• 締切済み
  • すぐに回答を!

時効になった慰謝料を請求出来るのか?

時効になった慰謝料の請求は民法第508条に適用されるのでしょうか?元夫の不貞により平成21年1月に離婚しました。話合いもなく離婚したので(2人で築いた夫婦共同財産は私の手元になります。)平成22年4月元夫から財産分与の調停を起こされました。初めから私は夫婦共同財産の開示を固く拒んだ為調査嘱託をかけられて共同財産の目録が明らかになりました。それまでに2年間も掛かりました。今は調停が不調で終わり、審判も結審して審判の結果を待っている状態です。今までは共同財産を開示するのを拒むのに精一杯だったので慰謝料の請求はしなかったです。そのため慰謝料の請求できる期間離婚した日から3年以内の日が過ぎてしまい、時効となりました。でも慰謝料相手に払ってもらいたいのです。先週私は結審後の準備書面に慰謝料のことを書いて裁判所に追加提出をしました。裁判所は一応私が提出した準備書面を受け取ってくれましたがそれを認めてくれるのでしょうか?もし相手が時効が過ぎていることを理由にして民法第724条を言ってきた場合は私はそれに対して民法第508条で戦えるのでしょうか?法律に詳しい方からのアドバイスを宜しくお願いします。 (先週裁判所に追加提出した準備書面の内容は相手の不貞により私が受けた精神的な苦痛に対して慰謝料として500万円を請求する内容でした。 )

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数295
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.5

 不法行為だから相殺(法定相殺)できない旨の回答がありますが、不法行為に基づく損害賠償請求権を受働債権とする相殺ができないのであって、自働債権として相殺することは可能です。本件では、相手方の財産分与請求権を受働債権、御相談者の相手方に対して有する損害賠償請求権を自働債権として相殺するのですから、その点はクリアーできます。  問題は、不法行為による損害賠償請求権の時効が完成する前に相殺適状の状態になっているのかということです。離婚により財産分与請求権は発生しますが、それは抽象的な請求権であって、協議(あるいは調停、審判)をしないと、その内容は具体的に確定しないわけですから、消滅時効完成前の時点では、受働債権とすべき財産分与請求権が具体的な権利としては発生していないとも考えられるからです。(判例や文献を調査していないので、問題点を指摘するに留め、相殺の可否についての結論は申し上げられません。)  また、法定相殺は、同種の債権同士である必要があるので、財産分与の具体的な内容が、例えば不動産の所有権であれば、損害賠償請求権は金銭債権ですから、そもそも相殺できないわけです。  損害賠償請求は家事審判事項ではないので、財産分与の審判で考慮してくれるかどうかは分かりませんが、考慮されないのであれば、地方裁判所に損害賠償請求の訴えを提起するか(時効援用の主張がされる可能性は覚悟の上で)、あるいは、債務名義(審判書)に対する請求異議訴訟を起こして、異議事由として損害賠償請求権を自働債権とする相殺によって請求権が消滅した旨を主張する方法などが考えられますが、いずれにせよ、弁護士に相談されることをお勧めします。 民法 (相殺の要件等) 第五百五条  二人が互いに同種の目的を有する債務を負担する場合において、双方の債務が弁済期にあるときは、各債務者は、その対当額について相殺によってその債務を免れることができる。ただし、債務の性質がこれを許さないときは、この限りでない。 2  前項の規定は、当事者が反対の意思を表示した場合には、適用しない。ただし、その意思表示は、善意の第三者に対抗することができない。 (相殺の方法及び効力) 第五百六条  相殺は、当事者の一方から相手方に対する意思表示によってする。この場合において、その意思表示には、条件又は期限を付することができない。 2  前項の意思表示は、双方の債務が互いに相殺に適するようになった時にさかのぼってその効力を生ずる。 (時効により消滅した債権を自働債権とする相殺) 第五百八条  時効によって消滅した債権がその消滅以前に相殺に適するようになっていた場合には、その債権者は、相殺をすることができる。 (不法行為により生じた債権を受働債権とする相殺の禁止) 第五百九条  債務が不法行為によって生じたときは、その債務者は、相殺をもって債権者に対抗することができない。 (財産分与) 第七百六十八条  協議上の離婚をした者の一方は、相手方に対して財産の分与を請求することができる。 2  前項の規定による財産の分与について、当事者間に協議が調わないとき、又は協議をすることができないときは、当事者は、家庭裁判所に対して協議に代わる処分を請求することができる。ただし、離婚の時から二年を経過したときは、この限りでない。 3  前項の場合には、家庭裁判所は、当事者双方がその協力によって得た財産の額その他一切の事情を考慮して、分与をさせるべきかどうか並びに分与の額及び方法を定める。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 慰謝料請求するのは立証が必要ですか?

