• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

性犯罪についての疑問

裁判員制度が導入されてから性犯罪に対する処罰が厳しくなりました。しかし、いくつか疑問があります。 (1)厳罰だけで対処できるでしょうか? 例えば、強姦と殺人が同罪になってしまったら、アメリカみたいに量刑のバランスが崩れてしまって、 犯してしまったら証拠隠滅と口封じにいっそのこと殺してしまえ みたいな理屈になって却って性犯罪が凶悪化しないだろうか? (2)犯行の証拠ビデオが撮影されたとして、警察、検察、裁判官、裁判員、被告の弁護士なども含めて、何人くらいに証拠のビデオが回覧されてしまうでしょうか? (3)被害者が小学生や中学生でも裁判の証言台に立つんでしょうか? (4)被害者と加害者の供述が食い違ったりした場合、被害者は犯人の取調べみたいに何度も警察官に同じことを聞かれるんでしょうか? また、被害者が警察官による執拗な事情聴取を拒否することはできるんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数545
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

(1)厳罰だけで対処できるでしょうか? 例えば、強姦と殺人が同罪になってしまったら、アメリカみたいに量刑のバランスが崩れてしまって、 犯してしまったら証拠隠滅と口封じにいっそのこと殺してしまえ みたいな理屈になって却って性犯罪が凶悪化しないだろうか?  強姦と殺人では法定刑の上限が違うので,同罪になるということはさすがに無いと思いますが,お尋ねのような事態も無いとは言えません。現在も,女性が被害者となっている未解決の殺人事件などは少なくないので,その中には強姦後に口封じで殺された女性も少なからずいるかも知れません。 (2)犯行の証拠ビデオが撮影されたとして、警察、検察、裁判官、裁判員、被告の弁護士なども含めて、何人くらいに証拠のビデオが回覧されてしまうでしょうか?  強姦致傷で裁判員事件となった場合,裁判官3人,裁判員6人。担当する警察官,検察官,検察事務官は多数。弁護人も基本的に複数。おそらく数十人規模にはなってしまうと思います。 (3)被害者が小学生や中学生でも裁判の証言台に立つんでしょうか?  被告人が犯行を全面的に否認し争った場合には,そうせざるを得ない場合もあります。実務上は,そのような事態はなるべく回避するよう努めているようですが。 (4)被害者と加害者の供述が食い違ったりした場合、被害者は犯人の取調べみたいに何度も警察官に同じことを聞かれるんでしょうか? また、被害者が警察官による執拗な事情聴取を拒否することはできるんでしょうか?  被害者からの事情聴取は任意なので,拒否することは可能ですし,被疑者の取り調べのように長時間執拗に拘束されるということはまずありません。 。ただし,強姦などの性犯罪は基本的に親告罪(被害者からの告訴がないと公訴を提起できない)とされているので,被害者が事情聴取に応じず捜査に非協力的な場合は,被疑者を起訴してもらえない可能性があります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 特別コメントはございませんが。 >おそらく数十人規模にはなってしまうと思います。 他の人も言ってましたが、やっぱりそのくらいになるんですね。被害者だってそんなに多くの人に見られたら相当つらいですね。

関連するQ&A

  • 裁判員裁判 性犯罪では詳細な説明はいらないのか?

    こんにちは。今朝のニュースを見ていて疑問の思ったので質問します。 初の性犯罪の裁判員裁判ということで注目を集めている事件がありますね。 裁判員の方が記者に感想を訊かれて、 「被害者女性の立場に立って考えることが難しかった。被害者女性の気持ちを考えると詳細な説明はいらないのではないかと思った。」 と言っていました。 青森の女性団体の人も似たようなことを言っていました。 ここで、疑問に思ったんですけど、被害者女性の立場に立って考えることが難しいなら、詳細な説明があった方が言いと思うのですが・・・。 何か矛盾を感じました。 それに、裁判員になる人は素人の人です。 詳細な部分が抜けている説明をされて正しい判断が下せるの疑問です。 省略してしまった部分によっては罪を重くしてしまったり、軽くしてしまったりしてしまうのではないかと感じました。 公平な裁判が出来るのか? 裁判でも性犯罪だけが特別扱いされていたのが疑問でした。 (被害者女性の声だけだったり、被害者女性の名前を呼ぶなだったり) 性犯罪の事件よりも悪質だったり残虐だったりしてもこのような処置はとられなかったと思います。何が違うのでしょう? 例えば、殺人未遂の事件があったとして被害者は頭部に大怪我をしてしまったとします。裁判官、裁判員、傍聴者の人に見られたくないと思います。 殺人未遂だって心に大きな傷を負うことは同じだと思うのですが・・・。 性犯罪と他の事件とではあからさまに対応が違うことが腑に落ちません。 意見や感想をお持ちしています。

