• 締切済み
  • 暇なときにでも

JBL LE-14Cについて

JBL LE-14Cをオークションで購入して1年が経ち 今まで、アンプ交換、エッジ交換と色々取り組みましたが 思うような低音の伸びが得られません。 60年代のジャズはかなり心地良くなるのですが、最近のソースに含まれる低音が上手く再生されないと言うか、音が抜けないと言いましょうか聞いていても不快感すら残ります。 設計の古いスピーカー現代のデジタル録音に対応を求めるのも無理があるとは思うのですが・・・ 最近思うのは、同軸スピーカーなのでウーハーのダンパーが特殊でツィーターと固定されているので ウーハーの制動が重くなり、同系統のLE-14Aより低音が出にくい構造なのかなとも思います。 エンクロージャーは山水が販売していたLC-20 120lバスレフです。 ご教授頂けると幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1052
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
  • nokata
  • ベストアンサー率27% (134/493)

dadamagt_2011様、再びおじゃまします。 そうでしたか、40Hzまで出ているのを 確認していらっしゃるわけですね。 それで、リスニングポジションでの低音域 不足ということあればLE-14C+LC-20 のシステムが部屋にあっていないということになります。 最初に対応すべきはスピーカーの設置場所ですね。 今のスピーカーの位置はコーナー近くに置いてありませんか? コーナーに近いかコーナーに置くとおっしゃるような 部屋の中央部に低音の中抜けが生じます。 ご自分の声で確かめることもできますので 声を出してみて反響の自然なところを見つけてください。 そこにスピーカーを設置すれば自然な周波数特性を 得られるはずです。 バスレフの位相が間違っていれば40Hzの確認はできないはずですので バスレフダクト位相は間違いないと思いますが、左右の位相は合っていますか? 左右の位相が違っていると同じような現象が起こります。 確かめてみてはいかがでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nokata様、重々のご教授ありがとうございます。だんだんと解決の糸口が見えて参りました。 早速試してみます。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • JBL LE8Tについて

    只今念願のJBL LE8Tを入手しエッジの交換を行ったのですが、残念なことにエッジの周辺につけるリングが欠品している状態でした。代用品を探してもなかなかよいものが見当たらず困っておりますが、スピーカーをいじる人では大概ぶち当たる問題とだと思いますが皆様はどうしているのでしょう良いアイディアがあれば是非教えて頂きたいです。よろしくお願い致します。

  • 初めまして、皆様に質問したいのですが、最近オークションでjblの431

    初めまして、皆様に質問したいのですが、最近オークションでjblの4312mk2を購入しました。 商品が届き、大変美しく満足していました。が、いざアンプ(マランツSR6004)にフロント用に繋ぐとなんかスカスカ、ウーハー部分が悪いのでしょうか?ウーハーのコーンを指で押さえてみると多分本来こうであろう低音が聴こえます。指を放すとまた低音スカスカに戻ります。jblコントロール1に繋ぎ変えた方が低音出ます。こういう症状はウーハーのエッジ張り替えで改善されるのでしょうか?オーディオ初心者ですのでくだらない質問かもしれませんが私は大真面目ですのでヨロシクお願いします?

  • スピーカーの自作について

    スピーカーのエンクロージャについてお教え下さい。  先日、オークションでJBLの130A(38cmウーハー)を手に入れました。エンクロージャーも手に入れようとしましたが、大きさや形、また値段などから気に入ったものがなく自作しようと考えました。 予算があまりありませんので、ウーハーと安いフォステックのツィーターにするか、ウーハー1本だけでツィーターはエンクロージャの上にのせるものを、ネットワークはなしで考えています。  希望としましては、部屋の大きさから、サイズは横幅60cm、縦100cm、奥行き50cm以内です。材料はシナベニヤの18mmか21mmを考えています。  できましたら、どのようなエンクロージャー(サイズや形)が適切かお教えいただけませんか。   中途半端な説明かもしれませんがよろしくお願いします

