• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ラッキーセブンの脚本家

  • 質問No.7330467
  • 閲覧数880
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0
ふだんはドラマをほとんどみません
(というよりテレビじたいをみません)
しかしたまたま、ドラマ「ラッキーセブン」の
ホームページを見ていて、
脚本に3名も脚本家がクレジットされていました。

金沢達也
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%91%E6%B2%A2%E9%81%94%E4%B9%9F
早船歌江子
http://www.origamix.co.jp/creators/detail.php?eid=00028
野木亜紀子
http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2010/101122-226.html

どうやって3人もの人間でひとつのドラマを書いているのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー
その場合は作品をどのように展開させていくかを考える仕切り役がいるはずです。
シリーズ構成などと呼ばれる人がそれに該当します。
話の展開や肝になるエピソードの組み込みなど、1話1話の大まかな仕立て、
全体での組み立てを考える人です。
1話完結のドラマなら前後のつながりはあまり関係ありませんが、
一貫したストーリー物なら不可欠な存在です。
一般的に言えばシリーズ構成が設計者で、各脚本家が作業者という感じかもしれません。
シリーズ構成者が数話~全話の脚本を書くこともあります。
なので複数の人間で作業しても設計から外れることもなく、
各話の終始や全体の流れが上手くつながっているのです。

通常、各脚本家が担当する単位は1話分です。
最初から1話を複数の脚本家で書く想定はほとんどないと思います。
しかしたまに1話に複数の脚本家がクレジットされていることもあります。
予め特定のエピソードだけを別の人が書くことにしていたとか、
経験の浅い人のためにベテランがサポートしたとか、
作業量が多くて大まかに書き上げたものの詳細を誰かに埋めてもらったとか、
いろいろ想像はできますが実際にどういう理由なのかは分りません。

複数脚本なのにシリーズ構成がクレジットされていないケースもありますが、
この場合も構成を考える役割の人が暗に居るはずです。
その性質上、大概は監督かメインライターであると思われます。
今回のケースだとシリーズ構成はその作品の監督さんのようです。
自分が考えた展開で各脚本家さんに書いてもらってるのだと思います。
イメージ通りに仕上がっているかのチェックも入れているでしょう。

ドラマでは一人の脚本家が作品を通して書くことが多いようですが、
TVアニメなどでは逆に複数の脚本家が1作品で書くことのほうが多いです。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
本編のバトンタッチのように
リレー方式ではないですか。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