解決済み

第一次世界大戦について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7337668
  • 閲覧数137
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 22% (9/40)

もし日本が第一次世界大戦でドイツ側についていたらどうだったでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 33% (342/1034)

まあ、なんかのまちがいでそうなったとしましょう。

英国は真っ青でしょう。オーストラリア、ニュージーランドとの連絡が絶たれます。欧州でつかえる兵力も資源も激減します。インド洋の海運は大混乱となり、本来のぞまなかった印度・太平洋戦線ができてしまいます。香港、上海、シンガポールも失陥するとおもいます。日本が印度国内の反英国製力をあおるだけの能力があったら、手薄になったインド国内でなにがおきるかわかりません。
ロシアも極東戦線ができてしまいます。欧州で手一杯ですから、とりあえずウラジオストックとシベリア鉄道防衛が主戦略となるでしょう。欧州戦線の敗北がこれによって早まり、革命が前倒しでおきる可能性があります。日本は日露戦争のときから革命派とは近いので、極東で親日のソ連的政権ができる可能性が大きいです。そうならなくてもシベリア出兵が早まるとおもいます。

こうなると英国とロシアが日本との単独講和を模索するでしょう。青島とドイツ南洋植民地は日本領に、そして香港、上海、ウラジオストックでの利権を英露が保証してくれるのなら、ここでドイツみすてて一ぬけた、でいいとおもいます。ウハウハだw

で、ネタとしては私もキライではありませんが、あまりこのようなご質問は以後乱発されない方がよいかとおもいます。
お礼コメント
a7c1r39k4

お礼率 22% (9/40)

面白い回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-11-18 12:04:32
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 27% (1118/4051)

日露戦争が終わった後に日英同盟の目的は、ドイツを仮想敵国と想定したものに変質しました。日本が第一次世界大戦に参戦した理由は、日露戦争の際に世話になったイギリスから、強い要請があったからにほかなりません。だから日本軍はイギリス軍と連合して中国の山東半島のドイツ租借地のドイツ軍を攻めたわけです。一般的には青島の戦いと言われています。膠州湾租借地の一角の地名が青島でチンタオと読みます。日本にすれば義理を果たす為の参戦であって、他に第一次世界大戦に参戦する根拠も利害も存在したわけではありません。イギリスは欧州戦線へも日本の参戦を要求してきましたが、右も左も分からない欧州へは日本は軍を派遣しませんでした。本当のところは日本は参戦したくなかったのです。第一次世界大戦の主戦場は、欧州戦線であて海外のドイツ租借地はおまけみたいなものです。そうやって日本は地理的に日本から近い中国の山東半島に軍を派遣して義理立てしただけの話です。
日英同盟が存在するからにはドイツ側につくことは、イギリスに対する裏切り行為であり、ドイツ側につく利害も根拠もまったくありません。そもそも日本は近代史においてドイツとはほとんど協調していません。森鴎外が軍医(候補?)としてドイツに留学したのは医学を学ぶ為でした。そのように一貫してドイツと敵対的だったわけではありませんが、だからといってドイツ側に立つ動機が全く存在しません。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 34% (784/2278)

 日英同盟があったのですから、日英同盟を破棄してドイツ側に付くことなどあり得ません。もうちょっと歴史を勉強して下さい。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 17% (344/1984)

ドイツに味方する理由がわかりません

当時のドイツは清朝(中華民国)の味方(植民地化するためですがw)で、19世紀末には三国干渉を主導する反日の急先鋒でした。日本としてはビジネスパートナーにもならない国と手を組む理由が見当たりません。

日独伊三国同盟だって日中戦争でドイツが中国の味方をするから自分の方に引き込もうとしただけの政策ですし…かえって英米を中国に近付かせる間抜けな政策でしたがw


それでもドイツに味方したら…
英仏露への武器や日用雑貨輸出が出来なくなり、英仏も対日債権の取り立てを行って日本経済は崩壊でしょうね
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