実績を残すというのであれば、いると思いますが。 熱意・性格が結果を保証するのかね? 逆に言おう。結果が伴えば、熱意・性格は問われない。 実行力があるから結果が伴うのである。 実行力のない熱意・性格はありえるが、結果は存在しえない。 熱意・性格に結果が付随した為政者が存在するなら提示してくれないかね? 真面目に政務に精励した為政者は存在するが、それが結果を保証している事例は皆無だろう。まぁ、当人の性質によらない業績はありえるだろうがw 何を実績とするか?何を熱意・性格と評価するか?という問題があるのは明白だがね  人間的に破綻している為政者は山のごとく存在している。 歴史上では性格・人間として破綻している人物で相応の実績評価の為政者を指摘してみよう。  ナポレオンは放蕩もので好色家  カエサルはロリコン  オクタビアヌスはファザコン  伊藤博文は遊郭狂い(長州藩の連中は大概がそうだが)  チンギス=ハーンは交易品狂い  チェザーレボルジア(マキャベリズムで至上の評価の政治家)は猜疑心の強い被害妄想家 山ほど指摘できる。健全な性格・熱意だった実績のある政治家など知らない。(存在するかもしれないが) では、人間として破綻していようとも、上記した人物の政治家としての業績が否定できるだろうか? そもそも、熱意・性格の良さは何を根拠にするのだろうか? 熱意があれば、成功するのだろうか? 性格があれば成功するのだろうか? むしろ、信念に拘泥して大局を見失う政治家ほど 熱意などを評価されるのが実情だろう。 (尊皇攘夷の時代錯誤だった維新志士を評価するのが質問者の品質なんだろうが) 信念の部類で政治が出来るなら、それは幸福なことだろうが、現実世界はまったく異なる なお、質問者のレベルを想定して論及しておくが 坂本竜馬のようにヴィジョンだけなのは、熱意・性格の政治家である。  政策論とは、具現方法を踏まえて論じるものであるのだから 質問者の政策とは、ヴィジョンだけでも政策になる感覚だろうがw >そうなんですか? 例えば、橋下市長は人気はあると思いますが、実績はあるんじゃないですか? どこに実績があるのかね?実績があるなら提示してほしい。出来たことはマイナス実績しか見当たらないが? > ちなみに、、石原元都知事って、実績あるんですか? あるとは思えない。もっとも悪い実績ならあるがw >また、もう一点、減税日本の川村たかしさんの政策って、どのように評価されているんですか? ダレだね?河村ならぬ「川村たかし」って? 評価することはできない。立場上ね > また、証拠が残るというのは、どういうことですか? 政策論は、何からの媒体に載せる必然性がある。それらは証拠として残りえる では、熱意・性格は証拠が残りえるとして、それが証拠として十全たる証拠になるだろうか? 熱意・性格は必然的に見えない箇所を勘案する必要性があるが、政策は言及されない部分まで勘案して評価する必要性はない。評価するのは勝手だが、提示された限りでしか評価するに適さない。 したがって、残った証拠で論説・評価するに適しえるのは、政策論であって、熱意・性格ではない > 性格・熱意という言葉は使わないほうが良かったかもしれません。 というよりも、私は実行力があるか無いかを重要視しております。  実行力を判断するなら、熱意・性格などは評価対照(対象)になりえないだろう 上記したように、熱意・性格が実行力を証明するものでもないし、相関関係にあるわけではない 逆に人間的な破綻にある為政者の方が実績が確認できる現実がある。 (根幹として、政策なき実行力なぞ存在するのだろうか?実行力とは政策前提でしか評価できないものだろうに) もちろん、歴史上の人物は「鬼才」であろうが、程度の違いはあれど相応の才覚があって総理大臣になるべきだろう。 その才覚は、政策論だけで評価することで十分である。政治家に求められるのは結果であるのだから もっとも、質問者は、熱意・性格が重要で、結果は二の次のだろうがw 熱意・性格で政策が実現するような思考回路が、おめでたい、というしかないだろう 同時に、政策論をできない知性なら、政策については黙っていれば良いだけであろう 身の丈にあった政治評論で良いわけで、当人が熱意・性格で評価するのは勝手であるし、そのようなエンタメ政治も勝手であろう。ワイドショー政治も勝手である。 しかし、そのような政治で世の中が好転するような根拠のない妄想はやめてほしいものである なお、指摘しておくことがある  政策は、当人が実現せずとも事後に実現する事例もある。 前回答でも論説した奴隷解放問題とジェファソンでいえば、彼が思案した奴隷身分者の教育・技術提供は、リンカンの時代に具現化した。 ある最高裁判所裁判官が30年前に論説したものが、30年の時間を経て実現している。  政策論は実現できなければ無意味だというが、 政策はそれを検討する過程で発展的政策の創造に帰結することが多い。 もっといえば、政策はその土台にあった”政策群”が洗練・昇華されて 具現化する優れた政策であるに過ぎない。 具現化した政策には、それを政策と為した”実現されなかった政策”が存在する、ということである。 (そこには、熱意・性格などは政治として政策論のような建設性が存在しえる余地はない。)  そもそも、実現される政策などきわめて少数であって、数多くの政策論の進化によって具現化される政策に発展しえる。 質問者が知る由もないが、世の中には履いて捨てるほどの政策論が存在し、数多くの政策論から取捨選択されて政党の政策として喧伝されるに過ぎない  つまり、質問者が政策だと認識しているものは、政策論の氷山の一角に過ぎない。 それを知りえる知性・知見は持ち得ないだろうし、持ちえる必要性はないだろうが、政策論はそのような存在であることを知ったほうが良いだろう。  つまり、実現しない政策は無意味というのは大間違いである。 もっとも、失敗から学ぶことが出来ない知性には、間違いを間違いと認め、それを改善・進化させるという発想がないのだろうから、具現化しない政策は無為と思うのだろうが(苦笑) こちらは求めた質問の回答を求めるつもりはない。(質問者の行動事実を提示するが) それは、都合の悪い質問からは現実逃避する知性であれば、回答しないものだし、逃げ続ける人間であろうことにある 質問者の人間性を問題にする必要性もないので、問答できない人間の限界については、あえて論及しない

