-PR-
締切済み

すっぽんの調理法

  • 困ってます
  • 質問No.77962
  • 閲覧数291
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

知り合いから明日、解体されたすっぽんを頂きます。
ですが料理の方法がわかりません。
別な知人が素人料理で味付けをしたところ泥臭くて
食べられなかったそうです。
美味しい調理方法を教えてください。
ちなみにすっぽんは見るのも触るのも食べるのも初めてです。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

さすがにスッポン1~2度しか作ったことが無くて自信がないので参考になりそうなページを紹介します。

http://www.harenet.ne.jp/shopping/nakamura/suppon.htm

やはり鍋が一番かと。

決めては日本酒と生姜にありそうです。


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 37% (593/1595)

正直言って、一度しか食べたことがありません。
でも、その時中華料理店で頂いた「薬膳スープ」はとても美味しいもので、結構グロな形だったにもかかわらず、一気に食べてしまいました。
とろけるような「ゼラチン質」がたまりません!
でも、ちょっとご家庭で作るのは無理ですよね・・・

簡単なすっぽんレシピがありましたので、ご紹介します。
「どろ亀」の別名の通り、特有の臭みがあるようなので、味付けは濃い目のほうがよろしいのでは?と思います。
本場の「がめ煮」のレシピを探したのですが、見つかりませんでした。
今はみんな鶏肉になってしまったのかな~?
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 31% (81/257)

日本料理のスッポンも勿論旨いし、それを前提にした話だと思いますが、私は、中国セツ江省地方の蒸し物が最高の調理法だと信じて疑いません。素材自体、日本の養殖ものは大味ですが、向うの500g前後のスッポンの方が旨いです。「解体された状態」という前提ですから、参考になるか分かりませんが一応書きます。

0)解体(これは終わっている)。この時、頭、や足なども食べられるので捨ててはならない。

1)やや大き目の皿に解体したスッポン、酒、塩、生姜、(葱)、火腿(=中国ハム)、筍を載せて、蒸し器に入れる。

2)これを30分くらい(正確な時間を忘れた)蒸す。

「火腿」は日本では手に入りにくいが、イタリアの「プロシュート」などでも代用できる。風味はハムというより(ベーコン+鰹節)÷2と言った感じ。

-----
味わうべきところ:
a)中国人はゼリー状の「縁側」を最も珍重する。ナマコのような食感。
b)頭や足:見た目はグロテスクだが、魚のかぶとが旨いのと同じ。絶対味わうべし。
  • 回答No.4
レベル11

ベストアンサー率 31% (81/257)

すいません。一つ訂正。

材料として、「戻した乾燥椎茸」も入ります。

この料理、日本にいる中国人の家庭で3回。向うの家庭で2回、向うのレストラン(=西湖楼外楼)で1回食べましたが、多少盛り付け方に相違はあるものの材料や味は同じ、何れも至高の美味です。

gomuahiruさんが言われている、「薬膳スープ」は日本の中国料理屋で2度ほど頂きました。確か、新中野の「酒膳房」と品川の「高輪」だったかな?ともに最高級店ではないが、宴席だと結構そこそこの水準のものをだしてくれます。クコの身の入った洗練されたスープでした。旨いことは旨いがコースの中の一品という感じで、「メインを張る」という感じではなかったです。私の好きな、頭や爪の生えた脚なども見えなかったです。しかし入っていたら女性客は悲鳴を上げるでしょう。
  • 回答No.5
レベル13

ベストアンサー率 27% (501/1797)

圧力鍋持ってますか? 持っていれば非常に簡単に出来るのですが。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
これはおいしかった!うまく作れた!あなたの経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