• ベストアンサー

小学4算数

小4から不登校で数学や算数がまったく出来ません 高認も数学と英語だけ合格できませんバカな18歳です YouTubeなど(携帯)で勉強してもわからない 本も最小公倍数は分かるでしょだからこれを解いてというのや結構アバウトすぎる本しか見つかりません お金が無いので自分で地道にやるしかないです いい本はありますか? あと最小公倍数の求め方がわかりません

noname#159996
noname#159996

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • suko22
  • ベストアンサー率69% (325/469)
回答No.2

最小公倍数の求め方について。 例:12と18の最小公倍数を求めよ。 やり方:下図のようにやります。   2)12  18    ―――――――――   3) 6   9      ―――――――――       2   3   手順(1)まず12と18を並べてかく。   (2)12と18を割れる数を考える。     ここで注意が必要!     「素数」で割る必要があります。      素数とは、2,3,5,7,11・・・などの数を指します。      これらの数に共通して言えることは、約数が1とその数字そのものの2個しかないということ     です。      2なら約数は1と2の2個。5なら1と5の2個、11なら1と11の2個・・・      ちなみに6は1と2と3と6と約数が4つもあるので素数とはいいません。      素数は中学校で勉強します。ここでついでに覚えてしまいましょう。   (3)12と18に共通する素数で割っていく    まず思いつくのは2です。   (4)割った結果を12と18の下に書きます。   (5)6と9が出ました。   (6)同じように6と9を素数で割れないか考えると3で割れることに気付きます。   (7)割った結果を2と3を下に書きます。   (8)2と3はこれ以上割れるものはないのでここで終わり。   そして、最小公倍数は図の右側の縦の数字2と3と最後の割っていった結果2と3の掛け算の値になりま  す。よって、2*3*2*3=36・・・最小公倍数   ちなみに最大公約数は図の右側の縦の数字の掛け算の結果です。   すなわち、2*3=6・・・最大公約数   このように最初は難しいことを考えずに機械的にやってみてください。   そのうち慣れてきます。 >いい本はありますか? 小学生の計算ドリルがいいと思うのですが、私はその辺は詳しくないのでご自分で本屋で自分に合いそうなものを探してみてください。 あとネットで分数の計算が説明されているサイトをみかけますが、注意が必要です。 あるサイトからの引用 1/2×3÷5=1×3/2×5=3/10 →この書き方はまずいです。2つ目の式変形、この書き方はダメです。 ×5が分母に掛かっているつもりのようですが、この書き方だと分子に掛かっていることになります。 性格には(1/2)×(3/1)×(1/5)=1*3*1/(2*1*5)=3/10とする書くべきです。 このサイトの書き方は混乱読み手を混乱させているだけです。私も最初に見たとき??と思いました。 ネットで分数の計算をしらべるときには注意が必要です。 それからネットを使って分数の計算を説明するときには、その数字が分子にあるのか分母にあるのかを明示するために( )を使うことがよくあります。紙の上で計算するときには必要ないのですが、こういうネット上で限られた書き方のもとに正確性を期するため( )を使って説明することがあります。 ちなみに上記の問題を簡単に説明すると×3というのは×3/1と同じこと(3は分数にすると3/1と書ける)、÷5は計算するときには掛け算にします。割り算を掛け算にするには数字の逆数をとればいいのです。5は分数で表すと5/1となります。逆数とは分子分母を入れかえた数といえますので、 5の逆数、すなわち5/1の逆数は1/5になります。よって÷5は×1/5と同じになります。だから、上記のような計算になります。 ネットでわかりやすいサイトがあれば添付しようと思ったのですが、上記のような誤解を生む表現が用いられているサイトがあったためやめておきました。 とりあえず自分に合った計算ドリルを本屋に行って探してみてください。 あとは練習あるのみです。 四則演算(+、-、×、÷)は規則を覚えれば、あとは機械的にやるだけです。 たとえば÷を×になおすときに逆数にするなんていうのは理屈を考えるよりもまずは機械的にやってみるとよいと思います。それで答えがあっていればそのやり方が正解というわけですから。 計算力がついた時点でなぜ÷を×に直すときに逆数にするのか自分なりに考えてみるといいと思います。まずは計算のやりかたに慣れてください。というのが私からのアドバイスです。 かなり話がそれてしまいましたが、小学校の分数、小数の計算はとても大切です。自分に合うドリルを見つけてたくさん練習をつんでください。 まずは計算力をつけることです。小学校レベルの計算ができたら、次は中学校レベルです。文字式の計算や文字式の展開、因数分解・・・へとどんどん進んでいきます。 計算力がついてきたら、次は1次方程式、2次方程式、不等式へと進みます。 ここまで出来れば中学レベルの計算は身につきます。 次に図形。三角形の面積など基本図形の面積の求め方、公式を覚えて練習するのみ。 それから三角形の合同と相似、三平方の定理(いずれも中学の範囲)へと勉強を進めます。 同時に関数の勉強。中1 比例・反比例 中2 1次関数 中3 2次関数。 これらは導入部分だけでいいです。比例、反比例の式と意味がわかるか。1次関数と2次関数に関してはグラフが書けるか、逆に関数の式を求められるか、これさえできれば高校への勉強に進んでいけます。 中学数学は重要な内容はまとめるとそんなに多くはないです。高校受験に対応するためにはさまざまな応用題を解く必要がありますが、それは高校数学を勉強する上でほとんど役に立たないことばかりですので、そんなことは気にせず、中学数学は基礎が理解できれば(教科書レベルのなかでもさらに基礎的部分のみで十分)高校の勉強へ進んでください。 高校認定の過去問を見ましたが、とても基礎的でいい問題だと思います。まじめにこつこつ勉強していけば必ず合格できるはずです。あせらずコツコツ勉強していってください。 数学はすぐに実力をつけることは不可能です。コツコツ知識を積み重ねていくしかないです。 頑張ってください。