  • 回答No.2
  • nokata
  • ベストアンサー率27% (134/493)

dadamagt_2011 様 おじゃまします。 スピーカーにおける再生周波数がフラットであれば 「古い新しい」は全く関係ないと思います。 デジタル対応って言ったって周波数特性が 変わるわけでもありませんので、気にする 必要はないと思います。 20Hz~20Kzくらいの周波数特性を ご自分の耳でお確かめになったらいかがでしょうか? 音源発生はインターネットからDLしてPCを ソースとしてアンプにつなげばダイレクトに 再生周波数の確認ができます。 簡易的ですが下記のような音源でも可能 だと思いますので確認してみてください。 http://www.ne.jp/asahi/fa/efu/soft/wg/wg.html http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se331670.html 音が抜けない原因はほぼ再生周波数の乱れにあります。 特性がわかれば音が抜けない原因の周波数も分かるかもしれません。 そしたら、今度はスピーカーや部屋の改善ができるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご教授ありがとうございます。 「全く関係ない」と思いたいのですが、最近の16cmウーファー2ウェイ後面バスレフの方が 良く映画の音響に含まれるいわゆる「重低音」がLE-14cより量感を感じるのです。 私もオシレーターで確かめてみたのですが、40Hzあたりまでは良く聞こえるのですが、それ以下になると スピーカー付近では重低音の迫力を感じても、リスニングポジションに来ると不思議に消えてしまいます。さらに離れると地響きのような音が部屋に響くのが分かります。やはり、部屋の相性?それともバスレフダクトの位相の問題でしょうか?

  • 回答No.1
  • HALTWO
  • ベストアンサー率51% (1665/3208)

>設計の古いスピーカー現代のデジタル録音に対応を求めるのも無理があるとは思うのですが・・・ そうではあるのですが、逆に「設計の新しい Speaker に古い Analog 録音 Source への対応を求めるのも無理があります」 特に Pops 系は 90 年代の Full Digital Mastering 辺りから 80 年代以前の System には合わない音作りになっています。 Jazz や Classic は比較的 Pos'Pro' (Post Production) の少ない Source と言われていますが、それでも全くの No PosPro' というわけではなく、時代と共に Source の状態が変わっていきます・・・Remaster の度に音が変わるのもこのためです。 70 年代に設計された Bose M901CSIV を 80 年代に設計された Philips DFA10000 で AAD Source を心地よく鳴らしていた 90 年代に「これは DDD 盤なのに凄いぞ!」と思って録音環境を調べてみた CD は Jazz Quartet を 2 本の Electro Voice RE20 による One Point Stereo 配置 Microphone で SONY PCM2000 DAT に直に録音した DDD で、Pos'Pro' 処理を殆んど (多分全く) 行なっていないものでした・・・しかし、他の Jazz Source は DDD 盤でも気に入る音が少なく、次に購入した McIntosh C34V では Expander で Expand 気味にした方が心地良く聴こえるものが多かったです。 Analog から Digital に変わった際、特に Pops 系では如何に Source が凄いことになったかを示す Data を紹介します。 http://www.cdmasteringservices.com/dynamicrange.htm http://www.cdmasteringservices.com/dynamicdeath.htm 単純な Peak Limiter や Compressor とは異なる複雑な Digital Enhancer ならではの処理が当たり前となった現在、やや Compression 気味に聴こえる真空管 Amplifier で重量系の振動板を持つ Speaker System を鳴らすと心地良かった 70 年代、80 年代以前の Source とは全く異なる音作りがなされている Source を古い System で鳴らしても心地良い音にはなりませんし、現代の Source を再生するように Tuning されている現代の System で古い Source を再生しても心地良い音にならないのは当然のことでしょう。 ちなみに私は最近 70 年代以前の Easy Listening Music、東京近郊の人ならば FM 東海から FM 東京に移った午前零時の Jet Stream (城達也氏の Narration) に用いられていた曲と言えばピンとくるような曲を再生するのにわざわざ ELEKIT TU-H80 と DAITO VOICE F120C85-1 + SV-101/105φ を再生環境として充てがっています(笑)。 Music Source 毎に Amplifier や Speaker を変えるのは大変ですので、理想的には Digital 演算で Lens の歪みや収差を補正する Software が普及しているように、Digital 演算で帯域別に音色を補正できる Software が欲しいところですね。 まあ私の Audio に対する姿勢は Tone Controller などには手を触れずに受け身の姿勢で「何とかならないのか」と悶えるよりも(笑) Tone Controller も Loudness Controller も Compander も Digital Enhancer も、更には真空管を変えたり Speaker を変えたりと積極的に再生環境を Control して最も御機嫌な音を Music Source 毎、その日の気分毎に身悶えしながら(笑) 創り出すのを好しとする姿勢ですので、あまり参考にはならないかも知れませんが(汗)・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な解説、ありがとうございます。専門的知識がないのですがアナログ時代の機器でデジタル云々を語るのに無理がある事はわかっておりました。特に最近のソースに多い重低音、重低音にはJBLの大口径スピーカーという安直な判断が間違っていたように思います。その年代の録音には、その年代の機器で再生する・・・改めて基本中の基本を教わりました。ありがとうございます。

