解決済み

小説のタイトルが思い出せず困っています

  • 暇なときにでも
  • 質問No.753744
  • 閲覧数56
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 94% (506/534)

去年読んだものなのですが、短編がいくつか収録されていた文庫で、そのなかの短編のひとつに、太宰治を敬愛する女のコを好きになる主人公の話があったのですが、それをまた読みたくてその文庫を探したいのに、タイトルも作者も思い出せず困っています…。
最近の作家さんのものだったことは憶えています(男性作家…だったような)。
物語の内容は簡単に言えば上記そのまま。詳しく憶えている場面は、その女のコがあまりにも太宰を敬愛するあまり自分を山崎富栄(太宰の心中相手)だと錯覚して自殺するのではないかと心配する主人公が、失踪した彼女を探すというラストシーンです。
こんな説明でわかる方いらっしゃるでしょうか?
どなたか心当たりのある方、教えて下さい!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 65% (64/98)

重松清の『桜桃忌の恋人』(「日曜日の夕刊」(新潮文庫2002.6所収)ですね。アマゾンのページを下にリンクしておきます。
お礼コメント
buritora

お礼率 94% (506/534)

あーッ!これですこれですまさにこれです!
ありがとうございました!
いまから近所の本屋に走ります!
投稿日時 - 2004-01-17 21:17:37
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