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>>そうなんですか? >>例えば、橋下市長は人気はあると思いますが、実績はあるんじゃないですか? >どこに実績があるのかね?実績があるなら提示してほしい。出来たことはマイナス実績し>か見当たらないが? だってテレビで大阪を改革しているとか言ってるじゃん。 それから、官僚も評価しているってコメンテーターが言ってたよ。 >>また、もう一点、減税日本の川村たかしさんの政策って、どのように評価されているんですか? >ダレだね?河村ならぬ「川村たかし」って? >評価することはできない。立場上ね 河村だったか。間違った・・・ あなたは立場上、評価することはできないって、減税日本の関係者だったのか。 今朝のテレビ番組で河村は態度が酷かったよ。 昨今、立場が危うくなったからなのか、冷静じゃなかったね。 それを自分でも分かっているんだろう。手わすらが激しかったし。 司会者の小倉さんも、呆れてたけど。 まあ、この人が人格に問題があるとしても、なんか最近の行動見てると政策論なん持ち合わせてないと思うよ。ポジション取れれば良いって感じがする。 以上です。 楽しかったし、かなり勉強になりました。ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

民主主義は民衆の自己責任です。選べないというならば、質問者はその精神年齢に 達していないだけです。もっと勉強しましょう。少なくとも自分の発言に責任が 持てない、マニフェストの実行率が皆無であれば論外ですな。 >>だから私の場合の選挙の判断基準は、政策ではありません。どちらかというと政治家の性格や熱意です。忍耐のある性格か、細かな問題に目が行き届くような繊細な性格か、実行力となる熱意をもっているかです。 これは明確に異議を唱えます。つまるところAKBの選挙と変わらないから。 ベストではなく、よりベターを選ぶのが選挙です。この言葉を噛みしめて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私はビジョンを政策と勘違いしていたようです。 ビジョンは語られるけど政策って語られないじゃないですか。 私は人気受けするビジョンを語っている政治家は嘘っぽくて、信用できません。 それから、多くの国民は、各政党のWebサイトに記載してある政策は読まないと思いますよ。私の周りでそんな話しはでたこともないし。 >民主主義は民衆の自己責任です。選べないというならば、質問者はその精神年齢に達していないだけです。 選べないとは言ってないですよ。私なりにありますよ。 ただ、ベスト(ベターでもいいですが)な選挙基準は何かを質問しただけです。 回答者様は、どのような基準で選んでるんですか? 回答するなら、そこに、きちんと答えて下さい。 >これは明確に異議を唱えます。つまるところAKBの選挙と変わらないから。 AKBの選挙が、どのような方法で行われているのか私は知りませんが、人気投票で行われているのであれば、それって絶対に悪いんですか?なんで明確に意義を唱えるんですか?ただAKB選挙という流行り言葉に騙されてませんか? ちなみに、民主党が政権をとったのは、人気があったからではないですよ。 ※マニフェストには注目が集まりましたが。 だから多くの国民は人気だけで投票はしないんじゃないですかね。 ※でも、私は念のために、人気受けするビジョンを語る政治家には騙されないほうが良いとおもうから、ここで質問をしたのです。 回答者様は私が人気ある政治家に投票すると思っているとしたら、勘違いですよ。上記アスタリスクの内容で転じていることがわかると思います。 >ベストではなく、よりベターを選ぶのが選挙です。この言葉を噛みしめて下さい。 う~ん。一理ある程度です。なんかカッコつけたセリフを使っているにすぎないかもしれませんよ。 残念ですが、回答者様は批判だけして、一つも自分の考えを明示しておりません。というか、自分の考えがないのでは。 「ベストではなく、よりベターを選ぶのが選挙です」という、発言に、如実に表れると思います。 「その精神年齢に達していないだけです。」というのは、まさに回答者様のことです。

  • 回答No.1

>選挙で投票する際、政治家の性格や熱意か、それとも政策か、どちらを選ぶべきでしょう。 政策  熱意・性格で政治ができるの? 熱意や性格だけで指導力のない教師でもOKなの?(大爆笑) 指導力があっても、理解レベルが低い生徒相手では、教師も意味はないかもしれないね・・確かに(嘲笑) (理解レベルの低い生徒は誰のことだろうね) >私が問題だと思うことは、政策に翻弄されてはいけないということです。 例えば、TPP交渉に参加するか反対するか、このような政策は有権者の立場によって、どちらが良いかは異なるでしょう。農業に関わる人はTPPに反対する人が多いですよね。 しかし、農業に関わらない人は、TPPの参加と反対どちらが良いのでしょうか・・・ TPPに参加しても、消費者は海外の米を安く購入できるかも、まだわかりません。商品に規制をかけるかもしれないから。 まあ、正直なところ、TPPに関しては、まだまだ不明な点が多いということで、わからない人が多いのが現実でしょう。 そのため私はTPPに参加するか反対するかは、今のところどちらでも良いです。 他の大きな争点は、消費税の増税か阻止か、脱原発か原発を残すかの2つですね。 但し、こういう争点は、立場を表明しているだけであって、政策という名のスケジュールは組み立てられていませんよね。スケジュールを組み立てられない状況なのかもしれませんが。 そのため、このような状況で、政策の相違で投票するのは、問題だろうと思います。 問題になりえる因子が見当たらない。 要は”政策の適否に関する個人の政治判断がない”だけ つまり、政策で評価する能力がないから熱意・性格で評価する・・という話でしょw 分からないなら、分からないでその争点を取り除いて政策評価すれば良いだけ つまり、明確に個人として持ち得ている政策論点で政策評価すれば良いだけの話である 質問者は、上記したような政策論だけで投票するのだろうか?そういう人間なら、結論して熱意・性格で判断するのも勝手だろう。そもそも、そのような要素で投票する自由は存在しえるわけだがw > 実際のところ、漠然とした言葉になりますが、世の中が良くなる政策は、どちらが良いかなんてわからないはずです。 例えば、企業の意思決定でも、現在の状況でどちらが良いかは、わからないことだらけです。 Yesの道を選んだとしても、若干修正をかけたり、やはりダメだと思えばNoに変更することもあります。 Yesの道で成功することもあれば、Noの道で成功することもあります。それは、企業の例えでいうと、経営者と従業員の努力があってからこそです。 これを政治の話しに戻すと、世の中を良くするには、政策というよりも、政治家の性格や熱意だと思います。 で、熱意や性格で評価され、実績を残した政治家はいるの?w 人気投票の政治という意味で、トクヴィルが『アメリカの民主政』という名著を残しているが、質問者は同著に存在する愚民の典型例であろう。 当人の投票とその基準は勝手だが、それこそ衆愚であろう。 (当人がそれで納得しえるならば、それを否定する必然性もないがw) アメリカの歴代大統領では、JFK・リンカンは高い人気だが、実績について冷ややかな評価が圧倒的に多い。 例えば、リンカンは奴隷解放宣言で有名だが、宣言はあくまでも敵対した南部奴隷だけを対象するもので北部奴隷は例外であったし、なにより奴隷解放宣言しても、奴隷は更に劣悪な労働環境に戻る結果論になっている。 リンカンよりも先人のジェファソンが”奴隷に技術・教育を提供しなければ解放しても、行き場がない”と認識し奴隷解放宣言の結果において、彼の見解は正解だったことが立証された。 