関連するQ&A

  • JBL-14Cの相性の良いアンプを教えて下さい。

    JBL-14Cの山水EC-20エンクロージャー入りのセットを入手しました。手持ちの6BQ5PPでは 力不足かジャズのベース等低域での量感が不足の気がします。お薦めアンプをご教授頂けますでしょうか?真空管・半導体のデバィスは問いませんが、低域をLE-14Cの力量内でJBLらしく気持ちよく 鳴らしたいと思っております。

  • JBLのスピーカーについて

     JBLの4412 4410と云うタイプのスピーカーを使っています。 どちらも同じツィーターなのですが、三つのツィーターが故障して作動しません。  メーカーに修理を依頼すると、そっくり交換で一台につき、\17500-と云うことらしいです。 何か他に安く修理する方法や、交換できるツィーターはないでしょうか?

  • JBLの改造

    JBLのスピーカーLANCER101に昔から愛着があります。 しかし,今でも中古が高価なことと,よい状態の中古が少ないのが気になります。 L55という,LE14Aをウーハーに使い,箱もほとんど101と同じサイズのものは,安く手に入るようです。 L55のツィーターはLE20ですが,別にLE85かLE175を買い,HL87を取り付け, 内臓が無理なら外付けで繋いで鳴らしたいです。ネットワークはLX10を買うべきでしょう。 無謀でしょうか。JBLの完成品を改造された経験のある方がいらっしゃればぜひお話を伺いたいです。

  • JBLは逆相?

    現在2つのオーディオシステムがあり、1つはONKYO A-933、C-733にJBL4302、もう1つはPCからSE-200PCI経由でmarantz PM-15S1、DENON SC-CX101という構成です。 良く聴くジャンルはJAZZなのですが、JBLの方は低域が広がるように豊かでベースラインを追いながら楽しんでいます。 DENONは中高音が美しく女性ボーカルに艶があり良い音なのですが、低音がタイトで固く感じておりました。 そこで、JBLのような低音が出る小型スピーカーを探しにオーディオ店へ行き要望を伝えたところ、 「JBLはオーディオとしては全くダメなスピーカーである」 「理由は、43や44は業務用のモニタースピーカーであり、ウーハーが逆相になっている」 「録音時にアラを探すための特殊なスピーカーである」 「業務用のスピーカーはいわばトラクターのようなもので、家庭用には向かない」 「JBLの43や44を家庭で使っているのは日本だけである」 と教えていただきました。 そして、様々なCDを様々なSPで聴かせていただき、本物のスピーカーはかくあるべきであると教わりました。 でも、自分の好みはJBLの響きであると伝えたところ、「いささか乱暴ではあるがSC-CX101をバイワイアリングでつなぎウーハーだけ逆相にしてみては」と教わり、早速試してみました。 結果、ビックリです。SC-CX101はJBLの響きとなりました。 そこで、お尋ねしたいのですが、 (1)JBLのモニタースピーカーである43や44はピュアオーディオに向かないのでしょうか。 (2)SC-CX101の低音を逆相、高音を正相でバイワイヤ接続するのは、やはり間違いなのでしょうか。 長文申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

  • ツィーターの破損?