noname#159996
質問者

お礼

ありがとうございます! 凄くわかりやすかったです 私もネットでみて分からなくよくなります危険ですね

その他の回答 (1)

  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)
回答No.1

こんにちは。 実際書いて見るとわかりますよ。 例として、9と12の最小公倍数を考えてみましょう。 9の倍数は、下から順番に9ずつ足していって、 9、18、27、36、48、54、63、72、81、90、99、108、117、126、133、144、153、162、171、180、189、・・・ 12の倍数は、下から順番に12ずつ足していって、 12、24、36、48、60、72、84、96、108、120、132、144、162、180、192、・・・ ここで、両方に現れているのが9と12の「公倍数」です。 それは、 36、72、108、144、180、・・・ ですね。 この、たくさんの「公倍数」の中で、いちばん小さいのが「最小公倍数」です。 ですから、36が9と12の最小公倍数です。 言い換えれば、9と12の倍数を下から順に調べていって、最初に現れた公倍数が最小公倍数です。

noname#159996
質問者

お礼

ありがとうございます! 凄くわかりやすいです!

関連するQ&A

  • 小4から不登校

    学校でイジメにあい不登校になった18歳です 高認をうけますが数学と英語がまったく合格しません 算数からはじめましたが小4からまったくやっていないので全く過去問も解けない 小6までの算数が分かると書いてあっても分数のかけ算で分からなくなります 色々な本で勉強しましたがバカな私の頭には入りません お金はないし学校にはいけない どうしたらわかりますか?何からすればいいのかもうわかりません

  • 中学受験の算数の問題

    超レベルの低いお受験ということでお願いします。 娘に教えてわからなくなりました。 超超レベルの低い親ということで困っています。 お受験塾とか学校ではどう教えているのでしょうか。 (1)3の倍数は、0を含むのでしょうか?   ネットでは含むといういうことをみましたし、   多分、数学的な定義からそうなんでしょうね。 (2)2と3の公倍数は、0を含むのでしょうか?   以下の意味がわかりません。(1)と矛盾するんですよね。 小学算数では0は倍数とはみなさないという理解でいいんでしょうか?   実際、小学校では、(倍数、公倍数 0は含まないと)そのように教えるのでしょうか?? ----------以下抜粋 -------------------------- ウィキペディア 公倍数 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/15 16:17 UTC 版) 公倍数(こうばいすう)とは、2つ以上の正の整数の、 それらに共通する倍数のことをいう。例えば、2 と 3 の公倍数は 0, 6, 12, 18, ... である。 ただし、算数では、倍数に0を含めないので、公倍数にも0を含めない。 ------------------------------------------------------------------- (3)2と3の最小公倍数は0以外のもっとも小さな公倍数の6を指しますよね?   (これは、そうだと思います。) (4)3で割ると2余る数でもっとも小さい数は?   ⇒3の倍数+2で、2か5のどちらですか? (5)3で割ると2余り、4で割ると2余る数でもっとも小さい数は?   ⇒3と4の最小公倍数の12+2=14 なのか2なのかどちらですか。。 (6)3で割ると2余る100未満の数を全て足した合計は?   ⇒{2,5、8・・・・98}と考え、(2+98)×33÷2=1650?   か、    ⇒{5、8・・・・98}と考え、(5+98)×32÷2=1648? よくわかりませんが、(4)~(6)は0倍を基本とする場合は、 例えば、2桁の数で(=10以上)とか明記してあり、問題としては この辺の微妙な問題が出題されることはないんでしょうか。 とある算数のテキストを解いていてわけがわかんなくなりました。 ご指導お願いいたします。

