• ベストアンサー
  • 困ってます

「色素」と「反射」について質問

「色素」について、「色素」とは分子レベルではどういった物質なのですか。たとえば、「赤色色素」とかいうのがあって、この色素分子は、赤色の可視光線だけを反射し、他の可視光線は吸収する性質を持った分子だから赤く見えるのでしょうか。 また、表面が滑らかでなかったり、内部構造が複雑だと「乱反射」してしまいますが、何で滑らかでないと乱反射するのですか。 すなわち、「光の反射」とは何なのでしょうか。光を波と考えれば、なぜ波が跳ね返ったり(反射)、波が吸収されたりするのでしょうか。そして、「吸収する」とはどういったことか、波を吸収するとその吸収した原子や分子はどうなるのか、これには電子の出す電磁波とかスピンが関係しているのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数307
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#5751
noname#5751

私は文科系なんで波長などの物理関係には弱いんですが・・とりあえず、答えられる範囲でコメントさせていただきますね。 質問No.76020の回答No.3で補足いただいてました色素分子ですが、顔料の発色材料としては赤は鉄、青は鉛や銅、緑はカドミウム等の金属を成分として使われることが多いようです。 たとえば、血液の赤は赤血球に含まれるヘム鉄という鉄の化合物ですが、他の金属も銅がさびてできる「緑青」等、塩になるときに固有の色を発色します。 ただし、現在は鉛やカドミウムは使えないので変わりに有機材料を使うことが多いようです。 「光の吸収」とは分子が特定の光の波長に反応して分子が振動することで光のエネルギーを分子自体の運動エネルギーに変えて、最終的に熱に変換することだったと記憶しています。だから「黒い」物体は光のエネルギーを効率よく吸収して熱に変換するために熱くなりやすい、と。(記憶違いだったらゴメンナサイ)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 色と光の関係+赤外線反射物質

    以下の質問に対する回答と、間違っている文章がありましたらご指摘ください。 ・リンゴ 青緑色の光を吸収し、それ以外の光は反射 →青緑色の補色である赤色をリンゴの色として認識 Q1.リンゴが不透明であるのは、透過率がゼロだから?散乱しているから? Q2.半透明とは? ・ガラス 可視光線領域の電磁波の吸収帯がない為、可視光線を反射もしくは透過。 ※透明であるのは、吸収・散乱がない為。 Q3.赤外線を反射させる物質とは、赤外線領域に吸収帯を持たず、散乱するということ? Q4.かき氷等の光の散乱の際、可視光線以外の電磁波(赤外線等)も散乱している? どうぞよろしくお願いします。

  • 可視光線が乱反射されると白に見える要因について

    可視光線が乱反射すると白に見えるらしいが、それはどうしてでしょうか? もしかして、可視光線の反射の仕方で見える色が変わるのでしょうか?

  • 光の反射について

    光の反射率の差によって物質に光を当てると、赤外線を当てたとき紫外線の光として返って来たりすることはあるのでしょうか。例えば金属に光を当てた場合等です。 また通信用電波を反射する物質に電波を当てた場合、可視光線になったりすることってあるのでしょうか。 電磁波や波動はまったくの初心者ですだれかよろしくおねがいします!

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

光が波だとわかっていれば、反射を理解するのは簡単なのではないでしょうか? 波の反射は高校の物理でやるはずですよね? 逆に、反射せずに特定の波長だけ吸収される方が難しいと思います。 これは音がスポンジなどによってかき消される原理とは異なります。 音も波動性を持っているのですが、波長が長い(周波数が低い)事により、粒子性は殆ど持っていません。 音がかき消されるのは反射の際に反射するモノを振動させ、熱エネルギーに変換される事により音がかき消されます。 スポンジみたいに多くの面を持っているモノに当たると反射が繰り返されてかき消される訳です。 では光の場合はどうなるのかと言うと、その波長に見合ったエネルギーだけ、選択的に吸収される事により色がつきます。 吸収される理由は様々ですが、殆ど電子がその理由です。 例えば有機顔料なら、その波長が吸収される、つまり、とあるエネルギーで遷移状態になれる結合(二重結合、不対電子対など)があるからです。 その事により反射される光はとある波長だけ欠けた光になります。 結果的に、吸収される光の補色で見える事になります。 赤色の顔料は青緑の光を吸収する事により、赤く見えるのです。 発光していないモノに関しては、どの光を吸収するのかによって、色が決まります。 その吸収はそのエネルギーに対応する電子の遷移状態があるのかによって決まります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 色・光関係の質問