    元夫の不貞により平成21年1月に離婚しました。話合いもなく離婚したので(2人で築いた夫婦共同財産は私の手元になります。)平成22年4月元夫から財産分与の調停を起こされました。初めから私は夫婦共同財産の開示を固く拒んだ為調査嘱託をかけられて共同財産の目録が明らかになりました。それまでに2年間も掛かりました。今は調停が不調で終わり、審判も結審して審判の結果を待っている状態です。今までは共同財産を開示するのを拒むのに精一杯だったので慰謝料の請求はしなかったです。そのため慰謝料の請求できる期間離婚した日から3年以内の日が過ぎてしまい、時効となりました。でも慰謝料相手に払ってもらいたいのです。先月末私は結審後の準備書面に慰謝料を含めて請求する旨の内容を裁判所に追加提出をしました。裁判所は一応私が提出した準備書面を受け取ってくれました。今週相手方の反論書面が提出されました。相手方の反論は慰謝料の時効について一言も書かれていませんでしたが、書かれている内容は婚姻期間中に不法行為はしていない、そして、今回の審判は財産分与を対象にしているので損害弁償対象にならないという主張でした。裁判所はそれに対して日にちを調整するからもう一回弁論再開すると言っています。それは私の主張が認められるから弁論再開されるということですか?私は相手方が不貞した証拠持っていませんがそれは事実です。今回結審したのは今年の6月ですが今年も終わろうとしています。さらにもう一度弁論再開というのはどういうことですか?私の主張によって判決が出るのが長引くのでしょうか?本格的慰謝料について戦った時私に立証を求められるのでしょうか?私と離婚して半年以内に相手が浮気女性と再婚していました。半年以内に再婚したことを相手が不貞した証拠になるのでしょうか?もし相手が徹底的否認した場合は私の主張を認められるのでしょうか?

  • 結審後に弁論再開というのはどういう場合ですか?

    元夫の不貞により平成21年1月に離婚しました。話合いもなく離婚したので(2人で築いた夫婦共同財産は私の手元になります。)平成22年4月元夫から財産分与の調停を起こされました。初めから私は夫婦共同財産の開示を固く拒んだ為調査嘱託をかけられて共同財産の目録が明らかになりました。それまでに2年間も掛かりました。今は調停が不調で終わり、審判も結審して審判の結果を待っている状態です。今までは共同財産を開示するのを拒むのに精一杯だったので慰謝料の請求はしなかったです。そのため慰謝料の請求できる期間離婚した日から3年以内の日が過ぎてしまい、時効となりました。でも慰謝料相手に払ってもらいたいのです。先月末私は結審後の準備書面に慰謝料を含めて請求する旨の内容を裁判所に追加提出をしました。裁判所は一応私が提出した準備書面を受け取ってくれました。今週相手方の反論書面が提出されました。相手方の反論は慰謝料の時効について一言も書かれていませんでしたが、書かれている内容は婚姻期間中に不法行為はしていない、そして、今回の審判は財産分与を対象にしているので損害弁償対象にならないという主張でした。裁判所はそれに対して日にちを調整するからもう一回弁論再開すると言っています。それは私の主張が認められるから弁論再開されるということですか?私は相手方が不貞した証拠持っていませんがそれは事実です。今回結審したのは今年の6月ですが今年も終わろうとしています。さらにもう一度弁論再開というのはどういうことですか?私の主張によって判決が出るのが長引くのでしょうか?