  • 性犯罪の量刑は軽くないか

    日本の性犯罪に対する量刑は、これまで諸外国と比べた場合、 軽すぎるものだったと思うのですが、それは改善されて来ていますか? 性犯罪は、被害者の人生も狂ってしまう犯罪だと思うし、 非常に重い刑にしても良いと思いませんか?

  • 裁判員制度の量刑

    裁判員制度  平成21年5月28日までには裁判員制度が実施される予定ですが、この制度  では、量刑までを裁判官とともに決める事になっています。  裁判員制度における量刑判断について質問させてください。  現在の裁判官による判決の場合、判例を重視しています。今後裁判員は  判例を参考にしなければならないのでしょうか?  それとも、法律に則っていれば判例に縛られる必要はないのでしょうか。  現在の死刑判決は、未成年(18歳と19歳)の場合は2名殺害しても死刑  判決が出ることは皆無の状態です。  また、被疑者が成人でも被害者が1名だけの場合でも死刑判決は困難な  ようです。    裁判員となった場合、悪質な未成年者に対して1名の殺害でも死刑という  選択肢もあるのでしょうか。(勿論、法律に則ってです)  それとも、現在の様に上級審の判例に拘束されるのでしょうか?   ※裁判員と裁判官が合議の上、という事は理解していますので、裁判    員の意見が全てとは考えていません。判例も法律に則っていること    は理解しています。  判例に縛られるのであれば、裁判員制度そのものの存在する意味が無い  (もしくは意味が薄くなる)と思う次第です。   なにか情報をお持ちでしたら、ご教授お願いします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

(1) 実際,強姦致死の動機の一つとして多いです。 強姦をしてしまい,被害者に顔を見られてしまったから殺してしまったという事案もあるようですが,それを言ってしまうと,強盗だって,傷害だって,なんだって犯人が殺してしまおうと思ってしまえば起こりえると思うので,それを懸念するときりがない気がします。 (2) これは,事案によるとしか言えないのですが,最近の性犯罪は,捜査を担当した警察官と検察官などの捜査官以外は見ない場合が多いです。 犯行状況をビデオで撮っていたとしても,その撮影した画像を証拠として法廷に提出する必要が無いと検察官が判断すれば,弁護士も裁判官も裁判員も見ませんし,逆に見たいと言ったとしても,検察官は絶対に見せません。 そもそも,ビデオ撮影した画像がないと罪に問えないような事件ではありませんので,裁判員裁判になってからは特に,犯人が撮影したビデオは捜査官以外には絶対に見せないということが多くなっているようです。 (3) 被告人が否認をしており,犯行を立証するためにどうしても証言が必要となれば,裁判に出て証言してもらう可能性もあります。 ここ数年,被害者保護がさけばれていますので,極力,法廷に出なくていいようになるよう,考慮されます。 それでも出廷する必要があれば,他の方も仰っていますが,傍聴席や被告人から見えないように遮へいしたり,法廷とは違う別の部屋で,ビデオリンク(テレビの中継のようなもの)で証言をしてもらうなど,最大限の配慮をします。 (4) これも(3)と同様に,どうしても必要とあれば話を何度か聞かざるを得ないとは思います。 ただ,こちらも極力,被害者の方の負担が少なくなるように,最小限の取り調べで済むように配慮はしています。 最近は,性犯罪の被害者は,女性の警察官や検察官が取り調べを行って,男性のいない部屋でお話を聞くことが多いです。 もちろん,事情聴取は強制ではありませんので,断ることは可能です。 性犯罪の捜査は,やはり被害者の方の負担が多いのも事実ですね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >それを懸念するときりがない気がします。 たしかに。でも、強盗にしても傷害にしても、殺したのと殺さないとでは現状でも量刑的に大きな開きはあるはずです。 ただ、性犯罪に関して言えば、他の方も仰ってましたが、安易に素人の感情論を反映させるのには疑問を感じます。 単純な厳罰化は悪人に残っている良心さえも奪ってしまって、鬼を悪魔に変えかねません。 感情論の強い人って、一方的では厳罰で犯罪を抑止させようて思う反面、もう一方では犯人の良心に期待するような矛盾を抱えている気がします。そして、そのような矛盾から目を逸らしている気がします。