    2wayのスピーカーでウーハーのホーン紙が破損したので同サイズ(インピーダンスも同じ8オーム)のウーハースピーカーに交換しましたが、高域が出ていない様なのでツィーターを取り外し 導通をテストしたら導通が有りませんでした。ツィーター単体でも音は出ていないようでした。 ツィーターが破損したのでしょうか?。 ウーハーは、古いスピーカーに赤い印が付いており新しいスピーカーにも印があったので同じように 繋ぎました、それ以外は一切手を加えていません。 もしツィーターを交換するとしたら、何か注意することが有りますか。

  • JBLの古いスピーカーユニットについて

    JBLの古いユニットで、端子の、赤が+、黒が-、になっていない時期があったという話を聞きましたが、とても古いツイーター077、ドライバーLE85、同時期のウーハー、と、少し新しい、ネットワーク3110A、3105を接続するとき、すべて赤が(+)、黒が(-)と考えて良いのでしょうか?それとも逆になるのでしょうか?  よろしくお願いします。

  • JBL 8インチ スピーカー D110F

    JBLスピーカー8インチで 外見LE8Tとほぼ同じなんですが(エッジの色が違うみたいですが、、。) モデルD110Fとなっている物があります。 これは何用のスピーカーなんでしょうか? 詳細ご存知であれば 教えてください。

  • JBLのネットワークについて

    JBLのネットワークについて教えてください。 現在ウーハー:2235H(8オーム)、ドライバー:2426J(16オーム)、ツイーター:2405(16オーム)のユニットを3110A(ウーハー、ドライバー間)、3105(ドライバー、ツイーター間)のネットワークに接続し使用しております。ドライバーをLE85(8オーム)への入れ替えを検討しておりますが、現在使用中のネットワークは使用出来ますでしょうか? 以前どこかで「JBLのインピーダンス管理はかなり曖昧なので気にしなくてもよい」との話を聞いたことがあります。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授お願いいたします。

  • JBL control 1のツィーターについて

    先日JBL製スピーカー「control 1」を中古で購入したのですが、 ツィーターが純正品ではないようで(しかも安物でした・・・)、 異様なシャリつきに我慢できず、交換を考えています。 せっかくなので社外品に交換しようと思ったのですが、調べていくうちに、 クロスオーバー周波数やインピーダンスなど色々と考慮して選ぶ必要があるということを知りました。 色々考えた結果、純正ツィーターに近いスペックのツィーターに交換するという方法を取ることにしたのですが、 純正ツィータのインピーダンス値だけがネットでも調べられませんでした。 そこで、もし「無印control 1」のツィーターのインピーダンス値をご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。 よろしくお願い致します。

  • 自作スピーカー

    最近、自作スピーカを始めました。 まずは、フォステクスのフルレンジから始めました。 いい音はしています。 ですが、低音はウーハー、高温はツイーターの2ウェイを作りたくなってきました。 ユニットの設計までできて、作った感を味わえると思ったからです。 そこで、質問。 (1)スピーカー自作はなぜフルレンジが多いのでしょうか。  2ウェイなどは自作するには難しいのでしょうか。 (2)2ウェイの場合、市販のエンクロージャーの数が少ないです。  エンクロージャーのオーダーメイドをできるところがあれば教えてください。 (3)フルレンジとウーハーの特性表を見ると、低音域の音圧は同等でした。  これはあえてウーハーを買う必要はなく、フルレンジで十分ということでしょうか。  フォステクスのFF165WK(フルレンジ)とFW168N(ウーハー)です。 以上

専門家に質問してみよう