  • 慰謝料の時効

    私の知り合いですが、平成17年11月7日調停離婚が成立しました。 離婚後、相手(元妻)の弁護士から慰謝料の請求(裁判)がありその準備書面に平成12年の浮気の事が記載されていたそうです。その後は一切浮気はしていないそうです。ここで質問です。 1.浮気を知ってから3年以上も経過しており昨年まで婚姻生活をしていたなら時効となるのでは? どなたか教えて下さい。

  • 回答No.4

>時効になった慰謝料の請求は民法第508条に適用されるのでしょうか? 適用されないです。 慰謝料は、不法行為による損害賠償請求ですから、これは民法509条によって、相殺はできないことになっています。 もともと、相殺はできないのですから、時効とは関係ないことです。 なお、審判は結審したのでしよう。 そして、結審後に準備書面で慰謝料の請求をしたのでしよう。 それならば、受理したとしても、考慮はしてもらえないです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

まず前提ですが、そもそも今回の審判には、あなたの慰謝料請求は一切加味されません。 というのは今回は財産分与であって、慰謝料請求の調停ではないからです。あなたの今回の請求は一蹴されるでしょう。 ではあなたが慰謝料請求する場合はどうするか、ですが、別途訴訟なり、調停を起こす必要があります。そこであなたが金銭を得られるか否かは、不貞行為の証拠とともに、あなたが相手の不貞行為をいつ具体的に知ったのか、ということが問題になります。そこが時効の起算点になるからです。たとえば、あなたが離婚後に、相手の不貞行為又は相手方をを知ったというのであれば、消滅時効を争える可能性はあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21832)

不倫相手に対する慰謝料の時効ですよね? ・時効は相手がそれを援用するまでは主張できます。 (民法145条) (時効の援用) 「時効は、当事者が援用しなければ、裁判所がこれによって裁判をすることができない」 ・また、相手が待ってくれ、というような主張をすれば それは時効中断にもなり得ます。 (民法147条) (時効の中断事由) 時効は、次に掲げる事由によって中断する。  1,請求  2,差押え、仮差押え又は仮処分  3,承認 ・508条の適用関係については、質問の内容がよく解りません。  質問者さんは、不倫相手になにか債務を負担しているのでしょうか?  不法行為に基づく損害賠償は相殺できません。  但し、当事者が相談して相殺にしようという相殺契約は有効です。  しかし単独行為である一般の相殺は不法行為には適用がありません。  そして、慰謝料というのは不法行為の一種です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • e_16
  • ベストアンサー率19% (847/4389)

時効なんでダメ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 離婚後の慰謝料請求の時効について

    離婚後8年、当時は「性格の不一致」ということで離婚したのに後日、相手が浮気をしていたことが分かった場合、元配偶者に慰謝料請求は可能ですか? 浮気に対しての慰謝料請求と、離婚自体での請求 とは違ってくるんでしょうか? 「知ってから3年」という時効には ひっかからないでしょうか? 離婚後3年とか、不貞行為自体の時効が20年 だとか、ちょっと頭が???でよく分かりません。

  • 離婚の慰謝料の時効について教えてください。

    離婚の慰謝料の時効について教えてください。 2年前、離婚した40代の女です。 元夫の浮気と暴力により、我慢ができず離婚しました。 元夫も、性格の荒い恐いタイプだったので、 当時、恐かったため、 調停や裁判は、起こしていません。 正式な念書や協議書なども、取り交わしておりません。 ただ、元夫に、慰謝料のお願いの手紙は何度か送っております。 が、一向に無視され払ってもらえません。 そこでお聞きしたいのが、 慰謝料の時効が、3年と聞きますが、 来年、時効がきます。 この3年とは、離婚してから3年だと思いますが、 ●3年経ったら、絶対に慰謝料請求が出来なくなるのでしょうか? ●なにか、請求の延長などする方法はございますでしょうか? 詳しい方、 ご解答よろしくお願い致します。

  • 慰謝料の請求について

    養育費減額要求され調停を申し立てられ、現在審判に移行しました。 元夫は、親族会社に勤務していたのですが、退職したから無職になったとのことでの減額要求をしています。現状は、相手が調停のため、強制執行を逃れるために退職した証拠がメールぐらいしかないため、とても弱く相手の要求が通りそうで困っています。 離婚時に養育費をちゃんと支払ってくれるということだったので慰謝料も財産分与も請求していませんでした。もし、今回相手の要求が通ってしまった場合、慰謝料の請求をしようと思っています。相手方に「こちらの要求を認めてくれないならば、慰謝料及び財産分与の請求をさせていただきます。」とメールしようかと思っていますが、これって脅しに当たるのでしょうか? 調停や審判になっている時に直接相手と連絡取ることは好ましくないものでしょうか?審判官の心象が良くないものでしょうか? 大変困っています。 よかったら教えて下さい。