  • 回答No.3

小生の主観で回答したい なお、本質問は大変思慮に値するものなので、出来ればしばらく質問受付状態にしてほしい、と要望 (1)指摘される危惧は検討の余地は大きい 特に量刑のバランスという思慮は、社会秩序を思慮する上でも、価値観の領域でも十分に思慮するべきであろう 小生からすれば、厳罰化については、国会の立法措置によって行われるべきものであって、司法レベルもしかも、裁判員制度のような客観性・法の安定を思慮しない状況下での判断には一抹の不安と危険性を感じるしかない (2)かなりの人間が見ることになるだろう。審理を尽くすためにトラウマになるような映像を見るしかない裁判員のストレスは大きいだろう。裁判員が義務である法規定から思慮するに、やはり忌諱の猶予をもっと広く認めるべきように思うが、設問の横道に逸れるので自重する (3)一概には言えないが、証言台に立つケースはありえる。責任能力は判断能力などの兼ね合いで裁判所の評価次第であるが、裁判員制度の訴訟案件で想定される刑事訴訟の事例では、人権への配慮も加味されるので、証言台に立つとしても配慮はされる。 もっとも証言能力の適否・有無・是非に一定の嫌疑が生じることは避けられない。 今後の司法の動静次第のように思う (4)かなり重複した質問が多いことが、冤罪事件被害者の記述から指摘されている 拒否に関しては、拒否するに値する理由があれば可能だが、相当な理由であることが要請される 本件は裁判員制度の是非・適否についての発展的議論の余地があることから、上記したように多くの回答があればいいように思うし、気になる質問である 勝手ながら「お気に入り投稿」として追跡させてもらう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >審理を尽くすためにトラウマになるような映像を見るしかない裁判員のストレスは大きいだろう。 なるほど、被害者よりも裁判員の心配をされましたか。 たしかに、とりわけ女性にとって、他人が陵辱されている映像を見るのもつらいですね。

  • 回答No.2

その通りだともいます。だからこそ、被害者が中々名乗り出られないのでしょうね。 もっとも、加害者を放っておいたら更なる被害者が出てしまうという 問題もあります。 また、ご指摘の点はセカンドレイプなどとして問題になっていますが、 被疑者(被告人)にも権利がありますから、無罪を主張されれば当然取り調べがなされることになります。 なお、法廷では、遮へい措置やビデオリンク方式などの保護措置が取られることが多いです。 また、捜査段階でも女性刑事や女性検察官が担当になるなど、昨今は以前に比べ配慮がなされています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ただ、とりわけコメントする点もございませんので あしからず。

  • 回答No.1

1 これは法律論ではないと思いますが、質問者様のような考え方も理屈は通っていると思います。 2 警察、検察は不明ですが数十人でしょうね。(事件の規模にもよります)   裁判官は、令状担当の裁判官の他、裁判員裁判官では最低3人、裁判員は5名+補充1から3名くらい   弁護人は2名程度。私選ならばもっと多いかもしれません。   なお、証拠ビデオもそのまま取り調べられるとは限りません。被害者に配慮して一部の写真にしたり  することはよくあることです。 3 ありえますが、小さすぎると告訴能力がないとされてしまう危険もあります。 4 聞かれます。執拗かどうかは個人の感覚ですが、何回も聞かれるのは間違いありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 やっぱり被害者は泣き寝入りも悔しいけど、告訴しても、これじゃ拷問ですね。 加害者は絶対に許せないけど、告訴の代償も大きすぎます。その上、万が一加害者が出所後に誰かに殺害されたら、被害者も容疑者リストに入るわけでしょ?