熱意・性格は人気に帰結するが、人気のある政治家が実績が伴った事例は少ない。 現役の為政者だったころに高い実績を誇ったが人気がなく、引退後の活動で名を馳せるチャーチルのような事例もある。 もちろん、質問者にとっては、政治家なんぞは人気投票で選ぶのだろうがw 判断する能力がない人間が、政策以外で評価するのは勝手であり、自由であろう しかし、能力がない人間が、評価するべき政策論から逃避し続けるのは、愚民というしかないだろう 権利としては否定できないが、質問者のような人間が跋扈した時の日本の政治は、アンドリュージョクソン時代のようになるのだろう。 歴史から学べない日本人が多いわけだが、まぁ、投票基準の自由を犯すのは、尤も非道なことであろうから、自重する。 熱意・性格の判断基準ってなんだろうね 熱意・性格なんて主観的で装いで誤魔化せるのにね・・ 政策であれば、文面にして具体論してしまえば、証拠が残る 熱意・性格みたいに残らない主観に依存するのは、科学的思考回路がない・・・・自重w

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>問題になりえる因子が見当たらない。 要は”政策の適否に関する個人の政治判断がない”だけ つまり、政策で評価する能力がないから熱意・性格で評価する・・という話でしょw 政策を評価する能力って、誰がもってるんですか? 最近、政党が増えましたが、「みどりの風」のWebサイトの政策ギャラリーは準備中ですよ。 こういうのは、政策は評価できないことになるのでしょうか? >で、熱意や性格で評価され、実績を残した政治家はいるの?w 熱意や性格で評価されるっていう考え方は、おかしいですよ。 熱意や性格があるから実行力が評価され、実績を残すというのであれば、いると思いますが。 >熱意・性格は人気に帰結するが、人気のある政治家が実績が伴った事例は少ない。 そうなんですか? 例えば、橋下市長は人気はあると思いますが、実績はあるんじゃないですか? ちなみに、、石原元都知事って、実績あるんですか? また、もう一点、減税日本の川村たかしさんの政策って、どのように評価されているんですか? >熱意・性格なんて主観的で装いで誤魔化せるのにね・・ たしかに、そうですね。 >政策であれば、文面にして具体論してしまえば、証拠が残る 具体論を言っても、できないことが多いじゃないですか。 政治は、政策を軌道修正しながら実行するのが良いと思いますが。 また、証拠が残るというのは、どういうことですか? その政策が実行できなかった時に、批判ができるということでしょうか。 PS 性格・熱意という言葉は使わないほうが良かったかもしれません。 というよりも、私は実行力があるか無いかを重要視しております。 そして、選挙獲得するために右往左往さいている人が謳歌するポピュリズムと人気取りには騙されるなということでした。 ※まあ騙されている人は少ないかもしれませんが。また、本当なのか人気取りなのかを立証することは難しいでしょうが。 ちなみに、回答者さんは、他人を罵るような発言をしていますね。そのような人が政治に関わっていると思うと、どうなんですかね。それに一方的な回答なので、あまり建設的じゃないですね。あなたのほうこそ愚民かもしれませんよ。 まあ、でも、情報量はありそうなので、その回答のおかげで私の考えが多少クリアにはなりました。 だから、お礼は入力しときます。ありがとうございました。 ちなみに、クエスチョンマークの回答もお願いしますね。 私のためというより、これを閲覧する人のためにもです。