  • 離婚に伴う慰謝料請求

     別居中の妻から、暴力を理由に離婚請求訴訟を起こされた友人がいます。その友人は、現在失業中で住宅ローンの返済もできず、しかも預貯金等全部妻に持ち逃げされたため、年金生活者の母親が生活費の援助をしています。その友人は、暴力をふるった事実は認めているため離婚判決がでるのはやむをえないと考えており、しかも訴状の中では慰謝料請求、財産分与請求のいずれもがなされていないため、裁判所へは答弁書も出さずこのまま放っておくつもりのようです。従って欠席判決により暴力をふるった事実が認められ離婚判決が出そうです。  ところで訴状の中には、前述のとおり慰謝料請求、財産分与請求がなされていませんが、離婚判決をもらった後で、改めて慰謝料請求、財産分与請求の訴えを起こしてくる可能性はあるでしょうか(たとえば先に離婚判決をもらっておくと、あとで慰謝料請求をする場合に有利に展開できるとか)。  妻からの今回の請求が離婚請求だけであるため、その範囲内で異議がない場合は(どうせ負けるなら)、相手方や裁判所へ何らの返事をせず欠席判決になっても特に不利益はないと友人は言いますが、そのとおりでよいのでしょうか。

  • 離婚の慰謝料の時効について

    妻の浮気が原因で離婚しました。浮気相手には慰謝料を請求しましたが一括では払えないというので5年間の分割にすることで、念書を書かせ現在までは毎月支払いがなされています。今月末で丁度3年間支払を受けたことになりますが、慰謝料の時効3年というのは関係ないですよね?3年間は払ったけどそれ以降は時効ということはないですよね? きのうのテレビで離婚した芸能人の慰謝料が払われていないとか払ったとかの話題があって、弁護士のコメントで時効だから請求できないみたいなのがあったものですから…

  • 離婚後の慰謝料支払いに対する時効について

    私は、2003年に離婚をした元妻より慰謝料を受け取っています。 最近まで支払いをしていたのですが、今は滞っています。 彼女から、先日、メールが届き、既に3年が過ぎたので時効となり、公的文書があっても支払う必要はない とのことでした。 彼女と離婚をするとき、公的文書として、公正証書は作成しませんでしたが、離婚協議書を作成し、公証役場にて確定日付を押印してもらいました。この離婚協議書には慰謝料として、離婚した日から毎月10年間支払うことを明示してあります。 この場合は、損害賠償請求権において http://www.e-somu.com/business/prescription/prescription_02 を見ますと 損害賠償請求権不法行為に対する時効(時効期間3年【民法724条】) 債務不履行の時効(時効期間10年【民法167条】)にあたるのか あるいは 損害賠償請求権債務不履行の時効(時効期間10年【民法724条】) どちらかになると思いますが、どちらになるのでしょうか? または、これ以外の時効が適用ともなるのでしょうか? 私としては、毎月債権が発生しているという解釈により債務不履行と思いたいところですが。。。 どなたかご回答御願いします。

  • 地位確認請求と慰謝料請求について

    民事訴訟及び労働審判で、最初は地位確認請求だけで提訴及び申立を行っていた場合、あとになって慰謝料請求を追加として行うことはできるのでしょうか?。 できる場合、手続は準備書面及び証拠の提出だと思うのですが、この時に請求額の印紙代の追加分が必要になるのでしょうか?。

  • 不倫の慰謝料請求の消滅時効

    妻の不倫相手から慰謝料を取りたいと検討しています。 この慰謝料請求の時効は、 不倫を知った日から3年だと思いますが、 私と妻との離婚が成立すれば、離婚成立から3年となりますでしょうか。

  • 慰謝料請求権の放棄になるのか(長文です)

