• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

欧州の使用年数

  • 質問No.7436653
  • 閲覧数1103
  • ありがとう数4
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 76% (2288/3006)

日本(乗用車)では80年頃が大体9年弱でしたが11年は12.7年になっているようですね。
アメリカも昨年11年を越えたようです。
(アメリカと欧州は走行距離が多いので年数以上に、距離的に廃車するのも多いでしょうね)

ところで、欧州車は直して長く使う、という発想の車作りをしている、と聞くのですが、実際車歴は長いのでしょうか?

同じように「欧州」「ドイツ」「フランス」などのキーワードで検索したのですが、ヒットしません。
ドイツの買換え(廃車ではない)平均が7.4年というのはヒットしましたが、、、。

欧州(平均があるかどうかわかりませんが)だと15年くらいあるように思えるのですが、果たして、、。

ご存知の方教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 30% (333/1095)

イギリス、フランス、イタリアに旅行で何度か行った限りでは、走ってる車の新旧の程度は日本と変わらないという感じですね。巷で言われるほど古いクルマばかりって印象はないです。ただ、ドイツやイタリアでは古いクルマ(と言っても90年代中頃の車なので15年落ちくらいだと思います)を使ったタクシーは頻繁に見ました。
逆にアメリカの方が古いクルマを多く目にしますね、特にこれでもかってくらいボコボコになってるような古い商用車は凄く目につきました。大事に乗ってるというよりは、走らなくなるまで修理しつつコキ使うという雰囲気でした。欧州ではそういうクルマはまず見かけませんでした。

我が家のメインは約15年落ちのドイツ車(VW、当時のラインナップでは割と上位のモデルです)ですが、「直して長く使う、という発想の車作りか」と問われればNOです。シャーシやエンジンブロックなどは確かに丈夫なのですが、ガッツリとコストダウンを狙ったようないい加減な造りの部分は凄く多いです(特に樹脂パーツや電装や電子制御関連や内装類)。
路上でも同じクルマは滅多に見なくなりましたし、中古市場でも皆無なので、10~15年経つとそんなものかなぁと。

ウチのクルマを診てもらうショップのベテランメカニック氏(ドイツ車一筋ウン十年という御仁です)とクルマの買い替え談義のときに出た話ですが、ドイツ車的なロジカルで関心するような設計がされていたのはVWでは初代ゴルフやシロッコの頃まで(70年代末)、メルセデスはW124やW201の頃までだそうです(80年代末)。そのとき氏は「190Eを30年30万km維持することは割と容易だけど、今のCクラスで30年30万kmは無理だろうね~」と話してました。理由は複雑化に加えて部品材質の低質化低コスト化や徹底した部品の一体化だったと記憶してます。
部品の一体化というのは、耐久性に問題のある部品が増え(端っこの負荷がかかる一箇所が壊れただけで部品全部が交換対象になる)、形状も特殊化するために車体製造終了後の長期供給が期待できない、しかも交換時はASSY交換で法外に割高、一体化は組み立てラインに有利なこと(低コスト化)以外に良い事は皆無と言ってました。
そのときに吸気部にあるT字型の複雑なパイプを見せられて、昔はT字のパイプジョイントで各ホースを繋ぐ構造でホースの劣化時はホースのみ交換で数百円で済んだけど、今はセンサーのコネクト部まで一体になってるせいでホースに僅かにヒビが入っただけでAssy交換で3万以上するとか言ってましたな(そんな部品が増えれば、修理しようって気も萎えますよね)。
お礼コメント
apiapi_2006

お礼率 76% (2288/3006)

確かにアッシー化と、薄っぺら化していますね。

ベンツなども相当安っぽくなっていますね。

日本車とあまり変らなくなってきていますね。(そういう意味では日本車が標準?)

貴重な情報ありがとうございました。
投稿日時:2012/04/24 20:56

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3
最近は環境対策で買い替えを奨励している状態なので
趣味的な意味合いを除けば、以前ほど古い車は見られなくなりました。
特にディーゼルが主体なので古いガソリン車は消える方向性のようです。

今はある程度以上古い車が淘汰されてリセットがかかった状態ですね。
現在走っている車たちが後どれくらい使われるかはわかりませんが
欧州メーカーも最近はあまり長く部品を供給しないようです。
これもコストダウンなんでしょうねぇ。
流石の欧州もこのような傾向みたいです。
お礼コメント
apiapi_2006

お礼率 76% (2288/3006)

最近の輸入車は以前に比べてチャチくなって、日本車並になっていますね。

ありがとうございました。
投稿日時:2012/04/24 20:54
  • 回答No.2

ベストアンサー率 20% (424/2049)

最近は判りませんが、
コストダウンを意識する前(1990年頃まで)のモデルの廃車までの年数は
ボルボが18年、メルセデスベンツが22年だったと記憶しています。

ベントレーは耐用年数100年を豪語していますから
当然、パーツも100年は供給する体制を取っているのでしょう。
お礼コメント
apiapi_2006

お礼率 76% (2288/3006)

そんなに長かったのですか!

概ね日本の倍ですね、貴重な情報ありがとうございました。
投稿日時:2012/04/24 20:53
  • 回答No.1

ベストアンサー率 16% (358/2178)

統計的なことは知りません

個人的には、北欧車に16年25万km乗っています

今まで全く故障したことはありませんが、ラジエーターやパワステポンプなどの消耗品は随時交換しています

オイルも3万km毎に交換してきた甲斐あってか、いたって快調です

まだ当面は乗り続けるつもりです
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