    色や光に関してのついて質問です。いろいろネットで調べてみたのですがはっきりと分かるところがなく、身近に詳しい人がいないので、ここに質問しました。 (1)金属に色素は含まれているのでしょうか? ないとしたら、金属自体に色素のような性質があると考えてよいのでしょうか。また、あるとしたら、おかしくないですか。そうであれば、例えば金はAuという単体ではなくなってしまうと思います。 (2)そもそも金色や銀色はどのような色なのでしょうか。 可視光線のどの辺の波長が反射すると人間は金色や銀色である。と認識するのでしょうか。 (3)カラーフィルターと呼ばれるものは、赤のカラーフィルターならば赤の波長を透過し、それ以外の波長を吸収する。ということでしょうか? また、赤のフィルターでも赤の波長は反射しているのでしょうか? そうでないと、机の上などにおいた赤のフィルターを赤であると認識できるのがおかしいと思ったので・・・ (4)透明・半透明の色付きプラスチックやクリアファイルの色は色素によるものでしょうか?また、そのようなものは、セロファン紙などと光に関して同じ性質を持っているといってよいのでしょうか? (5)1や4とかぶるかもしれませんが見えるものすべてには色素が含まれていますか? または、色素がなくても、色素のような性質をもった物質というのは存在しますか? (6)もし、可視光線中のすべての波長が反射したらどうなりますか? 見える世界は真っ白になりますか? (7)可視光線をほとんど反射してしまっているように見える鏡の表面を色で表すことはできますか? あらわせるとしたら何色でしょうか? まだ、よく分からないところもあり、習ったこともないので変な質問が多いかもしれませんが、よろしくお願いします。また、このようなことが詳しく載っているサイトなどがありましら、教えていただけないでしょうか。

  • UV-LEDの光を反射させることはできますか?

    波長が405nmのUV-LEDの光を反射させることはできますか? 普通の可視光線(太陽光や電灯の明かり)と同様に、鏡やアルミ箔などで反射することはできますか?

  • 光は電磁波?

    光は電磁波だと聞きましたが、どういう事でしょうか? もしかして赤外線や紫外線も電磁波で、そのうち可視光線が光として見えているという事でしょうか?

  • 大半の植物が「緑(人間が見て)」なのはどんな理由が考えられますか?

    大半の植物が「緑(人間が見て)」になったのはどんな理由が考えられますか? 緑を反射するということですよね?可視光線の中で何故に緑?黒であれば可視光線を全て吸収して、エネルギー生産量が少し増えると思うのですが? 私はなにぶん無学者なので。

  • 可視光線のこと

    どのような化学構造の分子が可視光線を吸収するのですか?また、その理由も知りたいのですが…。どなたか分かる方お願いします!!

  • 電磁波を浴びている?

    光も電磁波だと聞いていますが、我々の住む世界には至る所に光があります。 もしかして我々は毎日電磁波を浴びながら生活しているのでしょうか? また、赤外線や電波など可視光線以外の電磁波も浴びているのでしょうか?

  • 光の波長と合成色

    RGBのLEDを用いれば光の色の合成ができますがすべての色は可視光線の中にすべて含まれているのですか?(可視光線はすべての色を表現できるのですか?)また下記のような可視光線の図はよくみかけるのですが白色は見かけません。可視光線に「白」という要素もあるのでしょうか。よろしくお願いします。

  • UVカットの原理を可視光線に応用できますか?

    UVカットガラスの原理を可視光線に応用して、特定の色が見えないガラスって作れますか? UVカットガラスの原理はUV吸収剤が入っていることと知りましたが可視光線吸収剤があるのかはわかりません。それに、吸収すると見えないんですか?UVが不可視光線だから見えないだけなのか。

  • ビタミン類の紫外/可視光線吸収スペクトルについて

    ビタミン類の紫外/可視光線吸収スペクトルについて お世話になります。 ビタミン類の紫外/可視光線の吸収スペクトルが掲載されているサイトを ご存知ではないでしょうか。

  • 植物が緑の可視光線を吸収しないのはなぜ?(光合成)

    葉が緑なのは、緑の可視光線を反射しているせいだとききました。 植物はどうして緑の可視光線を光合成で使用しないのでしょうか? もったいない気がします。 よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう