• ベストアンサー
  • 困ってます

植木の手入れについて、おしえてください。

庭の植木の手入れをしようとおもいます。 何冊か手入れの本を読んだのですが、疑問が難点かあるので経験者の方、 お手数ですがおしえていただきたいです。 ☆まず、植木の植え替えについて。 ・常緑樹は、真冬と真夏をさければいつ植え替えても大丈夫。 (適例時期は新芽前~新芽が落ち着くまで) ・落葉樹は、秋から春まで。 (適例時期は落葉~芽が出るまで) ・大きい、古い、根の悪い植木は根回しで半年ほど待って適例時期を選んで慎重に植え替える。 ・時期が悪い場合、 枝や葉をある程度に落として、木の負担を減してから植え替える。 この認識でだいたい合っているでしょうか。 あと、新芽と根の成長は同じとおもっていいのでしょうか? (植え替え時に新芽の勢いが良いと根が付き易く、枝葉の茂りが落ち着くと根の付きが弱く枯れやすい) ☆剪定について。 常緑樹よりも落葉樹は弱く、強剪定すると弱るor枯れてしまう気がして慎重になってしまいます。 ・常緑樹は、坊主にするほどの強剪定は新芽が活発な春前後、(秋冬は弱るのでしない) 落葉樹は、落葉から目が出始めるまでに。 で良いのでしょうか? ☆花や実の付き具合について。 ・何年も花がまったく咲かなかったハナミズキが急に咲いたり、 モチの赤い実がならなかったりしますが、どうしてでしょうか? ☆枝の切り口の手当について。 太い枝を切り落とした切り口にボンドのようなものを塗って、水やばい菌を防ぐ物がありますが、あれは必ずしたほうが良いですか?(モチやカシなど強い常緑樹には必要なく、桜やもみじなど落葉樹には塗るべきと聴きました) また塗ってしまうと、そこからの発芽は望めませんか? 長文になり失礼しました。 素人ながら以上の疑問がありますので、もしよろしければ経験者の方、 いましたら教えてください。 よろしくお願いします!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数329
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

>この認識でだいたい合っているでしょうか。 概ねそれで合っています。 >あと、新芽と根の成長は同じとおもっていいのでしょうか? 大体同じだと思いますが、どうも、春先に新芽がどんどん伸びて、 それが落ち着いてから一気に根が伸びるという性質を持つ一群があるようです。 >・常緑樹は、坊主にするほどの強剪定は新芽が活発な春前後、(秋冬は弱るのでしない) >落葉樹は、落葉から目が出始めるまでに。 >で良いのでしょうか? 概ねそれで合っています。 >・何年も花がまったく咲かなかったハナミズキが急に咲いたり、 >モチの赤い実がならなかったりしますが、どうしてでしょうか? 剪定や施肥のしかた、その年の気候、前年の気候等々… ケースバイケースなので何とも言えません。 >太い枝を切り落とした切り口にボンドのようなものを塗って、水やばい菌を防ぐ物がありますが、あれは必ずしたほうが良いですか?(モチやカシなど強い常緑樹には必要なく、桜やもみじなど落葉樹には塗るべきと聴きました) あくまで目安ですが、樹種に関係なく、手首より太い切り口には例外なく塗った方が無難です。 落葉樹であれば、親指より太い切り口に塗った方が無難です。 モチやカシなども、真夏と真冬は塗った方が無難です。真冬は常緑樹ですから樹勢が弱く、真夏は切り口が乾燥しやすく、雨で濡れると菌が繁殖しやすいからです。 ただし、あくまで「目安」と「無難」であって、そうしないと必ず枯れるわけではないし、必ず枯れないわけでもありません。 >また塗ってしまうと、そこからの発芽は望めませんか? 薬を塗るのは切断面の木質部分であり、どのような木でも、木質部分から芽は出ません。 芽は木の表面の薄皮から出ます。よって、切断面に塗ったせいで芽が出ないということはありません。 しかし、薬を塗らなかったことで枝が乾燥してしまい、芽が出ずに丸ごと枯れてしまうことはあります。 ただ、ご存知かとは思いますが、種類毎の特性や木一本一本の個性、 植わっている環境による影響がありますので、それをお忘れなく。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 常緑樹の剪定

    昨年の秋、庭の山桃の葉をすべて剪定してしまってから、春になれど新芽が出てきません。もう、芽は出ないのでしょうか?常緑樹は落葉樹のようにバサバサ剪定出来ないのでしょうか?

  • 手入れの楽なシンボルツリーお教え下さい

    自宅の庭をドッグランにするにあたって、ポイントとしてシンボルツリーを植える予定です。 一人暮らしという事もあり、とにかく手間が掛からない物を探しております。 特に心配なのが周囲が人工芝という事もあり、落ち葉の掃除が厄介なのではないかという事です。 その事を外構業者の方に話したところ、意外にも常緑樹より落葉樹の方が楽だという事でした。 理由は落葉樹は確かに大量に葉が落ちるが年に1回掃除をすれば済む、それに対し常緑樹は年間を通して地味に葉が落ち続けるから、トータルで考えれば落葉樹の方が手間が少ないそうです。 皆さんはこの意見に対しどう思われますか? また、常緑樹が良いという方、やはり業者さんのおススメどおり落葉樹が良いという方、それぞれのおススメのシンボルツリーをお教え頂けると助かります。 環境は宮城県仙台市で東北の中では気候は穏やかですが、とは言え冬は何回か結構な量の雪が降ります。また仙台は度々強風が吹きます。 日当たりは庭が真南に面してますのでかなり良いです。 希望としては、 (1)虫がつかない、病気に強い(とにかく手入れが楽なもの) (2)葉色が明るい緑で洋風建築に合う軽い印象のもの (3)剪定が楽で自然に樹形が整いやすいもの ちなみに業者さんからは落葉樹ならアオダモとヤマボウシ、常緑樹ならソヨゴを薦められました。 自分としてはオリーブを考えていたのですが1本では殆ど結実しない事を知り、いろいろ比較検討した結果、業者さんおススメのアオダモが良いのではないかと思い始めています。 既に工事着工しており、この件について早急に結論を出す必要があるのですが中々決断できません。皆さんのご意見を頂ければと思います。

  • サザンカって

    完全日陰でも花がさきますか?ホンコンエンシスを買いましたが、1時間程度の朝日だと元気なく花も実もすごくつきが悪くなりました。冬の落葉樹の寂しい風景の中、花があると素敵ですのでサザンカはどうですか?他にソヨゴの様に日陰でも元気に育つ(できれば花もつける)素敵な常緑樹あれば紹介してください。宜しく願います。

  • 植木の葉についている細い虫

    植木の葉についている細い虫に困っています。 ベランダに置いてある、落葉樹(名前が思い出せないのですが、 紅葉します。ハゼかもしれません。)と、ホンコンカポックの葉を、 糸ミミズのような細い(幅1ミリくらい、長さ1~2cmくらい)虫が、 ここ1週間食べています。 虫の色は、白、その他食べる葉の色になるような気がします。 葉の色が透けているのかもしれません。 落葉樹についている方は、何本かの枝の葉が一枚だけ色が変わったので どうしたんだろう、と思いよく見てみたら、虫が葉を食べていました。 葉がぼろぼろになって無くなってしまいます。 ホンコンカポックは、葉が黒ずんできてぼろぼろになっているのをみて、 もしかしたら、、、、と思い、見てみたら案の定でした。 このままだと、植木が丸坊主になってしまうのではないか、 また、この虫が蛾や蝶の幼虫だったら、、、(虫が大の苦手なのです) ととても心配なのです。 駆除や撃退方法があれば、ぜひ教えてください。 よろしくお願いします。

  • 柿の古木を今剪定すると枯れたりするのでしょうか

    やがて樹齢百年にもなろうかという柿の木ですが、かなり上の方に伸びた枝があり、横へも細い枝がかなり張り出しています。実がなると重みで顏の当たりまで垂れ下がります。 葉もめちゃくちゃ多いので落葉も大変です。 全体を小ぶりにしたいのですが新芽が出た時に剪定するとまずいでしょうか。 実のなる、ならないよりも昔からある樹なので枯らしたくはありません。 この後、葉にもっとボリューム感がでると風で揺れる時の迫力がすごくて、切りたいのです。

  • スダチの手入れ

    30年ぐらい前に植えたスダチです。 ふと見つけたのですが、直径3センチぐらいの1本の枝が水平に伸びています。枝の元から先までの長さは50センチぐらいあり、よく見るとその先っぽに実がなっているので重みでその状態になっているようです。 この枝を半分ぐらいのところで切ったら新芽は切り口から出ますか、それとも途中から出ますか。そもそも枝元から実のところまで葉がありませんが芽が出るでしょうか。 いっそその枝の枝元からバッサリというのは無しです。半分のところで切って芽を吹かせると目隠しとして穴をあけずに済みますので。

  • マンションの植栽に落葉樹が多く寒々しいです

    うちのマンションの植栽の木は、ほとんど(8割位)が落葉樹で秋から春にかけて 一年のほぼ半分以上は葉が落ちている状態です。 春から夏の短い期間に葉や花を付けますが、残りの期間は枯れています。 他のマンションの植栽を見るとそこまで落葉樹が多い状態は見かけず、 冬でも緑の状態が保たれています。 南側にある場合は落葉樹は冬場にあたたかい日差しが入るので 良いと聞きますが、場所は南側に建物があり日陰になる所です。 北側の木が落葉樹なので、意味がないように思えます。 花をつける木もその時は良いのですが、後の手入れが大変で困ります。 もしかすると施工時に安くあげるためだったのかと勘ぐってしまいます。 一年の半分が寒々しい状態というのは植栽としてどうなんでしょうか? 全体的な植え替えを提案しようかと思っています。

  • ハナカイドウの手入れについて

    ハナカイドウの鉢植えを室内にて育てています。 もう花も散り始め、枝にはおしべなどが残ったちょっと見苦しい状態になっているのですが、これはこのまま放置しておくものなのでしょうか?(実がなる?) それとも花粉が舞うのを避けるために摘んでもいいのでしょうか? 枝の剪定については検索できたのですが、花の始末については見つけられなかったのでご指導お願いいたします。

  • 剪定したら柿の実が皆落ちてしまいました。数十年歴の柿の木を植木屋さんに

    剪定したら柿の実が皆落ちてしまいました。数十年歴の柿の木を植木屋さんに春に大きく剪定して貰ったら、今年は生り年なのに花が咲いた後の小さな実が皆落ちてしまいました。来年は柿がなるのでしょうか。 どのようにしたら、なるようになるのかご教示下さい。今まで1年ごとに大量の柿が採れていた木です。 宜しくお願い致します。

  • 植木屋さんが剪定した後で庭木の葉が枯れてきました。原因を教えて下さい。

    植木屋さんが剪定した後で庭木の葉が枯れてきました。原因を教えて下さい。剪定時期は6月下旬です。 剪定した木は、もみじ・百日紅・糸ヒバ・花もも・ドウダンつつじ・金木犀です。糸ヒバ以外は枯れた葉とは別に新芽が出てきています。このまま放っておいても良いでしょうか?