関連するQ&A

  • とある裁判を傍聴したのですが被害者側が示談はしておいて、その後裁判で厳

    とある裁判を傍聴したのですが被害者側が示談はしておいて、その後裁判で厳罰を望むといった調書を検察が採用していました。 まぁお金は必要ですしわかる気はするんですがこの場合裁判員、裁判所はどう判断するんでしょうか・・・被害者側感情は示談で-5,厳罰を望むで+4 みたいな感じなんでしょうか。 大変違和感を感じました。

  • 裁判員制度について

    裁判員制度について 今ニュースをみてたら裁判員制度で裁判やってるとかなんとか…もう普通に裁判員制度ってやつがやってるんだなと思ってみてたんだけど オレには裁判員制度ってやつが全く理解できない オレの理解は極端にはこうだ、法学の知らない素人が5、6人集まってアイツは死刑にすべきだどうだと裁判でやってるってことだ オレははっきり言ってあんまり裁判員制度のことはよくわからんし 法学のこともわからん もしかしたらオレの裁判員制度に対する理解が根本的に違うのかもしれんが オレにも道徳心はあるつもりだ では言わせてもらいたい「人が人を裁いてよいのだろうか?」人が人を裁くのは法ではないの?そこへ法を知らない素人が裁判で…これじゃ犯人もたまったもんじゃないね 犯人どころか被害者だってたまったもんじゃないだろ オレがもし犯罪者あるいは被害者の立場だったらたまらんね 素人に裁かれたらやってらんねだよ 確か裁判員の候補は有識者が選ばれるとかなんとか…裁判員に参加すること事態常識がないじゃないのかね さぞ裁判で死刑判決でちゃったらその裁判員の人死ぬまで呪われそうだな とまぁこんな感じで裁判員制度について周りの人の意見と自分の意見の温度差がわからんので暇あったらお願いします!

  • 性犯罪について

    恥を忍んでお聴きします。 どのようにして罪滅ぼしというか、 償いのようなものをしていけばよいのでしょうか? 私は現在22歳です。 19歳のときに性犯罪をしてしまいました。 痴漢というものです。 その行為をしてしまった直後、捕まり、警察の取調べを受け、 裁判所に出頭することになりました。 私は法律のことは詳しく知らないので、わからないのですが、 そのときは反省書?のようなものを書き、精神鑑定を受け、 厳重注意(?)のようなもので裁判は終わりました。 実際判決がなんなのかよくわかりません。 しかし、どの程度であろうと、罪は罪です。 被害者の方には私には想像できない不快感や、 精神的に傷つけてしまったと思います。 お詫びをしようにも、それをすることができない状況なので、 できません。お詫びをしたところで何か変わるわけではないと 思いますし。 どんなに時間が経っても、私が痴漢という犯罪をしてしまったことに 変わりはありません。一生背負って生きていかなければならないと 思います。 正直、私はこのままのうのうと過ごしていてよいのだろうかと 考えてしまいます。 一度、このような行為をしてしまい、 もう二度としないと心に誓っても、 自信がないのです。 二度としない、してはいけないのは当たり前です。 この誓いというか、心構えのようなものを常に 心にとどめておいたところで、罪の償いができてはいないような 気がします。 どうしたら良いのでしょうか? わかりにくい文章のうえ、 何が言いたいのかまとまっていないと思いますが、 よろしくお願いします。

  • 警察官による調書と、検察官による調書では、証拠とするための要件に違いはある?

    事件に巻き込まれた被害者が(1)警察官からの取調べを受け、作成された調書と、(2)検察官による取調べにより作成された調書では、証拠とするための要件に違いはあるのでしょうか?