    慰謝料請求権の放棄になるのか(長文です) 婚約破棄の慰謝料請求の訴訟をしています。相手方(男性)には弁護士さんがついていますが、私は金銭的な面からやむなく本人訴訟をしています。疑問に思う事がでてきましたので、ご存知の方がいらっしゃったらお教えください。 以下が簡単な経緯です。 相手方は婚約の事は認めておりますが婚約破棄はお互いの同意の上だったと言っています。別れる原因は、相手方に女性ができたからです。 この後が少しややこしいのですが、 別れたあと、私は相手方に直接、慰謝料を毎月1万円づつ5年間払うか、親に会って話をしてほしいとメールで要求して、相手方はしぶしぶ慰謝料を払うとメールで返事をしてきました。 ただ、支払いが初回3千円、翌月、翌々月は5千円でしたので、相手方に「毎月5千円でも完済までに10年はかかってしまう、素人同士だと話がこじれるから、今のうちに調停でちゃんと取り決めをしておきたい」と相手方にメールすると、相手方は(別れるきっかけとなった)彼女に相談したようで、電話で「彼女の親が慰謝料払うから、お前の親を彼女の親に土下座させに来い」と言い、電話では話にならないからとそのあとすぐ、相手方と女性の二人で私の所に来て話し合いになりました。私が「毎月10円からでもいいからあなた自身のお金で払ってもらわないと意味がない」などと言いましたが結局、話し合いの最後に慰謝料なしか、親に土下座させに来させるか、どちらかにしろと言いわれたものの、うやむやのまま話は終わり別れました。 その後、書面ではっきりしましょうと相手から電話があったが、いっこうに送られてこないので、私が相手方に書面はどうなったか連絡したら、下記ような内容の書面が相手方から郵送されてきたので、その後私も返送しました。 (相手方の内容) 精神的苦痛を与えて申し訳ありませんでした。 今後一切かかわりを持ちません。 慰謝料は払いません。 (私の内容) 愚痴を言って申し訳ありませんでした。 今後一切かかわりを持ちません。 慰謝料は払いません。 これでもだいぶ内容を端折りましたが以上です。相手方はこの書面を出してきて、お互いに慰謝料は請求しないとの同意がされていると主張しています。 そこで質問なのですが 1、この書面は慰謝料請求権の放棄をしたとみなされますでしょうか。 又、市の無料法律相談の弁護士さんに上記の内容を話したら「(書面の内容は)慰謝料を払わない」というのあって「慰謝料はいらない」という内容でない為、慰謝料の請求は可能と言われました。この根拠はどこからくると思いますか。(この時は裁判する前で弁護士さんにお頼みするつもりだったのと、私が号泣してしまい詳しい内容を聞きませんでした) 民法の不法行為の死亡者慰謝料請求権の相続性の所に 「不法行為により財産以外の損害を被った者は、損害の発生と同時に慰謝料請求権を取得し、これを放棄したと解しうる特別の事情のない限り、同人が右請求権を行使する意思を表明することなく死亡しても、その相続人は当然に右慰謝料請求権を相続する」 という文面でしか慰謝料請求権について見つけられなかったのですが、これなのでしょうか。 2、実は相手方から書面が来る前に、テレビで「離婚の時に慰謝料はいらないという約束をしてしまうと、慰謝料請求できなくなります」のような簡単な内容では知っていたので、相手から書面がきた時「慰謝料をいらないという内容じゃないから書いても問題ないかな・・」と思いながら書面を書きました。その事を裁判の準備書面に書いたら、後から「だまされた!」などと相手方から言い返される可能性はありますか。 3、相手方は私に「訴えられたくなかったら慰謝料払え、借金してでも払え」と言われた、「毎月1万円払っていた」と事実とは違うことを主張しており、それは残っている私が相手方に送ったメールで反論できるのですが、そのメールの中に1行ほど私が不利になるかもしれない内容の事を書いているのですが、その行のみ塗りつぶして証拠として出しても認めてらえるでしょうか。認めてもらえるとしても心証は悪いでしょうか。 4、相手方の口癖が「金がない」だったので、私が最初に「慰謝料を払うか、親と話をしてほしい」と2択にしたのですが、慰謝料はいらないというような意思表示に見られるでしょうか。(最初は迷っていて慰謝料じゃなくてもいいと思っていたのですが、今は慰謝料で解決したいです。) 長文、乱文失礼いたします。意味不明な点もあるかもしれませんが、分かるだけでも結構ですのでどうぞ宜しくお願いします。

  • 慰謝料の時効について教えてください

     五年前より旦那が不倫しています。復縁をしたく四年前に調停をしました。旦那は愛人の存在を認めず、妻の勘違いだと言い切り、旦那の希望で別居をしながらやり直していくことになりました。一年四か月前に旦那が家に帰ってきました。所が二か月するとまた家を出て行きました。現在旦那は四か月前より同じ愛人と暮らし始めたとのことです。ようやく、私も目がさめ離婚の準備をし始めました。旦那は、不貞行為の時効が過ぎているからお前は俺にも愛人にも慰謝料は請求出来ないと言って来ました。やはり、動くのが遅すぎたのでしょうか?