関連するQ&A

  • 橋下維新の会と民主党は、 全く同じ政策。

    (民主党の政策) TPPに参加。 消費税10%増税。 原発推進。 人権擁護法案。 (橋下維新の会の政策) TPPに参加。 消費税11%増税 。 結局は原発推進。 人権擁護法案。 民主党と維新の会は、 結局は同じなんですね。 ( ̄◇ ̄;)d 更に、 維新の会の政策には ↓↓↓↓ 竹島を韓国と共同管理が付いています。 ( ̄(工) ̄)d

  • 腐った政治家&官僚&公務員

     この将来不安な日本を正す方法はないのでしょうか? TPP・国債格下げ=増税・少子高齢化本当に国の事を考えて いる政治家が何人いるのでしょうか?  何度も民主党に意見しても返信も無く、今の政治家が同じ日本人と思われるのが 恥ずかしい位まで不信感になってきました。  社会保障の充実=働かない大人急増  増税=消費の冷え込み  一時凌ぎの改革。  等々  国を変えるための提案として、私が呼びかけているのが、両院制を廃止し衆議院のみの 一院制にし、衆議院を今の半分、そして、民間半分の政界を作りたい。  自分の子供たちが大人になった時、少しでも楽にさせてあげたいです。

  • 政治がまともな政策うたない理由は?

    政治家が、正しい政策をうたない本当の理由はなんなんでしょうか? 消費税増税の説明だって、明らかにまやかしだ。 政治家も思想はあれどバカじゃない訳で、そんな政策打ってたら未来やばそうなこと誰でもわかりそうなもんだと思うが。 単純に、票集めの政権保持優先主義が原因なんだろうか? それにしてもと思ってしまいます。 もっと本質的理由があるんでしょうか? 政治家の方とかいませんよね?

  • 安倍政権の政策に反対してる国民について

    現在国民は安倍清家の政策にちゃんと反対しているでしょうか?秘密保護法、国家戦略特区法、TPP、消費税増税、アベノミクス、原発再稼働など滅茶苦茶でひどい政策を行っていますがそれぞれ反対してる国民はどれくらいでしょうか?

  • 社会保障費の増大と消費税増税

    社会保障費の増大にともなって消費税を増税してまかなおうという話がありますが、 消費税を増税したら額面上そのぶんかかる社会保障費も増えるわけで、 そのためにまた消費税を増税しなければ・・・という堂々巡りな国債みたいな構図に なりはしないのでしょうか??

  • 「社会保障支払い超過」の試算について

    下記の試算は本当でしょうか? あるいは、政府の都合の良いように試算されてはいませんでしょうか? 下記の試算では、若い世代ほど社会保障の受益よりも負担の方が多くなると述べらています。 1955年生まれの人は「支払い超過」になるそうです。 http://mainichi.jp/select/biz/news/20120121k0000 … TPP参加による経済効果の試算についても、 内閣府や経済産業省はTPP参加によってメリットがあるかのように試算していました。 (もちろん、農林水産省はデメリットがあるかのように試算していました。) よって、TPP参加にしても上記社会保障支払いについても、 「結果ありきの試算」になっているのではと感じてしまうのです。 つまり、消費増増税の必要性を煽るために、 野田総理がムリヤリ消費税増税を推し進めているこのタイミングで 上記のような都合のよい試算を公表したのではと思っています。 そこで、質問なのですが、「社会保障支払い超過」は現実に起こり得るのでしょうか? 現実に起こり得るとしたら、どのよな条件が必要なのでしょうか? また、上記の試算がなされる際に、都合の良い仮定などが置かれてはいないでしょうか? どなたかご教授頂けると助かります。

  • 「消費税はしょうがない」と洗脳されてしまった人へ

    政治家やマスコミによって「消費増税はしょうがない・・」と洗脳されている人に質問ですが、いつごろから「消費増税はしょうがない」と洗脳されたのでしょうか?? また、消費税が10%になった後に、政治家やマスコミが消費税が20%必要と言い続ければ、また「消費税20%はしょうがない」と同じように洗脳されてしまうのでしょうか? さらに消費税が20%になった後に、政治家やマスコミが消費税が30%必要と言い続ければ、、また「消費税30%はしょうがない」と同じように洗脳されてしまうのでしょうか? 税金を受け取る側が税金でおいしい思いをしたいから消費増税は必要と言うのは理解出来ますが、税金を取られている側が税金を多く搾取されてもいいと思う人が理解出来ません。 消費増税が必要かどうかではなく、消費増税が必要と洗脳されたきっかけを知りたいと思います。 また、回答の際に税金で生活をしているかもわかるように回答お願い申し上げます。 税金を払うだけの人で「消費増税はしょうがない」と洗脳されてしまった人の文章で洗脳された心理を読み取りたいと思っております。 あくまで消費増税が必要かどうかの質問ではありません・・・(ちなみに私は120%反対です。なぜなら私は洗脳されていないからです)

  • 消費税率を単純に他国と比較していいのか?

    消費税増税に反対である!とこのように言うと 日本の消費税は他国に比べて極めて低率である!という 方が必ず出てくる。まあ確かにそうでしょう! でもである、消費税率だけを比較しても意味が無いと思いませんか? 今回の問題点は、社会保障と一体で改革するという主旨で あったのに社会保障が置き去りになってしまったことである。 他国には確かに日本より消費税率が高い国もある。 でもその分社会保障も日本より充実しているのではないですか!? だから消費税率が高くても国民からあまり不満が出ないのでしょう。 単純に消費税率だけを比較するのではなくて社会保障の内容も 含めて比較して欲しいものである。

  • 政治家や役人は常軌を逸した阿呆としか思えません。

    消費税率をアップするのは政府の借金が1000兆円もあるからです。 借金を減らすには収入を増やす(消費税率アップ等)か支出を減らす(社会保障費等の削減)か又は両方を行うしかありません。しかるに政府は社会保障費を増やそうとしています。 私には政治家や役人は常軌を逸した阿呆としか思えないのですが皆さんはどう思われますか? http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/220121005.html

  • 小論文の添削をお願いします!

    小論文が苦手なのでお願いします <消費税増税について、あなたの意見を述べなさい>            500字以内  安部内閣は2015年の10月に消費税を10%に上げる予定だ。消費税を上げ税収を増やして国債と社会保障費の財源を確保したいねらいがある。しかし、本当に消費税を増税をするべきだろうか。  確かに、少子高齢化によって費用が膨らんでいる社会保障を安定させるべきである。また、消費税を上げるための法律をもう作ってしまっているから上げるしかないという意見もある。しかし、消費税は今上げるべきではない。  安部首相は政権の大きな課題としてデフレ脱却を掲げている。そのためにアベノミクスといわれる経済政策を打ち出しデフレ脱却に向けて努力してきた。今回、消費税を増税してしまうとその努力によって少しずつ回復してきた景気に歯止めをかけてしまい、本当にやるべきデフレ脱却が出来なくなってしまうのではないだろうか。消費税増税を実施すれば少なからず安部政権の支持率は下がるだろう。その上、景気がまた低下すれば政権は潰れてしまう。  以上のような理由から、消費税増税は今すべきでなないと考える。