  • 裁判員制度と死刑

    裁判員制度の導入により 死刑の執行が増えるのではという意見があるようです。 でも、もし私が裁判員になったとしたら 量刑のときに死刑にと言えない気がします。 死刑になって当然というような事件もいっぱいありますが、 いざとなったら・・・と思うのですが それは私だけなのでしょうか? 世間が死刑を望んでるだろうから 死刑に・・・となってしまうのでしょうか?

  • 裁判員は何故量刑判断まで行うのでしょうか

     今さらで、すいませんが、裁判員制度では、なぜ量刑判断を裁判員が担うことになったのでしょうか?  かつて「陪審制(特に小陪審)」が憲法76条(特に二項)に反しないかが学問上争われ、裁判権の中核が「法(憲法・法律・条例)を適用(解釈し具体的事実にあてはめ)し、宣言(判決を下す)する」ところにあるから、前提としての事実認定部分だけを行う小陪審制は許される(例えば裁判所法三条)とするのがかつて通説だったと思っていました。  ところが、裁判員制度では、単に事実認定に止まらず、量刑まで裁判員が判断に関与するそうです。とすると、裁判の中核である「宣言」部分に裁判官以外の者の関与を認めることになり、憲法違反であるとの議論が出て来そうに思うのですが、寡聞にしてそのような話を聞きません。  学説が変わったのか、それともそれなりの議論があったのでしょうか?

  • 裁判員である女性が『人殺しー!!』と叫ぶ裁判の質は

    ご高覧ありがとうございます。 石巻殺傷事件では、被害者女性と同性である裁判員制度で抽出された 裁判員が裁定中に『人殺しー!!』と泣き叫んで裁判長指示で刑務官に退場させられる場面がありました。 (因みに彼女は被害者とは何の関係もありません。確かに彼は人殺しの容疑で 裁判しているのは紛れもない事実ですが) でも、一裁判官としての立場、責務もある筈です) 裁判員が、このように最初から被害者サイドに立っていること自体おかしなことだし 増して感情的であるというのは公正さという観点からも論外のような気もします。 更に、、加えて言えば感情的になりやすい女性を裁判員として採択する現在の 司法制度にも現実的に少し無理があるのではないでしょうか? 素人の女性に凶悪犯罪の裁判は、精神的な負担が余りにも大き過ぎます。 これでは公正な裁判が行われてないような気がします。 可哀相か可哀相じゃないか、憎いか憎くないかだけで裁判員として重要な裁定をしたら まずいのではないかと思います。 何の為の裁判員制度かも分からなくなります。 皆さんは、この裁判中の言動どのように思いましたか? 私は、正直かなり疑問に感じました。 ご意見等、お伺いさせて頂ければ幸いです。

  • セクハラの民事裁判の傍聴席に性犯罪課を呼ぶことって難しいのでしょうか?

    こんばんは。 近々ある極度のセクハラ、パワハラの 民事裁判で、仲の良かった被害者の女友達が法廷に立ちます。 これまでの書面を見せてもらってわかったのですが 被告は凄く頭が悪いので、当日墓穴を掘りまくり どんどん刑事的にも裁けるような 証拠を証言する可能性があるんです。 それを予期して性犯罪課を傍聴席に 呼ぶことって難しいのでしょうか? かなり決定的なことも暴露しそうなので、 何より新たな被害者を出さないためには 牢屋に入れるのが一番だと思います。 ご意見頂けると嬉しいです。 よろしくお願い致します。 ※ちなみに被害者達はどちらにしろ この後は刑事告訴に挑むと思います。

  • 性犯罪・少年犯罪に厳罰を!

    今の社会は性犯罪者と少年犯罪に甘いと思います。 アメリカの法律「ミーガン法」を日本でも制定すべきです。 犯罪者の履歴公開を徹底し、少年犯罪は大人並の量刑で扱うべきだと思います。 昨今の犯罪を知る度に・・・加害者の人権は尊重され、被害者は蹂躙されるように思います。 皆さんはどう思われますか。

  • 裁判員制度導入について

    裁判員制度とは20歳以上の一般市民から無作為に選出された人達と裁判官が話し合いによって犯罪者の有罪無罪と量刑(どんな刑罰にするか)を決めます。 裁判員制度導入についての是非、またその理由などを教えていただければ幸いです。