  • 小5算数「整数の性質」について。

     小学5年の算数で,整数の性質を学びます。そこでは,最大公約数や最小公倍数を求めることも扱います。そこで質問です。  この際,算数の内容に素因数分解を取り入れ,素因数分解を用いて最大公約数や最小公倍数を求めることも扱うべきだと思いますか。

  • 算数から勉強をしたいです。

    小中高と不登校で、まったく勉強をしていませんでした。 他の科目も全部駄目ですが、 算数から初めて、数学Cまで学びたいと思っています。 一からでも理解できる、お勧めのサイトか本を教えて下さい。 算数だけでもいいので、宜しくお願いします。

  • 算数の問題です。

    教員採用試験の勉強中なのですが、算数の問題(小学校の教員志望なので、試験にあります。)でわからない問題があります。解答解説を読んでも理解できないので、力をお借りしたいです。よろしくお願いします。 [問題] 5で割ると3余り、6で割ると2余る整数のうち、2001に最も近い整数を求めよ。 です。ちなみに、解答解説には 5+3=8、6+2=8 5と6の最小公倍数は30だから、5で割ると3余り、6で割ると2余る整数は、30で割ると8余る数になる。 2001÷30=66余り21より、30×66+8=1988 と書いてありました。理解できません…。 ご教授お願いします。

  • 算数

    今20です。大学受験しますが 算数で 図形、公倍数、四捨五入、方程式、分数、文章問題が分かってません 小学校は入院しまくりであんま聞いてなく ほったらかしてました 中学もあんま行ってなくて、高校は教科書勉強したらまぁまぁ解けました 小学校から勉強が曖昧なんで なんか参考書ないですか?ドリルとかは詳しい解説ないような気がしました アドバイスお願い致します

  • いくつかの分数を整数にする最小の分数

    (数学ではなく算数に関する質問で恐縮です) いくつかの分数を整数にする最小の分数の公式として以下の公式があります。 【分母の最小公倍数/分子の最大公約数】 例えば8/15と12/25なら、 15と25の最小公倍数=75 8と12の最大公約数=4 8/15×75/4=10 12/25×75/4=9 ・・・と、ともに整数になります。 テクニックとして丸暗記してしまえばそれなりに使うことができますが、子供から「何でこういう公式が成り立つの?」と聞かれ、答えることができませんでした。 小額4年生にわかる様な説明をご教示いただければ幸いに存じます。

  • 小5算数の分数教えて下さい

    娘が算数に苦戦しています。 そしてわたしとの答えに違って意味がわからないので誰か助けてください。 1、通分して大きい方の数を書きましょう。 (1)3分の2 と 6分の1    3と6の最小公倍数は6←娘の答え  3分の2=18分の12←娘の答え    答え18分の15←娘の答え 2、ジュースが4分の1L、コーラが5分の2Lあります。 (1)どちらが何L多いでしょうか?娘の答えはわかりません。 (2)全部で何Lあるのでしょうか。 20分の5+20分の8=20分の13L←娘の答え 教えて下さい

  • 小学低学年からの勉強方法。。。

    僕は16で今ニートです。中学の時不登校で高校は進学しなかったです。 今からでも高校(通信制)に行きたいんですが、学力が小学生レベルしかありません。 勉強のやり方も忘れてます。各教科の勉強方法を教えてください。 特に、国語・英語・算数(数学)が知りたいです。 よろしくおねがいします。

  • 計算方法の想像が膨らんでしまう。

    (1) 自然数Bを12,18,30のどの数で割っても3余る (2) 6で割ると3余り、7で割ると4余り、9で割ると6余る 上記の二つは、テキストにあった問題文の一部を抜き出し たものです。初めにこの問題に挑戦したとき、想像が膨ら んで解けませんでした。 例えば(1)の場合、テキストには12、18、30の最小公倍数に 3を加えればいいと書かれてあります。 しかし、もしかしたら、15,21,33の最小公倍数を求めれば いいのかもしれませんよね。 (2)の場合、6,7,9の公倍数より3少ない数と解説されていま すが、もしかしたら、9,11,15の公倍数を求めれば解ける かもしれませんし、6,7,9の公倍数に、3を足せばいいのか もしれませんよね。 このように、色々と想像が膨らんでしまいます。解説をみ ても、そのことに気づくためにはどうしたらいいのか、が 書かれていないため似た問題がでても自力で解く自信が持 てません。 算数が得意な方はなぜ、この式を使えば解けるとわかるの ですか?宜しくお願いします。